まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

[雪と光のファンタビスタ] 十和田湖冬物語2006

さあ、雪と光の幻想の世界へ!

d0007875_10182511.jpgまたまたこの季節がやってきました。
2月。
青森県の一番厳しい冬の季節。
ですが、雪と凛とした寒さがあるからこそ、「幻想の世界」に変わっていきます。

十和田湖冬物語」は、99年に生まれました。
これまで行われていた「十和田湖雪まつり」の開催期間を大幅にロングランし、冬の十和田湖の魅力を多くの方々に魅せたいと、始まったものです。

青と白の幻想的な冬の十和田湖。
夜からは、ライトアップと数々のイベント、そして冬花火。
期間中は、その美しさに魅了され、何度とお越しいただく方々もいらっしゃいます。



d0007875_106844.jpg17時から始まる乙女の像のライトアップをみながら、ゆっくりと湖を歩き、会場の雪のゲートをくぐり抜けると、そこは光り輝くライトアップとイルミネーションの世界です。

メインは何と言っても、「津軽三味線」ライブと、「冬花火」。

どこまでも透き通るような冬の凛とした空気の中、打ち上げられる花火の美しさは、同じものでも夏の花火とはひと味違います。
以前、花火師さんから伺った話ですが、冬の乾燥した空気と気温の低さは花火の火薬を最後まで燃やして輝かせてくれるから、冬の花火は特別綺麗なんだ、そんな話を思い出してしまいます。
さらに、冬の十和田湖休屋は、湖と外気の温度差から、常に出し風が吹いています。
それもあって前の花火が作った影が出来にくく、毎回の花火が常に美しく花開く。

花火の時間は会場の人たちが天を見上げ、うっとりとしています。
見上げる人たちの顔に花火の輝きが映る。

是非、冬の十和田湖へどうぞ。

byなおき
 ※杉樽露天風呂は今回なしのようです。
 ↑スミマセン。誤情報でした。ゴメンナサイ




十和田湖冬物語2006の概要

開催期間/2006年2月3日(金)~26日(日)
会場/十和田湖休屋特設イベント会場
イベント内容/
 □津軽三味線ライブ 1900~(毎日)
 □ねぶたハネト体験 1930~(毎日)
 □冬花火 2000~(毎日 10分程度)
 □ドームライブ 2030~(毎日)
 □乙女の像ライトアップ1700~(毎日)

いっぱいありすぎて書ききれませ~ん。
by marugoto_aomori | 2006-01-17 10:19 | 青森の旅 | Comments(9)
Commented by aomorifoodkey at 2006-01-18 02:01 x
今年は写真の露天風呂がないのですね。残念です。三味線ライブ-はねと-学校のグランドから上がる花火、この休み無く流れるイベントが良いですね。拙ブログをトラバさせていただきました。
Commented by senbeiziru at 2006-01-18 12:26
ところ違えど、もしかしてなおきさんや義人さんなど皆さんと普段同じような業務且つ課にいるかもしれないと最近気づきましたw
どおりでブログの内容が充実してるわけだぁ・・・いやはや、見習わなくては。

それにしても冬の花火って、夏とはまた違った美しさがありますね。

>冬の乾燥した空気と気温の低さは花火の火薬を最後まで燃やして輝かせてくれる

そうだったのか、勉強になりました( ´∀`)ノ
Commented by 1207Blue at 2006-01-18 23:36 x
大好きなイベントです!開催期間中、2,3回は行ってます。今年も行きますよ。
Commented by なおき at 2006-01-19 09:37 x
>aomorifoodkeyさま。
ブログ拝見しました。
旅行会社のツアーの名前に間違われる!とは、反省反省です。
99年の2月からこの名前にしましたが、当時1月から3月までの十和田湖でのイベントを総称して「十和田湖冬紀行」、2月に行う中核イベントを「十和田湖雪まつり」と称していて、こんな中に「雪まつり」の名前を変えて、ロングランリニューアルをする、ということで、名前にはいろいろと悩んだことを思い出します。

イベントの内容にお褒めの言葉を頂戴して、うれしいです。
Commented by なおき at 2006-01-19 09:44 x
>senbeiziruさま。

花火師さんの話を聞いて、よくよく気をつけて花火を見ると、花火が消えそうになってもキラキラと残っているような気がしたり、チリチリと音がして燃えているその音もきれいなような感じに思ったり・・・。

透き通る空気の中の花火にうっとりするだけでなく、こんなうんちくを聞いた後には、そんな「違い」探しをしてしまいました。
Commented by なおき at 2006-01-19 09:51 x
>1207Blueさま。

大好き!発言、ありがとうございます。

花火が上がるときに、若いカップルはもちろん、子どもと熟年夫婦も一心
に天空を見つめています。

あの雰囲気も私は好きです。
Commented by aomorifoodkey at 2006-01-21 21:21 x
なおき様、決して「けしからん」と言っている訳ではありません。「注目度が高く新鮮である」という意味ですので・・・「商品企画」に関わっていたとは・・・大変失礼いたしました。「北彩紀行」もなおき様のアイデア?写真が・・・・
拙ブログのある方へのコメントへの返事にも書きましたが東北他県の冬の祭りは「岩手雪祭り」「尾花沢冬祭り」「鶴岡冬祭り」「横手かまくら」「かだる雪祭り」「いなわしろ雪だるま祭り」などがあげられます。比較してみますと「十和田湖冬物語」は、ありきたりでなくて、あか抜けていて、ファッショナブルで、印象的だと言うことで、あえてあのように書いたのですが、御理解いただければ幸いです。
Commented by marugoto_aomori at 2006-01-23 11:25
>aomorifoodkeyさま。

 コメント遅くなりました。

 いつもありがとうございます。
 なおきです。

 こんなに気を遣わせてしまして、ホント、スミマセン。

 アンケート調査などをしていても、なかなか意見を率直に書いていただける機会というのは少なくて、こうしてブログを書きながら、青森のことをよく知っている方々からいただくコメントの内容には、率直さ、のようなものがあります。
こうした意見はとても参考になります。

ブログをやっててよかったな、と思う瞬間でもあります。

今回もまさにそうでした。
ですので、これからもお気兼ねなく、今まで通りいろいろとコメントをください。
Commented by marugoto_aomori at 2006-01-23 14:07
十和田湖冬物語のバスツアーがまた新しくできました。
旅程は限定ですが、格安料金で1泊2日です。
一度行ってみたいと思っていた方や雪道を自家用車ではちょっと?という方や、撮影てみたいな、とお思いの方には持ってこい!の内容のようです。

旅程:
2月5日(日)
 JR八戸駅1225発→八食センター(自由食)→
 下田町 間木堤(白鳥餌付け体験)→湖畔の宿緑水閣1750着

 □泊:湖畔の宿緑水閣(夕食後、冬物語会場まで送迎)

2月6日(月)
 宿→十和田湖湖上遊覧(各自払い)→
 奥入瀬渓流観光センター(自由食)→桃川(酒蔵見学)→
 八食センター→JR八戸駅1640着

募集人員40人 添乗員同行 最少催行人員25人
旅行代金:9700円(1室2~5名)
申し込み:JTB東北青森支店(017-722-4434)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング