まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

弘前土手町の「柿の菓子」

秋の深まりとともに・・・柿の季節 "柿衛門" こがねさわ

昨年の今頃、まるごと青森の義人は、チャンスを見つけては南部町(旧名川町)へ出かけ、木になった妙丹柿、軒下に吊された妙丹柿の写真を撮り続けていました。d0007875_9282097.jpg
その間、ワタシは?、弘前は土手町へ。
柿のお菓子のお話を伺いに・・・。

秋は柿。
柿と言えば、まだ社会人に成り立ての頃、上司にお酒の飲み方をきっちり教えて貰う機会がありました。
もう退職された方ですが、その当時はテレビでプロ野球を見ながら(2時間という意味ですよ♪)、一升開けてしまうほどの豪傑。
そんな方でも酔ってはいけない酒宴の席では、
結構メーターが上がってきたな、と思ったら、
 ①トイレに行ってつま先立ちで10秒。
 ②①ができたら、戻ってお酒をもう一杯。
 ③飲み終わってたら、またトイレに行ってつま先立ちで10秒。
 ④③ができたら、戻ってお酒をもう一杯。
 ⑤そしてまたトイレ。10秒立てなくなったら、お水をコップで一杯飲んで30分休憩。
 ⑥そしたらトイレに行って10秒。できたら戻ってお酒を一杯・・・・。
自らの状況を管理しながら大切な場面を乗り切るとてもストイック?な飲み方ですが、大事な酒宴での心構えを教えていただきました。
さらには、「次の日に大事なことがあるとき」の極意として、酔って帰ってたら水を飲んで、そして「干し柿を2つ」食べて寝る。
このことを守ること、との教えでした。

そこから早速、実践するワタシ。
この干し柿2つの効き目は驚くほどで、そこからしばらくは寝る前の干し柿2個で驚異の回復力。
ワタシの中ではこの教えもあって「秋は柿」(笑)

そんな柿のおいしいお菓子があると聞いて伺ったのが上土手町にある「こがねさわ」。
d0007875_9285666.jpg
こがねさわの「柿衛門」が生まれたのは、今から10年ほど前。
日本海側にはいろいろと干し柿を使った銘菓があるが、弘前には柿を使ったのは「あんぽ柿」程度。
何とか弘前に柿を使った菓子を作りたいと試行錯誤を重ねますが、干し柿には柿の濃厚な甘味が備わっており、なかなか菓子にするには難しく、何度も職人が努力と工夫を重ねて生まれたのが、この「柿衛門」です。
d0007875_9293685.jpg
柿本来の甘味に合う「黄身あんこ」を中に詰めたことで、干し柿にはないしっとりとした食感が生まれ、さらに柿の甘さを上品な風味に変えてくれたようです。
さらには仕上げに表面に薄く羊羹をかけ、つやとつるんとした食感を得ました。

干し柿よりも柿衛門を食べたい、と地元で人気の商品となり、今ではこがねさわでも一番の人気商品になっています。d0007875_930446.jpg
いよいよ、干し柿の季節。
そのままで干し柿をいただくのもよしですが、こうして職人が上質に仕上げたお菓子をスローにいただくのものよしですよ♪
byなおき
 ※上土手はホント素敵な散歩道になりました。歩くのが楽しくなります。
by marugoto_aomori | 2006-10-17 09:37 | あるあるこんなもの | Comments(8)
Commented by 青玉 at 2006-10-17 18:24 x
弘前に柿を使用した銘菓が誕生してたんですね~。
干し柿はまんま和菓子のようなので、それを更にお菓子にするというのは大変なんですね。
飲んだ翌日に大事なことがあるときの極意。ためになりました。二日酔いしないんでしょうか?不思議です。
Commented by ゆうこ at 2006-10-17 21:47 x
凄い極意ですね。これは、かなり勉強になりました。
水だけじゃないんですねー!!
干し柿を持って歩こうかと本気で思っています。(`・ω・´)ゝ”

柿のお菓子はとても美味しいですが、これって全部
職人さんたちの技術の結晶なんですねー♪
ますます食べたくなりました(笑)
Commented by reev at 2006-10-18 06:52
おはようさんでっす☆

名川に行った時は、リンゴへ目が行ってしまい、柿の存在を逃してしまいました(反省)。それにしても、お酒の飲み方は素晴らしい。楽しく、かつ紳士にという気迫も伝わってきます。
柿衛門、と聞いたとき、有田焼の”柿右衛門”を思い浮かべてしまいました。写真からは、甘さ控えめの感じ。渋茶にピッたしかな。
Commented by すぐり at 2006-10-18 14:05 x
こんにちは

これも気になってるんですが ほーーー感心しちゃいますね
今度 弘前に行ったら こがねさわですね^^

今日は うちのブログでも 弘前のお菓子の話でしたーー^^
Commented by marugoto_aomori at 2006-10-18 18:16
>青玉さま。

これが不思議なことに寝る前の干し柿は、いつもなら二日酔い間違いなしの状況でも思ったより軽いぞ!と思わせてくれます♪
これって私だけ?と他の方と比較できないので個人差などあるのだとは思いますが、秋はこの守護神があると思うと、実は進んで進んで・・・。
寝る前の二個が意外と自信となって、ついついです(笑)
Commented by marugoto_aomori at 2006-10-18 18:17
>ゆうこさま

甘いですよ。お菓子ですから。
ですが、黄身あんこがいろんな意味で干し柿とぴったりの相性ぶりですよ。
ちっちゃくお上品に食べてました(笑)
Commented by marugoto_aomori at 2006-10-18 18:20
>reevさま。

義人が撮ってきた写真は、つるし柿でオレンジに輝くすばらしい光景でした。
秋も深まれば、葉っぱも落ち、どこか寂しげな風景になりがちですが、このつるし柿の光景はビビットでいい感じでしたよ。
旧名川町です。ことしはワタシも見たいなと思っています。
Commented by marugoto_aomori at 2006-10-18 18:23
>すぐりさま。

秋らしい一品です。
表面をコーティングしている羊羹と干し柿、そしてその中にある黄身あんこ、なかなかの組み合わせでしたよ。
上土手町です。一度どうぞ。


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング