まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

南部八戸地方の”おいしい麦食”

青森県南部八戸地方は、稲作にあまり適さないヤマセの常襲地帯が多く、水田が少ない山間地域です。この地方では、「しかたなしの米飯」という例えがあるほど、米は滅多に食べない大切なものだったとか。その代わり、大豆や小麦、そばなどの粉を打ったものやこねたものが年中食卓を飾ってました。今回は、そんな南部八戸の穀食文化の中から、今でもおいしく食べ継がれている麦食を紹介します。

人類最初の作物と考えられる小麦は世界で最も生産量の多い穀物。世界の人口の約半数が主食にしているといい、日本のように米を主食としている国でもさまざまな形で小麦を利用しています。日本でも栽培の歴史は古く、弥生時代にはすでに栽培され、なんらかの形で食べられていたようです。
南部八戸地方の代表的な麦料理は「ひっつみ」、「はっと」、「かっけ(つつけ)」、「せんべい汁」、さらに「串もち」、「きんかもち」、「てんぽせんべい」などがあります。

主食ともいえるほどポピュラーな料理は「ひっつみ」でしょう。
d0007875_1201152.jpg
「ひっつみ」は、煮干しなどのだし汁に、ねった小麦粉を「ひきちぎったり、つまんだり」して入れることから名付けられたと言われています。
よくこねて半日ほど寝かせて種を薄くのばしてひきちぎぎり、煮立った出汁の中に一枚ずつ広げながら入れていきます。火が通ったら大きなどんぶりに取り分けていただくのですが、フウフウ吹きながら食べるのは最高!具材や出汁には地域や家庭ごとに特徴があり、山の方では川魚や獣肉、海の方では海魚を使っています。

「はっと」は麦粉をこねてのばし、細く切ったものをゆで上げて「すまし」をかけて食べたと言います。「かっけ(つつけ)は、「はっと」と同じ要領で麦粉をこね、三角に切りそろえたものを煮立てただし汁に放ち、浮き上がってきたものを取り出して、ネギ味噌やニンニク味噌をつけて食べます。

それから、もうひとつの”おすすめ”は「せんべいかやき(せんべい汁)」です。
d0007875_12169.jpg
「せんべいかやき(せんべい汁)」とは、鶏肉や魚、野菜などで出汁をとった汁の中に、南部せんべいを割り入れる郷土料理です。鍋料理として食べる場合は「せんべいかやき」や「せんべい鍋」、汁ものとして食べる場合は「せんべい汁」と区別したりします。使用するせんべいは「おつゆせんべい」や「かやきせんべい」。これは、煮込んでもとけにくい汁専用のせんべいで、出汁をたっぷり吸ってやわらかくなっても決してとけず、独特の食感を最後まで楽しむことが出来ます。これがまたうまい!

米のない食生活。
一見貧しそうに思えますが、実は南部八戸地方には、多様な雑穀に恵まれた豊かな食文化が定着しているんですよ。南部地方へお出かけの際はぜひお試しください。
by 義人
by marugoto_aomori | 2006-12-27 12:38 | おいしい食材 | Comments(6)
Commented by kashiwa at 2006-12-28 00:25 x
ひっつみ美味しそう!!明日作ろうっと!!(^^♪
義人さんに前からお聞きしたいと思っていたのですが、〔やせうま〕ってご存知?
母が生きていた頃八戸に帰るたびに作ってくれたものです。
麦粉を薄く延ばし、三角に切って甘い黄な粉をたっぷりかけたものです。
青森地方の食べ物か、八戸だけのものか、はたまた我が家だけの食べ物だったのか。美味しかったんですよ~、これが。
Commented by マットンキッシュ at 2006-12-28 00:43 x
ヤマセによる農業生産の制約、南部の生活文化の紹介、素晴らしい視点です。まるごと青森事業部として郷土愛を発揮されました^^
さて、皆さんお気づきのとおりヤマセのような自然現象には県境はありません。文化も同じ。八戸地方の小麦文化は岩手にも共通のものがありますし、岩手特有の大豆文化にも通じます。今度は是非ぜひそこいら辺もサラリと紹介してくださる事を希望します。
青森、岩手、秋田の相似と相違が一般的には伝わっていないのです。全国的にみるならばそんな視点の情報が皆ほしいのではないかと思います。青森のふところの深さをアッピールする絶好のチャンスかも知れませんヨ。巡って青森の地位向上にもつながると確信いたします。
Commented by marugoto_aomori at 2006-12-28 09:57
>kashiwaさん。
「やせうま」に聞き覚えがなかったのでちょっと調べてみました。「やせうま」は、どうやら豊後・大分地方の郷土料理のようですよ。
『日本の食生活全集-大分の食事(農文協)』によると、「小麦粉をこね、だんごをちぎってねかせ、長さ一尺たらず、幅四分ほどに薄く平たくのばし、たっぷりの熱湯でゆがいてきな粉をまぶす(要約)」のだと。
いろいろな作り方はあるでしょうが、「やせうま」の形は長方形が基本のようです。それを三角形にしているところに地元らしさがありますね!まるで「かっけ」のようです。
私はきな粉好きですから、年末八戸に帰ったら、「かっけ」を手に入れて、「八戸風やせうま(!)」つくってみようと思います(笑)。
Commented by marugoto_aomori at 2006-12-28 10:49
>マットンキッシュさん。
ありがとうございます。
そうですよね。自然や文化、風習などには、行政区域のようにきっちり引かれた境界線などないんですよね。南部地方の文化や言葉、食べ物を探ると特に強く実感します。

こちらから九州地方を見ると、その違いがあまりわからないように、反対に東北の違いも伝わっていないのですね。うーむ・・・。
地元にいるとその違いが見えて面白いですよねぇ。場合によってはウリふたつだったり、でも微妙にアレンジされていたり・・・(笑)。そんな面白さまで伝えていきたいと思います。東北、そして青森への興味がググーンとアップするような!
Commented by kashiwa at 2006-12-28 13:12 x
義人さん、有難う御座いました。
〔やせうま〕はもともと大分の食べ物だったんですか。では大分のものがなにかの事情で八戸に根付いた、ということでしょうね。そういう例が沢山ありますね。〔あるいは私が知らなかっただけで、全国的な食べ物?〕
ご面倒をおかけいたしました~。(*^_^*)
Commented by marugoto_aomori at 2006-12-28 13:47
>kashiwaさん。
「どうして大分のモノがここに・・・」考えるだけで楽しいですよね(笑)。
八戸には、麦の「かっけ」があって、きな粉もあるのですから、自然発生的にできあがっても何の不思議はありませんが、それが八戸独自の呼び名ではなく大分と同じ名で呼ばれているなんて・・・。やはり、何らかの事情で大分から伝わったのでしょうね。
テレビもネットもなかった昔、文化が伝わり交わるには、いったいどれだけのエネルギーと時間が費やされたのでしょうか?人間ってすごいですねー。
来年もどうぞよろしくお願いします。よいお年を!


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング