まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

やさしい!新しい!おもしろい!「りんご脚立」

全国の生産量の約半分を占める青森りんご。日本一のりんご産業を支えるりんご農家はおおよそ1万7千戸。冬場のごく短い期間を除き、朝から晩までりんご園で働き続けます。

そのりんごづくりに欠かすことのできない道具が「りんご脚立」。
今でも「りんご脚立」を作り続けている岡野建具(弘前市)のご主人によると、かつては、適度にやわらかく丈夫で腐りにくい津軽特産のヒバ材が用いられていたそうですが、最近主流となっているのは軽い桐材。途中、安くて軽いアルミ製が台頭したものの、木製の良さが再び見直されるようになり、最近は多少高くても桐製脚立を選ぶ生産者が増えているのだそうです。
(↓左が木製・・・黒石式の7尺6段、右はアルミ製)
d0007875_13242367.jpg
■木製脚立の良さ
木製の良さはたくさんあります。ひとつめは冷たくないこと。寒い季節の早朝や夕方でも、よく使う女性達から体温を奪うことはありません。
次にグリップ。雨の中でも木そのものが持っている吸水性と凹凸でスリップを防ぎ、農家の足元をしっかり支えてくれます。
さらにやさしさ。りんご脚立は、たわわに実ったりんごの枝を押しのけながら、枝の内側に立てなければならないこともしばしば。樹体にやさしい木製なら、実も枝も傷つけにくいのでちょっと安心です。
男達が気にするのは「剪定鋏」や「剪定鋸」の損傷。アルミの場合、うっかり落としたりぶつけたりして刃こぼれを招くこともありますが、木製ならその衝撃をやさしく吸収してくれます。
そして何度でも繰り返し直して使えること。岡野さんのところには、親の代に使っていた脚立の修理を頼みに来る人も多いと聞きます。アルミ製はこうはいかないでしょうね。

■弘前式と黒石式。そして南部式。
意外と知られていないようですが、津軽の「りんご脚立」には、「弘前式」と「黒石式」があります。その違いは段の数。同じ高さの脚立でも、足場となる横っこ(よごっこ)の本数が異なります。
「弘前式」は6尺に4本の横っこ。一方「黒石式」は横っこが一本多い6尺5本となります。7尺なら、「弘前式」は7尺5本、「黒石式」は7尺6本です。「弘前式」と「黒石式」の境界は、津軽平野を縦に流れる「平川」。樹の仕立て方や地形に違いがあったのでしょうか。平川から西側が「弘前式」、東側が「黒石式」となっているそうです。
一方、南部地方の脚立は足が一本少ない「3本ばしご」です。枝が混み合う樹の内側にも「はしご」を入れやすくなりますし、軽くて持ち運びやすいのも長所です。推測の域を出ませんが、ここにも仕立方法や使用環境の違いがあったのでしょう。
【追加】3点支持は荷重が安定する理にかなったもので、特に地面がフラットじゃないときに威力を発揮するようです。(コメントを寄せていただきました。)
(↓中央が南部式。周りには弘前式や黒石式がどっさり。)
d0007875_13271541.jpg
なんだかマニアックな内容になってしまいましたが、これからの季節にますます重要となる「りんご脚立」ご紹介しました。
by義人
by marugoto_aomori | 2006-09-21 13:37 | あるあるこんなもの | Comments(7)
Commented by 青玉 at 2006-09-22 16:36 x
脚立なんてホームセンターで全国どこでも同じ物。というイメージでしたけど、リンゴ農家御用達、しかも地域によって違うというのは興味深いですネ~。同じ津軽でも平川を挟んで違うというのはやはりかなりマニアック。
その土地の産業は名の知れた一つの物だけでなく、それを取り囲むあらゆる物で成り立っているんですね。リンゴ箱や手篭もそうですネ。
Commented by marugoto_aomori at 2006-09-22 17:01
>青玉さんへ。
こんにちは。時代に置き去りにされたと思っていた木製の脚立が、実は逆に進化していたなんて・・・。とても驚き、感動してしまいました。(笑)
青玉さんのおっしゃるとおり、ひとつの産業を取り囲み、支えているものってたくさんあるんですねー。りんご脚立がそのことを気づかせてくれました。ありがとう、りんご脚立!・・・えっ、危ない人みたい?(笑)
Commented by n-type at 2006-09-22 18:57 x
3本足って、力学的にいって、かなり理にかなってるらしいです。
実は4本足よりも安定するとか?(特に地面がフラットじゃないときに威力を発揮)
あと、1本の足にかかる荷重が多いのも安定する理由とか。
Commented by marugoto_aomori at 2006-09-22 20:34
>n-typeさんへ。
なるほどー!と思い調べてみたら、グランドピアノが3本足なのも、荷重が均一に安定するので調整の必要がなくなるから・・・というようなことが書かれていました。うーん、いろいろ勉強になりますね。ありがとうございます。
そういえば実体験でも、りんごの脚立を雑に立てたりすると、どっか一本が微妙に宙に浮いていて、結局は3本足で支持している、なーんてことよくあります。(笑)
Commented by lontom at 2006-09-25 07:32 x
久しぶりに遊びに来ました。私これほしいです。やっぱり庭のりんごは自分で落ちる物ではありません。まだ高い所にしがみついています。もうすでに葉が枯れ始めてきたので出来るだけ取っているのですが、どうしても高い所は、、無理ですね。そう、曲がった枝は日に日に元の位置へと戻りつつあります。最近は写真を撮っていないのでブログにはのせていませんが。リンゴの味は少しドライになってきたけど、子供たちは喜んで食べています。
Commented by marugoto_aomori at 2006-09-25 12:35
>lontomさんへ。
この優れものは、りんごがたわわに実るlontomさんのお庭ではきっと重宝することと思います。(笑)
もぎたてのりんごをそのまま食べるおいしさと贅沢!りんご産地青森でも身近に体験できる子はそうそう多くはありません。お子さん達はきっと楽しいでしょうね~。
帰国することがありましたら、ぜひ青森のりんごも食べてみてくださいね。英国で食べると英国のりんごにかないませんが、日本で食べると日本の(本当は「青森の」と言いたい)りんごが一番美味しいですよ!(笑)
Commented at 2007-03-29 00:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング