まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

期間限定!超おいしい「生ニンニク」

先週の後半から日曜日までずーっとニンニク産地に行ってました。
なので、今回ご紹介するのは、もちろんニンニク。

収穫真っ盛り
ニンニクの収穫は6月下旬から7月中旬。まさに今です。
一片が大きいことで知られる福地ホワイト六片ですが、土の中で大きくなりすぎると割れてしまい商品価値が下がるので、収穫は2週間から3週間の短い間、梅雨の晴れ間を選んで一斉に行われます。
今の時期、南部地方のニンニク産地を回ると、町中がニンニクの香りに包まれているのがわかりますよね。
d0007875_1448066.jpg
今だけ!生ニンニク
収穫されたニンニクはそのまま私たちの食卓に届くわけではありません。意外と多くの人がスーパーに並ぶニンニクを”生”だと勘違いしていますが、実は水分を30%ほど飛ばして貯蔵性を高めた乾燥品です。生のままでは日持ちしないため、収穫されたニンニクは大半がその日のうちに乾燥に回されます。だから生ニンニクが食べられるのは収穫後のごく短い期間だけ。しかもごく少量なので地元でなければなかなか手に入りません。

生ニンニクのおいしさ
生ニンニクのおいしさは、何よりもシャキシャキとした歯応え。あまりのみずみずしさにニンニクであることを忘れて(!)しまいそうです。生のまま醤油漬けにするとその食感が生かせますし、スライスをきゅうりや白菜の浅漬けに加えるとそのみずみずしさが効いてきます。
そしてニンニク好きにはたまらないのが強烈過ぎるほどの香りと超刺激的な辛みです。好き嫌いが分かれるところですが、すりおろした生ニンニクは、パンチの効いたフレッシュな辛みと独特のとろみが最高!イカ刺しや馬刺しに合わせると絶品!!と産地の方々が教えてくれました。

同じ「福地ホワイト」でも今でなければ楽しめない生の「福地ホワイト」。ぜひ味わってみてください。by 義人



日本最強の在来種「福地ホワイト六片」のお話。
d0007875_1510387.jpg
青森県は国産ニンニクの大産地。国内生産量の8割と実に圧倒的です。その大産地を支えているのが「福地ホワイト六片」という在来種。青森が日本一のニンニク産地になれたのは、先人達がこの種子を絶やさず残してきたからだと言っても過言ではありません。

青森県には、昔から福地村(現南部町福地地区)、三戸町、岩木町(現弘前市岩木地区)など各地に在来種があり、もっぱら自家用として栽培されていました。ニンニク栽培が盛んだった南部地方は牧畜が盛んな地域でもあります。馬にとってもニンニクは万能薬だったらしく、鎌倉時代の昔から馬の飼育に付随して栽培されていたという説もあります。

在来種のなかで特に評判が良かったのは福地村苫米地のもの。白くて大きく、しかも甘味がある福地のニンニクは、「苫米地ニンニク」の名で八戸市をはじめ青森市や三沢市まで運ばれていたといいます。また20年代後半には米国へも輸出されていたようです。

長い間薬用として利用されてきたニンニクは、戦後、生活様式の多様化が進むと、香辛料や調味料として料理に利用されるようになります。それが昭和30年代。全国的な需要の伸びにしたがって県内でも栽培機運が高まり、青森県農業試験場は、全国から在来種を集めて比較試験を行いました。この結果、最も優れていたのが福地の在来種だったのです。球皮、りん片とも色が白く、りん片の数も6個前後で形も大きいことから、昭和38年、「福地ホワイト六片」と命名され、全県で栽培されるようになりました。

一般的に品種の移り変わりが激しい野菜の中にあって、今でも「福地ホワイト六片」が好まれている理由はたくさんあります。まずは、その名のとおり、雪のように真っ白できれいなこと、そして、りん片が大きく使いやすいこと、香りが豊かなこと、実がよくしまっていて肉質が良いこと、甘味が強く味に奥行きがあること、貯蔵性が高いことなどなど。

青森の在来種「福地ホワイト六片」は、一度使ったら止められないニンニクの王様です。
by marugoto_aomori | 2006-07-03 15:30 | おいしい食材 | Comments(18)
Commented by じゅん at 2006-07-03 15:36 x
はじめまして。生大蒜のお取り寄せというヤツに予約をして、届く日を待っている最中です。当初聞いたのは、フルーツのような甘さと食感。何だかそれは違うようですね。どうやって食べていいのか・・もし良かったら、お薦めのレシピを教えていただけませんか?。醤油漬けもつくった事がありません。唯一できるのは大蒜チップくらいです。
Commented by marugoto_aomori at 2006-07-03 16:29
>じゅんさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
ご存じかもしれませんが、生ニンニクの糖度は収穫期なら35度くらいあるんですよ。これは甘いことで有名な桃やメロンをはるかにしのぐ数値です。ただ、一般的には辛みの方が勝ってしまうので、フルーツのような甘さを感じるためには”慣れ”やするどい味覚が必要なのかも・・・。でも、みずみずしさは最高ですよ!きっとおいしいはずです。
私の一番のおすすめはホイル焼きです。ホイルにつつんで焼くだけ。乾燥ニンニクでつくるよりとろーっとしていて、驚くほど甘くなるんですよ。
醤油漬けや浅漬けなど産地ならではのレシピをまとめた「おいしいにんにく料理」(著:佐野房 発行:創森社)がバイブルとして役立つと思います。よろしければそちらもご活用ください。
Commented by kashiwa at 2006-07-03 23:42 x
青森のにんにくの美味しさは別格ですね。
私の子供の頃は囲炉裏の灰の中ににんにくを放り込んで焼けたらそのまま食べるという食べ方が一番好きでした。子供でもいくらでも食べられるので身体の毒といって叱られたくらいです。
ホイル焼が一番近いですね。私もそのまま焼くだけが一番だと思います。
Commented by marugoto_aomori at 2006-07-04 08:23
>kashiwaさん。おはようございます。
先週ずーっと田子に行ってまして、ある農家さんでニンニクのホイル焼きを何度もつくったのですが、ホント毎回いくらでも食べられました。
そこのお母さんに、食べ過ぎは毒だよ!と何度も注意されるほど。(笑)
暑さに強いkashiwaさんには心配ご無用かもしれませんが、今年の夏は青森のニンニクをいっぱい食べて暑い夏を元気に過ごしてくださいね!
Commented by tamamariko at 2006-07-04 09:57 x
田子・・・。
遠いのですよ。
とても。
でも生のにんにくは食べてみたいです。
今の時期だけなんですね・・・。
うう。
Commented by marugoto_aomori at 2006-07-04 10:05
>tamamarikoさん。
大丈夫です。常盤でも生ニンニクつくってますから。
品種は同じ「福地ホワイト」ですし。
おでかけのときにでも、旧常盤村の直売所をのぞいてみてください。

地図を見返してみたら、やっぱり弘前~田子はかなり遠いですねー。高速を使っても国道経由でも。まっすぐ飛ぶしかありません(笑)。
Commented by akko at 2006-07-04 10:47 x
この間の土曜日、生のニンニクは1年のうちで10日間しか食べられない!!というのを聞いて何で?10日間?と不思議に思っていました。
そういうことでしたか~納得!!
Commented by marugoto_aomori at 2006-07-04 11:53
>akkoさん。そうなんです。今だけなんですよ~。
食べきれない生ニンニクは、ネットに入れたり茎にひもをつけて風通しのよい冷暗所につるしておけば上手に乾燥できます。根元がかたくなればOKですよ。でも、風通しがよすぎると水分が失われすぎて実がしおれてしまうそうですから注意してください。
Commented by senbeiziru at 2006-07-04 12:22
やっべーやっべー、このにんにく美味しそうだ(;´Д`)アァン
うちの実家でのにんにくの食べ方で一番多いのは、砂肝を買ってきてにんにくと一緒に塩コショウで炒める・・・ってやつなんですよ。
当然にんにくはスライスしないで、ごろんと1粒づつにわけて。
それがまた美味しいんです゚+.(・∀・)゚+.゚イイ!!

書いてたら早速食べたくなりました。w
Commented by marugoto_aomori at 2006-07-04 13:50
>senbeiziruさん。
それはウマそーだ!すっごくウマイそうです!!
ニンニクの味付けはシンプルなのがいいですよね。
塩と胡椒。しかも”まるごとニンニク”。
ビールにも超合いそー。読んでいたら私も食べたくなりました。
買ってきたニンニクが残っているので、今晩はそのメニューにチャレンジです。
よーし、たっぷり食うぞー。明日休みだし。。

Commented by reev at 2006-07-04 21:09
こんばんわ☆

オヤジ、田子町の関地区で行われた”ニンニクまつり”に行って来ました。生のニンニクが格安で、ラーメンと水ぎょうざがとても美味しかったなー。

すいません、リンク貼らせていただきました。
ニンニクの詳細情報が満載で、勉強になりました!
Commented by marugoto_aomori at 2006-07-04 21:41
>reevさん。いつもありがとうございます。
関のニンニクまつりにいらしてたんですか?!
私もあの日は朝からずーっと田子にいたんですよ!!
祭り会場にはいなかったのですが・・・。
あいにくの雨でしたが、さぞ盛況だったことでしょうね。
たくさん買われました?どうやって食べてます?
私の今晩のおかずは、senbeiziruさんおすすめの”砂肝ニンニク炒め”でした。とーってもグッドでしたよ!!
senbeiziruさんありがとう!
Commented by mukai-m at 2006-07-05 08:26 x
こんにちは なんとも立派、おいしそうなニンニクですね。在来種の強みですか・・・これらのエントリーのお蔭で私もニンニク研究の道を歩みつつあります(笑)。生ニンニクのホイル焼きと醤油漬けをいつの日か実現できるのを夢見て。
Commented by senbeiziru at 2006-07-05 09:59
おお~、早速食べましたか!!!
砂肝のこりこり感と、にんにくのほっくり感がたまりませんよねw
実家でたまに母が作ってるんですけど、いつもなくなるのが早いメニューなんですよ。
特ににんにくはすぐお皿から姿を消しますΣ(゚д゚lll)
Commented by じゅん at 2006-07-05 11:03 x
色々ありがとうございます。早速ホイル焼き試してみます。
タイミングよく、先ほど届きました。届く前に情報を得ることができて本当にラッキーでした。ありがとうございます。今、帝国劇場でヴァンパイアというミュージカルが上演されています。♪ニンニク♪の歌やらがあって凄く楽しかったです。
「冷凍みかん」に次ぐ、ニンニクの販促歌になりそうでした。
Commented by marugoto_aomori at 2006-07-05 21:54
>mukai-mさん。
不思議なことに、青森以外ではうまく生長しないと言われている福地ホワイトですが、八ヶ岳山麓なら立派なニンニクができあがると思いますよ。是非チャレンジしてみてください。
聞くと、翌年の5月頃まではそれなりに生長するようですが、そこから先がうまくいかないのだそうです。なぜなんでしょう?
Commented by marugoto_aomori at 2006-07-05 21:59
>senbeiziruさん。メニュー紹介ありがとうございました。
あれから早速砂肝を探しに行って、まるごとニンニクをゴロゴロと入れて、一応スライスしたモノも入れて、塩・胡椒で炒めてみましたよ!
とっても、とーってもおいしかったです!!ついついビールも飲み過ぎてしまったくらいです!!!
皿から姿を消すどころか、作っているフライパンからどんどん姿を消してしまったので、できあがった皿はとっても寂しいものになってしまいました。(笑)
Commented by marugoto_aomori at 2006-07-05 22:03
>じゅんさん。
少しでもお役に立てたならとってもうれしいです。いろいろ試されると思いますが、新しいメニューを思いついたら是非紹介してくださいね。お願いします。
ところで、ヴァンパイアっていうミュージカルに”ニンニク”の歌ですか?これは青森ニンニクの救世主になる曲かもしれませんねー。うー、聞いてみたい、観てみたい!!いつまでやってるんでしょう?ヴァンパイア。


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング