まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

オステリア デル ボルゴ

食材王国あおもりの八戸イタリアン

この「まるごと青森ブログ」では、これまで青森県の観光だけではなく、数々の農林水産物などの特選素材もご紹介してきました。

その中でもちょうど去年の今頃、大畑町の海峡サーモンを調べていた義人が、生産者の方にいろいろとお話を伺っていると、「コチラでなら食べられますよ」とご紹介いただいたのが、ここイタリアンレストラン ボルゴでした。

以前から「いつかは伺おう」と思いながら、なかなか伺えずにいたコチラ。
でもシェフのブログは欠かさずチェックしながら、時折コメントを書いたり、とチャンスを伺っていましたが、ようやく先日、念願のシェフのお料理をいただき、お話しすることができました。
d0007875_15443422.jpg

滝沢シェフは野辺地町のご出身。
高校時代から食堂などでのアルバイトで料理づくりには携わってきていましたが、バイク好きが高じ、東京に出て、マウンテンバイクレースに没頭する日々だったそうです。
そしてこの世界で高いレベルにまで達していきますが、練習中に事故。
大けがをしてしまいます。

目標を失った大きな失意の中、どん底だったという時期。
そんな時、テレビに映っていたのが、料理を作っている楽しそうなイタリア人シェフの姿。
人生をおおらかに楽しむその姿。
徐々に惹かれていきます。

もともと好きだった料理の世界。
その世界に身を投じようと決意。
そのためのさまざまな準備をし、満を持して2000年6月渡伊。
一番最後までいたピエモンテ州も含め、約4年。
師匠と仰ぐイタリア人シェフとの出会いもあり、濃密な修行を経て、帰国します。

そして、東北新幹線が延伸し、賑わいの増すここJR八戸駅の西口に、縁あって土地建物を貸してくださる方があり、2004年9月、念願のオーナーシェフ店 オステリア デル ボルゴを開きます。

滝沢シェフが求めたものは、食材。
イタリアにあるものではなく、この土地のホンモノの食材です。
大畑町の海峡サーモンに出会い、
六戸町の大西ハーブ園に出会い、
新郷村の飲むヨーグルト、その素材の牛乳に出会い、
そしておいらせ町の銀の鴨に出会っていきます。

地元の食材が地元の人によりイタリアンという技が組み合わされて「料理」となる。
前に前にと進む彼の周りには素敵な仲間達が集まってきました。

義人とワタシはランチタイムに。
この日は私達のために、それぞれ違うメニューを準備してくださいました。
まずは、
義人には「海峡サーモンのマリネ ヨーグルトソース」
d0007875_15452013.jpg
滝沢シェフのハンドルネームhideさんと出会ったきっかけの食材。
もちろんソースのヨーグルトはあの新郷村のプレーンのヨーグルトです。
しっかりした食感がありながら、トロリとした海峡サーモンの特徴を引き出した逸品。
そのままでガブリ。パンに載せてまたガブリ。

ワタシには「銀の鴨スペシャル」!!
d0007875_15454998.jpg
手前から時計回りで、「胸肉の生ハム」「もも肉の生ハム」
「心臓のスモーク」「うで肉とネックのテリーヌ」「もも肉と心臓とレバーのモルタデッラ」。
真ん中には、お口をリセットしてくれるオリジナルのピクルスたち。

秀逸のフランス鴨の生ハムは噛むほどに滋味溢れ、心臓スモークはまさに産地が生んだ奇跡のよう。テリーヌはシェフの腕と相まって極上の味に。モルタデッラに至っては、これと赤ワインを持ってどこかに逃げたくなってしまいたいほどの野趣あふれる至極の一品。
ランチであることが悔やまれて・・。

パスタ。
銀の鴨の当たらなかった義人には、「タリアテッレ 銀の鴨のラグー」。
d0007875_15462358.jpg

そして銀の鴨がスペシャルだったワタシには、「トレネッテ ペストジェノベーゼ」。
d0007875_15464443.jpg

どちらもチーズとの絡みがまた、堪りません。

そしてドルチェは、
「新郷村の飲むヨーグルトプレミアムジェラート いちごソース添え」。
d0007875_1547423.jpg
これにはビックリしました。
あの新郷村の飲むヨーグルトプレミアムのトロリ感とコクと自然の甘さがそのままドルチェに。
滝沢シェフもこの特有の持ち味を生かすのに試行錯誤したのだとか。
最高のランチになりました。

9月で満3年となり、ようやく落ち着いてきた滝沢シェフ。
これから本格的にいろいろなことにチャレンジしそうです。
ますます目が離せません(笑)
駅西口徒歩5~6分。 また行きたいなと思わせる素敵なひとときでした。 byなおき

<データ>
オステリア・デル・ボルゴ
八戸市大字尻内町字直田5-7
0178-27-2210
前日まで要予約
定休:毎週日曜
    第1・3月曜日 不定休あり
by marugoto_aomori | 2007-07-18 15:54 | 青森食べ歩き | Comments(16)
Commented at 2007-07-18 17:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by naGisA at 2007-07-19 08:05 x
美味しそうぅっ♪
どぉ~ですかぁ?? どれも美味しかったですかぁ???
八戸駅の近くなんですねぇ。
駐車場ってありましたかぁ???

美味しい情報ありがとさんですっ♪^^
知らなかったお店でしたぁっ!!!

八戸まで攻めてくるとは・・・・凄いですなぁ!!!
私の内緒のお店とかもぉ~そのうちなおきさんってかまるごとチームに公開されるのも近しかなぁ!!!(笑)
Commented by marugoto_aomori at 2007-07-19 08:53
>naGisAさま。

おはようございます。

もちろんウマイウマイ×2でした♪
こちらは八戸駅の西口から徒歩で5~6分。
正面に3台はおける駐車場がありますよ。

naGisAさんのナイショのお店にはウルトラ興味が
あります♪
きっと素敵なところなんでしょうね。
これからも少しずつご紹介していきますね。
またお立ち寄りくださ~い。
Commented by ゆき at 2008-08-07 11:41 x
ここはダメでした。
料理は素人の域を出ていませんし、サービスも不親切。
「地産地消」を金科玉条のごとく唱えておりますが、
海峡サーモン、ハーブ、ヨーグルト、銀の鴨・・・
どれをとっても果たして青森特有の食材でしょうか?
そもそもコストが高すぎて庶民のイタリア料理には程遠いものです。
Commented by サム助 at 2008-08-15 09:31 x
がくーーん、まじですか。いつ行っても最高においしいですよ。

食べに行って批評するほうは、何にも失うものないからいいですよね。これ見て、自分も、たとえ満足のいかない食事をすることになっても、ブログ上で批判するのはやめよう、って心に決めました。

ボルゴの料理を「素人の域」とは・・・。あせる。
Commented by サム助 at 2008-08-16 00:08 x
ていうか、この映像見て「素人の域」なんて言っても誰も納得しないのでは??これ、全部手作りなんですよ。1人でやってるお店です。これが「素人」と?

いろんな意見があってもいいと思うんです。「口に合わない」「好きでない」はいいです。が、ボルゴの仕事を「素人」とは・・・。

できればごらんの皆さんには、曇りのない目(舌)でご自分で「おいしいかどうか」「自分の好みに合うかどうか」を確かめてみてもらえればと思います。その結果、「2度と行かない」だったら、しょうがないですよー。

まったく妥協のない味です。開店以来通っておりますが、「どっちつかずの料理」や、「意図不明の料理」が出てきたことは一度もありませんでした。
Commented by yayo at 2008-10-29 15:42 x
ボルゴさんの滝沢シェフのファンのものです☆
同じ思いで、このようにあったかぃブログを書いてくださる方がいて・・・
嬉しくて、つぃコメントをしてしましました((照

私は、滝沢シェフの人柄と、このお皿の上の芸術品に・・・
ホントに、幸せをいただいた人間の一人です☆

ボルゴさんでは、探していた幻の短角牛をいただきました。
ずっと、食べたくて食べたくて・・・
そこで、滝沢さんに出会い、滝沢さんのご厚意で、なかなか出回らない短角牛を探してくださり、いただくことができました。

滝沢さんゃボルゴに対して、いろんなご感想をお持ちになることは構いませんが・・・
彼の情熱を、あの料理から感じないとは・・・
悲しいことですね。。。

私は、いつまでも、滝沢さんと暖かいサービスをしてくださった奥様に感謝しています。

また、青森に帰ったときは寄らせていただきたぃほどですから☆
Commented by きんちゃん at 2008-10-29 20:58 x
批判している方本当に料理の価値がわかっているんですか、また作法とかマナーもわかっているんですか今青森で東北でこのぐらいの食事の出来るお店がないですよ東京の有名なシェフがわざわざ足を運んで食事にきているお店ですよ価値のわからない方はゆかないことをおすすめします。本当のイタリア料理を食べる価値がないと思います。もっといろいろと世の中を見聞して   以上
Commented by ボルゴふぁん at 2008-12-22 07:53 x
ここに書き込みしている人は本当に何も分かっていません。
ボルゴのシェフはハッキリ言ってレベルが違います。
八戸、いや日本なんかのイタリアンのレベルでは満足していません。
フランス料理は気にもとめていません。
本人も「借金を返したらイタリアに帰る」ってずっと言っていますし、
夢は師匠の店に戻ってミシュランの星を取ることなんです。
頑張れシェフ!
Commented by きんちゃん at 2009-04-22 11:50 x
世界料理学会が函館市で4月21日22日に開催され青森県からボルゴのシェフと弘前のフランス料理店の山崎シェフがノミネートされ公演したと聞いておりますがこの学会には日本や海外のトップクラスのシェフが参加公演した。2008年2009年ミシュランの2つ星のシェフも公演したようです。ボルゴのシェフがいかにレベルが高いかわかりましたかたぶん地方のレストランでミシュランがあればまちがいく星3つと私達は確信しています。シェフこれを機会に頑張れ。
Commented by ゆかたん at 2009-06-15 06:11 x
最近某雑誌等をみて食事に行く人がいるようですがボルゴへ行く前に他のイタリア料理店で食事をしてからいったほうが料理の違いと味がよくわかると思います失礼ですがわかるかな?料理の価値が
Commented by かなちゃん at 2009-07-13 22:00 x
家庭画報の別冊デリシャスに野菜料理の美味しいお店50店が掲載されております。青森ではボルゴの野菜料理が数ページ掲載されています。
どんな食材を使用しているのかみる価値があります。各調味料も、オリーブオイルも参考に。
Commented by たくちゃん at 2009-08-05 15:10 x
家庭画報みましたよ。すごいですね先日行ってたべてきましたよ 当日はわざわざ東京からのお客さまもいました。その方たちのお話ではこちらのお料理がすばらしくきてよかったと絶賛しておりました。私も県内のお店(テレビにでた有名店ですよ)3~5軒程食べ歩きましたがここはすごいと改めて実感しました。いままでは日曜日はお休みのようでしたが7月
から日曜日も14時30分頃から予約なしで食べることができると聞いたので楽しみにしております。シェフ美味しかったありがとう
Commented by たくちゃん at 2009-12-10 13:39 x
今一番注目されているシェフ、本物のイタリア料理をぜひ一度食べてみたら、今年の世界料理学会にノミネートされ日本のトップクラスのシェフと言っても過言でないでしょう料理一皿一皿が美味しい。またいきます。
Commented by ももちゃん at 2010-01-29 11:11 x
本日の、まるごと青森にきくいもがてでおりますが私は、きくいもが一番美味しく頂いたのはボルゴのきくいものフランです。アンチョビのソース
で絶品ですよぜひボルゴに予約して食べてみる価値があります。きくいもがなければあきらめて下さい。最高のドルチェですよ。
Commented by きんちゃん at 2010-03-09 17:52 x
イタリア料理なら、今まで食べた店ではここが一番美味しい今東京で一番人気のあるイタリア料理店と比較しても、料理、ワインとも同じレベルと言っても過言でない。本場のお料理をぜひ食べてみて。


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング