まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

黒石で見つけた「ライスクリーン」

お米で作った「ライスクリーン」

d0007875_14511262.jpg昨日、打ち合わせで十和田湖休屋へ。
どんよりとした天気でしたが、お昼頃から晴れ間が見え、午後にはピーカンの天気に。
いよいよ夏らしい天気になってきたな、なんて思っていたところでちょうど、黒石市の道の駅「虹の湖公園」に到着。

見渡す限りのひさびさの青い空。
平日の日中ともあって、人が少なくて寂しいものの、鳥の声や風が木々を揺らすやさしい音まで感じさせてくれます。

実はここ、2週間ほど前にもとおっていて、その時に「ん、んっ?」と見入ってしまった文字がコレ、
「ライスクリーン」。

この道の駅の「黒石ふるさとショップ」と書かれた建物。
たくさんの地場野菜や加工品が並ぶその端っこの窓に張られた、

「ライスクリーンアイス 2色で100円」
「ライスクリーン きいちご味 りんご味」
の文字。

先を急ぐ身でありながら、どうしても気になりお店のお母さんに、この張り紙は、アイスクリームの事なのか、と尋ね、「お米で作ったアイスだよ」と聞いて、「それじゃあ」と、試しに1個注文。

「はいよっ」といただいたのは、
コーンの上に、りんご味、そしてその上にきいちご味の二段重ね。

「なんか、チリンチリンアイスみたいだね。」
なんて思いながら、一口目。

「んんんんん・・・・、うまい。」
キメの細かいしっとりとした食感に突然襲ってくるベリーの風味。
もちろん後味はすっきり。
d0007875_14553794.jpg
お米が入る、入らないとは別次元で、単純にディッシュアップアイスのシャーベットとして充分にウマイ。
いいじゃん、うまいじゃん、とペロっ、ペロっとやっているうちに、りんご部分に突入。
さわやかなりんご果汁の甘さの中にしっかりとした酸味。
チリンチリンに亜種でいいので欲しかったこのフルーツ本物感。

・・あっという間で完食。

つい2週間前のそんなこともあって、昨日は2度目の「ライスクリーン」。

気になっていた「ライスクリーン」の命名。
私が勝手に想像していた<rice+clean+icecream>。
クリーンなご飯でアイスクリーム? ・・・・ではありませんでした。
市役所の方にお話を伺ったところ、
アイスクリーム=アイスクリン
ライス+アイスクリン→ライスクリン→ライスクリーン ・・・でした。

ネーミングのサプライズ、味のサプライズ、そしてこのクオリティで100円のサプライズ。
前をとおると寄らないわけにはいかない密かなマイブームになっています。
byなおき



「ライスクリーン」とは

(平成5年4月17日 日本経済新聞抜粋)
米粉からアイスとめん
青森・黒石市のアグリビジネス加工協

青森県黒石市のアグリビジネス加工振興協議会は、県の推奨米「つがるおとめ」の消費拡大のため、つがるおとめの粉をアイスクリームに混ぜた「ライスクリーン」と、めんに混ぜた「ライスめん」を試作した。
ライスクリーンは八月までに、ライスめんは年内に商品化して黒石市の特産品にする。

ライスクリーンは発酵させた米を砂糖やゼラチン、ブドウ糖、粉ミルクなどとミキサーで20分ほど掻き混ぜる。その後、缶に入れて冷凍する。米粉の比率は20~30%。コーンに入れた試作品を1個100円で販売したところ、ベタベタせず、さっぱりした味でこうひょうだったという。・・・・(以下省略)
by marugoto_aomori | 2006-07-26 14:51 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(6)
Commented by grace-garden at 2006-07-26 20:48
これもとても美味しそうなアイスですね◯
先日は、コメントを下さりありがとうございました。うれしかったです。。。

ライスクリーンの由来、すぐわかりましたよ!
亡き祖母が、あいすくりん、あいすくりん、って よく言っていましたから。

亡き祖母→父→私 とアイスクリーム好きな遺伝子が受け継がれているのです。
いつも素敵な愛する青森の食のご紹介のお礼?に、私もお薦めのをご紹介しますね。

高知県 海洋深層水を使用し、保存料はジャガイモという
 ”松崎冷菓 うみのバニラ 和風もなか ”
http://www.tosa-ice.com/gift.html  です。

このアイスは、ほんのりした甘みとうっすら上品な潮の風味が絶妙なハーモニーで、くどさがなく、病みつきになるお味です!!
共同購入の生協さんから取り寄せているのです。

この会社の社長さんのブログに、岩木山へ行って、アイスを食べた記事があって、とっても素敵な売り子のおばさん(チャーミング)と、ババヘラアイスの写真がります。→5月21日  http://matsusaki.way-nifty.com/ice/
Commented by ゆうこ at 2006-07-27 12:50 x
美味しそう~~!
お米で作ったアイスとは、初めて聞きましたよー。

春に近く通ったのに寄らなかった・・・。(ノ△・。)
今度こそ寄ってみたいと思います。
アイスと聞いたら、食べずには居られません。(ΦωΦ)ふふふ・・・・

にしてもー。手間掛かってると思うのに。2色で100円とは安いっ!
Commented by marugoto_aomori at 2006-07-28 23:13
>grace-gardenさま。

コメントの返信がおそくなりました。スミマセン。
見ました見ました、松崎冷菓。
まさにアイスクリン。
ノスタルジーまで包んでいるようですね。
この社長さん、岩木山のチリンチリンアイスにも訪れていただいたようで、本職の方がご紹介するので、とってもうれしかったです。
※岩木山神社の入口のチリンチリンアイスの方、けっこう有名だったみたいです。


Commented by marugoto_aomori at 2006-07-28 23:18
ゆうこさま。

確かにお米入りなんですが、お米の味はしませんでしたよ♪
でも・・・、あのフルーツの酸味は、シャーベットにはぴったりです。
うまくて、後味もよくて、二色で、しかも100円。
カップもあるらしいのですが、まだ探せていません。
もし見つかったら、私にも教えてくださいね。
Commented by えーちぃ at 2006-08-03 20:53 x
通りすがりの者なのですが・・・。

「ライスクリーンアイス “2色で”100円」というところが、なんだかかわいいなぁと思いました。
酸味のきいたりんご味はさっぱりといただけそうで、今の季節にぴったりですね。


Commented by marugoto_aomori at 2006-08-04 07:53
>えーちぃさま。

おはようございます。
暑い日になればなるほど、乳脂肪分よりも清涼感が欲しくなる私には、この日いただいたライスクリーン、とってもキレがあっておいしくいただけました。
果汁本来のおいしさも感じさせてくれるのにこのお値段。
さっぱり感も手伝って、とってもお得な気分でしたよ♪


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング