まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

りんごの原点 「国光」

りんごが大好きな私は、
ほぼ毎日りんごを食べています。
その第一の理由は、家に「ふじ」がたくさんあるから(笑)。
収穫箱に入れたまま天然の冷蔵庫(ベランダ)で貯蔵し、
なくなるまで食べ続けるのです!

「ふじ」はもちろんおいしいのですが、
たまには違う品種も食べてみようと思い、
今ではすっかり珍しくなった品種「国光」を買い求めてみました。
d0007875_1951482.jpg

「国光」は、
米国バージニア州原産で、
日本へは1871(明治4)年に導入された品種です。
「Ralls Janet」が本来の品種名ですが、
当時の日本は維新後の混乱を脱していなかったためか、
その名称では普及せず、
全国各地で別の名称が使われることになりました。
青森でよく言う「雪の下」もその頃から使われた名称なのでしょう。
「国光」という名称に統一されたのは1900(明治33年)のことだそうです。

このりんごは、
比較的栽培しやすくて生産量が多く、
貯蔵性が高いことが大きな特徴でした。

原産地米国では主要品種ではありませんが、
なんと、わが国では、
一時期(昭和40年代)りんご全体の半分以上を占めほど生産量が増大し、
「紅玉」とともに日本のりんご産業を支える大きな役割を果たしたのですよ。

当時のりんごとしては、
果肉が硬くて歯切れがよく、
独特の酸味がおいしかったため、
生食はもとより、焼きりんごやりんごジャムなどに幅広く利用される品種でもあったようです。

「国光」や「紅玉」から「スターキング」などのデリシャス系へ、
デリシャス系から「ふじ」へと主力品種が移り変わった現在、
国光の生産量はごくわずかで、
お店では滅多にみかけることがなくなりました。
d0007875_1953157.jpg

懐かしさに駆られて買ってみましたが、
久しぶりに食べた「国光」は、
ほどよい甘味と食感が予想以上に頑張っていて、
懐かしさより、ある意味新鮮さを感じさせるおいしさでしたよ~。

かつての二大品種のもうひとつ「紅玉」は、
”酸味”という個性が注目され再び人気を集めています。
でも、
貯蔵技術の発達によって、
”貯蔵性”という特徴が武器とならなくなった「国光」は、
いつか消えてなくなる品種なのかもしれません・・・。

そんな虚しさを考えながらりんごの本をめくっていたら、
決してそうではないことに気がつきました。

「国光」の血筋は「ふじ」に引き継がれ、
「ふじ」を通して「金星」や「北斗」「千秋」などの人気品種に綿々と引き継がれていたのです。

どんなに時代が変わろうとも、
どんなに逆風が吹き付けても、
日本を支え、青森を支えた原点のりんご「国光」は、
消えることなく、
永遠に伝えられていくのだと思いました。
by 義人
by marugoto_aomori | 2008-02-18 20:03 | おいしい食材 | Comments(10)
Commented by はなはな at 2008-02-18 21:41 x
こんばんわ~。今ちょうど「王林のジュース」を飲みながら拝見してました^^本当にお世話になりました!!私もりんご大好きです!というか大好きになりました!!今まではどちらかというと梨派だったのですが、青森に行ってから病みつきに・・・(笑)あんなに品種が多い果物も珍しいですよね。「国光」はまさにりんごの原点とも言うべき品種なのですね!
Commented by marugoto_aomori at 2008-02-19 10:35
>はなはなさん。
おはようございます。
りんご大好きになっていただいたんですね。ありがとうございます(笑)。
たしかに、りんごにはいろいろな品種があります。東京では、青森で見るほどたくさんの品種を手に入れることはできないでしょうが、品種の違いを確かめながら、お気に入りを見つけてみるのも楽しいと思いますよ。
私の今の目標は、お米のソムリエが提案している「その時のおかずによってお米の品種を変えること」(!)。組み合わせが良いと、最高においいしい”ごはん”を食べることができるのだそうですよ。
・・・あ、そのためには、まず違いがわかる男にならないと・・・(笑)。
また青森にいらしてくださいね~。
Commented by kkojima at 2008-02-19 11:28 x
ふと思ったんですが、米国由来の品種は、米国の品種名で再度売り込みをかけるってのはどうでしょうかね。
パソコンのMacintoshってありますが、あれは、実はりんごの品種名です。なにせ、売ってるのはApple社ですしね。日本では「旭」というようですが、これを「マッキントッシュ」という品種名で売り出すと、なんか、売れそうな気がしませんか?
ということで、「ロールスジャネット」、なんか良い感じです。ついでに、紅玉はジョナサンですが、なんか、紅玉は紅玉で再度ブランドを確立したみたいな感じもあるので不要かな?
Commented by 青玉 at 2008-02-19 17:29 x
雪の下って国光だったんですね。国光の歴史に感心してコメントを開いたら、↑のkkojimaさんのコメントを読んで更に感心してしまった(笑)

私も考えてることがあるんですけど、貯蔵技術が発達したなら、それを逆手にとって、ジュースにもあるように生のリンゴで数種類の食べ比べセットがあったらいいなぁと。
贈答用って二種類くらいのセットしかないじゃないですか。(もっとあるのかな?)5,6種類で2~3個ずつの詰め合わせとかあったら楽しいと思うんですけど。いろいろと難しいんでしょうか。
Commented by らーま at 2008-02-19 18:21 x
義人さん作りんごの品種はなんでしたかしら?

りんご数種類しか区別つかないです(^^;)
Commented by marugoto_aomori at 2008-02-19 21:54
>kkojimaさん。
ふむふむ。それは面白いかもしれませんねー。
紅玉はなんとなく紅玉のままでいいような気もしますが(笑)、国光が「ロールスジャネット」になったら、意外と若い人に受けたりして。
一方で、なつかしい「雪の下」という名称も使いましょう~。
「ロールスジャネット」で若い世代に、「雪の下」はご年配の世代にと、国光の復活プロジェクトが展開できるかもしれません。面白そうです!!

たしかに、マッキントッシュといわれると、とても「旭」とは思えませんねー(笑)。売れそうな気がします。こんな、ちょっとした発想の転換が、場合によっては大きな転機になるのでしょうね。
そうだ!私も名前を変えてみようかな(笑)。
Commented by marugoto_aomori at 2008-02-19 22:48
>青玉さん。
私もです(笑)。私もkkojimaさんのコメントを読んで、「なるほどな~」と思いました。発想を変えれば、いろんなことが思い浮かんだり見えてくるものだな~と。
そういえば、昨年末、「ふじ(赤)」+「王林(緑)」+「金星(黄)」のトリコロールりんごセットが販売されていました。これを見たときも「なるほどな~」と思いました。
お気に入りの品種がある人なら別ですが、これといったお気に入りがない人は、いろんなものを少しずつ食べてみたいですからね~。
収穫時期が違うものをセットにすると、本来のおいしさを保つのが大変だと思いますが、青森のりんごシーズンを一度に楽しめるセットがあればいいですね。
Commented by marugoto_aomori at 2008-02-19 22:59
>らーまさん。
はい、私が作っている(←大げさですね)りんごは「ふじ」です(笑)。
たまには違う品種をつくってみたいのですが、そう簡単にはいかないんです(笑)。
・・・なーんて、「ふじ」は、おいしいだけでなく、見て楽しい「文字入りりんご」をつくれたり、貯蔵性がさらに高い「有袋」にできたりと、実に万能なんです。だから、私のような素人でもいろいろ楽しめるんですよ~。

今夜も「ふじ」をまるまる一個いただきました。私の場合、りんごを食べるとアルコールを飲もうと思わなくなるので、夕食の前後には必ずりんごを食べるように心がけています。
私の健康のためには、りんごそのものの健康効果より、こっちの効果の方が有効かもしれませんね(笑)。
Commented by kashiwa at 2008-02-21 03:01 x
こんばんは
あら?国光と雪ノ下は同じですか?
私もりんごが飽きたからといって他の果物を食べるということはなく種類の違うりんごを食べましたよ。紅玉に飽きたらインドりんごとかね^^
今はどちらも食べませんねぇ。。。
雪ノ下の味は今でも忘れていません。忘れられないほどたくさん食べました(笑い)
Commented by marugoto_aomori at 2008-02-21 10:08
>kashiwaさん。
国光は、青森での呼び名は「雪の下」ですが、岩手では「晩成子」、山形では「キ印」、北海道では「49号」などと呼ばれたようですよ。
「国光」という名前は、大正天皇の御成婚の慶事にあやかった名前なのだとか。日本を支えたという意味でも、ふさわしい名前だと思います。
りんごの品種は、今「ふじ」が全盛ですけど、いつか「懐かし~」と言いながら「ふじ」を食べる日が来るかもしれませんね。この味を忘れないように食べ続けたいと思います(笑)。

「国光」を買った日、実は「印度」も買ってきて食べました。時期をみてご紹介しますね~。


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング