まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

棟方志功の油絵~描写への情熱~

板画家としてよく知られている棟方志功。
一昨日13日が、命日でしたね。

ご存知の方も多いかもしれませんが、志功は最初、「わだば、ゴッホになる!!」という言葉通り、ゴッホにあこがれ油絵画家を目指しました。
板画の道へ進んだ後も、晩年まで油絵を描き続け個展などで発表していました。
そんな志功の油絵作品を初期から晩年まで紹介する展覧会が棟方志功記念館で開催中です。
d0007875_1420734.jpg
実は、夏の展示でもあり、もっと早くご紹介したかったんですが、スイマセン、今日になってしまいました。
といいますのも、志功があこがれたゴッホのひまわりが咲いていたから・・・。
記念館の30周年記念として、ゴッホが見ていたアルル地方のひまわりの種を入手できないかとアルルの観光局やオランダのゴッホ美術館にお手紙を書いていた記念館。
なかなか上手く進まずにいたある日、記念館の軒先で雨宿りしていたアルル出身の青年モーガン・ベネットさんに館長さんが声をかけたのがきっかけ。
2ヵ月後の2004年10月に、アルル少年から種が2袋届きます。
これを機に、花を咲かせては、種にし・・・と今年で4年目になるひまわり。
枯れそうになりながらも、凛々しく咲く大きなひまわりにようやく昨日、会えました~♪
d0007875_14203896.jpg
記念館の夏の展示はなんといっても『太陽花シリーズ』が見所!!
冒頭でも少し触れましたが、雑誌「白樺」に掲載された原色版のゴッホのひまわりを見て感動し、油絵画家を目指したというのは有名な話ですね。
そのゴッホのひまわりと同じ構図で志功が描いた作品が館内に鮮やかに満開に咲いていました♪
d0007875_14205933.jpg

※館内は撮影禁止です。許可を得て撮影しています。
志功にとって特別な想いのある花、ひまわり。
アトリエの庭に植えた八重ひまわりが咲くと喜んで筆を執って描いたといいます。
このシリーズは志功晩年(69歳)の1972年に描かれたものですが、力強いタッチですね。

その他にも、油絵画家を目指して上京後、まもなくの「松原図」(1925年)は、青森市の合浦公園の松原を思わせる風景。東京で思い出して描いていたのかもしれませんね。
d0007875_1421158.jpg
そして、「庭B」、「少女」などの大作も展示。
d0007875_1421317.jpg
この少女は、志功の長女なのかも。

志功の初めての画集で、唯一の油絵画集「棟方志功画集」(日本版画院編集、昭森社刊)には、浅虫での家族の姿を描いた作品や八甲田山、十和田湖など故郷の風景を描いた作品が収められています。
初めての画集が油絵ということからも、油絵への想いがどれほどだったかということが分かりますね♪

また、仲の良かった詩人の草野心平らとともに旅行したインドに感動し描いたシリーズ、8日間で70点以上もの作品を制作したといわれている群馬や長野に旅行のシリーズ、対で展示されている「チヤコ眼鏡」、「シコウ眼鏡」、
d0007875_14214942.jpg
色んな色の富士山、晩年のひまわり・・・とこれだけの油絵を順をおって一気に見ることができるというのも、なかなかないんじゃないですかね。
近づいて見ると絵の具の盛り上がりまで分かったり、遠めで見ると雰囲気が浮かび上がってきたり、コンパクトなスペースですが、見応え充分!!

また、出世作『釈迦十大弟子』など代表な板画作品、
d0007875_1422916.jpg
志功による艶やかな凧絵
d0007875_14222851.jpg
なども展示されていて、志功の多彩な才能を堪能することができますよ。
この日は、地元の小学校が社会見学に来ていました。「世界の棟方」のこの展示作品に感動し、未来の芸術家が産まれたら素敵ですね♪
d0007875_14224887.jpg
by Kuu

《棟方志功の油絵~描写への情熱~》
会 期 2009.6.30(火)-10.4(日) 9:30-17:00
観覧料 一般500円、大学300円、高校200円、小中無料
場 所 棟方志功記念館(青森市松原2丁目1番2号) 
電 話 017-777-4567
by marugoto_aomori | 2009-09-15 14:22 | 青森のアート | Comments(4)
Commented at 2009-09-15 16:39
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by marugoto_aomori at 2009-09-16 11:43
>鍵コメさま
コメントありがとうございます。
来週、こちらにいらっしゃるんですね♪
青森市内であけび蔓の工芸品をというご希望ですが、「雪の道」さんのほかにも、「みらた工芸」さん、「津軽物産販売所」さん、「大坂漆芸」さんなど、駅前からのびる商店街の中のお店でも購入することができます。
それほど長い通りでもないので、散策しながら、お好きなものを探して歩くのも楽しいと思いますよ♪
Commented at 2009-09-16 14:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by marugoto_aomori at 2009-09-16 15:56
>鍵コメさま
たくさんという程ではありませんが、民芸屋さんが数件ありますので、散策してみてくださいね♪
9月の浅虫水族館は、毎週土曜日に夜の水族館を体験できるようですよ。もし行かれるのが土曜でしたら、夜に行かれてみてはいかがでしょうか。


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング