まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

青森ふるさとベーカリー4 ~工藤パンの『イギリストースト』 ~

青森県内を歩いていると、時々見かけるこの看板。
d0007875_21463367.jpg
「なぬっ、ユ藤パン!?」
と県外の方が思ってくれれば期待通りの反応ですが、そうではありません。
青森に居たことのある人なら誰でも知っている、青森パン界の巨人、「工藤パン」です。

私たちが提唱する「ふるさとベーカリー」は、kuuが書いたとおり、基本的には地域で愛され続ける特別なパン、そしてそれを作り続ける「街のパン屋さん」です。

が、基本いったいなにするものぞ、そこのけそこのけイギリストーストが通る。
青森県民ならきっと誰もが一度ならず手にしたことがある、どうしても無視できない存在。
それが「イギリストースト」様です。
d0007875_2334463.jpg
しかしこのパン、以前YOSHIHITOが考察を加えたことがあるとおり、普通に考えると少し、変なところがあります。
その最大のものは、”なぜ焼いていないのに「トースト」なのか”というもの。
そして青森県内でそれを疑問に思う人がほとんどいないという不思議。

「恋は盲目」

そうです、そんな欠点など目に入らないくらいに、青森県民はこのパンに魅入られているのです。魔性のパン、と言ってもいいでしょう。
いやむしろ、少々の欠点こそが人々を惹きつける要因なのかもしれません…

一方で、誇らしげに表示されているイギリス国旗は、なんとイギリス大使館に問い合わせて「使っても良い」との了承をいただいているのだそうです。
そんなご経歴をおくびにも出さない奥ゆかしさも、内面の魅力となって輝きを増しているのでしょうか(←んなこたぁない)。

そんなおパン柄(お人柄…)のイギリストースト様ですが、ご自身は至ってシンプルな”なり”をされています。
二枚の食パンの間に、グラニュー糖を混ぜたマーガリンが挟まっている。ただそれだけ。
しかし実は、使用する小麦粉、マーガリン、砂糖には徹底的にこだわったという本格派でいらっしゃいます。
d0007875_23293460.jpg
山型のかわいらしいお姿を愛でて一口頬張ると、お砂糖が「じゃりっ」と口中で音をたて、噛みしめるごとに甘さがお口いっぱいに広がっていきます。
「甘い」は「うまい」。まさに言葉の通りです。
d0007875_23311995.jpg
お年は、昭和47年生まれの38歳昭和42年頃生まれの43歳ほど
お生まれになった当初は、一枚のパンの片面にマーガリンが塗られておりましたが、夏場になるとマーガリンが溶けて袋にくっついてしまうなどの問題があったことから、昭和51年に現在のような二枚のパンに挟む形になりました。
それ以外にお変わりになった点はほとんど、ございません。

さて、それでは少し、私とイギリストースト様との思い出をお話しいたしましょう。

もちろん、私も小さな頃からイギリストースト様の大ファンでした。周りの友達もそうです。
子供はお行儀など気にせず好きなように食べますから、耳を先に食べて最後に甘い部分を口いっぱいに頬張るタイプ、逆に先に真ん中から食べて最後にまあるく耳を残すタイプ、いろいろいたものです。
いちばんお行儀が悪いのは、二枚をはがしてマーガリンをなめてしまうタイプ、ですかね。
それって最後に残るのはびしょびしょの食パンじゃん…

いくらか成長し、部活帰りに甘いものが欲しくなると、帰り道のあっちのお店の鯛焼きにしようか、それともイギリストースト様にしようかと迷ったあの頃。
そして大人になってお酒を飲むようになり、「酒の肴ってしょっぱくてね、甘いもの食べたくなるんだよね」と帰りにコンビニでイギリストースト様を買い求める日々…

近所で雑多な食料品を置く個人商店の姿が減って「工藤パン」の看板も一時ほど見られなくなり、主な販売の場がスーパーやコンビニに変わっても、常に生活のそばにイギリストースト様がいらっしゃいました。

そういえば、県外に住んでいて青森に戻るたび、スーパーの棚からイギリストースト様が消えるほどに買い込み、冷凍して保存している勇者がいる、という話を聞いたこともあります。
そこまでいかなくても、県外にいてこのパンを懐かしく思う方はたくさんいることでしょう。

じゃあ県外でも売ればいいのに、と思うのが自然な流れですが、不思議なことに県外販売にチャレンジしてもほとんど売れないのだそうです。
それでいて毎日、7千個から1万個ものイギリストースト様が誕生しているというのですから、まったく、青森県民の主食はイギリストーストなのではないか、と疑いたくなるほどです。

そんなイギリストースト様は、やはり大手の製品とはいえども県民にとっての特別なパンであり、工藤パンは紛う方なき”ふるさとベーカリー”の一つなのであります。

by くどぱん! は工藤パンの関係者ではありません…
(※あなたとイギリストースト様の思い出、あなたの街のふるさとベーカリーのお話もぜひお聞かせください!)

P.S.平成22年から工藤パン新町店では、塗りたてのイギリストーストを提供するサービスを行っています。できたてほやほやのイギリストーストを食べてみたい方はぜひそちらへ。

【工藤パンの「イギリストースト」】
「イギリストースト」のパン年齢 昭和47年誕生の38歳昭和42年生まれの約43歳
工藤パン(営業部)  青森市金沢三丁目22-1  tel.017-776-1946
工藤パン新町店    青森市新町一丁目12-19 tel.017-722-3847
※初出時、パンのご年齢に誤りがありましたので修正しております。失礼いたしました。
by marugoto_aomori | 2011-02-25 18:28 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(24)
Commented by ふるさとベーカリー大好き! at 2011-02-26 12:51 x
うわー、イギリストーストだ!
くどパンといえば、チョコレイもおいしいですよね。
思えば、子どもの頃からくどパンにはお世話になってますね。
気になるふるさとベーカリー、私にとっては、故郷の「吉田ベーカリー」です。その場で作ってくれる「あんバター」、バターを塗る瞬間を見るのが大好き!
ハムサラダも絶品です!
大畑店には「さんご弁当」(俗称かな?昔、350円で卵と肉のそぼろ、チーズ、肉団子など・・・)がありました。なつかしい!
といいつつ、ネットもない時代、むつ店と大畑店は同じ系列なのか、わからないまま・・・。気になる謎です。
Commented by icydog at 2011-02-26 14:45 x
読み進めながら、この記事は絶対 くどぱん!に違いないと思いました。
Commented by marugoto_aomori at 2011-02-26 18:36
>ふるさとベーカリー大好き!さん、コメントありがとうございます。
作ってるのはくどパンではありませんよ、工藤パンです(笑)
確かにチョコレイもいいですよね。安い割におっきくて、そして甘い。
並び立つベストセラーとしてはニューカツサンドでしょうか。イギリストースト含めこの三つはファンが多そうです。
吉田ベーカリーの「あんバター」は確かに有名ですよね。多様な調理パンにも目移りしてしまうお店です。さて、このシリーズに登場するのでしょうか?乞うご期待!
しかし大畑店があるというのは初耳ですね…誰か謎を解いてくれるかな?
Commented by marugoto_aomori at 2011-02-26 18:50
>icydogさん、コメントありがとうございます。
おっと、直球ど真ん中来ましたね。うーん、喜んでいいのやら悲しむべきなのやら…いやいや、ここは良い方に受け取りましょう。
青森に行ったら食べてみようと思っていただけましたよね?
青森県民のソウルフードどころか、主食なんですから!(←嘘)
Commented by marquetry at 2011-02-27 02:16
なつかし〜!!!!!イギリストースト!!!!!
私がよく食べていた頃は、一枚にマ〜ガリンでして、透明シートを剥がして半分に折ってパクリっ。主食というより、私の場合おやつ感覚の小腹埋め...部活の帰り道や朝練の後など。
つぶつぶの砂糖が残っている感覚も、夏には溶けてパンに染みてて、パンが浸(ヒタ)パンになってしまうのも、好きでした。
Commented by jam at 2011-02-27 20:59 x
工藤パンはイギリストーストも好きですが、5個入りのアンパンは子供のころいつも家にあって、私のアンパンの基準?になっています。どちらも、いつ食べても変わらない美味しさですよね。
そういえば工藤パンはイギリストーストとダブルサンドのあんバターが売上の2大巨頭だと聞いたことがあるのですが本当でしょうか?
Commented by 雪りんご at 2011-02-27 21:51 x
こんばんは。工藤パンといえば、私もチョコレイに1票!
あと、名前を忘れてしまったのですが、金時豆が入っているパンも子供の頃よく食べました。
懐かしいです。

今、県外在住ですが、時々チョコレイは恋しいです。
次回、帰省する際には是非イギリストースト買って帰ります。
新青森駅で売ってるといいな。
Commented by 津軽ジェンヌ at 2011-02-27 23:34 x
うゎゎゎゎゎ!!
イギリストースト、大好きです。
袋を開けるとすぐ食べちゃうので、開いた図は初めて見ました(笑)
新町のお店で「できたてほやほや」を食べられるなんて、いいこと聞いちゃいました。
今度ぜひ立ち寄りたいと思います^^♪
Commented by marugoto_aomori at 2011-02-28 09:41
>marquetryさん、コメントありがとうございます。
半分折り!新たなワザが出てきましたね…真ん中から食べることをYOSHIHITOは”真ん中食い”と呼んでいますが、これは”たたみ食い”とでも呼べばいいでしょうか。現在のカタチでは難しそうですから、”幻のたたみ食い”と言うとなんだか凄そうです。
耳を先に食べるのは"回し食い"とか、マーガリンをなめちゃうのは”ベロ食い”とか、食べ方の流儀を考えるのも面白そうです…って、食べ物で遊んじゃいけないですね。
あ、”主食”というのはあくまでシャレです(笑)。どんだけ食うんだ、という。
Commented by marugoto_aomori at 2011-02-28 09:50
>jamさん、コメントありがとうございます。
あんパンというと、あの袋に入ったやつですよね?子供にはちょっと高価なので、お金を出し合って買ったような記憶がありますね。個人的には、あんパンにはやっぱり牛乳でしょ、と思いますが、どうでしょう。
ダブルサンドのあんバターというのは、”小倉サンド”とか名前がついてたやつかな…自信ないですが。あれも初めて食べたときは衝撃でしたね。「こんな組み合わせがあっていいのかっ!」て。
ただ、売り上げの構成まではちょっと分かんないですが…ゴメンナサイ。
Commented by marugoto_aomori at 2011-02-28 10:02
>雪りんごさん、コメントありがとうございます。
む、やはりチョコレイは根強い人気ですね…調べてないですが、イギリストーストよりは若干お若いのかと思いますが、それでもがっちりファンをつかんでいるのですから、なかなか大したものです。
金時豆が入ってるパンは…コッペパン的なもの?ちと記憶が曖昧です…
青森駅では見かけた記憶がありますが、新青森駅にあるかどうかはちょっと分からないですね。置いてもらいたいなぁ。青森土産として(笑)
Commented by ふぃっしゅ(仙台在住) at 2011-02-28 10:33 x
おぉ!イギリストースト!! うちは農家だったんで、畑で食べるおやつにと母・父・祖母・祖父が大量に工藤パンのパンを購入していました(笑)。イギリストースト懐かしいー。
私も実家に帰省したら、帰路用に必ず工藤パン買っていますよ。私は「くるみ大好き」が大好きです!!
Commented by marugoto_aomori at 2011-02-28 10:35
>津軽ジェンヌさん、「イギリストースト」と聞いて”はかはかど”してる様子が感じられるコメントありがとうございます(笑)
新町店の”塗り立てサービス”はまだあんまり知られてないようですね。作業スペースの都合などで目の前で塗るのは難しいようですが、随時少量ずつ補充してます。
一般品(?)との違いを楽しんでください(*^ー゚)b
Commented by marugoto_aomori at 2011-02-28 10:52
>ふぃっしゅ(仙台在住)さん、コメントありがとうございます。
そういえば、ウチも実家は農家だったので、休憩用に工藤パンはがっつり買い込んでましたね。たまに手伝って畑で食べる工藤パン(いろいろ)がまたウマイですよね。空気のせいでしょうか?なんかいろいろ蘇ってくるなぁ…
「くるみ大好き」とはまたニューカマーが…蒸しパンのようなやつですかね?いやぁ、皆さん工藤パンが好きなんですねー(^_^)
Commented by yamai at 2011-02-28 12:34 x
イギリスパン! 三角カステラとチョコレイと合わせて、わたしの3種の神器です!!!
イギリス大使館にまで連絡をとってるなんて~~(笑)
食べたいなあ~。
東京在住なので、全国展開してくれたら、といつも思います。
帰青したら買い込もう♪
Commented by kurukuru at 2011-02-28 12:53 x
初めてコメントします。上京して23年です。
イギリストースト!のプリントがイギリス大使館の了承をもらっているとは…驚きです。東京にはないものねえ。
くどぱん(工藤とかいてくどぱんですよ)で、袋のプリントが昔と変わっていないのは、イギリストーストや三角形のでっかいパン(たしかカステラサンド)、くらいですか?
ビンズロール(豆がはいってるのはこの名前)やパンの耳のフライ入りのフライサンドも好きでした。レーズンも入っていました。あと黒パンも好きだった。
でも、私の一押しは、「コーヒーバターサンド」です。
東京のヤマザキパンなどには、アンマーガリン(吉田ベーカリーのアンバタもどき)やジャムマーガリン、ピーナツバターはありますが、コーヒーバターサンドはくどぱんだけ!ですよね。(青森と東京以外はレサーチしたことがないですが)
年に一度の帰郷で必ずたべます。あのコーヒーバターのお味は他にないですよ。結構黒っぽくてね。新町のくどぱんにはなくていつも新町通り柳町通りのデイリーヤマザキかカネ長の地下で買います。ふるさとの味です。
他に必ず食べるのは、みつだんごと甘い赤飯。
長々と失礼しました。
Commented by marugoto_aomori at 2011-02-28 13:17
>yamaiさん、コメントありがとうございます。
三角カステラは商品名だとカステラサンド、ですねたぶん。あれも牛乳に合うなぁ。しかし三種の神器って…すごい表現(笑)
全国展開!夢は広がりますねー。過去に果たせなかった夢をもう一度!「ふるさとベーカリー」シリーズで盛り上がればひょっと…するといいなぁ。
…いや、でも青森でしか買えないのがいいのか?悩む~(←取らぬ狸の皮算用)
Commented by えびペースト@八戸 at 2011-02-28 14:42 x
数年前から、イギリストーストの
形や味のバリエーションが増えていますよね。

フレッシュランチ(ランチパック風)のイギリストースト味
コーヒークリーム味
ピーナッツバター味
などが記憶に残っています。

果敢に商品開発をする工藤パンさんの
心意気も、大好きです!!はい。
ちなみに私的には、ピーナッツバター味がヒットしました。
Commented by marugoto_aomori at 2011-02-28 16:09
>kurukuruさん、初コメありがとうございます。ようこそいらっしゃいました。
むむう、私も覚えていないような情報まで…凄い記憶力ですね。ありがとうございます。
上京して23年で、未だこれほどのシンパシー(共感の意)を寄せていただけるとは…工藤パンも幸せ者ですね。
で、コーヒーバターサンド!私も好きです。そういえばコンビニでもなかなか見かけない気がしますが、なるほど、デイリーヤマザキなんかにあるんですね。なんか食べたくなってきました…
しかしこうしてコメントをいただくと、いろいろ思い出して楽しくなりますね。有り難いことです。コメントいただいた全ての方に感謝です。
Commented by marugoto_aomori at 2011-02-28 16:24
>えびペースト@八戸さん、コメントありがとうございます。
そうですね、イギリストーストのバリエーションもこれまでずいぶん出ましたね。もはや全ては思い出せないくらい…
聞くところによると、工藤パン全体で毎月30以上の新商品が開発されるのだとか。ほんと、すごい熱意です。
ただ、個人的には、新商品に浮気することが全くないとはいいませんが、9割以上はクラシックなイギリストーストを購入してしまいます。
なぜ、と問われると、もはや理由も分からないくらいに習慣化している、としか言いようがないですね…これも「恋は盲目」効果でしょうか(笑)
イギリストースト…おそろしい子!
Commented by さぬきうどん at 2011-03-01 23:15 x
昨年秋に青森を旅行したものです。
旅行先では必ず地元パンを探します!スーパー等で売られている、地元民に愛されているパンがすきなのです。
スーパーのパン売り場では必ず「製造者」の住所を確認!めずらしくても隣県ではいけません。
そして発見したのがこのイギリストーストでした!なつかしい~!(もうすでに・・・)
スーパーでてんこもりに売られていたこのイギリストースト!
このブログでまたお目にかかれて嬉しいです。
旅行から戻ってもこのブログ愛読しています。またいつか青森再訪したいので、「ふるさとベーカリー」楽しみにしています。
今気になっているのは「あんかけぱん」
食べたい!!
Commented by 青森めろん at 2011-03-03 19:26 x
ここ最近のイギリストースト様はだいぶ増殖してますよね(笑)
小倉あん、練乳クリーム、りんごジャム&カスター
マロンクリーム&ポイップ、ブルーベリー&チーズクリーム
メープル&マーガリン、ブレンドコーヒークリームなどなど
全部でいくつくらい種類があるんだろ??
新しいものがでるたびにニヤニヤしてしまいます。
時々3枚重ねになったりもしたりw
もちろん、そのまま食べるもの美味しいですが
トーストして食べても美味しいですよね。

Commented by marugoto_aomori at 2011-03-04 16:32
>さぬきうどんさん、コメントありがとうございます。レス遅れてスイマセン。
地域の食文化をするにはスーパーに行け、というのは良く聞きますが、そこでパンを探すとは…なかなかの上級者ですね。
イギリストーストはあちこちにいらっしゃるので見つけやすいですが、他の「ふるさとベーカリー」は知らないと見つけられませんからね。青森にまたおいでの際はぜひ探索してみてください。
この後もきっと、さぬきうどんさんの琴線に触れるパンが登場しますよ!
Commented by marugoto_aomori at 2011-03-04 16:43
>青森めろんさん、コメントありがとうございます。
やあ、素晴らしい記憶力!ですが、新しいものを見かけても、ニヤニヤするのは家に戻ってからにしましょうね(笑)
そして、出ましたね、トースト。「しみしみ」になった姿はイメージできますが、焼き加減は難しそうです。庫内を十分温めて短時間で焼く、というイメージでしょうか。ついついいつも普通に食べちゃいますが、今度試してみます!
ちなみに、電子レンジでは「しみしみ」どころか「びちょびちょ」になるそうなので、皆さん絶対にやめましょう。危険です!(←なにが)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング