まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

45年のロングセラー駅弁 「八戸小唄寿司」

いよいよゴールデンウィーク突入!
旅に出るとついつい欲しくなるのがお弁当ですが、
八戸市には45年間も変わらず愛されている駅弁があるんですよ。
脂がのった分厚い鯖と大きな紅鮭の押し寿司。
吉田屋(八戸市)の「八戸小唄寿司」です。
d0007875_19524426.jpg
このお弁当が誕生したのは昭和36年のこと。
仲間が集まって「八戸らしいお土産をつくろう!」と知恵を出し合い、八戸に大量に水揚げされる鯖と奥入瀬川のニジマスで寿司を作ったのがきっかけです。この時は結局失敗に終わりますが、この寿司づくりを引き継いだ吉田屋がニジマスの替わりに紅鮭を使用し、現在の小唄寿司が誕生したのです。 

今や全国区の人気となった「八戸小唄寿司」ですが、発売当初は地元で全く売れなかったと言います。5本つくれば5本売れ残り、3本に減らせば3本売れ残る日々が続いたのだとか。「何度も止めようと思った」と二代目女将ヨネさんが明かしてくれました。

そんな小唄寿司に転機が訪れたのは昭和38年。横浜高島屋の「全国駅弁大会」で実演販売したところ、行列ができる大人気となり、その数年後には全国駅弁コンクールで第1位に輝いたのです。d0007875_201312.jpg
何度食べても飽きがこないこの味は、明治・大正・昭和・平成の4時代を生き抜いた初代女将故・トシさんの味付けです。塩と酢の調合や魚の締め方など、今でもトシさんが考案した昔のままを貫いているのだそうです。だから化学調味料も使用していません。(添付される袋醤油と袋生姜を除く)。

食材選びにもこだわりがあります。唯一の具材である鯖と紅鮭は、脂がのりすぎていてもダメ、身がやわらかすぎてもダメなのだそうで、必ず女将自らが出向いて納得した物だけを仕入れてくるといいます。

そして包装にもこだわりがあります。パッケージでは笹の葉なのに実際はビニールが使われているため、”コスト削減”と勘違いされることが多いようですが、実はコレ、寿司を密閉して風味を落とさないためのこだわりなんです。だから、弁当のサイズに不釣り合いなほど大きなビニールが用いられていたんです。見た目をとるか味をとるかと悩んだ末、発売当初からビニールで通しているのだそうです。

小唄寿司は三味線のばちをかたどったへらで好きな大きさに切って食べます。少し強めの酢加減、分厚い鯖と紅鮭の食べ応え、あっさりした酢飯の後味。45年間変わらず愛されている理由がここにあります。ホント、何回食べても飽きることがありません!うまいです。d0007875_2051280.jpg
(↑このくらい好きです・笑)

このお弁当は1個1100円。八戸駅や東北新幹線はやての車内などでお求めできます。旅の途中でぜひどうぞ!by 義人
by marugoto_aomori | 2007-04-27 19:57 | あるあるこんなもの | Comments(11)
Commented by 落武者 at 2007-04-27 20:41 x
一度だけ食べた事がありますが非常に高級な駅弁といった感じを受けました。富山のマス寿司に負けない位の気品の高さと味を持ってますよね!
八戸駅は隠れた駅弁の宝庫ですね。
Commented by kashiwa at 2007-04-27 23:20 x
こんばんは^^
小唄寿司が全国駅弁コンクールで1位になったときは鼻が高かったですねぇ。東京にいましたが、友達に八戸は美味い物の宝庫だと自慢しました!昔はよく実家へ帰っていましたので小唄寿司を夫へお土産に買ってかえりました。
Commented by 青玉 at 2007-04-29 00:20 x
知ってはいるけれど一度も食べたことがないんですよね~実は。
シメた鮨系(なんていうんでしょう?鮭などが小さな樽にぎっちりと入ってる)がよくご飯のおかずに出てたので、正直飽きてしまって食指が動かなかった(笑)
でも最近は柿の葉寿司などが好きなので、今度は食べてみようと思います。三箱もイケちゃうほど美味しいらしいので(笑)
Commented by marugoto_aomori at 2007-05-01 10:19
>落武者さん。
富山のマス寿司は食べたことがないのですが、由緒ある寿司にも負けないという落武者さんのコメントは、とてもうれしいです。
吉田屋さんに最近のヒット弁当をうかがったところ、ウニごはんにカニやらイクラやらをふんだんに載せた「大漁市場」(1300円)とのことでした。次のターゲットはこちらです!(笑)
Commented by marugoto_aomori at 2007-05-01 10:34
>kashiwaさん。
八戸の美味しい物はもっともっと有名になるべきだと常々思っています。
その点では、最近「八戸せんべ汁」のPRが盛んになって、都内でも食べられるお店が増えてきたのは嬉しいです。
いちご煮とか、ひっつみとか、くじら汁とか、かっけとか・・・、もっともっとみなさんに知ってもらいたいです。
あ、この中にもまだブログで紹介していないものがありました。反省です(笑)。
Commented by marugoto_aomori at 2007-05-01 11:08
>青玉さん。
「なれずし」のことですね。あの食べ物は、大人にならないと美味しさがわからないですもんね。
私が初めて「小唄寿司」を食べたのは社会人になってからです(今から何年前?)。高校生の頃にも、八戸駅で見たり聞いたりして名前だけは知っていましたが、「肉」が入っていないので食べる気にはなりませんでした(笑)。その頃食べてたら、これほど好きにはなっていなかったかもしれません。あ、3個食べるためにはかなり渋いお茶が必要ですよ!(笑)
Commented by もんち at 2007-05-01 11:30 x
今はかなり味が落ちていると思いますよ。
まあ、駅弁なんて味わって食べるほどのものでもないのでしょうが・・・
Commented by jazz_3773 at 2007-05-05 22:19
こんばんは。
この駅弁大好きです。美味しいですし、綺麗ですね。
東京に出張するときは、最近これにはまってます(^^;)v
Commented by marugoto_aomori at 2007-05-07 19:07
>もんちさん。
ごめんなさい。レスが大変遅くなってしまいました。
45年も続いているのですから、これからもずっとずっと支持されるお弁当であり続けてほしいと思います。
ところで、吉田屋で最近人気の駅弁は、ウニご飯に、ウニ、ズワイガニ、タラバガニ、イカ、イクラ等がたっぷりのった「大漁市場」なのだそうです。私的には、シンプルなイワシの蒲焼き弁当が大ヒットなのですが・・・。
Commented by marugoto_aomori at 2007-05-07 19:16
>jazz_3773 さん。
私も大好きです。
味も色合いもいいですが、独特なあの強い香りも何となく食欲がそそられる気がします。小唄寿司の香りは、同じ車両内にそれを食べている人がいればすぐにわかるほどですもんね(笑)。
でも、やはり好き嫌いがあるのでしょう。小唄寿司のふたを開けたら、通路を挟んだとなりの席の人が、ず~っと向こうの席に移動しちゃいました。それとも、三個も持ってたので変な人だと思われたのでしょうか?(笑)
Commented by 八戸えんぶり小唄寿司 at 2010-02-15 20:23 x
発売当初からビニールで通して・・・とありますが、間違いで。
昔は笹の葉で包んであった小唄寿司でした、そちらの方が美味かった。
良く考えると分かるが、容易にビニール何て無い時代から作られているんだから。

今は、かなり味が落ちて生臭くてダメ。
富山のます寿司のほうが生臭く無くておいしいと思うが一種類の味なので飽きる。
2種の味を楽しめる小唄寿司よ、八戸の味と行っても過言ではない、もっと味を大切に。


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング