まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

王宮の名をもつ食用菊 「阿房宮(あぼうきゅう)」

南部地方を代表する作物に、秦の始皇帝が菊を愛でたという宮殿の名を与えられた食用菊があります。目に鮮やかな色合い。独特の芳香と甘味。そして歯ざわり。南部地方に古くから伝わる「阿房宮」です。
d0007875_16273883.jpg
エディブルフラワーと言ってしまえば西洋文化のようですが、日本人はもともと花を食用としていました。江戸時代にはかなり大衆化していたようです。食用菊というと、関東以西では刺身と一緒に盛られる「つま菊」が一般的ですが、東北地方では大ぶりな花びらを野菜の一種として食べます。

現在、食用として栽培されている菊は約60種。山形で「もってのほか」と呼ばれる淡紅紫の「延命楽」と青森県南部地方特産で黄色の「阿房宮」が代表的です。

一説によると、江戸時代に南部藩主が京都の九条家から観賞用としてもらい受けたのがきっかけで、旧相内村(現南部町)で栽培してみたところ、花に苦みがなく、芳香と甘味があり、シャキシャキとした歯ごたえで実においしかったため、食用として藩内に広められたと伝えられています。
d0007875_1629313.jpg
「阿房宮」の花は、初霜が降りる直前の10月下旬~11月にかけて満開となり、その時、名峰名久井岳に向かうゆるやかな斜面は純黄色の絨毯に覆われます。
菊の刈り取りは、太陽で蓄えられた甘味をいっぱい取り込むため、冷気に包まれる前の午後3時頃から始めます。菊の花はひとつずつ鎌で刈り取られ、農家に運んだ後は、花びらをむしる「菊ほかし」が続きます。花びらだけになった「阿房宮」は、蒸され、干し上げられて干し菊となります。

d0007875_16245721.jpg生品が料理されることもありますが、大半が干し菊となるところに「阿房宮」の文化があります。冬の食膳にもこのあでやかな色香をあしらえることとなった干し菊づくりは、名川町東円寺の板橋太観住職が開発し、教え聞いた清光寺の高山恵輪住職が地域へ普及させたと伝えられます。今から百年あまり前の明治30年頃のことだそうです。

南部の秋を閉じこめた干し菊は、さっと湯がくだけで鮮やかな彩りと味わいを取り戻し、一年中味わえます。この地方では、古くからさまざまな菊料理が食卓を飾っていますが、菊の風味を手軽に味わえるのはみそ汁。鍋のおろしぎわ花びらを散らすだけで趣のあるおいしいみそ汁になります。
お酢との相性も良く、湯がいて水気を絞り、ダイコンおろしと混ぜて二杯酢などで和える「菊なます」も絶品です。
伝統的な料理として見逃せないのは菊巻き。一夜漬けしたニンジンやダイコン、タカナなどを菊で巻きます。

子供の頃には分からなかった、やさしくて香しい南部の伝統野菜です。
by marugoto_aomori | 2006-01-20 16:31 | おいしい食材 | Comments(11)
Commented by 青玉 at 2006-01-21 16:49 x
関東ではたまに見かけたけど、関西ではこういう食用菊は殆どみかけませんねぇ。美味しいのに・・・と思います(笑) それにしてもこんな立派な名前を持ってるとは知りませんでした。菜の花畑みたいですね。子供の頃、菊の花をむしるのを手伝ったのを思い出します。(阿房宮ではなかったかもしれないけれど)
Commented by 義人 at 2006-01-23 08:51 x
青玉さんへ。そういえば、私も子供の頃によく「菊ほかし(花むしり)」を手伝いました。でも、いつもあっという間に飽きて花吹雪にして遊び始め、婆ちゃんにやさしく叱られていました。
Commented by はたけ番@緑ネット at 2006-01-25 10:34 x
花も見事なら、干し菊もすぐれもの。私はあまり食用菊に親しんだ覚えがないのですが、「食文化」として惹かれます。「菊料理」って素敵な言葉ですよね!
Commented by marugoto_aomori at 2006-01-25 17:26
はたけ番@緑ネットさんへ。菊を食べる青森の食文化。青森にはとってもいいもの(文化や風習、モノ)がたくさん残っていることを実感します。気がつかなかったことにやっと気づき始めた。最近そんな気がしています。青森にお越しの際はぜひ菊料理をどうぞ。
Commented by マサエイ at 2007-10-15 22:07 x
食用菊送って頂ける所、知りませんでしょうか、母が八戸に居た時は送って貰っていました。
Commented at 2007-10-15 22:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by marugoto_aomori at 2007-10-16 23:24
>マサエイさん。
こんばんは。
お問い合わせの件は、確認してから再度この記事のコメントでお知らせしますので、少し待ってくださいね。
もし、都内にお住まいでしたら、飯田橋にある青森県のアンテナショップ「あおもり北彩館(03-3237-8371)」か、新富にある「青森県特産品センター(03-5540-7311)」でお求めできるはずですよ。

南部地方のご出身ですか?なつかしい故郷の味をぜひお楽しみくださいね。もうすぐ(11月上旬から)阿房宮の収穫が始まりますよ~。
Commented by marugoto_aomori at 2007-10-16 23:26
>鍵コメさん。
お問い合わせの件は、少しお待ち下さいね。
明日コメントでお知らせいたします。
Commented by マサエイ at 2007-10-17 00:18 x
花のままで、送って貰ってもらい、こちらで湯がいて食べておりました。残りは冷凍にして保存していました、是非、花のままで送ってくれる所を教えて下さい。懐かしい味をもう一度楽しみたいです。生まれは番町です。30年は帰っていませんが、兄弟が居りますので近いうち帰りたいと思っております。
Commented by marugoto_aomori at 2007-10-17 17:33
>マサエイさん。
お待たせいたしました。
南部町の「名川チェリーセンター」で対応しているようです。
この施設は、旧名川町にある産地直売施設で連絡先は0178-75-0194。事務室につながりますから、どうぞご相談なさってみてください。
ちなみに、電話がつながるのは09:00~18:00。忙しくて出られない場合もありますので、つながらない時は、時間をおいてからかけ直してみてくださいね。
Commented by marugoto_aomori at 2007-10-17 17:34
>鍵コメさん。
↑のマサエイさんと同じお知らせになります。
よろしくお願いします。


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング