まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

たまねぎむいたら何が出る?

私の記憶の中に強く残っている映画の一つに、寺山修司が脚本を担当した映画「初恋・地獄篇」(1968年/ATG/監督:羽仁進、脚本:寺山修司、羽仁進)というのがあります。
映画自体は大分キワドイ表現が多いものでしたが、大学生時代に一度見たきりですので記憶がモコですが、ワンフレーズだけ、絶対に忘れられない、モコしない、シーンがあったのを覚えています。

そのシーンは、主人公の若い女性が、同じく主人公の若い男性にこう尋ねます。
「キャベツをむいたら芯が出るけど、タマネギむいたら何が出る?・・・・・」
・・・・何が出るんじゃ? ん?
すごく哲学的な問いを投げかけられたような気がしたのを覚えています。

それから十数年を経て、今の私は、同じ問いにこう答えるでしょう・・・。
「源たれしかないっしょ!」
d0007875_234849.jpg

たまねぎむいたら、ざっくり切って、ワーッて鉄板にのせて、ワーッて牛バラ入れて、ワーッて源たれで焼きしめて、ワーってみんなで食べる以外に、何やることあるワケ?
って聞きたくなるほど、今の私には当然の答えなのです。

ということで、8月の夏バテを乗り切り、食欲の9月に突入しましたので、今日はバラ焼きにしましょう!材料はいたってシンプルでいいですね!牛バラとタマネギと源たれ!

しかし・・・ここで問題発生。 うちの近所(東京)では、肉屋にもスーパーにも牛バラが売ってない!なんでだ? さんざん探し回ったあげく、とあるスーパーで、やっと、牛丼用のペラペラの牛バラを見つけました。本当は、こんなのバラ焼きには使えない!と大きな声で叫びたいところですが、やむを得ず購入・・・・。
d0007875_025329.jpg

タマネギをできるだけザックリ切ったら、おもむろに鉄板(今日はフライパン・・・)へ肉と一緒にダイブさせます。
d0007875_084985.jpg

そして、火にかけるのですが、ここでバラ焼き作法①が発動します。肉のピラミッドをつくるのです。
d0007875_0114643.jpg

これは、ザックリしてて火の通りにくいタマネギに、先にある程度火を入れるためです。お肉が固くなりすぎないようにね。タマネギにある程度火が通ったら、源たれの出番です。投入する前に瓶を10回振るのを忘れずに。こんなふうに、ドボドボ入れちゃいます。人によっては更に砂糖を入れるかたもいるかもしれませんね。
d0007875_015368.jpg

こうして、あとはしっかり焼きしめるのですが、私は外のバラ焼きやさんで食べるときには、タマネギがまだナマっぽいうちから食べ始め、だんだん味がしみていくタマネギを段階的に楽しんだりします。最後の頃の、ちょっと焦げ焦げになった、肉と源たれの旨みを全て吸収したタマネギは、絶品です!!
そう、私の中では、バラ焼きはタマネギが主役の料理なのです。
最後はこんな感じで。お店で食べるときは、鉄板から直で!
d0007875_044647.jpg


ああ、十和田のいろんなお店のバラ焼きを食べ歩きたいですねぇ。
そういえば、9/23に東京世田谷の馬事公苑にて十和田バラ焼きが出店するとか・・・。
詳しくはこちらをご参照ください♪→http://www.tokyo-towada.net/ 

※今回ご紹介したのは、あくまで私の家での食べ方ですので、これがバラ焼きのスタンダードということではありませんので、あしからずご了承ください。


個人的には、バラ焼きにはビールよりも赤ワインです。
by OAK
by marugoto_aomori | 2009-09-03 23:01 | おいしい食材 | Comments(8)
Commented by しんちゃん at 2009-09-04 08:03 x
はじめまして。
おいらせ町在住のものです。
いつも楽しく拝見させていただきます。
バラ焼きにワイン、最高ですね。
三沢にも美味しいお店ありますよ。
Commented by ぴょん at 2009-09-04 09:23 x
あのー、適当に分量の目安、教えて下さいな。
お肉は国産ならぬ輸入もの?豚肉なら買えるような…
大分前ですが、こんにゃく手に入りませんでした。がっぱし…
Commented by marugoto_aomori at 2009-09-04 09:57 x
>しんちゃんさん
いつもごらんいただき、ありがとうございます。
三沢と言えば、あそこですね。赤いモノがぶらさがってるとこ。うまいですよねぇ。
不思議ですが、バラ焼きには赤ワインも白ワインも両方とも合いますね。
赤なら、ガツンとパンチの効いたピエモンテのフルボディタイプがおすすめ!
Commented by marugoto_aomori at 2009-09-04 10:11 x
>ぴょんさん
いつもありがとうございます。分量ですけど・・・、適当なんです。すみません。食べたい分のタマネギ入れて、食べたい分の牛バラを入れる!
ちなみに、今回は、タマネギ中1個、牛バラはペラペラが10片ちょっとくらいでしたので、いいとこ50~60グラムくらいでしょうか・・・。産地のこだわりは各店の考え方になるでしょうが、今回はオージーでした。(それしかなかった・・・) 十和田や三沢近辺でバラ焼きと言えば、ほとんど牛バラですが、自宅では豚バラでもいいですよね! ただ、自宅の場合、源たれは必須です!

Commented by hitomi at 2009-09-04 18:18 x
あっ、そうです。東京で牛バラ薄切りというと、牛丼用ぐらいの薄さですよね。
あれじゃ薄すぎるんですか~(驚)。
馬事公苑で本場をリサーチしてくるべきかもしれません。
Commented by marugoto_aomori at 2009-09-05 09:37 x
>hitomiさん
そう、薄すぎるんです!まあ、私にとっては、タマネギが主役なので、お肉は肉汁さえ出てくれれば、それでOKです!源たれと肉汁をタマネギに吸い込ませて・・・あぁ、よだれ出そうです。是非いつか十和田でお試し下さい!
Commented by ポン太 at 2009-09-06 02:55 x
牛バラ肉の厚みまで地域差があるなんて知りませんでした。
うちのお袋は某赤いのれんのお店では豚バラが良いと常日頃言っております。
そのお袋が作るバラ焼き、ちょっと豪華でキャベツにニンニクも入ってますが、
十和田の某店と同じ味なのにはビックリでした。
Commented by marugoto_aomori at 2009-09-06 19:37 x
>ポン太さん
お母様のバラ焼き、食べたいです・・・。
確かに、そう言われれば、某赤いのれんのお店では必ず豚バラも食べますねぇ。
でもね、豚なら十和田に最強のお店があるのです。ググってもらえればすぐにわかります。ヒントは「GOLDEN」です。おそらく、ポン太さんなら たぶんご存じと思います!


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング