まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

魚卵王国あおもり「数の子昆布醤油漬」

魚食だけではありません! 魚卵も大好きなんです。

日本海・太平洋・津軽海峡・陸奥湾と四方を海に囲まれた青森県はまさに魚食の国。
生鮮魚介類の購入金額・購入量共に全国第一位が青森市。
(総務省統計局家計調査平成16~18年平均)

そんな青森県の中でも特に津軽地方は、魚卵好き。
d0007875_9554843.jpg
朝ご飯からすじこ・たらこといった魚卵をたっぷりお茶碗に乗せ、いただいています。
また食べている魚卵も種類が豊富。
すじこ・たらこはもとより、子持ちはたはた、子持ちチカ、子持ちカレイ。
しゃこ(ガサエビ)だって子持ち。
さらには、ほたての子、うに、マダラの子、白子類、数の子、数の子を調理したさまざまな醤油漬類。食べている種類だけでなく、量もたくさん。

その中でも、本日のご紹介は、「数の子昆布醤油漬」。
d0007875_9561733.jpg

ツルツルと粘り気のある昆布をしょうゆ味にして、そこに数の子がたっぷり入れたもので、温かいご飯に乗せていただくと、ご飯が何杯でも食べられちゃうほどの「ご飯の友」。
この数の子が15センチもあるような形のいいものが入ったものや、キレのものが入ったもの、スルメ、大根漬け、山菜が入ったものなど、魚卵の横綱「数の子」といろいろな組み合わせでさまざまな種類のものがあるのも特徴です。

海岸線の長さの圧倒的な違いもあって国内産昆布の産出量は北海道がダントツですが、青森県も良質な昆布が産出されている「産地」です。
本県で採れる昆布は津軽海峡が育む「真昆布」。

特に海峡に面した大間などでは良質の真昆布が産出されています。
今よりも戦前はもっと海が豊かで昆布も大量に獲れていたといいます。

真昆布は品のいいうま味の深いダシが取れ、しかもヌメりが少ないことから、古くから上方で特に高値で取引されていました。
海産物は総じて「真」とか「本」がつくほどにその品種は珍重されているようです。

その理由は、上方の方々はこの「ヌメり」が嫌いだったから。
このため真昆布は移出品、つまり換金商品として生産・出荷され、産地は別として産地から離れた津軽の一般の家庭では、この高額な真昆布をおダシで使うということはせず(加工の際のキレ端である「根こんぶ」は使っていたようです)、陸奥湾で取れるイワシを焼いて干した「焼き干し」を使っていたようです。

ですが昆布は手に入りました。
もちろん真昆布ではありませんが、真昆布と同じ海域で育つ「ガゴメ昆布」や「あらめ昆布」などのネバネバがたっぷりと出る昆布は、ヌメりを嫌う上方では欲しがらなかったため、津軽でもとても安く手に入ったのだそうです。

このネバネバの昆布を細かく叩き、しょうゆで溶き、ネバネバ昆布の醤油漬けにして熱いご飯にぶっかけて食べていました。
d0007875_9573967.jpg
忙しい農村の家々では重労働に必要なエネルギーを取るためにこうして簡単にしかも美味しく、そして手早くごはんをいただいていたのだそうです。
一方、大正時代、津軽の農村からもたくさんの人たちが北海道の春のニシン場に職を求めて出稼ぎに行きました。いわゆる「ヤン衆」です。

ニシンは、雄なら開いて身欠きニシン、糠ニシンなどさまざまな加工を施し、メスなら数の子を取り出して塩蔵していましたが、大漁が続くとその膨大な漁獲の中、生き腐れの激しいニシンは全て畑の肥料である魚肥となっていました。
これほどの量が取れるニシンでしたから、塩蔵数の子も安く、ヤン衆帰りの津軽の人が伝え、もともと海産物が好きな津軽の人たちの暮らしに溶け込み、やがて津軽の味になりました。

元々北海道アイヌの家々ではネバネバのものを食べていたようで、ネバネバが出る昆布を叩いてネバネバさせて食べていた。それを持ち帰って津軽でも食べたのだ、と話してくださる方もいらっしゃいます。

こうして数の子とネバネバの昆布が津軽で出会い生まれたのが、この数の子昆布醤油漬です。
各家庭では作られていたようですが、商品化されたのは、冷蔵品流通が機能する戦後になってから。

いまではいろいろな地元の食品会社で作られていて、どれもお店特有の味付けと材料が工夫されています。
d0007875_10125548.jpg
お好みの品を探してみてくださいね♪

今回は数の子昆布醤油漬の主要材料となる魚卵の横綱「数の子」と昆布との出会いを少し掘り下げてみましたが、魚卵王国あおもりの話はまだまだ奥が深いようです。
この続きはまた別の機会に。
byなおき
by marugoto_aomori | 2008-05-20 10:25 | おいしい食材 | Comments(4)
Commented by kazuya@たねブロ at 2008-05-20 10:48 x
なおき様
先日はありがとうございました。
そして本日は午前中から魚卵ネタ、ありがとうございます(笑)
魚卵好きな私としては、もうたまりません。参りました(笑)
この奥が深い魚卵シリーズ、次回も楽しみにしています!
Commented by marugoto_aomori at 2008-05-21 07:43
>kazuyaさま。

おはようございます。
やっぱりワタシは温かいご飯に「すじこ」派です♪
陸奥湊の市場の中での朝ご飯も、おばちゃんに筋子を頼んで
しまいました。
今回はかずのこと昆布。
温かいご飯にこの組み合わせもまた、たまりませんね。
種差海岸はこれから「うに」!!!
いつかうにでおぼれたいと思っています(笑)
Commented by あおもり くどう at 2008-05-21 17:35 x
月~土は、筋子おにぎりが朝食のくどうです(笑)。たまに「納豆まま」になったりしますが、ほぼスタメンです。
東京にいた時も、〆におにぎりある店では、筋子を頼んでたんですが、自分に合ったの探すのは、結構困難でした。たぶん青森の筋子が旨いっていうのも、消費量多い理由だと思います。
東京で、「筋子」対「たらこ」ならたらこの圧勝でしょうね。筋子が朝ごはんって家、12年居て聞いた事無いですね~。
単純に「あだる位しょっぱい」のが、いいのかもしんないですけど(笑)、これだけは、何十年経っても変えられない自分の味覚ですね。
Commented by marugoto_aomori at 2008-05-23 17:08
くどうさま。

レスが遅くなりました。
たしかに、朝ご飯に筋子と関東の方にお話をしたら、ええ~!
とビックリされていました。
筋子は日常食ではない、という感覚があるようで、朝ご飯から
ですか~!!となるようです。

ワタシの場合は、おにぎりの熱で中の筋子が爆発して、ご飯が
真っ赤になったのも大好き。
あの赤くなったご飯はがおにぎり全部だったらいいのに、と何
度も思ってしまいます(笑)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング