まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

弘前藩士が飾っていた!! 季節展示『享保雛』

現在、『新収蔵2010』を開催中の青森県立郷土館
美術作品以外は撮影OK!!(フラッシュはNG)ということで、カメラぶらさげて出掛けてきました♪
展示スペースに入るなり、約240点の中でひときわ存在感を呈しているのが、野沢如洋の『春の海・秋の海図屏風』と『東西蝦夷山川地理取調図』。
d0007875_852488.jpg

安政6年(1859年)の地図はビック!!
お願いすると上から見せてもらえます。
北海道が大部分ですが、津軽海峡と陸奥湾、下北半島と津軽半島が含まれています。
d0007875_853965.jpg

見応えがあるのは、佐々木直亮さん(1921-2007)による昭和30年代の写真!!
弘前大学医学部教授として衛生学を専門に研究されていた佐々木さんは、庶民の暮らしの実態を知るため、当時の日常生活に関わる写真を撮り続けていました。
旅館の窓からお山参詣を見物する大勢の人たち(旧岩木町百沢)であったり、
d0007875_8532678.jpg

雪道の中、車がすれ違おうとしているボンネットタイプのバス(黒石市内)であったり、
d0007875_8534982.jpg

どれもこれも写真の中から声が聞こえてきそうです。

そして、「今日は楽しい雛祭り♪」ということで、頭の中に流れていたBGMを『三丁目の夕日』から『うれしい雛祭り』に切り替え、みなさまにご紹介したいのが『享保雛』
d0007875_854986.jpg

常設展示室3階にある昔のくらし道具や懐かしいオモチャに触れることができる体験ルーム「ワクワク体験ルーム」に季節展示されています(3月14日まで)。

3月3日に雛人形を飾る習俗は、もともと祓いの形代である人形(ひとがた)を川や海に流した行事が始まりだそうで、公家や武家の慣習を経て、江戸時代になってから民間に普及したもの。
享保雛は、17世紀の寛永雛がゴージャスに進化したもので、面長で切れ長の目に特徴がある享保年間(1716-1735)に流行した雛人形。
当時、町人にも普及し、あまりの豪華さに、幕府の奢侈禁止令取締りの対象にもなったそうですよ。
確かに、屏風絵の前に納まるお内裏様とお雛様、
d0007875_8542963.jpgd0007875_8544499.jpg

五人囃子、
d0007875_85565.jpg

お道具の数々・・・と、今でも華があります♪ うっとり♪

それに近代以降、追加されていった各種人形から成立しているそうで、よ~~く見ると、立雛だったり、
d0007875_855246.jpg

押し雛だったり、日本人形だったり、お人形のためのお布団だったり、色々飾られています。
d0007875_8554397.jpg

コチラの享保雛は、弘前市仲町地区に伝わるお宝。
仲町地区は、中下級の弘前藩士家が集住してきた地域で、大正初期まで「お雛拝見、お菓子頂戴」と言って子供たちが家々を回ってお菓子をもらって歩く風俗があったんですって。
イメージは、日本版のハロウィンってことでしょうか。
お菓子はやっぱり大阪屋!?
この地域にお住まいの方の話によると、この時期になるとご婦人達が集って家々を回り、雛人形を眺めながら、お茶しておしゃべりしているそうです。男子には理解不能かもしれませんが、いくつになっても女子会はトークがはずみますからね♪
そんなわけで、女の子が嫁がれた後でも、ご婦人方のために飾られているお宅もあるそうですよ(笑)。

コチラは、所蔵されているお宅の方が伝統を守ったかたちで飾られたそうなんですが、この時代はお内裏様とお雛様が今と逆で、しかも三人官女がいらっしゃらなかったんですね。
d0007875_859550.jpg

このような雛人形を飾るのは、城下町などの都市特有の行事だったそうで、近代までの農山漁村では雛人形は飾らず、サガサニチといって、餅を作ったり野外遊びをする日だったそうです。
例えば、青森県の南部地方ではボタ餅を作って外遊びをし、下北地方では甘酒節句といって菱形の餅を作り、津軽地方では重箱を持って山へ花見に行ったり磯辺に遊びに行ったんですって。

コチラを所蔵されている方のお宅では、この雛人形の周りに浮世絵を飾るそうです。なんとゴージャス♪


その他にも、八戸市内では『はちのへ雛めぐり』、弘前市立博物館では『おひなさま展』を開催中です♪

またまた雪がちらつきだした青森ですが、豪華で優美で華麗な(笑)雛人形を見て、春の訪れを感じてみてはいかがでしょうか。
by Kuu

《企画展「新収蔵2010」》
会期:2011.2.26(土)-2011.4.10(日) 9:00-17:00
会場:青森県立郷土館1階大ホール

《季節展示「享保雛」》
会期:2011.2.15(火)-2011.3.14(月) 9:00-17:00
会場:青森県立郷土館3階「わくわく体験ルーム」

料金:一般310円、高校・大学150円
場所:青森市本町2-8-14 017-777-1585
by marugoto_aomori | 2011-03-03 09:00 | 青森のアート | Comments(2)
Commented by お祭りオヤジ at 2011-03-03 23:44 x
立派なお雛様ですねー
我が家のお雛様は家に飾られることもなく、更上閣のひいなまつり展に出稼ぎに行ってます。
古い大きなお雛様に囲まれて、隅っこにちっちゃく並んでいました。(めんこい卵のお雛様です)
でー、オヤジはと言いますとお隣の 大きなお雛様の欠損したお道具 鞨鼓(かっこ)の製作を頼まれて、朝から一日中 机の前でこさえていますよ。
早くしないとお雛様 終わっちゃうなー
Commented by marugoto_aomori at 2011-03-04 09:32
>お祭りオヤジさま
豪華なんだけど厳かな美しさなんですよね。
コチラをお持ちだったお宅では、もっと大きなお内裏様とお雛様もあったそうですが、第二次世界大戦の時に、軍に持って行かれてしまったそうです。その際、おばあちゃんが、もったいないと感じ、人形の着物の一部を切り取って保管していたそうです。
大事に大事に引き継がれて来たお人形さんたちなんだなぁって♪

お祭りオヤジさんのお人形は、更上閣にお出掛けですかぁ。
それはまた凄い舞台ですね♪
お隣のお雛様のお直し、終わりましたか!?
コメントいただいた時点で、あと15分で日付が!!!って感じでしたけど(笑)。
こうして、お直しして大事に大事に・・・。
日本人って感じがして素敵な暮らし方ですね。


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング