まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

”うめ”と呼ばれる”あんず” 「八助(はちすけ)」

桜の開花が近づくと「はっ」と思い出すのが梅の開花。
今年の開花は、大雪と低温の影響で5日程度遅れ、主産地の南部町では4月17日頃と見込まれているようです。
ついつい「うめ」と言ってしまいますが、この南部地方に多いのは、実は「あんず」。なぜか昔から「うめ」と呼ばれる在来のあんず「八助」なのです。 

「うめ」と「あんず」
「うめ」と「あんず」は同じ仲間。雑種も多数あるため見分けるのは一苦労ですが、簡単な見分け方は種(核)が実からはずれるか否か。「うめ」がはずれにくいのに対し、「あんず」は簡単にはずれます。「八助うめ」は、種がぱっかりと外れるれっきとした”あんず”。この地方で昔からつくられてきました。
d0007875_16111618.jpg
「八助」の特徴
ひとつはなんといっても大きいこと。一般品種の3割ほども重く実に大柄です。
次に独特の食感。肉厚の果肉は緻密で、シャリッ、サクッとした歯応えは「八助」ならではです。
そして加工適性。 多くの品種は甘味少なく酸味が多いため、干しあんずやシロップ漬けなどに利用されていますが、甘味酸味ともに多い「八助」は、その食味と食感が梅干し(シソ巻き)の加工に適しているのだそうです。当然のように、この地方で梅干しに用いていたのは昔からこの「八助」で、これが「八助梅」と呼ばれるようになった理由でもあります。
熟した実を生で食べることもできますが、完熟果は収穫期が限られるうえ日持ちもしないため、スーパーなどに生食用で出回ることはまずありません。
d0007875_16113123.jpg
「八助」の梅干し
小桃ほどもある「八助」は梅干しにするのが一番だと地元の人は言います。ただし、この地方で梅干しといったらシソ巻きのこと。まず、3日間ほど塩漬けした「八助」をふたつに割って天日で干し、ざっと洗って水を切った後、1個ずつシソの葉に巻いていきます。塩をまぶしながら並べ、お好みで砂糖やお酒などを少々加えて3ヶ月間ほど本漬けします。作り方は家庭それぞれで、人によっては蜂蜜を使ったり、本漬けの前に二度漬けしたりするようです。

実がなるのはまだまだ先ですが、とりあえず今年の花は、いつもの年より桜と一緒に楽しめそうです。 by 義人
by marugoto_aomori | 2006-04-10 16:26 | おいしい食材 | Comments(12)
Commented by koro49 at 2006-04-10 17:49
あんず、大好きです。
ジャムが大好きなので、見つけたらすぐジャムにします。
出回る期間が短いんですよね。
今年はもっと作るつもりです。
で、昨年の記事ですがTBします♪
Commented by tamamariko at 2006-04-10 22:26 x
記事読んでるだけで、かなり口の中に唾液が・・・。
あんずなんですね。
このまま生で食べたいし、もちろん梅干にしたのも食べたい。
そうそう、私が好きなブログの作者、サンダーママさんという方がいるのですが、梅酒をつけるのがうまいらしいです。
これはあんずですが、梅酒みたいにもできるのでしょうか??
Commented by kashiwa at 2006-04-11 00:12 x
見事なあんずですね。八助というんですか。勉強しました。
私の土地でも近くにあんずの生産地がありピンクの花がきれいです。

ジャムもアンズ酒も美味しいですよね。私もいつも作ります。
Commented by 義人 at 2006-04-11 08:41 x
>koro49さん。
TBありがとうございます。私も、「甲子園(というか高校野球)」と「あんず」にはたくさんの思い出があり、大好きです。
甲子園は、一応目指してました。青森はレベルが低いと言われた頃の話です。しかも一応ってところが悲しいんですけど・・・。
あんずは、小学生の頃、天日に干しているモノをつまみ食いとは言えないくらいたくさん食べてよく怒られました。
今年はあんずジャムは「八助ジャム」ということでよろしくお願いします。(笑)
Commented by 義人 at 2006-04-11 09:03 x
>tamamarikoさん。
完熟した八助はシャリシャリッとして本当においしいですよ。でも、私の一番のおすすめは、梅干し(シソ巻き)をつくる途中で天日干しされているそれ。ちょっと塩をして干したりしますが、それが抜群においしいですよ。
もちろん果実酒にしてもおいしいです。梅より甘味があるので氷砂糖は少量でOK。tamamarikoさんも今年はチャレンジしてみてください。
熟したあんずはとても傷みやすいので、手に入れたらすぐに漬けてください。私は去年「そのうち・・・」と思って失敗しました。
Commented by 義人 at 2006-04-11 09:15 x
>kashiwaさん。
八助の写真を撮らせてもらおうと思い、果樹園のおばあさんらしき方に「あんずの写真を撮らせてください。」とお願いしたら、「うちにあんずはない。八助だったらある。」と言わたことがあります(笑)。
地元の人にとってはやっぱり梅なんだなーとある種の感動を覚えました。
あんずの果実酒。いつも作るんですか?いいですねー。私は、去年失敗したので、今年こそはと今から気合い入りまくりです!
Commented by tamamariko at 2006-04-11 13:57 x
このあんず、どうやって手に入れるのですか?
Commented by 義人 at 2006-04-11 22:06 x
>tamamarikoさんへ。
この八助は、7月になると旧名川町(南部町)の道の駅「チェリーセンター」に大量に出回りますよ。昔は本当に安かったのですが、近年は徐々に高くなっていると聞きます。といっても、袋に入って何百円の世界ですけどね。是非お試しを!
Commented by tamamariko at 2006-04-12 00:37 x
7月ですね。
チェリーセンター。是非買いに行きたいです。
今年は、うちの日本酒を使って梅酒を作る予定です。
完成したアカツキには、ブロガーさんたちに飲んでいただこうと思っているのです!!
この、八助で作った梅酒ができたら、ぜひぜひ、まるごと青森のみなさんにものんでいただきたいです。
おいしくできるように頑張るぞー!
Commented by 義人 at 2006-04-12 12:47 x
>tamamarikoさん。
えっ!飲ませてもらえるんですか?とても楽しみです!!
詳しい収穫時期は、その年の天候にもよりますが、だいたい7月中旬~下旬です。その頃には、また八助情報をお知らせしたいと思います。
それから、飲ませてもうらうだけじゃあ申し訳ないですから、お送りしましょうか?チェリーセンターの八助を買い占めて。(笑)
Commented by tamamariko at 2006-04-12 13:57 x
だったら、レッテルも作ります!
「八助まるごと」で。
お待ちしていますよ~ん。フフフ。
Commented by 義人 at 2006-04-12 22:35 x
>tamamarikoさん。
ハハハハ。いい感じです。
あんずの実がなる7月を季節を楽しみにしていてください。


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング