まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

「りんごを描く」展、弘前市立博物館で開催中

日本一のりんごの生産量を誇る弘前市にある弘前市立博物館では、
現在、小柳吉次さん(弘前市出身、昭和18年生)のボタニカルアート展、
「りんごを描く」を開催中です。
d0007875_8265137.jpg

小柳さんはNHKのお仕事を数多くしており、
小柳さん執筆のNHK趣味百科「植物画を描く」(1997年発行)は、
NHK出版の書物の中で一番売れた本と言われていて、
日本において植物画の流行を作った人とも言えるんです。
拓殖大学卒業後、就職しますが、教師を目指し武蔵野美術短大へ進みます。
拓殖大学の頃から絵は描いてましたが、
NHKが「趣味の園芸」のイラストを描く人を探しているということで
小柳さんに声がかかり、それから植物画の世界へ。
植物図鑑や塗り絵の絵などを得意とし、花や葉の大きさ、数、色なども
現物をそのまま原寸大でみずみずしく描き取っています。
今回の見所は、弘前市立博物館の発案で小柳さんに描いてもらった
本邦初公開の「りんごの花」20種類の植物画。
d0007875_8272938.jpg

小柳さんは実際に「りんご公園」に3年前から通い、
モノサシで、花やつぼみ、葉の大きさを計り、
本物と同じ色を付けるという、繊細な作業の末、完成させました。
今回はその完成披露も兼ねた展覧会となっています。
原寸大のりんごの花の絵の下に付けられているキャプションには、
どんなりんごの花なのかが理解できるように、名前だけではなく、
りんごの実のカラー写真も付けてあって、
「世界一の花は、やはり大きいんだ~。種類によって花の色も違うのね」と、
ついつい時間を忘れてしまうほど見入ってしまいます。
d0007875_8275277.jpg

その他の植物画26点についても、構図にこだわり、
背景のあるものも数点あり、現物をそのまま描き取っているのに、
個性を感じさせる作品ばかりです。
洋画も植物画も描いている小柳さんならではの表現力が見て取れます。
はがき半分程のペン点描画5点も展示しているのですが、
1枚、1週間かかって制作されているんですって。
細かい点で描かれているため、虫眼鏡も用意するという心配りも!
d0007875_8282393.jpg

その他、夢と現実が混在しているような油絵15点。
d0007875_8284419.jpg

じ~~っと見ていると動物のようなものが見えるような気になったり、
背景に銀箔を貼っていたりと、圧倒的な迫力と独特の存在感があります。
小柳さんの作品の公的な場での個展は、今回が初めて。
それだけに、小柳さん選りすぐりの自信作が並んでいました。

また、常設では「津軽の歴史展」を開催中。
初代藩主津軽為信の統一から12代昭代の廃藩までの津軽の歴史を概観しています。
現在は、禅林街の長勝寺が工事中ということで、
2~3年前から長勝寺からお預かりしている「津軽為信木像」(慶長12年、1607年)などが展示中。
d0007875_8291019.jpg

「津軽為信木像」は、為信公が在京中、自ら都の仏師に作らせたものと伝えられており、
普段は明るい場所で見ることができません。
工事が終了すれば、タイミングを見て、長勝寺に戻ってしまいますので、
本当に貴重な機会ですよ!!

また、ここの博物館は前川國男建築でも有名です。
しかも、清水建設時代の最後の前川作品。
公園の片隅にお邪魔しているというコンセプトで設計されたため、
一本も木を切らずに建てられました。
d0007875_829381.jpg

前川氏はここのロビーからの眺めを大変気に入っておられて、
ロビーのソファーに腰掛け「櫓と岩木山が見えて、ここからの眺めが一番好きだ。
いいなあここの景色は。」と語っていたそうです。
d0007875_8354348.jpg
d0007875_8355824.jpg
d0007875_8361978.jpg

市内の60歳以上の方(平成21年度から65歳以上)、小中学生、留学生は無料のため、
ロビーでセルフサービスのお茶を飲みながら寛いでいる年配の方の姿が目立ち、
弘前公園と一体化した散策ルートの定番になっているようです。

「りんごを描く」は7月13日まで開催しています。
企画展ごとに記念スタンプもあるので、コレクションするのも楽しいですよ。
By Kuu

《りんごを描く-小柳吉次展-》
会期:7月13日まで開催(6月23日、30日、7月7日休館)
会場:弘前市立博物館  弘前市大字下白銀町1-6 弘前公園内
  0172-35-0700
  9:30~16:30
観覧料:一般280円、高大140円、小中80円
by marugoto_aomori | 2008-06-17 08:52 | 青森のアート | Comments(5)
Commented by 道楽 at 2008-06-17 15:12 x
津軽に生まれながら意外にリンゴや津軽の歴史の奥深くまでは知らないんですよね。長勝寺以外で見る為信も見たいし。
こりゃ行く価値大有りですね。
Commented by 道楽 at 2008-06-17 16:02 x
ロビーからの眺めはなんとも言えないものがありました。
日本人でよかったと思いますよ。
Commented by marugoto_aomori at 2008-06-18 09:19
>道楽さま

私も展示していることを知らずに行ったのですが、為信の像は、300年以上前のものとは思えないほど、本当に綺麗な状態で残っていました。
県立郷土館ではレプリカを展示しているのですが、なんといっても、弘前市立博物館では本物ですから、貴重な機会です。

2回目のコメントで、ロビーからの眺めに触れていただいているということは、ひょっとして行っていただけたのでしょうか。
私は、時折、雨が降る日に行ったので、若干暗めの写真になってしまったのですが、櫓と岩木山は、本当に綺麗に見えてました。
ここからの景色は変わって欲しくないな~と思いますよね。
Commented by soro at 2008-06-18 10:14 x
ここはロビーから見ても外にでてみてもいいところですね。
Commented by marugoto_aomori at 2008-06-18 11:46
>soroさま

私も作品鑑賞の後は、ぐるりとひとまわりしました。
ロビー側の外には鳥の餌コーナーがあったり、
公園からテニスをしている音が聞こえてきたりと、
とてもノドカで、心のデトックスができる場所ですよね。


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング