まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

職人・田中昭三の山ぶどう細工

先日、岩木山の麓に住む
あけび蔓や山ぶどうの蔓の細工職人
田中昭三さんとお会いする機会がありました。d0007875_11125235.jpg
田中さんは今年で76歳になるこの道一筋の職人。
父親の跡を継ぐ形でこの仕事を始めたそうです。
昔の職人の世界ですから教えてくれる人などおらず、
色んな人の技術を盗むように習得していったと言います。

あけび蔓も山まぶどうの蔓も、
山から採ってきた蔓はそのままでは使うことはできません。
天然素材ですから色も形もさまざま。
このままでは美しく仕上がることはないので、
2~3年かけて陰干しした蔓の中から、
完成品のイメージに合う色合いや触感のものを選び、
一本一本節を取って形状を整えることでようやく編むことができます。

編み方は基本的なものだけでも30種類以上ありますが、
田中さんの仕事はとても丁寧で、
1本1本力を込めしっかり編み込んでいきます。
このため一時間で約2cm程度、
横列にして2列を編むのが精一杯です。
しかし、それだけに見た目で分かるほど田中さんの作ったものは
一つひとつの目が整然としていて、美しい仕上がりです。d0007875_1111123.jpg
最高の技術を持つ田中さんですが、
一つのものを作っていると、
何百とある編み目の中には、納得のいかない箇所が必ずあり、
完璧なものを作ったことは一度もないと言います。
満足できるものを作ることができたとすれば、
それは死ぬ時だろうなと田中さんは笑顔で話してくれました。

d0007875_11132721.jpg
田中さんの作品は決して安くはありませんが、
そこにかけられている手間にその価値は十分あります。
見た目にも美しく、自分だけのただ一つオリジナルで、
50年、100年と使うことができて、
使い込むほどにその風合いが良くなっていく。
もう少しこれが似合う人間になったら欲しい一品です。

興味がおありの方は、
弘前市の「みかみ工芸」をのぞいてみてください。

by YOSHIHITO
by marugoto_aomori | 2006-05-19 11:15 | 手しごと | Comments(18)
Commented by tamamariko at 2006-05-19 12:25 x
み?みかみ工芸!?
それってウチのめちゃくちゃ近くです!
作るまでに2~3年
そしてできたら50~100年
すごいですね!!
写真になってるのも素敵な感じだし。
これから夏にかけて涼しげでなんにでも合いそうな感じします!
安くはないってどれくらいなのかしら?
それは自分でいってみてみますね!!
Commented by marugoto_aomori at 2006-05-19 12:32
>tamamarikoさん、こんにちは。
えーと、女性の持ち物としては高くないのかもしれませんが、
男目線でははっきり言って高いです。
ただ、この手のものは修理がいくらでも効くし、
使い込まれた飴色の風合いはほんとに素晴らしいので、
意味なく高いわけではありませんよ。

お近くということなので、
ご自分の目で確かめてくださいませ。
Commented by アリル at 2006-05-19 15:48 x
「完璧なものを作ったことは一度もないと言います。
満足できるものを作ることができたとすれば、
それは死ぬ時だろうなと田中さんは笑顔で話してくれました。」

職人さんらしいお言葉  カッコイイ!

岩木山麓の個人の方に梅を干すために
竹のデカイ笊を作ってもらったことがあります。
Mede in C・・とは違い、頑丈で、大切に使おうという気持ちになりますね。

こういう職人さん達、絶えて欲しくないです!!!

Commented by marugoto_aomori at 2006-05-19 17:36
>アリルさん、こんにちは。
こういう職人さんの技を受け継がれてほしいと心から思います。
ただ、何人かの職人さんとお話をさせていただいていますが、
どの職人さんも同じくおっしゃるのは、
今の時代の若者達には職人の道を歩むことはかなり難しいだろう、
ということです。
とても残念なことです。
Commented by ナミウサギ at 2006-05-19 20:25 x
先日の竹カゴ、アケビのカゴ、どちらも大好きで集めています。
丈夫で使うほどに味わいが出て、手仕事の美しさや、
作られた土地の美しさが感じられる様な。。。
今年は桜まつりにあけびカゴを早速持って出掛けました。

山ブドウのカゴ、憧れの一品です。
けど、まだまだ私が持っても似合わない。
Commented by reev at 2006-05-20 00:15
うぁー!すごいなー。
伝統工芸だなー。

オヤジは、以前からこのようなカゴをブリーフケース見たいに使えないかなと思っています。一度、実物を見たいですね。
きっと、感動するだろうな。
Commented by YUKAN at 2006-05-20 15:07 x
tamamarikoさん こんにちは
もし気に入られたのでしたら、ぜひ一つお求めになったら如何でしょうか。marugotoさんが書かれているように職人の存続の問題はどこでも切実ですが、作品の買い手がいなくては始まらないのも事実です。
オーダー可能でしたら、希望を伝えてワンオフにしてもらうと良いのでは。
高価だとしても、中間マージンなし。
技を買い支える高貴な心に職人は必ず答えてくれると思います。
(もと、あおもり人)

Commented by uco at 2006-05-20 18:16 x
あけび蔓細工、家にあったような・・・。
しかも母が買ったりしたものなので、かなりの年数が経過してますが
風合いが深まっていて凄くステキです♪

納得できるものを作ったことが無いっていうのがまた凄いですね。
職人さんのコダワリを感じます。
自然のものを相手にしてるので、なおさらかも?

こういった手仕事職人さんって減る傾向にあるようですが
絶えることなく続いていって欲しいですね。
Commented by ゆうこ at 2006-05-20 20:27 x
あらら。すいません。↑これ、わたくし「ゆうこ」です(>▽<;;
Commented by marugoto_aomori at 2006-05-22 08:56
>ナミウサギさん、おはようございます。
手仕事のものに関心がおありなんですね。
「作られた土地の美しさが感じられる」
ほんとにそうだと思います。
だからこそ、青森に住む人にもっと持ってほしいという気持ちもあります。
あけび蔓細工で桜まつり、とても素敵な雰囲気ですね。
Commented by marugoto_aomori at 2006-05-22 09:00
>reevさん、おはようございます。
写真のバックはまさに男性用のブリーフケースです。
マチの部分が7cmくらい、絶対にかっこいいとは思うのですが、
お値段は約12万。
まずはもう少し人間を磨きたいと思いますw
Commented by marugoto_aomori at 2006-05-22 09:14
>YUKANさん、おはようございます。
おっしゃられるとおり、
その価値を知る人の存在は大事なことですね。
私たちも、できるだけその価値を伝えていきたいと思っています。
Commented by marugoto_aomori at 2006-05-22 09:18
>ゆうこさん、おはようございます。
年が経ってもますます素敵になってしまうのが、
この手のものの凄いところです。
おそらく「あけび蔓細工」などはなくなることはないと思います。
それを作るのが職人かそうでないかだけです。
微妙ですが、大きな問題です。
Commented by tamamariko at 2006-05-22 11:57 x
YUKAN様
アドバイスありがとうございます。
まずは実物を見に行って考えたいと思います!
ワンオフって、割引ってことですか?
形がオーダーできるならなおいいと思いますが、そんなことできるのかな?
Commented by YUKAN at 2006-05-22 13:18 x
tamamarikoさん 
ごへんじありがとうございます

ONE-OFF ! ONE-OFF ♪
唯一の(あなたのための)特注品!
唯一 = 一回限り→ 一期一会! です。
ものを作るってそんなことなんじゃないかな。
(もと、あおもり人)
Commented by YUKAN at 2006-05-22 14:14 x
補足させていただきます。
注文ができるかどうか私にはわかりかねますが、聞いてみる価値はある位の提案でした。作るという立場が先ず尊重されるべき。材料と工程をよく理解することも大切。
職人の材料の扱いや、プロポーション感覚が注文を拒むかも知れません。また注文に応じた後の結果を考えるも職人。それでも些細な部分であれば受け入れてもらえるかも知れません。だめでも、何故できないのか教えてもらえるかも知れません。それでよいのでは。
だって、そんなやり取りが延々繰り返され、今の作品の形になっているのでしょう。其の一こまに参加する位の気持ちでよいのではないかなあ。
(もと、あおもり人)
Commented by ippopotamoo at 2006-08-08 22:48
はじめまして。素敵なブログですね。今日発見したことが惜しまれてなりません・・・(もっと早くからこのブログにであっていたかったです)。日本の地方都市についてもっと知りたいなと思って検索してたら、このブログに辿りつかいました。この田中昭三氏の山ぶどう細工に一目惚れしてしまいました。これからこのブログをじっくり拝見させていただきますね。
Commented by marugoto_aomori at 2006-08-09 12:06
>ippopotamooさん、はじめまして。
お褒めのお言葉にかえって恐縮してしまいます。
これからも青森の情報を伝えていきたいと思いますので、
たまに立ち寄っていただければ嬉しいです。

田中さんの山ぶどう細工はかなりの優れもので、
最近ようやく脚光を浴びはじめ、
雑誌Penの8/1号でも紹介されたりしています。
あくまでも「職人」である田中さんが作るこの品は、
私もいつかはと憧れています。


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング