まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

青森駅前で見つけた「津軽塗手帳」

出張のため青森駅に向かったその途中、
駅前交差点のおみやげ屋さん「葛西商店」で、
ちょっと面白いものを見つけました。

それが、この「津軽塗手帖」です。
d0007875_17423563.jpg

サイズはちょっと小さめのA5版。
手触りのよい表紙と裏表示には、
あの美しい津軽塗がいい感じでプリントされていました。

津軽塗りとは、弘前とその周辺の津軽地方を中心に生産されている日本最北の伝統漆器。

藩主の保護と規制を受けた塗師と呼ばれる職人達が、
藩主や藩士の武具、馬具、家具、日用雑貨などに黒や朱漆を塗ったことが起源で、
元禄期に、津軽4代藩主に召し抱えられた塗師池田源兵衛が江戸で変塗技法を習得して帰藩し、その技法が在来の塗技法とともに代々受け継がれてきたと伝えられています。
d0007875_17493568.jpg

明治時代に入り、
失業した藩士らが会社をつくるなどして漆を塗るようになり、
その産地名を明らかにする必要があったことから、
これらを「津軽塗」と呼ぶようになったのだそう。
小さいものは箸やお椀、茶筒など、
大きなものは座椅子やテーブルなどなど、
今では実にさまざまな品に津軽塗りが用いられています。

津軽塗は、
バカ丁寧に塗り、バカに丈夫なことから、
別名バカ塗りともいわれます。
それほど手間がかかるこの津軽塗には、
丈夫なものをつくりたいという職人の情熱と、
使う人を思いやる優しい心が込められているのでしょう。

その津軽塗りをノートに取り入れた理由を聞いてみたところ、
「決して安くはない津軽塗りをもっと身近に感じて欲しかったから。」とこの店のご主人。
「唐塗(からぬり)」2色(茶、緑)と、「ななこ塗」の3種類の津軽塗手帳は、
ここでしか手に入らない葛西商店さんのオリジナル商品です。

決してありきたりではなく、
かといって派手すぎもせず。
ちょっとベタだけど(笑)、何となくクール。
d0007875_17503223.jpg

思わず買ってしまったこの津軽塗手帖には、
いつものような殴り書きは似合いそうもありません。
一文字一文字を丁寧に書き、
思い浮かぶままにデッサンまで・・・。
そんな美しいメモをしようと自分に言い聞かせています(笑)。

もうひとつの素敵なノートと一緒にぜひどうぞ。
by義人

【お店情報】
 葛西商店(JR青森駅前) 電話:017-722-3688
by marugoto_aomori | 2008-03-04 17:52 | あるあるこんなもの | Comments(15)
Commented by ぶぅはは at 2008-03-04 20:18 x
こんばんは~。
「しんまちの逸品」ということで今日のおり込みちらしに載ってましたよ。
ジャストなタイミング♪

津軽塗りのシャーペンを長男が持ってるので、購入しようかな?なんて思ってます。
良いノートだと字も上手に書けそうな気がしますから。。。(笑
Commented by はなはな at 2008-03-06 08:38 x
おはようございます。とっても上品なノートですね^^なんとなくお値段も高そうな雰囲気…。私もおろしたてのノートは最初は字をバカ丁寧に書いてましたねぇ・・。でも一瞬で元の字に戻ってましたけどね(笑)
義人さんはぜひずっと美しいメモを継続されてくださいね~!!(笑)
Commented by etsuken at 2008-03-06 18:09 x
こんにちは。
これで津軽塗が少し身近になるといいですね。ていうか欲しいです(笑
Commented by ジトマ at 2008-03-06 22:32 x
津軽塗、良いですよね。
昔は、ありふれたものだと思っていたのですが、その作り出す工程などを聞いて、改めて見てみると、味わい深いと思う。

そういえば、津軽塗のお菓子っつうのもあったような。。。
Commented by marugoto_aomori at 2008-03-07 13:02
>ぶぅははさん。
こんにちは。しばらく不在だったため、レスがすっかり遅くなってしまいました。ごめんなさい。
そうですか~。津軽塗りのシャーペンをお持ちなんですね。私は津軽塗りのボールペンを持っていたはずですが、最近見かけません。いったいどこへ行ったのでしょう(笑)。これを機会に探してみようと思います(笑)。

もし、見つからなかったら、今度はボールペンじゃなくシャーペンですね。たしか、私にしては珍しくインクを使い切ってしまったのですが、ちょうど合う替えのインク(?)が見つからなくて使わなくなっていたんですよ。替え芯なら心配ありませんものね。

良いノートと良いシャーペンのペアなら無敵です。きっと(笑)。
Commented by marugoto_aomori at 2008-03-07 13:08
>はなはなさん。
でしょっ!やっぱり!!
特に最初の1ページは丁寧に書きますよね~。でも、だんだん読めない字になってくるんですよね~。どうしてでしょう(笑)。
学生の頃は、ずいぶん丁寧に書いていたような気がするんですけど・・・。
そういえば、ノートをきれいに使い切ったときって、なんだか充実感がありますよね。ボールペンのインクを使い切ったときとかも。
このノートは、まるまる1冊きれいな字で埋めて、あの頃の充実感を体験してみたいと思います。頑張るぞー!!
今のところまだ大丈夫ですよ。だって一文字も書いていませんから(笑)。
Commented by marugoto_aomori at 2008-03-07 13:25
>etsukenさん。
etsukenさんは津軽塗ユーザーなのですね。
私は、小さい頃はあまり関心がなかったのですが、年を重ねるごとに津軽塗りが好きになってきました。見た目の美しさに加えて、丈夫さという日常的な強みがある点に非常に魅力を感じています。

今一番ほしいのは、津軽塗りで仕上げたカーリングのブラシです。できれば紋紗塗!さぞ高いものになるでしょうが、漆の頑丈さなら、ハードな使用にも耐えられるのではないでしょうか。それよりなにより、絶対格好良いはず!!特注を受けてくれる方をご存じないでしょうか(笑)。
・・・でも、いったいいくらになるのだろう。それが問題です。

A5版という小ささもなかなかいいですよ。
Commented by marugoto_aomori at 2008-03-07 13:46
>ジトマさん。
私も、津軽塗りを知るほどに、その魅力にはまってしまった一人です。正直なところ、若い頃はなんとも思わなかったのですが・・・。
きっと、津軽塗り以外にも、そのような魅力にあふれたものがまだまだあるのでしょうね。今さらながら青森のすごさに驚いています。

そうそう。たしかチョコでしたっけ。ななこ塗り風の。どなたかのブログ(だったかな?)で見つけて、「絶対欲しい!」と思っているところです。
いろいろなアイデアがつながって、津軽塗りの良さがもっともっと知られていけばいいですね~。
個人的には、いつか、自分だけの津軽塗りを特注で作ってほしいです。例えばカーリングブラシとか・・・。(←etsukenさんのコメントに続いています。しつこいですね。笑)
Commented by etsuken at 2008-03-07 15:15 x
ユーザーというほどでも無いんですが、
実家には津軽塗のテーブルやお盆やお箸とかあったものですから。馴染み深いことは確かですね。

>津軽塗りで仕上げたカーリングのブラシ
 目立ちますよ~(笑
Commented by marugoto_aomori at 2008-03-08 07:15
>etsukenさん。
おはようございます。
ご実家にテーブルまであったとは!うらやましいです。わが家にあったのは、箸くらいでしょか(笑)。
お寿司屋さんなど、お店によっては津軽塗りのテーブルがあったりしますが、ホントに素敵ですよね~。
あるお店に行ったとき、いかにも高そうな津軽塗りテーブルに傷をつけちゃいけないと茶碗の取り扱いに注意していたところ、「そんなに気にしないで。同じテーブルだし丈夫だから。」とご主人。津軽塗りは実用品だと言うところに改めて気づかされました。
ちなみに、そのお店には食べに行ったのではありません。打ち合わせだったので、いただいたのはお茶だけです(笑)。

津軽塗りのカーリングブラシ。・・・いつか、きっと!(笑)
Commented by アトリエ♪ at 2008-03-10 00:02 x
義人さん、こんばんは。
自称あおもり観光大使inKawasakiのアトリエ♪です。
明日、会いに行きます。...青森で一人暮らしの母にです!
一泊二日ですが、久しぶりの帰省です。
まずは「まるごと青森」をチェック♪
また良いもの見つけましたね。
こんなの欲しかったんです~
「津軽塗手帳」&もうひとつの素敵なノートもね。
私の実家は、アスパムから真~っ直ぐの長〇4丁目。
滞在中は毎日見えてるのに、何年もアスパムに行ってないです^^;
私のあおもり土産№1・永井のくじら餅!
出来立てのほかほかを買ったことありますか?
朝、青森駅の売店で買えますよ!
知ってるって~、ごめんなさい^^;
ん~もう、楽しみ~♪
おじゃましました。 3月9日
Commented by marugoto_aomori at 2008-03-10 09:59
>アトリエ♪さん。
おはようございます。
そうですか~。久しぶりに帰省されるんですね~。
と、いうことは、今頃、雲の上?それとも新幹線の中?
青森までのご旅行をどうぞごゆっくりお楽しみ下さい(笑)。
飛行機でも新幹線でも、目的地へ着くまでの時間って結構楽しいですよね。本を読んだりぼんやりしたり、いつしかそのまま眠っちゃったり・・・。私は本を開いたまま眠ってしまうので、移動中は、いつもより少しだけ清ました本を選ぶようにしています(笑)。だから眠くなるのかもしれませんが・・・(笑)。

え~っ?アスパムが見えているのにしばらく行ってないんですか~?なんてもったいない(笑)!!今回の帰省ではぜひアスパムにお立ち寄り下さいね。

アトリエ♪さん一押しの”できたてほかほか「くじら餅」”は食べたことありません。青森駅で食べられることも知りませんでした~。今度、朝の青森駅へ行くときは、パンやおにぎりではなく、永井の「くじら餅」を狙ってみたいと思います。ありがとうございます。

では、めっきり春らしくなってきた青森をゆっくり楽しんでいってくださいね。川崎から見たらまだまだ思いっきり冬ですけど(笑)。
Commented by アトリエ♪ at 2008-03-11 22:04 x
義人さん、こんばんは!
1208便で戻りました。
夕方の空の便は、北斎に見せたかった風景の一つです!
雲海にぽっかり浮かぶ富士の山、空のブルーと夕日のオレンジのグラデーション。
サンセットを最後まで見られるのは、1208便だけです。きっと...
復路(A→T)H席でお試しあれ(3月)♪

行って来ました!アスパムへ~
買って来ました!両ノート。
アスパムの14階海側でコーヒーを飲み、2階で「前田セツ、こぎん教室」を覘き、こぎんの先生と生徒さんに、「アトリエ♪は、高校の授業でこぎん刺しをしたけれど、今もしてるのかしらね...」と話し込んでいるうちに、1階で三味線を聞き逃してしまいました!!
次回の楽しみにとっておきます。

そして昨日、八甲田丸の前で大きな声で歌っていたのは、元気な母と私です。誰も居なかったので、つい、、、
一泊二日の旅ですが、機内誌の中に、こころに響く一文と出合い、忘れられない旅になりました。
ありがとう、ふるさと!また会いに行きます。

※くじら餅ですが、駅でも食べようと思えば食べられますが、お家で食べましょうね! パッケージごと温かい、蒸したてが入荷します。買う時に、触ってビックリした事があるんです。
Commented by marugoto_aomori at 2008-03-12 09:10
>アトリエさん。
おかえりなさい!・・・ん?(笑)
雨も降りましたが、お天気にはおおむね恵まれて良かったですね。何より、青森にしては気温が高かったので、アスパムへの移動も楽だったのではないでしょうか。いかがでしたか?久しぶりのアスパムは。私は、10日の月曜日、1時から2時頃にかけて、仕事の都合でアスパムにおりましたよ。用事があったのは1階だったので、2階以上へは上りませんでしたけど。

八甲田丸の歌碑の前で大声で歌う!
さぞ気持ちよいでしょうね~。私はいまだチャレンジしたことはありません。心の中では間違いなく歌っているのですが、声に出すのはちょっと勇気がいるかも・・・(笑)。

1208便のH席。そしてくじら餅。チャレンジしてみますねね~。情報ありがとうございます。
あ、その前に八甲田丸前の「津軽海峡冬景色」にチャレンジしなきゃ!(笑)
Commented by れいのすけ at 2008-04-14 21:12 x
結構年のいったお一人様です。マイブームが青森、ということでGWは初の青森1人観光。11月にも所要で行き、このノート、買ってきました!
良いですね。葛西商店で、ひと目ぼれの十和田ワインも購入しました。
久々ホットな話題、、と言っても私ひとりでの出来事ですが,わくわくしています。これからは、「青森」ですね。


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング