まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

紅葉2006 酸ヶ湯温泉

標高925メートル いよいよ紅葉シーズンスタートです。

酸ヶ湯温泉は八甲田の深山にある温泉場です。
ここは、その類い希な泉質に恵まれているだけではなく、その標高から希薄な空気の作用もあって、通常7日3回り21日間の湯治を3日3回りという半分の期間で終えられるほど。
温泉に浸かるお客様だけでなく、八甲田登山やトレッキング、十和田湖観光などの中核的な拠点としてさまざまなお客様が訪れるところでもあります。d0007875_108189.jpg
そして、いよいよ秋。
地元のいろいろな方々からその様子を伺っていたら、酸ヶ湯はちょうど紅葉の見頃とのこと。
十和田湖畔でホテルを経営されている「へべれけ大王」さまのブログにも見頃になりましたということが書かれていて、その写真に期待感いっぱいになっていました。

先日、酸ヶ湯でいろいろなお話を伺っていたとき、泉源の話になり、『「熱の湯」「冷の湯」「四分六分の湯」「湯滝」「ふかし湯」・・・・』と、・・・。
あれっ、「ふかし湯」ってもしかして、「まんじゅうふかし」?
千人風呂のお湯達と並列に並んで話に出た「ふかし湯」。

伺ったら、「まんじゅうふかし」と呼ばれている「ふかし湯」も酸ヶ湯の湯。
あずま屋なども管理しているのだそうです。

d0007875_1082934.jpg
酸ヶ湯温泉から歩いて数分。
ちょうどいい散歩にもなる距離の「まんじゅうふかし」。
子宝の湯とも言われていますが、服を着たまま90度を超える湯が通る木筒の上に座り、おしりを温める湯です。d0007875_10909.jpg
この日も先客がありました。

前を流れるせせらぎの音と座った先からほんわか温まる癒しに、なぜか長居しがちになるコチラ。先客が立ち去った後、次のお客様が来るまで貸し切りで、ワタシ。やっぱりまったりしてしまいました。

まったり感を払拭し、気を取り直して酸ヶ湯に戻ったら「小腹」モード。
ちょっと胃袋に隙間ができたようで、似た名前ですが、酸ヶ湯名物の「そばまんじゅう」を。

d0007875_1092879.jpg
せいろに入った「そばまんじゅう」。相変わらずの人気者でした。
ワタシの先々客は20個、先客が10個。みんな10個単位で買っていきます。
酸ヶ湯の入り口であった雲谷の名物は、そば。
山を登ってきてくれた方、八甲田登山から戻ってきた方、そんな方々に「まるで峠の茶屋のようにホッと一息ついて欲しい」とその名物のそばを使った甘いものとして50年以上前に作られたものです。
やさしい味にホッと一息。d0007875_1095896.jpg


見頃の紅葉とまんじゅうふかしやそばまんじゅう。
紅葉の中の「小さな旅」。
早く行きたいな。 byなおき

※青森県の紅葉見頃情報はアプティネットで。随時更新中です。
by marugoto_aomori | 2006-10-06 10:17 | 青森の旅 | Comments(12)
Commented by tamamariko at 2006-10-06 10:54 x
小腹モードといえば、やっぱりなおきさんでしたね。
私は紅葉の赤、黄とまだ紅葉してない緑がちょうどよく混ざった頃が一番好きです。
ことしはタイミングよくいけるかな~。
このそばまんじゅうも新しい目的ですね!
Commented by senbeiziru at 2006-10-06 16:12
なおきさんの日記を読むたびにお腹がすきますね(´・ω・`)
酸ヶ湯では温泉卵しか食べたことない・・・まんじゅうも有名だったのかぁ。
今年は紅葉を見がてら食べてみたいものです。
Commented by marugoto_aomori at 2006-10-06 17:58
>tamamarikoさま。

あれれ、わかっちゃいましたね。
そうです。ちょっと胃に隙間ができると、ついついです(笑)
tamamarikoさんの言っている色はまさに、「錦絵さながら」と
よく形容される色だと思います。
地獄沼などの景観や十和田湖瞰湖台から観るピークの御倉半島などがそんな感じなんでしょうか。
いよいよ本番ですね。
そばまんじゅう。ホッカホカに当たるとじんわりときますよ。
Commented by marugoto_aomori at 2006-10-06 18:01
>senbeiziruさま。

酸ヶ湯のカイグイはこれまたなかなかのお気に入りです。
筍おでんに酸ヶ湯そば、そしてこのそばまんじゅう。
ちょこちょこ食べてると結構きますよ。
さらに、酸ヶ湯満喫テクとしては、酸ヶ湯温泉内の食品売店に
ある「イカやきそば」。
ホントいかがドドーンと入っていて、いかやきそば!感が満点ですよ。
Commented by ジトマ at 2006-10-06 20:41 x
「まんじゅうふかし」良いですねえ。
誰もいなければ、寝っ転がって、
うとうとして。。。zzzzzzzZZZZZZZZZZZZZZZZZ

そんなことがしたい。
Commented by marugoto_aomori at 2006-10-06 21:57
>ジトマさま。

ホント、ごろりと仰向けになって、うとうと・・・。
誰彼と持っているそんな夢。
ですが、得てして「今日こそできるかな?」なんて思うときに限って次のお客様が来るんです。(笑)
貸し切りチャンスにはなかなか当たりません。
Commented by ゆうこ at 2006-10-06 22:06 x
そばまんじゅう、食べたこと無いですよ!見逃してた・・・。
ごへー餅だけ食べてましたー。

まんじゅうふかし、結構混んでますよねー。
以前行ったときには、ぎゅうぎゅうでした(笑)

あそこに座ってると、動きたくなくなっちゃう!!
でもそのまま夜まで居たら・・・・

考えたら怖いかも。( ▽|||)
Commented by marugoto_aomori at 2006-10-06 22:45
>ゆうこさま。

たしかに動きたくなくなっちゃいますよね。
あのまったり感、なんとも言えませんもの。

しかし、すっかり夜まで・・・、とは。
ううっ、ゾッときました。
脳みその奥で、くまと目が合いました。(笑)



Commented by みちのく温泉マン at 2006-10-07 23:08 x
温泉妻はまんじゅふかしのベンチで「大」の字になって
寝てましたヨ^^;…ブログにも顔付き出てますが(爆)

それにしても舗装されたと言うことは、冬季除雪もするのでしょうか?
Commented by reev at 2006-10-09 07:11
おはようさんです。

すげー、道に案内が書いてある。
インパクトある案内です。
Commented by marugoto_aomori at 2006-10-10 08:01
>みちのく温泉マンさま。

舗装は通りからほんの少しだけです。
そこに、「ふかしゆ」と書かれています。
以前から一緒のじゃり道ですよ♪

でも大の字は気持ちよさそうですね。
Commented by marugoto_aomori at 2006-10-10 08:03
>reevさま。

わかりやすい(笑)です。

途中になるほど90度を超す熱泉がでているな、と思わせる
湯気が立ちこめています。
渓流のせせらぎの音が心地いい場所ですよ。


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング