まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

藩命で生まれた金魚「津軽錦」がねぷたに!

可愛らしい「金魚ねぷた」にある奥深いルーツ

d0007875_10183389.jpg先日、取材の同行で弘前市の津軽藩ねぷた村に行きました。
大きなねぷたに圧倒されつつ、館内を見渡すと・・、ありました「金魚ねぷた」。

この「金魚ねぷた」、県立郷土館の成田さんからいろいろとお話を伺っていたら、なんと・・、とても奥深いルーツを伺ってきました。

金魚はもともと中国大陸から渡来したもの。しかし、江戸初期に書かれた書物はありますが、その時期は明らかではないのだそうです。
津軽には、1696年に鯉等と一緒に播州等から移入した説と、1760~70年に藩士が京都から持ち帰り藩主に献上した説とがあります。
天明年間(1781~1788)には既に藩士が藩の命により飼育、改良が続けら、その後、広く一般でも飼育されるようになったのだそうです。

昭和2年には、弘前金魚協会によってこの独特な趣のある地金魚は「津軽錦」と命名されます。

津軽錦の姿は、まん丸な体型と尾ビレが体長の3倍にもなるほど長大でしかも四ツ丸尾とも言われるように分かれています。
その中でも最大の特徴は、「背ビレがない」こと。

こんな優れた特徴と伝統を持つ「津軽錦」を原型に創出されたものが「金魚ねぷた」なのだそうです。

長い間、藩命によって飼育、改良を続け、それがいよいよ完成されたことは、当時、津軽の人たちにとっては大いに興味や関心も高かった。
「津軽錦を見たい!」
そんな想いの高まりで作り出したのが、「金魚ねぷた」なのではないか。
当時の人たちの喜びであり、かつ誇りそのものだったのではないか、という主旨のことを書かれた資料を成田さんからいただきました。

金魚ねぷたは、津軽錦の特徴をみごとに捉えているんだそうです。

いまでは見ることができなくなった藩の夢「津軽錦」は、産業にして、他藩との交易にあて、藩財政の一助に、と予定していたものだったようですが、実現することはありませんでした。
しかし、「金魚ねぷた」として形を変え遺され、いまに伝承されている、こうした先人の思いと伝統とそして民俗。これこそ大切にしていきたいものだ、と改めて思ってしまいました。 byなおき

 ※最後の写真、お店の玄関先に飾ったものです。
   どこの玄関でも、こんな風にすると、即席「津軽」間違いなしです!
   内側に明かりの入った金魚ねぷた、津軽藩ねぷた村も販売しています。
by marugoto_aomori | 2006-02-08 10:55 | 手しごと | Comments(6)
Commented by reev at 2006-02-08 12:36
こんにちは、reevです。

金魚ねぶたのルーツ興味深いですね。
調べてみると昔の人々の生活が見えてくるようで、一層身近に感じてきました。

昨年の大湊ねぶたで、居酒屋の店先にあった「金魚ねぶた」を写真に撮りましたのでTBしました。
再びの”ごめんなさい”ですが、TBが2件になってしまったので、一つを削除してください。ご迷惑をおかけします。
Commented by marugoto_aomori at 2006-02-08 13:13
>reevさま。

「昔の人々の生活が見えてくるようで、一層身近に・・・」のコメントありがとうございます。ホント私も同感です。

心の底から沸き上がる裏表のない「町自慢」「村自慢」、それが形になったんだと確信しています。
金魚ねぷたを見るたびに、そんな津軽の人たちの「喜び」と「誇り」を感じなきゃ、と思っていますよ。

TBありがとうございます。
1こ削除しておきました。
Commented by 1207Blue at 2006-02-08 20:02 x
昨年の夏、中に電気が入る金魚ねぶたと弘前ねぷたを見つけ、購入しようと思ったのですが、意外と高かったので諦めました。
「津軽の人々の喜びと誇り。。。」やっぱり欲しくなりました。
Commented by なおき at 2006-02-08 21:12 x
>1207Blueさま。

今度、オフ会でゆっくりとお話ししたいなと思っていましたが、普段見ていたあの可愛らしい「金魚ねぷた」のバックストーリーには、勝手ながらホント感動しています。

金魚といえば「土佐金」とか、藩政時代から各藩が金魚の改良にエネルギーを費やしていたようですが、津軽錦は、そんな中でも優れた特徴を持つものだったようです。

でも生活必需品ではない、鑑賞用というのは儚いものなのでしょうね。
そこらへんの機微はそのときにでも・・。
Commented by あるある at 2006-02-08 21:26 x
私が弘前に移り住んだことで、息子は生後6ヵ月で春ねぷた運行を体感し、1才になるころには、金魚ねぷたで遊び、金魚ねぷたを抱いて寝ておりました。お陰で、金魚がにじんでおりましたが(^^;)
Commented by なおき at 2006-02-10 17:24 x
>あるあるさま

金魚ねぷたは、こどものねぷたとされてきました。
生まれながらにねぷたにどっぷりのお子さまなんですね。

金魚ねぷたを抱いて寝ているかわいらしい姿、想像しただけでホンワカしてきます。


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング