まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

津軽特有のいなりずし

今でもたま~に食べたくなる「いなりずし」。
小学生の頃は自分からリクエストしていたのか、
母親自身が好んでいたのか、
運動会や遠足などのお弁当でよく食べた記憶があります。

南部地方出身の私が思い浮かべる”いなりずし”は、
砂糖と醤油で煮詰められた油揚げに真っ白な酢飯。
油揚げの合わせ部分に添えられる紅ショウガ数本。
形はもちろん俵型です。

それがず~っと当たり前だと思っていた私にとって、
社会人になってから津軽で出会った「赤いいなりずし」はかなり衝撃的でした。
あ、赤い! あ、甘い! も、もちもちだ~!(笑)

先週末に通った鰺ヶ沢の「海の駅わんど」で、
久しぶりに「津軽のいなりずし」を発見してしまったので、
ちょうど昼時だったこともあり、思わず買ってしまいました。
d0007875_1718410.jpg
 (↑奥にあるのは、甘さ対策のために購入した「と漬け」です。)

やっぱり赤い! やっぱり甘い! もちろん、もっちもち!

農文協の「聞き書 青森の食事」によると、
米はうるち米(4合)にもち米(6合)を加え、
きざんだ紅ショウガと酢とわずかの塩を入れ、
白砂糖は茶碗で山盛り3杯ぐらいいれるのだとか。

お店の方にうかがったところ、
とにかく甘くつくるのが津軽流で、
この辺では、クルミを添えるのが一般的なのだそうです。

「津軽」と「南部」の組み合わせも面白いし、
「赤」と「白」の組み合わせも愉快、
「甘い」のと「甘くない」のも楽しいので、
いっそのこと、
「津軽と南部の紅白いなり」として売り出してみてはいかがでしょうか。
どなたかお願いします(笑)。
by 義人
by marugoto_aomori | 2007-11-20 17:06 | あるあるこんなもの | Comments(18)
Commented by らーま at 2007-11-20 18:38 x
先日はお腹空いてるなかありがとうございました(*^^*)
ちゃんとご飯食べられたかしら、いや飲まれたかしら。

南部のお稲荷さんそうなんですか?
確かに土地土地で味が微妙に違いますが
母のお稲荷さんが好きでした。
きざみ紅生姜に甘かったです。
Commented by 少年 at 2007-11-20 19:37 x
初カキコになります。よろしくお願いしまーす。

いきなりですが自分は酢飯をいれた「いなりずし」は嫌いです!!(笑)
昔から中身は汁を混ぜた白米でしたね。

やっぱり地域や家によって違うんですねー。
ちなみにうちのは「おいなりくん」です(笑)
Commented by yamao at 2007-11-21 09:42 x
うちのばっちゃんが作るおいなりさんは、
この赤くて甘いもっちもちのおいなり(クルミは不使用)です!!!
細かく刻んだ紅しょうががしょっと混ぜ込まれてます。
この味を知ってしまうと、普通の白い酢飯のおいなりさんは物足りなくなっちゃって!
Commented by marugoto_aomori at 2007-11-21 21:14
>らーまさん。
こちらこそありがとうございました。
ブログでも紹介していただいてありがとうございます。
たっぷりカーリングを楽しんだあの後は、もちろんたっぷり飲みましたよ(笑)。

おにぎりもそうですが、おいなりさんも、やはり母のものが一番ですよね。少し前、実家に帰る機会があったのですが、翌日の朝食には「南部のいなりずし」(笑)がありました。おいしかったですよ~。
Commented by marugoto_aomori at 2007-11-21 22:02
>少年さん。
はじめまして。コメントありがとうございます。

し、し、汁を入れた白米・・・。
酢は全然入っていないってことですよね?どんな感じなんですか?すごく興味があります。
いなりずしって、なりは小さいですが、かなり奥が深いですね~。

おいなりくん!!私も大好きです。
祖母が作るいなりずしの油揚げは自家製で、母も最初はそうだったと思いますが、いつの間にか「おいなりくん」になってました(笑)。そんな家庭はかなりあるのでは?すごいぞ!おいなりくん!!(笑)
Commented by marugoto_aomori at 2007-11-21 22:14
>yamaoさん。
そうでしたか。やはり、赤くて甘くてもっちもちでしたか!(笑)
クルミを使うのはどの辺なのでしょうね。同じ鰺ヶ沢のいなりずしでも、クルミじゃなくゴマを添えているものも売られていました。個人的にはゴマにもそそられたのですが・・・(笑)。
周囲の津軽出身者に聞いたところ、「もっと刻みショウガが入っている」とか、「ご飯は下向きでしょ」とか、「もっと赤が強い」とか。同じ津軽でも、地域によって、また各家庭によっていろいろないなりずしがあることを実感しました。

酢飯のいなりずしが物足りない・・・。うーん、あの食感、あの甘さを知ってしまったら、たしかに後戻りできないかもしれませんね。個人的には、あの甘さより、あの食感がクセになっているかもしれません(笑)。
Commented by 少年 at 2007-11-22 12:34 x
汁といっても、おいなりくんの汁ですよ?和える感じで。
当然のごとく味はおいなりくんそのままです(笑)
Commented by grace-garden at 2007-11-22 20:40
ついに記事になりましたね! 津軽ピンクいなり論争(?笑^^)
うれしいです~ありがとうございます^^
以前コメントに、ピンク稲荷のことを書き込みましたら、職場の方々にいろいろ聞いて下さったのでしたよね。
私も思わず加わりたくなる論争でした^∀^

我が家のおいなりさんは、運動会や学芸会にはみ出るほど大きくて、刻み紅ショウガが入って桜の花びらのような淡いピンクでした。
自分の中にふるさとの幼い無邪気だった頃の思い出を思い起こすとき、
母が手作りした、津軽の桜の花びらの色を映したような、甘やかな光輝く おいなりさんが浮かぶことは、なんて幸せなことなんだろう~ そう思います^^

*そうそう^^うちも、ご飯は下向きです^^


Commented by senbeiziru at 2007-11-23 18:10
義人さん、先日はどうもお世話になりました!!!
カーリング初体験から一週間ほど経ちましたが、実は未だに筋肉痛の残っている部分があったりして・・・w
いかに自分が運動不足だということを思い知らされたような気がします(´・ω・`)
でも、カーリングはとても楽しかったですよ!!!

記事と関係ないコメントでどうもすみませんw

ピンクいなりって、こっちでは見たことないかも。。。
やっぱ津軽だけなんでしょうか?
ちなみに私の家も「おいなりさん」仕様ですねw
Commented by grace-garden at 2007-11-24 18:40
訂正です。
ご飯は上向きでした!! ピンク色のご飯が見えるように!!
下向きでは見えないので、ピンクが見えないんですよね。
そうです、そうです。。
Commented by marugoto_aomori at 2007-11-26 10:16
>少年さん。
おいなりくんの汁ですね。納得です!たぶんわが家でもそうでした(笑)。
今では、かなりの家庭で”わが家のいなりずし”の味があの「おいなりくん」になっているのではないでしょうか。
やっぱりすごいですね。おいなりくんは。
Commented by marugoto_aomori at 2007-11-26 10:47
>grace-gardenさん。
こんにちは。
そうなんです。「いなりずし」の話しをすると、赤いのと赤くないの、甘いのと甘くないので議論がつきないのですよ~(笑)。ある津軽人に言わせると、「南部は赤くない、甘くないでも構わないが、津軽で赤くない、甘くないは許せない!」のだそうです(笑)。

食べ物の思い出は色あせることがないですね。私もいろいろなシーンに思い出の食べ物がよみがえってきます。わが家で印象的な”赤いシリーズ”はケチャップごはん(笑)。簡単に言うと具のないケチャップチャーハンです。今でいう米飯給食の日は、結構な割合でこのケチャップご飯が入っていたような気がします。

当時、炊き込みご飯以外の色つきご飯を持ってきているのは珍しかったので、ちょっとした優越感でした(笑)。あ~、懐かしい~~!(笑)

ピンク色のいなりずしが上を向いて並んでいる様は、さぞかし華やかでしょうね。重箱のフタを明けたときの喜ぶ姿が目に浮かぶようです。南部(わが家?)のいなりずしは下向き。まずひっくり返し、合わせ部分に添えられている紅ショウガを取り除くのが最初の作業でした(笑)。
Commented by marugoto_aomori at 2007-11-26 10:55
>senbeiziruさん。
お疲れ様でした。ね~っ?カーリングはけっこう楽しいでしょ!?(笑)
でも、まだ筋肉痛が・・・?無理ないかもしれません。マンツーマンでしたから、表現を変えると「特訓!」ですもんね。いきなりすみませんでした(笑)。
きっと普段使わないような筋肉に負担がかかっているのでしょうね。初めてやる時は誰でも、氷上に立っているだけでも筋肉痛になります(笑)。もちろん私もそうでした。もう次は大丈夫ですから、また一緒にやりましょう(笑)。

そうですよね。南部では赤いいなりずしを見かけないですよね~。でも、一度食べたら結構クセになるおいしさかも。津軽地方におでかけの際はぜひ試してみてくださいね。
Commented by ねこすけ at 2009-01-29 21:54 x
秘密のケンミンSHOWで 紹介されていましたねコレ
めっちゃ食べたいです(>_<")
Commented by marugoto_aomori at 2009-01-30 13:25
>ねこすけさま。

こんにちは。
出てたんですね、スミマセン、見逃しちゃいました。
ご当地の味です。
道の駅なんかにもあったりしますよ。
Commented by ひまわりっ子 at 2009-03-19 00:00 x
海の駅わんどは、私の実家のすぐ近くにあり、実家に行ったらかならず寄ります。家の稲荷ずしは薄焼き卵と紅ショウガのみじん切りとくるみが入ってピンクの甘い稲荷ずしです。美味しいですよ(*^_^*)
Commented by marugoto_aomori at 2009-03-19 18:38
>ひまわりっ子さま。

こんばんは。
ご近所の方だったんですね。
ようこそいらっしゃいました♪

おいなりさんに薄焼き玉子ですか!
しかもくるみも入って!
ホントご馳走おいなりさんですね。
食べてみたいです♪
またお越しください。
Commented by ちゃろ at 2009-05-01 16:57 x
子供の頃の運動会の昼飯と言えばこの稲荷ずしと
同じようにもち米炊いて甘酸っぱくした飯を巻いたノリ巻きだった。巻く具はきゅうり、紅ショウガ、卵焼きなど。
懐かしくて、懐かしくて、今は宮城県在住の私は涙っこ出るんた思いでこれ読んでます。時々津軽の味っこ恋しさで
自分で作ったりします。同じように仙台在住の息子に持って行って食べさせると「やっぱり稲荷ずしはこれでねばまいね!」と言い喜ばれます。息子は仙台に出てはじめて市販の稲荷ずしを買って食べ「うぇっ!なんだこれ!味しねじゃ!飯ぼろぼろだいろ!」と驚いていましたね~
津軽の味の稲荷ずしが本当の?普通の?稲荷ずしだとおもってたらしく・・・


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング