まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

月に一度だけ、北国のかわいいを集めた雑貨屋『こさじ舎』

昨年5月から、月に一度、3日間だけオープンしている雑貨屋「こさじ舎」。
こぎん作家liteさんのお店です。
d0007875_1653677.jpg

旦那様と当時7歳だった娘さんと3人でペンキを塗ったり、床を張ったり、手作りで作ったお店です。
店内には、liteさんのこぎん刺しの作品の他、liteさんのお母様が編んだあけび細工の籠や照明カバー、下川原焼きの鳩笛、20歳の頃から買い集めていた雑貨などが、センス良く並べられています。

liteさんとこぎん刺しとの出逢いは2007年春。
それは、古本屋さんで偶然買った本に挟まっていたこぎん刺しの栞。
その栞を見たliteさんは「こぎんは難しいのではなく、根気が必要なだけなんだ」と、独学で勉強。
次第に、素材など基本だけは守って、自分なりに表現してみようという気持ちに・・・。

2007年秋、知人が営む弘前のお店「THE STABLES」に、こぎんのバックを見せに行ったことがきっかけで、お店に作品を置いてもらうことに。
d0007875_166484.jpg

その時の模様「リーフ」は、lite さんの原点。
d0007875_1662110.jpg

今のお気に入りの模様は「ヒバの木」。幼い頃からヒバのものに囲まれて暮らしていたliteさんは、それを作品に表現してみました。
d0007875_1663716.jpg

liteさんにとって、こぎん刺しは模様から決めることが出来る自己表現方法なんです。
d0007875_1665430.jpg

「lite」はスウェーデン語で「少し」とか「小さい」という意味。
「今は少ししかできないですけど」、「子供の手のように小さいけれど、いつか広がりがあるように」という意味が込められています。
名前をスウェーデン語からとっているだけあって、作品もお店の雰囲気も北欧チック♪
liteさんは「北欧と青森には、気候や雑貨などに似ているところがあります。北欧のものが流行るのであれば、青森のものも流行るはず。青森の手仕事を並べてみたら自然と北欧っぽい雰囲気になったんです。」と静かに語ってくれました。

普段のこぎんの創作活動は、子供が寝た後、DVDを見ながらの2時間ほど。
同じデザインであっても全て一点もの。そのため、一点一点の作品はそれを購入してくれたお客様とセットで記憶しているそうです。
d0007875_1671548.jpg

liteさんの作品は、月に一度オープンする北国のかわいいを集めたお店「こさじ舎」のほか、弘前の「THE STABLES」で年数回の展示会で販売されています。

そして、liteさんは来月、蓬田村で開催される「夏の工芸学校」で、こぎん刺しの髪飾りを作るワークショップ「ちくちく、こぎん刺し」の先生をされます。
その他にも、多くのアーティストさんたちを先生に、裂織、津軽塗り、草履作り、豆本、消しゴムハンコなどの授業を受けることができます!
カフェやパン屋さんなども出店されるので、賑わいそうですよ♪
旧広瀬小学校の校舎内と、校庭で3日間だけ行われる授業へのお申し込み方法など詳しくは、こちらの「夏の工芸学校」のサイトで♪
by Kuu

《こさじ舎》
青森市古川2丁目15-19
→平成21年11月より移転しました
 移転先:青森市新田2丁目3‐19‐1 
毎月最後の木・金・土 10:00-15:00
平成22年1月はフリマ「おさがり市」を土曜日に開催

《THE STABLES》
弘前市元寺町9 三上ビル3F 0172-33-9225 
11:00-19:00 定休日 毎週木曜日
→常設販売ではなく年数回の展示会での販売を中心となりました

《夏の工芸学校》
蓬田村文化伝承館(旧広瀬小学校)
蓬田村大字広瀬字坂元24
8月21日(金)・22日(土)・23日(日)
by marugoto_aomori | 2009-07-22 16:09 | 手しごと | Comments(15)
Commented by ポン太 at 2009-07-22 22:15 x
さり気ないデザインで、それでいてお洒落ですね。
liteさんの人柄が出ている気がします。
こういうのをすっと置ける我が家なら良いんですが・・・。
Commented by marugoto_aomori at 2009-07-22 22:33
>ポン太さま
ポン太さんのお嬢ちゃんたちも、きっと好きだと思いますよ、この空気♪
liteさんの醸し出す芯がしっかりしていそうで、穏やかなオーラは癒されます。
是非、お出掛けくださいませ♪
Commented by marquetry at 2009-07-22 22:50
いいかも...。
Commented by marugoto_aomori at 2009-07-22 22:54
>marquetryさま
自信を持って、「いいです!!!」と言い切れます(笑)。
月に一度だけってのもまた、くすぐりますよね。
Commented by maru3tu at 2009-07-23 16:07
お久しぶりです。
こぎん刺し、いいですね。
ヘアゴム、格好いい感じで大人の人がつけたらステキかも。
手作りのものは一つ一つ味わいのある温かい感じが良いですよね。
自分の作品を見てもらう場があるというのは幸せなことだと思います。
青森ののどかな風景が目に浮かぶ・・
お盆は久々に帰省する予定です・・・。
機会があったら弘前のほうまで足を伸ばしたいかも♪
Commented by sunrock at 2009-07-24 09:46 x
はじめまして。
今までは、密かに覗かせていただいたのですが、
ついつい初コメントを決意してしまいました。。
埼玉県在住の青森県人でございます。
いつも、おちついていてセンスのある文章とお写真、
楽しませていただいてます。
ステーブルズ。雑誌で拝見してとても気になっていて、なかでも、liteさんのこぎんにはとても惹かれておりました。
私も今年の帰省には、
遠回りして弘前に立ち寄ってステーブルズさんに行きたい!
liteさんの商品欲しい!と、企んでいたのですが。
ついに、こちらのブログで登場で1人して喜んでしまいました。
気になるliteさんはショップもなさっているのですね。
ご本人の製作姿も拝見できて感激です。
「まるごと青森」さんのおかげで毎日のように郷土愛が深めさせていただいております。。。
これからも楽しく覗かせていただきますね。
Commented by marugoto_aomori at 2009-07-27 13:30
>maru3tuさま
コメントありがとうございます。
maru3tuさんも、素敵なバックや洋服を作って発表されていらっしゃいますよね。ブログで見て、素敵だなぁって思っていました。
青森の作家さんが作る作品からは、ゆったりした空気や温もりが伝わってきていいですよね。
お盆には帰省されるんですね。
弘前までいかれるのであれば、ステーブルズさんにお出かけしてみてくださいね。
Commented by marugoto_aomori at 2009-07-27 13:31
>sunrockさま
こちらのご出身なんですね!!
liteさん、丁寧に生活してらっしゃるんだなぁ、無理されていなくて素敵だなぁって感じで、男子はもちろん、女子も憧れてしまう綺麗な方でした。
liteさんの作品は、数に限りがありますので、ご縁があって気に入ったときには、迷わずゲットしてくださいね。
ステーブルズさんは、ほかにも裂織、陶器など素敵な雑貨が揃っていますので、弘前散策の時には是非、お立ち寄りくださいね。
Commented by チャコ at 2009-08-15 15:42 x
初めまして♪
青森出身の者ですが、帰省するときは必ずまるごとさんの記事を
チェックして、いいお店を探しています。
先日、友達に誘われて、「雑穀カフェ」さんに行きました。
そこにもかわいいこぎん刺しの小物があって、お買い物しました♪
liteさんは、雑誌によく載っていらっしゃるので知ってましたが、カフェで売っていたのは、違う作家さんのものでした。青森にはたくさん若いこぎん刺し作家さんがいらっしゃるのかな?
私が青森に住んでいたときは、こぎん刺しにまったく興味がなかったのですが、カフェにはこぎん刺しとくるみで作ったストラップとか、かわいらしこぎん刺しのものがあって、こぎん刺しに興味がわいてきました。
違う作家さんの作品もみてみたいです!
もし機会があればよろしくおねがいします。
Commented by marugoto_aomori at 2009-08-17 09:09
>チャコさま
はじめまして♪
雑穀カフェ小粒さんに置いているこぎん刺しの作家さんはtecona+さんです。
以前、カフェについて紹介させていただいたのですが、今度はtecona+さんについてもご紹介しようと思っていたところでした。
あの胡桃のストラップですが、胡桃を割るところからご自分でやっているんですって。
ちなみに私の携帯ストラップはtecona+さんの「鋸の刃」の模様のストラップです♪
私ももっと多くのこぎん作家さんにお会いしてみたいと思っているので、『あそこでかわいい小物を見たよ!!』『この作家さん、素敵な作品作っているよ!!』という情報、お待ちしています♪
Commented by A2 at 2009-10-13 18:16 x
はじめまして。
こぎん刺しで、検索してこちらに来ました。
こさじ舎、こぎん作家liteさん、とても興味ありますが、オンラインで購入する方法はないのでしょうか?liteさん自身とも連絡のとりようがないのですが、遠方に住んでいますので、直接お店に立ち寄ることはできません。
Commented by marugoto_aomori at 2009-10-14 12:22
>A2さま
コメントありがとうございます。
こさじ舎のliteさん、今月からご自宅にお店を移されるということでした。
また、お出掛けしたらご紹介したいと思います。
liteさんの作品は、弘前の「THE STABLES」さんのウェブで購入ができます。品切れの場合もありますので、「THE STABLES」さんにお電話などでご注文してみるというのがいいかと思います。
きっと、イメージ通りのものを作っていただけると思います。
Commented by brownhouse at 2010-02-11 10:27 x
初めてコメントさせていただきます。福島県在住のワーキングママです。
こぎん刺しってとても魅力的!!モノづくりが好きで、パッチワークや雑貨、洋服…菓子、パン…など日々作成していますが、いまいち「これ!」という感覚が得られないでいました。おのずと生活にハリがなく…こぎん刺しを見つけた時は鳥肌がたちました!!探していたモノにやっと出会えました!!これから少しづつ形にしていけたらと思っています。
Commented by marugoto_aomori at 2010-02-12 11:44
>brownhouseさま
コメントありがとうございます。
こぎん作家さんは、自分の生活を大切にしながら、その余暇でチクチクと創作される方が多いように思います。
brownhouseさんもお仕事や家事を済ませた後のお時間で創作されているのでしょうか。
忙しくしている方が、有効に時間を使えたりしますよね。
これからもこぎん刺しなどの手仕事系もリサーチし続けますので、ご覧いただければ嬉しいです。
Commented at 2011-07-18 15:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング