まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

おいしい"佐井村"

「佐井村ウニまつり」が開催されますよ!

d0007875_10332222.jpg先週、取材のため佐井村に行ってきました。
佐井村の水産加工品がとっても「おいしい」、そんな情報を耳にして、青森港から定期船ほくとで一路、佐井村へ。
2時間20分の陸奥湾クルーズは、天気がどんどん上がっていきサイコーのコンディションへ。
脇野沢の鯛島をとおり、「仏ヶ浦」へ。
下北国定公園を代表する観光地、仏ヶ浦。
荒波の浸食を受けて、そそり立つ岩や景観は、「如来の首」・「五百羅漢」・「十三仏」・「極楽浜」などと呼ばれ、まるで海からの恐山への入口のようでした。

佐井村は、いま「うに漁」の真っ最中。
朝、うに漁を終えた漁師さんは、それぞれの作業場でうにを殻からはずし、むき身で漁協へ出荷します。
身だけのとれとれのうに。
そばに寄っただけで、"ウニスト"の心臓はバクバクしていきます。
新鮮なうには、小さな突起のつぶつぶまでしっかり。

そんなうにを塩だけで瓶に詰めたのが、この「津軽海峡 甘塩うに」。

アルコールや各種の添加物の入る瓶うにが多い中で、甘塩の、まるで生を食べているかのようなうまさ。
このおいしさは、昭和62年、日本の101村展で最優秀賞を受賞することで、大きな評価を得ます。(昭和63年は、あの馬路村のゆずの村だったそうです。)

食べ方は、生うにを食べるように、手巻き寿しの材料に、もちろん、いくらと一緒に二食丼に。
販売形態は、冷凍。解凍してから3~4日ぐらいのうちに食べ欲しいんだそうです。
たった60グラムの瓶うにですが、塩分が入ることで、適度に脱水し、キタムラサキウニのあのコクとうまさが濃縮しています。無添加のため変な臭いやピリリ感もなしですよ。

そして、いくら。
佐井村や下北半島で水揚げされる鮭で作られた佐井村のいくら。
うんちくいっぱ~いのいくらですが、これも丼にドサっと乗せて、しその葉と一緒にいっちゃってください。(うんちくは後ほどまたこのブログで・・。)

まだまだたくさんおいしい佐井村はありますが、
そんな佐井村では、「ウニまつり」が開催されます。
楽しみですね。  byなおき

【佐井村ウニまつり】
 ◇日時:平成18年6月10日(土)~11日(日) 10:00~14:00
 ◇場所:津軽海峡文化館 アルサス
 ◇内容:ウニ丼1000円、活ウニ直売
       佐井村漁協加工品<特価販売>
       ウニ無料試食会(10:00~ 数限定)
 ◇問い合わせ:佐井村観光協会 0175-38-4515
by marugoto_aomori | 2006-06-07 10:37 | 青森の旅 | Comments(19)
Commented by ゆうこ at 2006-06-07 12:55 x
なんとおいしそうな~~!
ウニのツブのアップ、違反ですよこれ(笑)!!かなりかなり美味しそう♪
瓶入りの甘塩うに、美味しいですよね・・・・。大好物です。

実は土曜日、佐井に行くんですよ。ウニ祭り。ヽ(´ー`)ノ ワッショーイ
もうすぐにでも行きたくなりました(笑)楽しみ~♪
Commented by tamamariko at 2006-06-07 12:56 x
ウニスト・・・(´`)/
はい、わたひでふ・・・。

実は行きます。
10日。
ブログ娘。結成して、突撃します。
うにはそのまま食べることできますか?
あと、もっと周辺でお勧めあれば教えてください。
佐井、大間、鳥昌、尻屋、ボンサーブ、17時にははまだを予定してます!
Commented by marugoto_aomori at 2006-06-07 13:06
>ゆうこさま。

おおっ! 行くんですね!
「うに」のアップは"ウニスト"のみなさんのモチベーションを上げようと・・・、ゴメンナサイ。やりすぎました。目の毒でした。

手元に「ウニまつり実行委員会」の黄色いチラシがありますが、それを見ると、加工品も特価販売!になっています。
「漁協のイクラ」500グラムは必須です。
"アカゴ"で1500円ぐらいでした。
写真にあった丼、4個作れるぐらいの量で、この値段。
至福のひとときを!
Commented by marugoto_aomori at 2006-06-07 13:30
>tamamarikoさま。

"ブログ娘。"が村のイベントに来る!となれば、その結成を一目見ようと、イベントは大にぎわいかも・・・。(笑

私の勝手な読みでいくと、当然に10時の無料試食会には並ぶ覚悟なので、5時30分弘前出発。そして「試食で足りず」→やっぱり"ウニスト"ウニ丼、1000円もたべちゃいます。(あくまでもフィクションです。)
おみやを買って、一路、大間へ。
大間ではまぐろのオブシェで結成式の記念撮影をして、北海道をレンズで狙い、腹をすかせに、桑畑「湯ん湯ん」か、下風呂「大湯か新湯」へ。

そして道路をバンバン進んで、・・・こんな感じ考えていくと、どうも尻屋、ボンサーブときて、17:00の肉のはまだはキツーイ。
1箇所10~20分の立ち寄りで進む覚悟ですね。
なので、周辺のオススメは、1207Blueさん並のハードさをさらに加速させてしまいそうなので、やめときます。
くれぐれも道中、お気をつけて。
たのしい"ブログ娘。"の道中日記楽しみにしています♪
Commented by aco at 2006-06-07 15:15 x
すごいです!!!!!!ウニが光っていますね。
東京では高~いお鮨屋さんでしかお目にかかれない極上品。
こんなに素敵なウニを無料で試食させてくれるなんて
青森ってすごいところですね!!
私も佐井村でいくらと一緒にゴージャスなウニ丼を食べてみたいです。

そうそう、先日東京駅構内で「八戸産」と書かれた塩辛を発見!
パッケージには『浜育ち』と書かれていました。
調べたら八戸のマルヨ水産さんで作っている商品なんですね。
東京駅構内なんて意外な場所で青森県品が売られていて驚きました。
きっと美味しいんでしょうね^^
今度チャレンジしてみます♪

Commented by senbeiziru at 2006-06-07 15:24
うちのおばあちゃんも、時々ウニ取ってるんですよ(こちらではその日を『ウニの口開け』と呼んでます)
この間ウニの炊き込みご飯を食べさせてもらったんですが、うまかったー( ´∀`)
北海道に負けないくらい、青森のウニも美味しいですよね。
Commented by marugoto_aomori at 2006-06-07 18:28
>acoさま。

ホント、写真を見ただけで、生うにを口にたっぷり入れたときのあの・・、あま~くトロリとしたコクと、少し磯の塩味まで感じさせる風味。
それにごはん。そしてその間をつなぐおしょうゆ。
あ~至福の瞬間。 これもその一つですよね♪

「浜育ち」。だあい好きです。
県内のスーパーでは普通にある、私の中でも結構常連の
「かけモノ」ですが、東京駅にあったとは。驚きです。
食欲湧きますよ。
Commented by marugoto_aomori at 2006-06-07 18:34
>senbeiziruさま。

結構身近に生うにがあってウラヤマシーです。
炊き込みご飯もウマソーです。

八戸の深久保漁港の前にはうにをむき身にする作業小屋がもう建っているんでしょうか?
去年、種差トレッキングをしていたときに、小さな浜の会の方々がそんな話をしてくれました。
Commented by 1207Blue at 2006-06-07 21:58 x
美味しそうですね!
私も土曜日、言っちゃいます!!
Commented by marugoto_aomori at 2006-06-07 22:06
>1207Blueさま。

な、なんと1207Blueさままで佐井村に。
日中のオフ会状態じゃないですか!
なんか、土曜日の佐井村はブロガーの下北交差点!
ブログ楽しみにしています♪
1207Blueさんて・・・、もしかして"ウニスト"?
Commented by みちのく温泉マン at 2006-06-07 23:57 x
いつも失敗ばかりの「ウニスト」です(爆)
佐井村が「ウニ」だけで、これだけ有名になりゃ表彰モノですネ(^_-)-☆
Commented by ゆうこ at 2006-06-08 00:37 x
ほんとですね~!みなさん佐井に集合(笑)??
カメラ構えてバシバシ撮ってる人は全員ブロガーに見えるかもしれません(笑)

なおきさんの写真みて、かなりイメトレ中です。
口の中で溶けるウニー!!!
そしてGETしたイクラで、帰宅後丼モノ!! (≧∇≦)キャー♪

クーラーボックス用意しようかしら(笑)
Commented by marugoto_aomori at 2006-06-08 12:08
>みちのく温泉マンさま。

みちのく温泉マンさままで、"ウニスト"でしたか!
ちょうど青森県はうにが採れています。
うにのおかずに白いご飯で、うに丼。
おしょうゆと大葉でアクセント。
いい季節になりました。
懐かしく、思い出していただけました?
Commented by marugoto_aomori at 2006-06-08 12:11
>ゆうこさま。

おうちについてから、今日一日の戦利品?を楽しむと夜まで観光している、そんな感じになりますよね♪
戦利品には、ぜひ「うに」と「いくら」を。
二色丼と、はしでぐぐっ~と持ち上げて、いくらがこぼれそうになる、そんなシズる記事、たのしみにしてま~す。
Commented by 真っ先にコイヘイ at 2006-06-09 07:55 x
  脇ノ沢に行ったら鯛島食堂の「焼き干しラーメン」でしょう。
今はやっていませんが、冬は「ボタン鍋」が一番です。
 12年ほど前には真冬の1月15日(元の成人の日)に
家族と仲間でヨットで脇ノ沢ボタン鍋ツワーに出かけた事もありました。
Commented by reev at 2006-06-09 12:36
こんにちは♪

行く! 行くのだ! ぜってーに行くのだ!
雨が降っても、雪が降っても(降らないちゅーに)、必ず行きます。
ほんじゃー。
Commented by 真っ先にコイヘイ at 2006-06-09 18:43 x
  すいません<(_ _)>勘違いしてました!
脇ノ沢でなくて佐井村でしたよね。アイムソーリー!
 県内では結構有りますねウニ祭りと言うか海産祭りが
平舘でもウニ祭り有りますし、
後潟漁港でもホタテ祭り有りますヨ。
  ウニ丼で金額との比較でボリュウム有ったのは
平舘の「旅路」でした¥2,000円でした。

 
Commented by marugoto_aomori at 2006-06-09 21:25
>真っ先にコイヘイさま。

青森県も広いです。
あちこちにうにや海産物のお祭りがありますよね♪
平舘もいいですよね。
Commented by marugoto_aomori at 2006-06-09 21:29
>reevさま。

いってらっしゃ~い。


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング