まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

いよいよ本番!青森伝来のおいしい「毛まめ(けまめ)」

初秋の味「嶽きみ」は8月下旬に食べました。
早生りんご「つがる」は9月上旬に食べました。
そしていよいよ「毛まめ」の季節が到来しました!
嶽きみを食べて初秋を感じたその日から、
このときをず~っと待っていたんです(笑)。
d0007875_18131992.jpg
「毛まめ」とは青森県内で古くから栽培されてきた在来種のえだまめ。
サヤに茶色の毛が目立つことからそう呼ばれています。
大粒で甘みが強く、風味も非常に優れているのですが、
黒っぽい見た目が劣ることや、毛をとるのが面倒なこと、
9月以降に収穫する晩生種で夏場の需要期に間に合わないことなどから、
市場に受け入れてもらえず、
いつしか農家が自家用に楽しむだけとなってしまいました。

黄緑色のえだまめを見慣れてしまえば、
毛じで黒っぽく見える姿はたしかに美しいとは感じられないかもしれません。
市場に受け入れてもらおうと、
わざわざサヤの毛をとって出荷したこともあったのだそうです。

さらに収穫期が遅いことも致命的です。
今は、輸入物の冷凍えだまめが一年中出回り、
春先には県外産のえだまめが早々と店頭に並びます。
経済社会の中では、毛まめが出回り始める頃は、もうえだまめの旬が終わっているのです。

ところが、時代が変われば価値観も変わるもの。
今は「見た目は悪くてもおいしいものを食べたい」、
「地元のもの、旬のものを食べたい」と、
毛まめを求めるお客さんが増えているのだそうです。

知っている人は知っていると思いますが、
毛まめは、毛が多ければ多いほどコクがあり、
収穫が遅ければ遅いほど甘味が増しているんですよね。

毛まめをおいしく食べる定番はもちろん「茹でる」ことです。
でも、青森では、塩に漬ける「まめ漬け」もおいしい食べ方のひとつです。
d0007875_18145718.jpg
(↑これは去年のまめ漬けです。)

作り方はいたって簡単。
固ゆでにした毛まめをよく冷まし、適当に塩をふって、重石で浸る程度に差し水をするだけ。唐辛子やみょうがを加えても風味が増しておいしくなります。漬けてから約1ヶ月が食べ頃ですが、塩の量を増やせば長く漬けておくこともできるのだそう。
発酵することによって毛まめの甘みがコクとなり、
茹でただけではわからなかった妙味を味わうことができますよ。

聞くところによると、天候に恵まれた今年は毛まめの出来は最高だとか。
直売所のほか、最近はスーパーでも手に入るようになりましたから、
少し多めに買って、豆漬けに挑戦してみてはいかがでしょうか。
でも忘れないでください。
毛まめは、毛が多ければ多いほどおいしいんですからね(笑)。
by 義人
by marugoto_aomori | 2007-09-13 18:23 | おいしい食材 | Comments(16)
Commented by 山形のダチャマメ at 2007-09-13 19:02 x
先に全国区で人気物になったおいらダチャマメでも、
毛マメ親分にだけは勝てねえよ・・・・
Commented by 落武者 at 2007-09-13 21:18 x
行きつけの飲み屋で県産の枝豆出してくれるんですよ~!
多分これかな~?
これがまた美味しいんですよね~!
Commented by ゆうこ at 2007-09-13 22:05 x
食べました、今日。毎日食べます。( ´艸`)ムププ
やっぱり美味しい!!普通の枝豆と違いますよね。

知らない方が多いので、仙台や京都の人に送ると
「毛深い〜!」 「茶髪だ〜〜!!」と喜んで? くれます(笑)

枝豆の漬け物は家でやりますが、昨年行ったお店で、
揚げ枝豆を出してました。
それはそれは、香ばしくて美味しかったです!(ビールに合いますよ♪)
Commented by 満太郎 at 2007-09-14 08:39 x
趣味で市民農園を借りて毛豆を植えてます。
先日、朝とってきた毛豆を晩酌のつまみにしようと思って茹でたんですが、毛豆の誘惑に負けてちょっとつまみ食いをしたら、もうとまりません。
我慢しきれず、昼からプシュッといっちゃいました。

それを見ていた我が家の子供達も参戦し、アッという間に完食でした。
毛豆の実力恐るべしといったところですね。
Commented by marugoto_aomori at 2007-09-14 08:51
>山形のダチャマメさん。
ふふふ・・・、激励のコメントありがとうございます(笑)。
見た目からすれば、確かに”親分”という表現がピッタリなのかもしれませんね。「毛まめ親分」。これいただいちゃっていいでしょうか?(笑)
全国にはいろいろなブランド枝豆がありますが、毛まめ親分(←早速使っちゃいました・笑)の美味しさが知られるようになって、早くその仲間に入れればいいなと思います。
そうそう、ほかにも畑作園芸試験場が育成した早生系の毛まめ「あおもり豊丸」と「あおもり福丸」があります。あわせて「毛まめ一家」というのはどうでしょうか。ねぇ、ダダチャマメの兄ィ!(笑)
Commented by marugoto_aomori at 2007-09-14 09:53
>落武者さん。
その枝豆、やはりぷっくりしてます?「味が濃いな~」なんて感じます?
そうですか、間違いありません。「毛まめ」です!(笑)
ここしばらく行ってませんが、私が好きな小さな焼鳥屋でも、この季節になると毛まめが出てきます。ホントーにうまいんですよね、これがまた。
そろそろ出してくれると思うので、近々行ってみようかな?(笑)
嬉しいことにその店は「豆漬け」も出してくれたりすんですよ。・・・やっぱり行こっと!!
Commented by marugoto_aomori at 2007-09-14 10:24
>ゆうこさん。
うらやまし~。私も毎日食べたいです(笑)。
普通は直売所やスーパーで買ってくると思うのですが、私の周りには自分でつくっている人も意外と多くて、一度わけてもらったとき「売っているものより美味しいんじゃないか?」と驚いたことがあります。
きっと、もぎたてだったからでしょうね。農産物の中には、追熟させておいしくなるものもありますが、一般的には穫りたてほどおいしいですもんね。

え~?油で揚げるんですか?サヤ付きのままってことですよねぇ。ビックリです。でも美味そう!生産者からは「焼いてもおいしい」と言われたことが・・・。どちらもやってみるしかありませんね!

そういえば、誰かが使った毛まめのコピーに「ブロンドヘアーのにくいヤツ」ってのがありました(笑)。
Commented by marugoto_aomori at 2007-09-14 10:32
>満太郎さん。
すごいですね。↑のゆうこさんへのコメントに、自分で作っている人の毛まめがおいしかったことを書きましたが、「朝もいで、昼プシュッ!」だったら、美味くないはずがありません!止まらなくなるのは当然です(笑)。
一度ベランダで毛まめ栽培にチャレンジしたことはありますが、やはり地面でつくるものには全然かないませんでした。満太郎さんの毛まめライフがうらやましすぎるので、私も来年は市民農園に挑戦してみようかな?
今年は仕方ないので「朝買って、昼プシュッ!」に徹したいと思います(笑)。
Commented by kashiwa at 2007-09-14 11:55 x
こんにちは
私はこの毛まめを食べていたのかな?とにかく今の枝豆とは比較できない美味しさでしたよ。山形へいって〔だだちゃまめ〕〔だちゃまめ?〕を食べてときその美味しさがやや近いかんじもしましたが。。。
に比べると今の枝豆は〔夫の作るものも含めて〕ほとんど枝豆の味がしませんね。
まめ漬けははじめて見ました!
Commented by marugoto_aomori at 2007-09-14 12:47
>kashiwaさん。
いろいろ聞いてみて感じたのですが、八戸方面の南部出身者は、「毛まめ」のことを知らないんですよ。知らないというか、小さい頃に食べていた記憶がないと言うんですよ。実は私もそのひとりで、「けまめ」という言葉は津軽地方に赴任してから初めて知りました。もちろん、豆漬けも。南部地方では別の呼び名だったんでしょうか?
そうだ。旦那さんに「毛まめ」を栽培してもらったらいかがでしょう?(笑)
あわてず、しっかり生長させてから収穫すれば、昔懐かしい味を思い出せるかもしれませんよ。でも、気温が違うから、毛まめ本来の味が出るのかどうかちょっと心配ですけど・・・。
タネはいつでも差し上げられますからね。
Commented by 山形のダダチャマメ at 2007-09-15 00:15 x
毛マメ親分よー。
「毛マメ一家」の面倒はしっかり見ておくんなせー。世の中、差別化、ブランド、大流行りでございましょう。しかしながら、一家みんなが盛り上がって何ぼのもんでしょう。またまたしかし、南部のマメ一家も無下にしてはなりませぬ。ここはいっそ、枝豆大連合ということで、仲良く行きたいものでごぜぇます。パンチの利いたマメ漬を前面に押し出しアピールする戦略はいいですね。皆々我等一家に関心をもってくれる日は近いように思いますが、毛マメ親分は如何感じて居られるのでしょうか。
Commented by reev21 at 2007-09-16 15:56 x
こんにちはっす!

単なる「枝豆」とは一線を画している、その風格に脱帽です。
確かな食感に、噛むと味の濃さを実感する奥行きの深さが好きです。
青森の大きな恵みの一つです。
Commented by marugoto_aomori at 2007-09-16 21:19
>山形のダダチャマメさん。
お、お前さんはもしや、あの日南部を飛び出したマメ次郎じゃぁ、ね、ねぇのかい?(笑)
おっと、何も言いなさんな。返事はいらねぇ。お前さんが元気ならそれでいいんだ。心配をかけたが、南部のおじき達とは仲良くやっているから心配は無用だゼ。
マメ次郎、いや、ダダチャマメの兄貴さんよ。青森の枝豆連合をこれからもよろしく頼みやすぜ!
・・・って感じでしょうか(笑)。
Commented by marugoto_aomori at 2007-09-16 21:35
>reev21さん。
そうですよね~。風格といい、味といい、一般的な枝豆とは比べものにならないですよね~。
私が、「毛まめ」を「毛まめ」と認識して食べるようになったのは津軽に赴任してからですが、それ以来、普通の居酒屋で出てくる冷凍?の枝豆は物足りなくて物足りなくて・・・。それまで当然だった「とりあえず枝豆!」なんていうオーダーをしなくなりました(笑)。どうせなら美味しいものを食べたいですからね。
身近すぎて当たり前に感じてしまいますが、改めて”青森の恵みに万歳”ですね!
Commented by はたけ番@緑ネット at 2007-09-18 12:27 x
う〜む、毛マメ様の迫力には脱帽です! 知らなかったですよ。それに食べ方もいろいろあるんですね。全国あちこちで在来種の野菜や豆が元気に復活しているのはうれしいこと。旅行もしてみようかなって思わせてくれますからね。
毛マメ様にかんぱ〜い!
Commented by marugoto_aomori at 2007-09-18 19:07
>はたけ番@緑ネットさん。
う~~ん、「毛まめ様」という響きにもぐぐっと来ちゃいますね(笑)。なんだか、枝豆の王様みたいな感じで。これもいただいちゃったりして・・・(笑)。
在来種には、やはりその地方に根付いた理由というものがありますものね。「そこに行ったらアレを食べたい」という食べものがあれば、旅もぐぐっと楽しくなりますし。
地方在来の食材はぜひ残していきたいと思います。
>毛マメ様にかんぱ~い! ありがとうございます。
でも、「毛まめ様(←やっぱり使ってしまいました。笑)で乾杯!」もいいですよ!(笑)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング