まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

やさしい。懐かしい。青森の「あめ玉」

今の生活の中で「飴」と聞けば、ついつい「のど飴」を思い浮かべがちですが、
青森には、今もなお昔ながらの方法で手作りされている、
素朴で懐かしい「あめ玉」があるんですよ。
道の駅「しちのへ」にズラリと並んでいるので記憶にある方も多いと思います。
七戸町の澤山製菓さんがつくる「すごろく飴」です。
d0007875_21251861.jpg
昭和7年生まれのご主人が、当時青森市の古川にあった製菓店で修行を積み、この七戸町に飴屋を開業したのが23歳のとき。それ以来、少しずつ種類を増やしながら、「すごろく飴」を作り続けてきました。

飴づくりは、水飴に砂糖を調合し、煮詰めるところから始まります。
飴の種類によって、上白、三温糖、ザラメ、黒砂糖などを使い分けるのですが、そのレシピは全てご主人の頭の中。苦労して築き上げた秘密のレシピで、もちろん化学調味料は使用していません。
d0007875_21264695.jpg
ご主人によると「飴づくりで一番難しいのは煮詰め具合」。
煮詰める温度、時間で味は微妙に変わってしまうのだそうで、
煮詰めすぎれば苦くなり、逆に足りなければ食感が悪くなって味にも影響するのだとか。
一瞬のタイミングで引き上げられた飴は、
”冷やし”と呼ぶ大きなトレイで冷やされ、
形が整えられ、
切断されて一口大の飴となります。
d0007875_2127669.jpg
目の前で繰り広げられた飴づくりの光景は、
私の想像を超えた「熱と時間との戦い」。
一秒ごとに変化する温度の先回りをするように、
息つく間もなく次から次へと作業が行われ、
グツグツと煮えたぎっていた飴が見る見るうちに飴玉となっていくのです。
d0007875_21291346.jpg
澤山製菓がつくる自慢の飴は約30種類。
人気の飴は、醤油を加えた甘しょっぱい「茶大玉」、
創業当時から変わらない黒砂糖の入った「黒玉」、
黒砂糖を二色にして押しつぶした「つぶし」など。
最近では、特別に取り寄せた津軽産りんご果汁を加えた「果汁りんご飴」、
陸奥湾産ホタテの粉末を加えた「ホタテあめ」なども人気を集めているとか。

道の駅「しちのへ」のほか、
「スーパーカケモ七戸店」や「津軽藩ねぷた村(弘前市)」、アンテナショップ「あおもり北彩館(東京飯田橋)」などで買うことができます。

小さい頃に食べたあめ玉の記憶は、
”あたたかい甘味”と口の中で転がせないほどの”大きさ”。
昔ながらの「さいころあめ」を頬張ると、
あめ玉で頬を膨らませていた懐かしい光景が浮かんでくるようです。
by義人
by marugoto_aomori | 2007-06-08 21:24 | あるあるこんなもの | Comments(14)
Commented by grace-garden at 2007-06-08 22:25
思い出すこともなかった30年以上も前の記憶が、写真を見たとたん一気に甦りました、雨の味とともに!!!!
祖母が甘いものが好きで、よく買い置きしていました。
ありありとこの飴の甘さ、コク、感触、香り、舌の上で転がす感触も、
不思議なほどリアルに甦りました~~~!!

脳のメカニズムは驚異ですね。
祖母の仏壇に届けてあげたい。。。

ところで、紅ショウガを刻んで、甘い味付けをしたおいなりさんは、津軽地方だけのものなんでしょうか?
青森市ではどうなのでしょうか?

母の味、いつも懐かしく思うのです。
Commented by marugoto_aomori at 2007-06-09 22:51
>grace-gardenさん。
私の家でもそうでした。祖母があめ玉をよく買い置きしていて、コタツの上によく置いてました。このあめ玉だけは食べ放題だったような気が・・・(笑)。今年のお盆には仏前にこのあめ玉を供えようと思いました。
あの頃は、それほどおいしい飴だと思いませんでしたが、今食べると、懐かしさが加わっているためか、とっても素晴らしい味ですよ~。

おいなりさん!
私は南部地方の出身なのですが、母が作るおいなりさんは、刻んだ紅ショウガが入った甘いおいなりさんでしたよ。紅ショウガは入らないと主張する南部人もいますが・・・(笑)。
津軽は赤飯もけっこう甘いですから、おいなりさんの甘みも南部地方以上なのかもしれませんね。青森市出身のYOSHIHITOに聞いてお知らせしますね!

とにかく、おいなりさんもおにぎりも、”母の味が一番”だと思います。
Commented by grace-garden at 2007-06-10 12:43
お稲荷さんに紅ショウガが入るのはどのエリアなのでしょう??とずっと疑問でした。
関東ではお稲荷さんに甘しょっぱい、お醤油の味がしみ込ませてあり、
具無し、もしくは五目を刻んだ具入り、たまに、柚子を刻んで少量混ぜてあります。
この頃は黒砂糖でお稲荷を煮付けた黒いなり、というのも売られています。

お赤飯も、こちらはごま塩で食べますから、未だに私は食べられないのですよ(^^;)
北海道では甘納豆を入れるそうですね。
お砂糖かけて食べたりしています^^;^^;

でもピンク色のお稲荷さん、東京の老舗デパートで売り出したら、
桃の日の節句はじめ、女性に受けそうです。
じわじわと売れるのではないかと思うのです。
だって、こちらではない発想ですから!
Commented by 藤九郎 at 2007-06-10 20:40 x
懐かしい!!
今でも売ってるのを見かけるけど口にすることはほとんどなくなってしまいました。
亡き祖母と一緒に食べてた頃が懐かしいです。
Commented by kashiwa at 2007-06-11 12:48 x
こんにちは
懐かしい形の飴玉健在だったのですね。物の無い時代この飴玉は子供にとってなんと魅力的な食べ物だったでしょう。私の時代は食べ放題などではなく、貴重品のように紙に包まれた数個を子供の手に渡されてそれがその日のおやつでした。大事に食べたのを思い出します。

紅生姜入りのお稲荷さんは私の母は作りませんでしたが、学校のクラスメートのおべんとうなどみるとけっこうありましたね。交換して食べましたけど美味しかったので母が作らなくても私が作ります^^
お赤飯は煮豆で甘く味付けしてあるのが我が家の味で関東の味のない赤飯に慣れるのに時間を要しました。
Commented by marugoto_aomori at 2007-06-11 14:22
>grace-gardenさん。
最初のコメントに私の誤解がありました。grace-gardenがおっしゃっているのは、刻んだ紅ショウガが混ぜ込まれているいなり寿司のことなんですね。私は、少し乗ってる程度にイメージしたため、「南部にもある」というコメントになってしまいました。大変失礼いたしました。
正しく(?)は、「紅ショウガは入っていません。そして、そんなに甘くありません(笑)。

職場で聞き込みを行った結果、弘前、五所川原、深浦、小泊、青森は紅ショウガが入っていました。
ところが、野辺地になると入っていません。甘くありません。そして、餅米もあまりいれないのでしょう。モチモチ感も津軽ほどありません。

さらに秋田(秋田市)出身の方にも聞いたのですが、残念ながら(?)紅ショウガは入っていませんでした。
念のため、岩手の方にも確認しましたが、やはり入っていませんでした。
どうやら津軽藩エリアだけの文化のようです。

他にはない特色です。しかもオイシイです。おっしゃるとおり、関東で評判になるかもしれませんね!「津軽いなり」とか名付けたりして!!
Commented by marugoto_aomori at 2007-06-11 14:35
>藤九郎さん。
そうなんですよね。たまーに見かけても、あめ玉そのものを食べなくなったため、あまり買おうと思わないんですよね。コンビニで「のど飴」を買ったりするくらいで・・・。
でも、久しぶりに食べたらはまりました!たっぷり甘いのに、3個も続けて食べてしまいました。実は、今も口の中に入っていたりして・・・(笑)。

この昔ながらのあめ玉を食べると、私も、祖母のことを思い出します。
Commented by marugoto_aomori at 2007-06-11 14:51
>kashiwaさん。
おかえりなさい!今回の帰省では、青森県に土着している私も行ったことがないような場所へ行かれたようですね!羨ましく思いながらブログを拝見しています(笑)。

南部と津軽の違いをいろいろな場面で知る度に、青森って面白いな~と思います。そして、他県との違いを知るほどに青森っていいな~と思ったり(笑)。
八戸でも紅ショウガを入れていなり寿司をつくる家庭が結構あったんでしょうか。経済や文化が行き交う土地柄ですから、津軽の食文化も浸透していたのでしょうか。残念ながら私が生まれ育った場所までは届かなかったようです(笑)。

それにしても味覚の変化って面白いですね。小さい頃苦手だったものが、大人になるにつれて好物になったりするんですから。今なら私も紅ショウガがたっぷり入った方のいなり寿司を選びます!(笑)
Commented by grace-garden at 2007-06-11 21:29
わざわざ調査をして下さいまして本当にありがとうございました<(_ _)>
津軽の食文化だったのですね。
スッキリしました!
澤山製菓さんの黒砂糖飴ですっかりタイムスリップしてしまいました^^;

津軽のピンクおいなり寿司は、餅米たっぷり~でテカテカしていましたよ☆☆☆
ねぶた絵の赤い缶に入った水飴や黒砂糖麩菓子(これはこちらでも手に入ります)や懐かしい味がたくさんありますね。

木造町(現つがる市)のベンセ湿原はニッコウキスゲ満開とか。
あの蕾、中華料理の食材なんですよ!
名は、金針菜と言います。
干したのを戻して食べるのですが、美味しいです!!
つがる市の新たな名産品にいかがでしょう??(^^)
*これはU-ターンして起業するしかない??(^^)/
Commented by marugoto_aomori at 2007-06-12 08:57
>grace-gardenさん。
職場内のあちこちの部署に知人を訪ね、
出身地といなり寿司の紅ショウガについて聞いたのですが、
それを聞いていた周りの人たちの反応がすごかったです。
「当然入れるべな!」という津軽衆から「入らない!」という南部衆。
「食べた記憶がない」という若い人から「なして入れねんずよ!」という年配の方まで。大いに盛り上がっていました(笑)。
みんな食べ物には思い出や思い入れがあるんですねぇ~。
今度は、津軽飴をせんべいで挟むか挟まないか聞いてみようかな(笑)。

ベンセ湿原のニッコウキスゲ。
ちょうど見頃を迎えていると今朝の東奥日報一面でも報じられています。
でもその蕾が食べられるとは・・・。知りませんでした。
grace-gardenさんの起業を期待します(笑)。
Commented by ちびねこ at 2008-09-08 20:18 x
懐かしい飴ですね。小さい頃、おばあちゃんにもらった飴が嬉しかった。とってもだいじにだいじに食べました。こんなに心をこめた飴をお月様を眺めながらゆうくりとなめてみたいですね。心のなかまでやさしい味にまいりそう。日本ていいですね。大切にしたいです。子供にもどりたい。
Commented by SUE at 2008-09-09 07:28 x
昨日、テレビでみました。
食べてみたいと検索してみました。
おいしそう。
Commented by marugoto_aomori at 2008-09-09 21:10
>ちびねこさま。

こんばんは。
手作りの飴は作り手がおいしいものを作ろうと賢明にこしらえている姿が後にあります。
とっても大切にしたい、という気持ちワタシもよおくわかります。
嬉しいコメントありがとうございました。
Commented by marugoto_aomori at 2008-09-09 21:13
>SUEさま。

こんばんは。
食べてもとっても懐かしい味がします。
黒砂糖のもお醤油のも、どれも口の中で溶けていくごとにおいしさを感じましたよ。
チャンスがありましたらぜひどうぞ。


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング