まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

恐山の薬湯五湯

去る5月1日、半年もの間(11月~4月)眠りについていた恐山の山開きが行われました。
天台宗の慈覚大師円仁により開山されたと伝えられる「恐山」。立ちこめる硫黄臭と荒涼とした風景はまさに異空間。地獄と極楽を垣間見るようです。

至るところにどす黒い熱湯が音を立て、「九十九地獄」とも言われる恐山ですが、吹き出しているのは地獄ばかりではありません。恐山境内には、参詣者(入山料500円)が自由に入浴できる4つの温泉が湧き出ています。

境内に湧く霊泉は、「薬師(やくし)の湯」、「古滝(ふるたき)の湯」、「冷抜(ひえぬき)の湯」、「花染(はなぞめ)の湯」。そして今は使われていない「新滝の湯」の五つで、かつては五霊泉と呼ばれ湯治客で賑わったと言います。

現在は、新しい宿坊に「御法(ごほう)の湯」が設けられ、これら五湯が参詣の人々の垢やけがれを洗い清めてくれます。千古の歴史を秘めた薬湯はどれも良質の硫黄泉です。でも、かなり熱いので、入浴の際はご注意ください。
d0007875_949379.jpg
恐山の薬湯は、不思議と恐山本殿のある「延命地蔵尊」の付近に限られています。まず、山門を入った境内右手、常水盤の手前にあるのは「薬師の湯(男女入替)」。昔から眼病によく効くと伝えられます。

その向かい側、山門を入って左手にあるのが「古滝の湯(男女入替)」。胃腸病に効くと言われます。

「古滝の湯」と並ぶように建つのが「冷抜の湯(男女入替)」。神経痛とリウマチに効くと伝えられます。

そして、地蔵堂本殿へと続く回廊の裏側にかくれた今はただひとつの混浴風呂が「花染めの湯」。世にも珍しい朱砂泉で、入浴後は肌が紅く染まって見えると言われ、血の巡りが良くなる若返りの湯として評判が良いようです。皮膚病や切り傷にもよく効くと伝えられます。

さらに、宿坊「吉祥閣」内にあり、宿泊客のみ利用できるのが「御法の湯」。薬湯の中では最も大きな浴槽で、洗い場も20席備えます。神経痛や筋肉痛、関節痛、消化器病などに効果があるようです。

知る人ぞ知る「恐山の薬湯」。一度はお試しを!(硫黄臭が強いので注意) by義人
※恐山の情報は こちら(むつ市観光案内HP) から。
by marugoto_aomori | 2006-05-10 12:10 | 青森の旅 | Comments(10)
Commented by 青玉 at 2006-05-10 13:38 x
恐山はまだ行ったことがないです。温泉があるのもわりと最近知りました。でもこんなに種類があるとは思いませんでした。知る人ぞ知るって感じですね~本当に。
恐山に行く機会に恵まれたら、その時にはぜひ温泉にも入りたいです。が!ここの温泉に限っては一人では嫌かも(笑)他は空いてたら喜ぶんだけど。
Commented by tamamariko at 2006-05-10 14:22 x
すごく素敵な風情のある温泉ですが、温泉ですが、
恐山、怖くていけません・・・。
昔、昔、あなたの知らない世界で恐山に行ったときの恐怖体験の再現ドラマを見て、きっと乗り移ってくる!っておもっちゃって。
友達も、霊につかれて具合悪くなったこともあったし。
・・・。
はっ、記事に水をさすようなコメントしてごめんなさい!
Commented by marugoto_aomori at 2006-05-10 14:35
>青玉さんへ。
確かに!出来れば混んでいてほしい珍しい温泉のひとつかもしれません(笑)。温泉の周りは小さな外灯が数個あるだけで、夜になると真っ暗闇です。宿坊の中にある温泉でさえ、夜10時の消灯以降は真っ暗なんですよ。昼ならまだしも、夜は決して一人では行かないでください。暗闇と妄想が交錯してかなり怖いです。きっと。(笑)
Commented by marugoto_aomori at 2006-05-10 14:56
>tamamarikoさんへ。
いえいえ、とんでもありません。私も怖いです。正直。
成りゆき上、恐山の宿坊に宿泊することになりましたが、かなりビビっておりました。かなり拒んだのですが無駄な抵抗でした(笑)。初めて行ったのが約十年前、山門をくぐったのはそれ以来です。怖い出来事というのはなかったのですが、恐山巡りをしているうちに、命の尊さを改めて考えさせられました。(←真面目ぶるつもりはないのですが、ホントこんな感じでした。自分でもビックリ!)
Commented by senbeiziru at 2006-05-10 15:27
恐山には一度だけ行きました、すごく小さい頃だったのにちゃんと記憶にあります。
赤い小さなかざぐるまがたくさん回っている風景、今でも忘れられません。
余程印象に残るところだったんでしょうねぇ。。。(汗)
でももう何年も行ってないなぁ。
おばあちゃんがよく「観光気分で行くところじゃない」って言っていたので、何となく躊躇いもあったんですよね。
しかし温泉があるとは知らなかった!
Commented by marugoto_aomori at 2006-05-10 21:35
>senbeiziruさんへ。
おばあちゃんが言ってたことはその通りだと思います。冷やかしとかで行くところじゃないーと思いました。まじめに、私もちょっと考えさせられてしまいました。
それにしても、恐山の温泉は気持ち良かったですよー!
硫黄臭は結構きついのですが、温まるし、なんか効いてるっ!て感じがしました。合う合わない、または好き嫌いがあると思うので、誰にでもおすすめするわけにはいかないと思いますが、純粋な気持ちで行ってみると、人それぞれに感じるところがあると思いますよ。
Commented by kashiwa at 2006-05-11 12:50 x
若い頃姉妹で恐山へいったことがありますが、昔は温泉が一つだったような・・・。〔忘れちゃってる??〕
随分おしゃれな感じになったものですね。
Commented by marugoto_aomori at 2006-05-12 10:19 x
>kashiwaさんへ。
外見は全体的に古かったですけど、やはり何度か改修されているのかもしれませんね。あの過酷な環境ですもんね。閉山中の冬はいったいどんな感じになってるんでしょうか?
おしゃれな感じといえば、もっとビックリするのは新しくなった宿坊です。昔の宿坊を知っている人が見たらきっと感動することでしょう。おそろしく(!)快適でした。
・・・もう一度参考図書を調べてみましたが、温泉はどうも5つだったようです。入浴できるところが限られていたのかも。???
Commented by みちのく温泉マン at 2006-05-12 22:45 x
青森有名地の中で外してしまった悔しい一湯です。
でも恐山で一人ではいるのは・・・^^;
もし青森に居ても、まだ入ってないでしょうネ。
Commented by marugoto_aomori at 2006-05-13 00:02
>みちのく温泉マンさんへ。
気軽に!っとは、なかなか思えない温泉ですもんね。
躊躇してしまいます。ひとりは嫌です。お日様ガンガンのお昼でなければ行けません。
実は、この中のひとつの温泉には、効能の他にもある言い伝えがあるそうですよ。えっ?それはですね、・・・・・・、・・・こと。あくまでも言い伝えですが、不思議なお話です。(もったいぶった感じですみません。)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング