まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

郷土館「わが家にテレビがやってきた」

11月5日まで。~懐かしのあの時へ~

昨日は県立郷土館へ。
私たちにはわかりそうもない歴史的なことや専門分野のこと。そんな時、いつも私たちを助けてくださる県立郷土館の我らが成田課長からのお誘いでした。
まさに「渡りに船」♪
行きたかった特別展「わが家にテレビがやってきた」です!
d0007875_8212555.jpg
これまでの特別展も大好きでちょくちょく行ってましたが、今回のはグッと寄っていますよっ!
ある意味、マニアの殿堂です(笑)。

昭和がいよいよ歴史時代となっていき、映画「三丁目の夕日」が人々に温かく迎えられる今、昭和の暮らしの変化の中を生きてきたそんな団塊層がいよいよ退職します。小さな茶の間での団らん、ほろ苦い記憶、家族との時間、あの時のあこがれ。そんな想い出がグイグイと湧き上がってくる時代こそ、「わが家にテレビがやってきた」昭和30年代。d0007875_8215428.jpg
入口の真っ赤なパブリカでいよいよ期待が高まり、ワタシもさっそく中へ!

まずお出迎えは、やったね!「鉄人28号」!d0007875_8222557.jpg
いきなりの人間スケールのフィギュアにやる気マンマン度を感じます。

中は、三種の神器と言われたテレビ、冷蔵庫、掃除機のレトロなモノたちが勢揃いしていたり、当時を忍ばせる茶の間がまるでテレビのスタジオセットのように組まれていたり。d0007875_823998.jpg
ちょうど一緒に入ったおじさんたちは、もう大喜びの様子。
「これウチにもあったぞ」、なんて話や、その当時のエピソードなんかで盛り上がったりと、ノスタルジーが去来しては、仲間と共有する。なんともワタシが見ていても楽しそうな盛り上がりとキラキラした笑顔がありました。
ここでうんちくを一つ。
実はこのお茶の間セット、時間が経つ毎に、飾っているモノが増えているのだとか。見にいらした方々がウチにこれもある!あれもある!と持ってきてくれて、この茶の間セットが少しずつ賑やかなっているのだそうです(笑)。

収集家の皆さんにお願いしてここ郷土館に集結させた当時を懐かしく思わせるさまざまなモノ達。皆さんもこの取り組みに快く協力してくれたのだそうです。
d0007875_825882.jpg
見てください!このミニチュアハウスの完成度の高さ。驚愕ものです。
さらにこの建物は実際、弘前にあった建物なのだそうで、成田課長もそのことをよく知っていて、その隅々のディテールまで再現されている様子にすっかり見入っちゃってます♪

「わが家にテレビがやってきた」は9月15日から開催されていますが、これまでの特別展にない幅広い年代の方々を迎えているのだそうです。
また特別展が目当てで来たんだけど、「実は郷土館は初めて」、という方も今回、結構いらっしゃるようで、この企画が幅広い層に注目されているのがわかります。

この特別展「わが家にテレビがやってきた」は、11月5日(日)まで。
観覧料は、当日券で一般の方が500円です。
d0007875_8255078.jpg
さらに注目は、この図録。
見てくださいこのお人形のマフラー。当時流行った「君の名は」の「真知子巻き」です。(こういうワタシは「マニア」じゃありませんよ♪)
まるで当時の雑誌の付録のようなレトロな「ぬりえ」と「すごろく」までついた懐かしタッチで、この企画にピッタリ。もちろんワタシ、ゲットです。

展示物を直接撮るのではなく、来場記念に自分たちを撮影する記念写真ぐらいなら写真撮影も大目に見てくれるようです♪ byなおき ※写真撮影許可済み



お昼になっちゃんたんです!
ps:どうしてもワタシが行くとお昼系のネタが入っちゃいます(笑)

 郷土館に来ると、近くに「高橋のかまぼこ店」あり、「鈴木のやきそば」あり、ともう行きたいところがいろいろと出てきて困っちゃいます。
ですが、本日のランチは「いりしめ」。
津軽のそばはそりゃもちろんサイコーですが、こちらもファンが多いんです。

そう、ラーメンです。d0007875_8282122.jpg
べりぐっ!
by marugoto_aomori | 2006-10-20 08:46 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(6)
Commented by kashiwa at 2006-10-20 11:23 x
お~っ!!この映像、当時の我が家ではありませんか!近所の八百屋まで・・・。
懐かしいテレビですね。我が家に高価なテレビがお目見えしたのは私が中学3年だったと思います。毎晩居間がご近所の人達で一杯になりましたが、1年も経つと誰も来なくなりました。テレビの普及があっというまだったんですね。
Commented by marugoto_aomori at 2006-10-20 23:42
>kashiwaさま。

こんばんわ。
我が家にテレビが来た日。
私は残念ながら、知りません。
たぶん産まれたときからあったのだと思います。
kashiwaさんのコメントを読んでいたら、一緒に入館したおじさんたちグループの会話と笑顔を思い出しました。
私でも十分楽しめましたよ。
Commented by ジトマ at 2006-10-21 00:04 x
郷土館の近くに住んでいたことがあったので、何度か訪れたこと
があります。なつかすぃ。

 30年代のことは知りませんが、うっすらとした記憶の中で、
白黒テレビを経験しているので、なにとはなく懐かしい雰囲気。。。

Commented by kohatchan at 2006-10-21 01:19 x
いつも懐かし楽しく拝見させていただいています。
入〆は青森に帰ったときは今でも必ず寄る店です。まったく変わっていないというのが理由の一つですが、蕎麦好きの父が良く連れて行ってくれた思い出の多い店です。
この店で傑作だったのは飲みものメニューの中に「缶コーヒー」があったことです(^_^;。今でもあるのかな.....。
Commented by marugoto_aomori at 2006-10-21 08:44
>ジトマさま。

郷土館の近くにお住まいでしたか!
いい場所です。
周辺には行くとこいっぱい(笑)

今回の特別展は一人で行くっていうよりは、気心の知れた方と複数で行きながら、展示品を見ながら共に思い出を共感しあう、そんなのがいいような気がします。
周りのお客様がまさにそんな感じの人たちでした。
昔の駄菓子屋さんのセットなんかもあって、なんかうれしかったですよ。
Commented by marugoto_aomori at 2006-10-21 08:48
>kohatchanさま。

いりしめの常連さんですね。
ワタシもこちらの津軽のおそばが大好きです。
先日機会があり、店主とゆっくりおそばについてお話を伺うことがあり、さらに好きになりました。
今日食べるおそばが2日前から仕込まれている、そう思うとこのおいしさとお店の方々に感謝感謝です。
「缶コーヒー」ですか(笑)、メニューをこんどもう一度ゆっくりと見てみます♪


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング