まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

こだわり抜く作り手の信念 「東北牧場」

駿馬が駈ける牧場に「確かなモノ」を作る人たちがいました。

以前からこのブログでご紹介しようと思っていた「東北牧場」
スゴイところなんです。
d0007875_1449189.jpg

大正6年(1917年)に設立された東北町にあるこちらは、サラブレッドの生産・育成・調教を行っている馬の牧場で、総面積90ha。
サラブレッドのトラックやパドックの他、45haの広大な牧草地と3haのデントコーン飼料畑、3haの野菜畑、馬場・畜舎等があり、ゆったりとした空気を感じさせるものの、実に機能的に区割りされているところです。
d0007875_14455797.jpg

総括責任者の九十九ひろ子さんは、以前から取り組もうと考えていた無農薬、無化学肥料の野菜栽培を、牧場を囲うように取り巻く森林帯によって隣接農地から隔絶されたここ東北牧場で始めます。
馬糞と敷き藁から生産される自家製堆肥を利用した有機野菜。自然の力と深い愛情を注いて育んだ100種類にも及ぶ野菜は、有機JASを取得し、認証が与えられ「確かなモノ」を求める方々にインターネットで販売され、牧場から直接消費者へ直送されています。
d0007875_14462834.jpg

05年にはこうした地道な取り組みの積み重ねが認められ「畜産大賞地域振興部門特別賞」を受賞するなどますますその評価は高まっています。(事例紹介PDFはコチラ

東北牧場が徹底的にこだわっているのは、野菜だけではありません。
最も特色のあるのは、「鶏卵」です。
d0007875_14464998.jpg

天井の高い採光が取り入れられたさわやかな鶏舎は完全無臭。
採卵鶏のためにたっぷりもみ殻が敷かれ、ふわふわの床を鶏たちが元気よく駆け回っています。
この平飼い鶏舎とパドックと呼ばれる屋外の運動場を備えた7900 ㎡の敷地にいる採卵鶏はたったの400羽。
1羽あたり8坪のたっぷりなスペースで暮らしています。
さらに、自然のままの生活環境で卵を生んで欲しい、と有精卵を生産するために雌鶏10羽に対して雄鶏を1羽混入した雌雄同居をさせています。
d0007875_14541032.jpg

さらに、これらの採卵鶏に与えられる飼料は、国内最強の「全量国産有機飼料」。

中心となるのは、牧場内の畑で生産する有機栽培のデントコーンです。
3haもの広大な畑で作られた無農薬・無化学肥料のデントコーンは、秋から冬にかけて、一本一本を人の手でもぎ取り、柵に吊され、自然乾燥され、にわとりのエサになります。
また、カルシウム分は、陸奥湾のホタテの殻粉末を使用。
この他、近隣農家に生産委託している有機栽培麦。
国内最大規模の菜の花の町横浜町の菜種油の絞りかす。
八戸港で漁獲され生産される魚かす、
といった全てが自社・近隣等の純国産飼料という安全で信頼性の高いえさを与えています。
d0007875_1448144.jpg

日本で飼われているほとんどの鶏が外国産飼料に依存している実態とは明らかに一線を画す、国内随一の完全国産有機飼料たまごです。

さらに鶏の生態系に限りなく近づけた飼養管理を行っており、高いところで寝るという習性を満たした止まり木を設置したり、つつくという習性を満たす野菜の常時給与といった、鶏の生理生態に適った飼い方に努めています。この生鮮野菜までもが有機野菜です。
この400羽の鶏には、専任の職員1人を当ており、一般の養鶏場では考えられないほど人手をかけています。鶏の状況を常に観察し鶏の欲求を満たす適切な飼養管理が行われているもまた特徴です。

こうして生産された鶏卵は、市販卵に比べ、卵黄色がうすいのが特徴です。
d0007875_152355.jpg
卵黄色がうすいのはトウモロコシに由来する本来の自然の卵黄色であり、着色剤などを使ってない証拠です。
卵臭さがなく、白味が盛り上がり、濃厚なコクと甘みを感じさせます。黄身にコクがあるのはもちろん、卵白までおいしい。
こうして生まれた卵は、取ったその日に牧場から消費者に直接発送されます。
可能な限り新鮮なものを、中間業者を介さず直に家庭に届けるという姿勢も自らの生産物に対するこだわりです。
d0007875_14483336.jpg
この卵は、東北牧場で「身土不二(しんどふじ)」と名づけて販売しています。
「身土不二」とは、身体と土とは一つであるという考え方で、人間が足で歩ける身近なところで育ったものを食べ、生活するのがよいとするものです。ここでは人間と自然との共生をねらいとした資源循環型農業が展開されています。

ここまで徹底的にこだわり、手間を惜しまず、深い愛情がたっぷりと注がれたあすなろ卵は、1個にすると315円。
たくさんは食べない、けれども食事には
「確かなものをいただきたい」という方がこの鶏卵を求めています。
このこだわりをどうやってこのブログに書こうかと悩んでいましたが、やっぱりこんなに長くなってしまいました。

最後までおつきあいくださいましてありがとうございました。 byなおき
by marugoto_aomori | 2007-05-15 15:13 | おいしい食材 | Comments(12)
Commented by うぇぶますたー at 2007-05-15 18:31 x
東北牧場うぇぶますたーです。
某氏ともども(?)お世話になっております(^^;)

ご紹介いただき、誠にありがとうございました。
これからも安全で美味しい卵と野菜を生産して参りますので、よろしくお願いいたします!
Commented by hitomi at 2007-05-16 08:49 x
食料自給率の数字を引き下げているのは、家畜用の飼料の輸入が多いためだ、と聞いたことがあります。ニワトリの飼料も全て県産品でまかなえる豊かさに憧れてしまいます。
それにしても、1個315円とは、なかなかに高いですね(^_^;)
でもこれが適正価格なのかなー。こういう価格で食品を購入していれば、メタボリックシンドロームも起こりえないんじゃないかしら?なんて、思っちゃうんだけど。
Commented by marugoto_aomori at 2007-05-16 09:47
>うぇぶますたーさま。

おはようございます。
CSSniteも盛況だったようでよかったですね。

1年以上も前にお話を伺いにいってから、ようやくブログの方でも
ご紹介させていただきました。
取り組みの内容の深さで、ブログだと数回に分けないとダメだな、
なんて思って、なかなかご紹介できずにいました。

今回、伺った内容のほんの一部ですが、要約してご紹介させて
いただきました。
ポリシーの部分だったりも十分説明しきれていなくて、申し訳なく
思っていますが、それでもこんなに長くなってしまいました。

またお立ち寄りくださいね。
Commented by marugoto_aomori at 2007-05-16 10:54
>hitomiさま。

おはようございます。
そうですね、安全安心な食料を地産地消している鶏たちの食べ物は
近隣のもの、という牧場なので、とてもスゴイことだと思っています。

卵はワタシもご馳走級のお値段なので、なかなか手がでないでいま
すが、国内では国内随一のこの卵を欲しがっている方々がたくさん
いらっしゃるようですよ。
身体にも良さそうですしね♪
Commented by yukimi at 2007-05-16 14:26 x
東北牧場~待ってました~~!!

かれこれ7~8年ぐらい前、しばらく通信販売で購入していました。
途中、野菜セットのお値段が若干上がり(内容が充実して大箱になった)、しばらく取ってませんが、青森にこんなこだわりの野菜作ってる方がいるんだ~と感心しています。

ちなみに主人の会社のゴルフコンペでは、優勝者にここの目録差し上げてるようでした。(深い関係はわかりません。ちなみに東京の会社ですが・・)

卵、本当に黄身がもり上がってて・・・かなり贅沢品です!!
Commented by reev21 at 2007-05-16 18:30 x
こんにちは☆

オヤジがブログを初めて頃に、この卵を買ったことがあります。
相当に高い卵ですが、美味しかったことを覚えています。 有機栽培の野菜など、安全な食材の生産に熱心な牧場ですね。
競走馬の生産は、以前に比べて少なくなってきているようですが。
Commented by marugoto_aomori at 2007-05-17 18:41
>yukimiさま。

こんばんは。
レス遅くなりました。

「お待たせしました~!」(笑)
おっしゃるとおり、ここまでこだわって作る方々にワタシも
感心してしまいました。

ワタシ流ですが、こちらの卵は、3分~4分程度の軽いゆで卵
を作り、黄身にお箸を入れながら、おいしいお醤油をたら~りと
垂らして、ご飯の上に。
おいしい卵かけご飯でいただきました。
贅沢品ですが、また食べてみたいなぁ。
Commented by marugoto_aomori at 2007-05-17 18:45
>reev21さま。

こんばんは。
レス遅くなりました。

そうでしたか、ブログを始める頃から。
そんなに前からご承知だったんですね。
熱心に取り組んでいる情熱の伝わる牧場でしたよ。

そんなところなので、文章を削ろうと思ってもなかなか
できず、ついつい長いものになってしまいました。

読んでいただきありがとうございました。
Commented at 2007-05-29 19:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by marugoto_aomori at 2007-05-30 08:00
>鍵コメさま。

なかなかこの世界を実際にやろうと思うと、気に入ったものを探すの
に努力が必要ですよね。
これからもいろいろな青森の情報を発信していきます。
またお立ち寄りくださいね。
Commented by grace-garden at 2007-06-22 22:18
今朝、いつも車の中で聞くFM J-WAVE BOOMTOWN という番組のお取り寄せグルメで、東北牧場の身土不二の青玉(あすなろ卵)が紹介されました! 

30年前に青森を離れた叔母は、「青森は貧しい県」 というのが口癖ですが、一生懸命、まるごと青森のブログを思い出し、叔母に「そんなことない!!」っと、力説しております(^_^)v
この間は十和田の豚のことを聞かれたので、こちらを拝見し、教えました! よかったよかった。。。

Commented by marugoto_aomori at 2007-06-23 09:36
>grace-gardenさま。

おはようございます。

そうでしたか!お取り寄せの番組で登場していましたか!
認知が深まってきたようで、ワタシもうれしいです。

・・・ですよね。
「貧しさ」もなんか多様化しているんでしょうね。
一昔前の価値観であれば、まだまだ「豊かではない」です。
ですが、金銭的な豊かさでない豊かさを「豊かさの指標」に
される方々が増えてきたってことなんでしょうかね?

お褒めくださってとてもうれしいです。
ますます頑張っちゃいそうです。

またお立ち寄りください♪


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング