「ほっ」と。キャンペーン
まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

ゆぱんき リニューアルOPENから2ヶ月

今年、4月29日(祝)にニューアル・オープンした「ゆぱんき」。
弘前の最勝院五重塔の横の細い道を入っていくと、そのお店はあります。
d0007875_8272381.jpg

何度かオーナーが変わりながらも、およそ30年前から、
ここで常連客に愛されながら静かに時を刻んできたお店。

常連さんのお話では、現在の山崎彩子さんで
おそらく6代目のオーナーではないかと言われているそうです。

昨年の夏から秋頃、前店長の時から、
「ゆぱんき」を気に入って通っていた山崎さん。
前店長が店を閉めることになったことをきっかけに、
今年3月でなんとそれまでのお仕事を辞め、
一からこつこつとしかもスピーディーに!?準備し、
約2ヶ月間でリニューアル・オープンに漕ぎ付けました。
d0007875_8275512.jpg


山崎さんは、2年前の奈良美智さんの展覧会「AtoZ展」で
カフェのボランティアを企画段階からやっていて、
気が付いたらその中心人物になっていたんだそうです。
その時の仲間に飲食関係の人も多く、
飲食店で働いてみたいと思うようになり、
縁あって、ここ「ゆぱんき」でお店をやることに。

お店で使っている器は、harappaで知り合った高橋由佳さんの作品。
店内にディスプレイもされていました。
d0007875_8282421.jpg


ロゴマークはお料理ユニット・Gomaさん、
それを看板やフライヤーにデザインしたのが県立美術館スタッフの乗田菜々美さん、
と、ひとつひとつこだわりながら、大切な仲間と手作りで始めたお店。
d0007875_8285015.jpg


山崎さんが、お店のロゴに選んだのは猫。
実際に猫を飼っているほど猫好きな山崎さんは、
ロゴには好きなものを取り入れたいという理由から、
猫とAtoZ展の小屋をモチーフにしたデザインをGomaさんにお願いしました。
Gomaさんは、人気のお料理ユニットなだけに、
引き受けてもらえないだろうなと思っていましたが、なんと快諾!
そのきっかけも昨年秋に百石展示館で開催されたGomaさんのイベントに、
自ら懇願して手伝わせてもらったことにあります。
その時に、将来、飲食の仕事をしたいということをGomaさんに告白したところ、
応援してくれるようになり、なんと東京のアトリエにも招待されるまでに。

そうして実現した大切なお店。
メニューも、料理も、配膳も、食器洗いも全て山崎さんがひとりでやっています。
d0007875_8292149.jpg

食材は、地元の直売所から、無農薬か低農薬の野菜を仕入れており、
市内から岩木山あたりまでの範囲の野菜で季節感たっぷり。
ちなみにこの日の日替わり「おひるごはん きょうのゆぱんき定食」は、
 あさりの炊き込みご飯
d0007875_8294765.jpg

 竹の子の鶏団子スープ
 なすの南蛮漬け
 いんげんの胡麻和え
 かぶの千枚漬け
 にんじんのサラダ
 ほうれん草とお豆腐のキッシュ
d0007875_8313951.jpg

で、なんと850円!!

コーヒーは注文されてからゴロゴロと豆を挽いてくれる挽き立て。
豆は、山崎さんが大好きな石川県能登半島の二三味コーヒーショップから
仕入れているというこだわりよう。
ひとつひとつ丁寧に自分の好きな心地よいものを選んで
出してくれているということが、お客様にも伝わってくるんですよね~。
d0007875_832381.jpg


コーヒーに添えられているつぶつぶビスケットは、
猫のかたちをしていて食べるのがもったいないくらい可愛い!!

山崎さんは「お客様に恵まれている」と謙遜して話してくれますが、
山崎さんのゆったり、ほんわかした人柄と、希望を叶えてしまう不思議な力に惹かれ、
お客様が訪れているんだろうな~と感じました。
何から何までひとりでこなしていて、忙しいはずなのに、
お店の空気はゆるやかに流れていて、時間を忘れさせる空間なんです。
d0007875_8322543.jpg

これからの夢は、奥のお部屋を若手作家のためのギャラリー的な場所にして、
人と人とをつなぐ場所にしていきたいと話してくれます。
前からのここの『場所のファン』がいるので、
場所のイメージをこわさぬよう、「ゆぱんき」という名前に負けないように
と思っているんだそうです。
d0007875_8324897.jpg

「願えば叶う」という言葉がピッタリの山崎さんが醸し出す、
癒しの時間を「ゆぱんき」で過ごしてはいかがでしょうか。
ランチだけじゃなく、デザートや夜の定食もあって、
そこに住みたくなってしまうような空間なんです。
私も、またそろそろ行きたくなっちゃってます。
By Kuu

《ゆぱんき yupanqui》
弘前市銅屋町63-8
0172-35-4695
OPEN 12:00
L.O. 21:00
CLOSE 22:00
by marugoto_aomori | 2008-06-30 08:42 | 青森食べ歩き | Comments(6)
Commented by ちーちゃん at 2008-06-30 22:34 x
素敵なお店ですね!!
お盆に実家(黒石)に帰るので是非行ってみたいと思います☆
Commented by marugoto_aomori at 2008-07-01 08:43
>ちーちゃんさま

本当に素敵なお店で、ゆっくりとした時間を過ごすのにピッタリ!!
帰省の際は、是非、お出かけください。
詳細はまだ発表されていませんが、「ゆぱんき」では7月15日の
五重塔の宵宮に合わせて、イベントも行われるようです。
楽しみですね。
Commented by 道楽 at 2008-07-01 09:43 x
記事をみてまた行きたくなりました(^^)
初めてなのにみょうに懐かしく感じる空間
そんな魅力にとりつかれてます。
定食も珈琲も美味しいですよね。
私の中では「風と土」「ダ・サスィーノ」「ゆぱんき」が
ベスト3です(^^)
ウチの子が高校生になって学校帰りに立ち寄れたら
なんて思ってます。
いつまでもありつづけてもらいたいお店です。
Commented by marugoto_aomori at 2008-07-01 11:23
>道楽さま

「ゆぱんき」は、隠れ家のような場所にあって、
時間を忘れさせてくれますよね。
今度は携帯と時計を持たずに、お気に入りの本でも持って、
出掛けてみたいな~と思っています。
道楽さんのベスト3のうち「風と土」は未体験です。
弘前市内の宿題としてメモメモ!!
Commented by ゆぱんちょ at 2008-07-14 12:27 x
ほっとさせてくれる家庭料理とおいしいコーヒー。仕事が休みの日にはふと足を運びたくなる私の特別な場所です。時間が止まってしまったような贅沢な時間を過ごせます。
Commented by marugoto_aomori at 2008-07-16 08:48
>ゆぱんちょさま

本当に一から丁寧に作っているお店で、温かみが伝わるお店ですよね。
ここで、お気に入りの本でも読んだり、ボーっとしたり、
時計を気にせず過ごすのが夢です。
そういう時間が本当の贅沢なのかもしれませんね。


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング