まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

八戸といったら、やはり「鶴子まんじゅう」でしょうか

先日、理由あって同僚と八戸へ。
せっかくなら、八戸らしい場所へ行こうと、
櫛引八幡宮でかなり遅い初詣をしてきました。
元日は、決まって2時間級の大渋滞になるので、
ここ1~2年はちょっとご無沙汰。
でも今回はゆっくりと参拝することができました。
d0007875_0163113.jpg
櫛引八幡宮は、鎌倉の時代から多くの人々に尊崇されてきた旧南部藩の総鎮守。
国宝の赤糸威鎧をはじめとした宝物を所蔵し、御本殿そのものが国指定重要文化財となっている南部地方の貴重な文化財です。

その櫛引八幡宮に行ったら寄っておきたいのが「鶴子まんじゅう」のお店「萬栄堂」。櫛引八幡宮の入り口付近にある同店は1921(大正10)年の創業です。
d0007875_0173338.jpg
黒砂糖を使った小判形のまんじゅうに、
真っ白ならくがんの粉をまぶした菓子が「鶴子まんじゅう」。

つくった当時から好んで買い求めてくれた女性客藤田つるさんの名と、創業者が見た「櫛引八幡宮に舞い降りる大きなツル」の夢がその名の由来だとか。縁起の良い名にも恵まれて、今では八戸を代表する銘菓となりました。

香ばしい香りと見た目は昔のまま。
でも「甘さは時代の変化に合わせて控えめになっている(二代目店主)」のだそうで、たしかに、見た目と昔のイメージほど甘くはなくて、2~3個ならぺろりと行けちゃいそうなすっきりとした甘みでした。
d0007875_0182999.jpg
久しぶりに食べた「鶴子まんじゅう」。
そのおいしさも嬉しかったのですが、子供の頃のように、”らくがん”の粉で口の周りを真っ白にできたこともかなり懐かしく楽しかったです(笑)。

なんだか、甘いモノが大好きだった子供の頃より、大人になった今のほうが「鶴子まんじゅう」にはまりそうで怖いです(笑)。

追伸 今年のおみくじは小吉でした(笑)。by 義人
by marugoto_aomori | 2008-01-24 00:25 | あるあるこんなもの | Comments(8)
Commented by kashiwa at 2008-01-24 01:11 x
こんばんは
鶴子饅頭は私の母が最も好きだったお菓子です。もちろん私も好きでした。義人さん、次から次と昔我が家で好きだったものをUPしてくださいますね。もう偶然とは思えません。前世親戚!?〔爆〕

名前の由来が面白いですね。買ってくださったお客さんの名前だったんですか・・・形もつるという名前にぴったりですものね。
つる子饅頭とつぶやいただけでも懐かしいです^^

Commented by なかちっぱ at 2008-01-24 12:21 x
本家本元の鶴子まんじゅうキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
しばらく食べてない・・・と思ったんですが、そういえばこないだ母から1つだけ貰ったのを思い出しましたw
私も小さい頃大好きで、よく買ってもらっては食べてましたよ。

先週の帰宅時間は母に内緒ということにしときましたw
いつ帰ったか気づいてないみたいだったんで、次の日聞かれた時に適当にごまかしましたよ(/ω\)
Commented by marugoto_aomori at 2008-01-25 10:21 x
>kashiwaさん。
おはようございます。今、関東にいます。青森に比べればまだまだ(笑)ですが、結構寒いですね~。健康にはご注意くださいね。

はい。親戚です。間違いありません(笑)。
「八戸といえば鶴子まんじゅう!」という気持ちと愛情は前からあるのですが、普段は意外と食べる機会がないんです。お土産として認識しちゃっているから?それとも身近にありすぎるから?そういえば和菓子を食べる場面もあまりありませんねー。
でも、今回改めて食べてみて、苦ーいコーヒーにも合いそうだと感じました。写真の鶴子まんじゅうはすでに消化されちゃったので(笑)、また八戸に買いにいきたいと思います。

鶴子まんじゅうの名前の由来はホントおもしろいですね~。どっかの菓子をひいきにしたら、私の名前もついちゃったりするでしょうか?・・・まるごと最中とか・・・(笑)。
Commented by marugoto_aomori at 2008-01-25 10:31 x
>なかちっぱさん。
おはようございます。
先日は、あるタクシー会社の、ある美しい女性ドライバーさんと、短い時間でしたが八戸観光を楽しんできたんですよ。もしかしたら、ご存知の方かもしれませんが・・・(笑)。とても楽しかったです!

鶴子まんじゅうは、昔より甘さが抑えられているのだそうです。なかちっぱさんが食べた子供のころの味と比べてどうでしたか?今の鶴子まんじゅうもちろんおいしいですが、昔の(もっと甘かったころの)鶴子まんじゅうももう一度食べてみたいものですね~。

社長!数量限定で「今より甘~い昔の鶴子まんじゅう」をつくってみませんか?(笑)
Commented by マーチ娘。 at 2008-01-28 21:07 x
こんばんは^^
先日はありがとうございました^^

最近、鶴子まんじゅう食べてないなぁ。
この白いのがボロボロ、気にせず食べる!それが一番ですよね(笑)

そういえば、私もおみくじ小吉だったような。。。笑
Commented by marugoto_aomori at 2008-01-29 12:45
>マーチ娘さん。
こんにちは。
先日はお疲れ様でした。とっても楽しかったですね。ありがとうございました。

マーチ娘さんも最近は食べていないんですか?
久しぶりに食べると「鶴子まんじゅう」はおいしいですよ~!
そうそう、粉をボロボロ落としながら食べるのがいいんですよね。
そして、お腹や太ももあたりについた粉は、こう立ち上がって、パンパーンと払うんです(笑)。
子供の頃はありえなかった「鶴子まんじゅう+ブラックコーヒー」もなかなかいいですよ~。

さあ、今年も「小吉」にめげずに頑張りましょう(笑)。
Commented by 館越山 at 2011-07-23 23:21 x
2008年の話題に震災後の2011年から乱入です。

秩父の道の駅で「つる」 という 「鶴子まんじゅう」 そっくりさんに遭遇しました!味も形も… 名前も瓜二つです。

八戸と秩父にはどんな関係があるのでしょう?
寛政三年創業 小松屋本店 元祖田舎菓子 「つる」 と表示がありました。

久し振りに「鶴子まんじゅう!」と思って食べましたが、美味しかったですよ。
Commented by marugoto_aomori at 2011-07-27 12:04
>館越山様
返答が遅れて申し訳ありません。秩父の「つる」との関係について萬栄堂さんと八戸市の方にうかがってみましたが、つながりはまったくないようです。青森県と埼玉県、遠く離れた土地に同じようなお菓子があるというのも不思議ですね


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング