まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

酸ヶ湯温泉 鬼面庵(おにめんあん)

酸ヶ湯そば そば粉100%

はじめて書物に出てきたのがおおよそ330年前。
既にその賑わいのため、統制規則があった酸ヶ湯温泉。

もちろん深山の湯治場であると共に、八甲田山の山岳トレッキングの中核基地であり、青森県観光の拠点でもあります。
お泊まりのお客様、湯を目指してきたお客様、山から降りてきたお客様、十和田湖を目指すお客様などさまざまな方々がここに立ち寄り、その衣類や格好でなんとなく見分けがつくのもここ酸ヶ湯の特徴です。
d0007875_10415540.jpg
「お湯のこと」は近いうちにまたゆっくりと書きたいな、と思っていますが、今回は「酸ヶ湯そば」のことを。

先週、酸ヶ湯温泉鬼面庵に伺ったときは、ちょうど「新そば」が入荷しました、とお祭りのような賑やかさでした。
この新そば、おおよそ11月頃まで楽しめるのだそうです。d0007875_10424138.jpg

酸ヶ湯そばの歴史は、戦後から。
山開きといった3月から山じまいといった10月末までの間のみ営業していた当時の酸ヶ湯。
せっかくお越しの方々に地元のおいしいものを食べていただきたいと、八甲田山への入口である雲谷(もや)に一面に白く咲く特産の「雲谷そば」を酸ヶ湯で出したのが始まりです。
酸ヶ湯でも当時は「雲谷そば」という名前で食べていただいていたのだそうです。
酸ヶ湯のそばは、その時と変わらない製法。そば粉100%。
特産のそば、そして何よりも得難いのは、八甲田山から湧き出るおいしい水。

その後、雲谷のそば生産が少なくなってきたのを機に、名称を「酸ヶ湯そば」に変更します。
名前は変わっても、八甲田山の山中に湧き水を引いたそば小屋で打ち、昔からの製法で作る、何も変わらないそばです。

d0007875_10435845.jpg
そばは「煮立て」と「煮置き」をおきます。
煮立てはざるそばのみ。
その場で茹でて、八甲田の冷水でぎゅっと締めます。

d0007875_10442341.jpg
煮置きはさっと温かい湯にくぐらして、酸ヶ湯の周辺で取れるこだわりのおいしい具を載せてくれます。

d0007875_10533319.jpg
上から、
 きのこそば750円(八甲田で採れたいろいろなきのこが入っています)
 月見そば650円(地鶏のたまごを載せた滋味溢れる味です)
 山菜そば750円(たけのことふきとわらび。ワタシはこればっかりです)

やさしくやさしく力を入れないように箸で持ち上げないと、持ち上げた先からホロホロっと切れていく津軽のおそばのあの感覚。
甘くしないつゆ。
サクサクッとしたあの食感。
つゆの中に切れたそばが少なかったときには、今日は上手に食べれたな!とちょっと得意気分。
筍おでん(しょうが味噌おでん)を買って、こんな感じが大好きです(笑)
d0007875_10461629.jpg
byなおき
by marugoto_aomori | 2006-09-25 11:16 | 青森食べ歩き | Comments(12)
Commented by 青玉 at 2006-09-25 13:32 x
>ホロホロっと切れていく津軽のおそばのあの感覚。甘くしないつゆ。

そうなんですそうなんです、まさにそうなんです!
私にとって蕎麦というのはそういうものであり、蕎麦といえば掛け蕎麦なんです。最近生そばという言葉も見かけなくなりましたが。
こういう蕎麦が私には一番美味しいと思える蕎麦です。とは言っても原点は青森駅のホームの蕎麦だったりもしますが(笑)
そして繋がるように思い出されるのは、ゆで卵、冷凍みかん・・・3個入り?
Commented by tamamariko at 2006-09-25 14:20 x
煮立てと煮置き、もうばっちりです!
ブチブチ切れるあったかい津軽そばがあまり好きでない私でも、ここのはパラリとしていて、確かにほろほろ切れるのですが、でも、短くなりすぎない、だから好きです。

ところで萱の茶屋のお蕎麦屋さんで売られているおそばと同じなのでしょうか?
Commented by ぶぅはは at 2006-09-25 20:46 x
雲谷そばの名前がこの頃聞こえないなと思っていました。
変わったんですね。でも私の家では「雲谷そば」でずっときてますから(笑

以前はよく父がお土産として持ち帰り用の蕎麦を買ってきてました。
ワラビを煮付けたのが少しと出汁用のパックが入ってたと思います。今でもあるんでしょうか?

蕎麦が上手に食べれるかとかいうのは私も同じです。よくどんぶりの中を見て一人でニヤニヤしてました。
だからなおきさんと同じだなーって、笑ってしまいました(爆!
Commented by ほんづ at 2006-09-25 21:15 x
生まれてはじめて津軽で蕎麦を注文した時、あまりの白さに驚きました。
注文を間違えたかとさえ思ったぐらいです。

それまで「蕎麦は黒いもの」と信じて疑わなかったですから。
Commented by ジトマ at 2006-09-25 21:25 x
わしの知っているそばって、いわゆる「津軽生そば」で、
どちらかというと弘前の「野の庵」とかで出しているような
黒っぽい色が付いているそばだったので、10年近く前に
酸ヶ湯で食した時は、素麺???なんて思ってましたが、
食してみると、結構美味しかったという記憶ありです。
Commented by marugoto_aomori at 2006-09-26 08:11
>青玉さま。

おはようございます。
ワタシも覚えがあります、青森駅。
何番ホームか忘れましたが、おいしい立ち食いがあって食べてた記憶があります。
付近に漂うあのおだしの香りでお腹が空いてなくても空いた気持ちにさせ、ついつい親にねだって食べてました(笑)
あの頃はそばを持つ箸の力加減というものを知らなかったので、なおのことブツブツと切ってしまい、最後はツユと一緒にズズズっといただいていました。
Commented by marugoto_aomori at 2006-09-26 08:18
tamamarikoさま。

おはようございます。
萱の茶屋にも数件お店がありますが、離れて1軒あるところが酸ヶ湯さんで直営している売店です。
販売していたかどうか、ちょっと不案内ですが、イートインのおそばは同じものだったようです。
ワタシはもともと完ツユ派なのですが、身体のために今は半ツユで止めていまして、つゆの下に切れたそばがいっぱいあると、ついつい完ツユしそうになるので、なんとかしてそばを切らさないようにあの手この手を考えています(笑)
Commented by marugoto_aomori at 2006-09-26 08:22
>ぶぅははさま。

どうやら共感のストライクゾーンが一緒?のようですね。(笑)
「持ち帰り用の蕎麦」ですが残念ながらお話を伺ってませんでした。
ですが、青森市内でこのそばを買えるところがある、というお話は伺ってきましたよ。
実際に見てみてからご報告しますね。
Commented by marugoto_aomori at 2006-09-26 08:26
>ほんづさま。

おはようございます。
ワタシも大人になってから県南の方に行くようになり、鶏のおだしで太くて黒いそばをいただいたときには、その姿に驚きがありました。
味はもう大好きになってるんですが、初対面?の時には「所変われば品変わる」を実感したのを覚えています。
Commented by marugoto_aomori at 2006-09-26 08:29
>ジトマさま。

おはようございます。
白さはたしかにありました。
つゆに入るとよく見えなくなりますが・・。(笑)
Commented by ひやま at 2006-09-27 09:47 x
筍おでんは、イメージしただけで、ヨダレです。
実に、おいしい!
酸ヶ湯は高地。沸点が低いはず。
が、しゃきっとした食感を残せるのは、その辺だけではないでしょう。
しても、たしかに、ほんとに、おいしい。です。
お値ごろ感も、美的?
Commented by marugoto_aomori at 2006-09-27 18:22
>ひやまさま。

筍おでんに反応! ありがとうございます。
酸ヶ湯の筍おでんは昭和28年から、とのことでした。
登山を終えた人たちに、まるで峠の茶屋のようなゆったりとした雰囲気を与えたい、と峠の茶屋の串餅のように酸ヶ湯名物の筍、こんにゃく、そして陸奥湾のほたてが入った丸い揚げボール。
最後にはやさしく甘いしょうが味噌。
プリッとしたうずらの卵。
最高のラインナップです。
いつかこのこともゆっくりブログに書きたいなと思っています。


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング