まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

なつかしい黒ぶどう 「キャンベル・アーリー」

実りの秋到来!
秋の気配の感じ方は人それぞれ。
私に秋の気配を感じさせてくれる典型的なものがぶどうです。
ぶどうは、栽培の施設化や輸入のおかげで年中店頭に並ぶようになりましたが、
地元産のぶどうが店先に並び始めると、もう秋なんだな~と感じてしまうのです。
※ちなみに、りんごだと「秋だー!」という感じになります。

なかでも秋への移ろいを色濃く感じさせてくれるのが、
昔なつかしい黒ぶどう「キャンベル・アーリー」です。
d0007875_14485048.jpg
この品種は、1892年アメリカのキャンベル氏によって育成された品種で、
日本には明治30年(28年という説も)に導入され全国各地で栽培されてきました。
今では、大粒品種や種のない改良種、甘味が強い新品種に押されて栽培面積が減少し、
産地は東北や北海道、岡山などに限られてきたようですが、
青森では今でも主力品種で、県南地方を中心に栽培され、県産ぶどう全体の約3割を占めています。

キャンベルアーリーの果皮は紫黒色、一粒はスチューベンよりやや大きい5gほどで、果肉は適度に酸味があり、その奥に深い甘味が凝縮されているようです。色も味も濃いキャンベル・アーリーは、ジュースやジャム、ソースなどの調理にもぴったり。甘いだけのぶどうではこうはいきません。
d0007875_14533753.jpg
スチューベンがよりおいしくなる冬までの間、
キャンベル・アーリーやナイアガラ(写真奥)など、昔ながらの青森ぶどうを楽しんでみてはいかがでしょう。by 義人




青森のぶどう栽培

日本のぶどう栽培の歴史は約800年。
山梨県の山の中で発見された「甲州」が始まりで、藩政時代には年貢として認められるほどだったようですが、本格的なぶどう栽培が始まったのは明治になってから。
同8年、内務省勧業寮が外国から輸入したぶどう苗木を全国各県に配布したのが始まりです。

青森に導入されたのもこの年。りんご苗木と一緒に内務省勧業寮から配布されたと記録されています。ところが、日本に入ってきたのは品質の良いワイン用のヨーロッパ種で、雨に弱かったため、日本中のぶどう栽培はことごとく失敗し、青森でも「カマド消しの元」と嫌われたようです。

その後、「フジタのブドー液」で有名な藤田農園(当時)が、ぶどう酒製造のために大規模なぶどう園を開園したのが明治16年。青森県のぶどう栽培の始まりと言われています。さらに、雨に強く栽培しやすいアメリカ種「キャンベル・アーリー」が導入され、南部地方のぶどう栽培がスタートするわけですが、日本に伝わったのが明治30年(藤田農園には同35年)だったわりに、南部地方への定着は大分遅れ、大正10年のことだったと言います。

それから、長い時間をかけて青森に適した栽培方法が研究され、今日のぶどう産業につながっていきます。最大の特徴は仕立て方。全国的に見ると棚仕立てが圧倒多数なのですが、本県だけは、太陽光がよく入り積雪にも強い垣根仕立てを採用しています。

これまでいろいろな品種が導入され、栽培されましたが、現在県内で栽培されている品種は、最も多いのが昭和50年頃から津軽地方で増殖されたスチューベン(全体の約6割)、次が南部地方に残るキャンベル(約3割)で、そのほかポートランドやナイアガラ、最近注目の新品種サニールージュなどとなっています。
by marugoto_aomori | 2006-09-15 16:56 | おいしい食材 | Comments(9)
Commented by tamamariko at 2006-09-15 17:59 x
どうしてもこっちのぶどうだと、スチューベンしか思い浮かびませんが、キャンベル・アーリー、そしてナイアガラ、この種のぶどうにも今年は注目しなければ~♪
これらのぶどうを使った県産ワインってないものですか?
よく、おたるのナイアガラは見ますが・・・。
Commented by ジトマ at 2006-09-15 21:02 x
これって、いわゆる「かくじのぶどう」のような。。。

近頃、ブドウを食すたび、「かくじ」味がするかどうか
確認してしまいます。
Commented by marugoto_aomori at 2006-09-16 05:40
>tamamarikoさんへ。
スチューベンの方が絶対甘くておいしいのですが、キャンベルは、酸味も含めて味全体が濃いというか強いというか。古い品種だという先入観も手伝って、とってもセピア(?)な味がします。ナイアガラは、酸味はあまりなく、しまりのない(?)独特の甘みが何とも言えません。どちらも私の嗜好の話になっちゃいますが・・・(笑)。
某試験研究機関に聞いたところ、キャンベルのワインは今でもつくられているとのことでした。県内でつくっているのか詳しく聞いてみますね。・・・・そういえば青森のカシスワインは函館ワインだったなー。
Commented by marugoto_aomori at 2006-09-16 05:50
>ジトマさんへ。
か、かくじ味ですか・・・?すみません、「かくじ」の意味が・・・。
とんちんかんな話かもしれませんが、いろいろな資料には「キャンベル・アーリーは狐臭が強い」と書かれていました。アメリカ種の特徴でもあるようですが、ヨーロッパ人には毛嫌いされる香りで、故に高級ワインには用いられないようです。しかし、日本人の大半、特に女性はほとんどが何とも感じないか、むしろ好意的なようですよ。面白い話です。
それにしても「狐臭(こしゅう)」って・・・、キャンベルが可哀想ですね。(笑)
Commented by kashiwa at 2006-09-16 23:35 x
ぶどうのエントリーを書き終りこちらを訪ねましたらぶどうのエントリー!
秋ですねぇ。(^^♪
いかにも濃厚な味がしそうな写真ですね。
Commented by marugoto_aomori at 2006-09-17 11:56
>kashiwaさんへ。
今でこそぶどうを品種で区別しますが、種類が限られていた昔は、単なる「ぶどう」として出回っており、そのほとんどがこのキャンベル・アーリーだったと思います。
この濃厚な味は、kashiwaさんが幼少の頃に食べたぶどうの味ではないでしょうか!
Commented by ジトマ at 2006-09-18 22:45 x
解説もなく「かくじ」(「かぐじ」の方が正解かな)って
使いましてすいません。
裏庭のことです。黒石のこみせにも「かぐじ広場」って、あります
が、あれも店の裏側の広場ですね。

昔、家の裏側の軒先とかにブドウを植えていて、そこからのブドウ
の匂いを「かく(ぐ)じかまり」と呼び、そのブドウの味を「かく
(ぐ)じ味」と勝手につけてました。
Commented by marugoto_aomori at 2006-09-19 09:29
>ジトマさんへ。
YOSHIHITOもネットで調べても見つからず困っていました(笑)。
丁寧な解説をありがとうございます。
わが実家の裏庭にはありませんでしたが、青森某所に引っ越した際、誰が植えたのか庭の片隅にぶどうの樹がありまして、特別なことをするわけでもないのに、秋になると見事に実っていました。キャンベルアーリーでした。昔、最もメジャーで育てやすいのがキャンベルでしたから、「かぐじのぶどう」の可能性は高いです。少なくとも、私にとっては「かぐじのぶどう」ですよ(笑)。
Commented at 2009-02-16 13:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング