まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

十和田バラ焼 2 三沢で生まれた「バラ焼」

バラ焼の歴史1
 
バラ焼が誕生したのは戦後まもなく、と言われています。
誕生の地は十和田市のお隣「三沢市」でした。

十和田市と三沢市は1922年(大正11年)から鉄道で結ばれ、人とものの行き来が古くから盛んな地域でもあります。
d0007875_1329287.jpg
 ↑ 写真は十和田観光電鉄三沢駅

当時の三沢は小さな集落が幾つかあるだけの地域。
そこに戦雲近づく昭和14年(1939年)、旧海軍が三沢飛行場の工事に着手し、開戦の2ヵ月前に完成します。
その後も施設の拡張を行い国内最大級の航空機格納庫(現存)なども建設していきます。
これらの工事に従事したのは朝鮮半島や大陸からの方々でした。
さらに戦時特例法のもとでこの飛行場と古間木駅(現三沢駅)までの鉄道専用線の敷設工事も始まり、現三沢市街地にはたくさんの工事に従事する方々の居住区ができていたといいます。

そんな三沢に終戦と共に占領軍(米軍)が進駐します。
三沢飛行場は接収され、米軍基地とするべく拡張工事が急ピッチで行われます。
そしてたくさんの米国軍人が三沢に結集します。
d0007875_13441473.jpg
 ↑ 写真は三沢基地入口

この飛行場の大規模拡張は、基地建設に従事する労働者、基地要員等を全国各地から呼び集め、三沢はいっきに人口が激増します。

膨れあがった人口を賄うかのように、商店、飲食店などが米軍基地入口前に軒を並べ、自然発生的に商店街が形成され、さらにここに仕事を求め全国から人が流入してきます。
d0007875_13451194.jpg
 ↑ 写真は三沢市内の狸小路の入口 ※本文とは直接関係ありません

昭和29年には航空自衛隊の駐屯が開始され、いよいよ三沢の町は覚しい発展を遂げていきます。

こうした中、進駐した米軍の軍人は「スミソニアンレート」による1ドルが360円。
基地の外で暮らし、アメリカから家財道具を運び込み、地元の女性をハウスキーパーとして雇い入れ、食事もパンと牛肉が並ぶアメリカにいるときのような暮らしだったようです。
米軍はこの地方で飼育されていた農耕用の牛、日本短角種等を調達し、軍人やその家族に牛肉を提供していました。
ですが食べる部位は赤身中心。
それ以外の内臓やバラ肉などの脂の多い部位は「払下げ」という形で三沢の市中に流れていったようです。d0007875_13455324.jpg
 ↑ 写真は三沢市の赤のれんのバラ焼 2人前


十和田・三沢を含めたこの地域では戦前から肉といえば、豚肉。
内臓は一部でレバが流通される程度。
牛バラ肉や内臓などは地域の人々には馴染みのないものでした。
ですが戦前から労働のため暮らしてきた方々らは違っていました。
肉食にかけては数百年の長い伝統をもつ方々。
肉食を禁じられていた日本人とは違い、食文化が脈々と受け継がれ、内臓など特有の臭いを消す下ごしらえの方法や調理の方法などが知恵として息づいていました。d0007875_13514697.jpg
 ↑ 写真 少し酸味のあるつけダレにくぐらせていただくのが赤のれん流 ウマい!


たくさんの人たちが集う町へと発展する三沢。
中には集まってきたたくさんの方々のために食事を出したりすることで生計を立てようとする人たちも増えてきました。
そして飛びついたのが、安く払い下げされるこの「牛バラ肉」でした。
食文化の中にあったあの味。
d0007875_13483568.jpg
 ↑ 写真 この揉みダレの汁気がなくなってきて、肉やたまねぎにトロりと絡み始めたら出来上がり♪

牛肉に下味を付けて鉄板で焼くプルコギスタイル。
こぼれる肉汁とタレで肉と野菜を焼く料理方法。
でも当時手に入る野菜はたまねぎ程度。

こうして市中に流れたバラ肉とそこで暮らす人の持つ技との間に生まれた「バラ焼」は、肉の脂とそれに絡むタレの旨さ、そしてそれらを全て吸い込みながら甘さを出すたまねぎの旨さで三沢の人々を虜にし、大いに受け入れれられていきます。
d0007875_1349858.jpg
 ↑ 写真 基地ゲート前に戦後から店を構えるバラ焼元祖店と言われる三沢の「赤のれん」

続きはまた。
もうしばらくおつきあいくださいね。
byなおき

<これまでの記事>
2008年10月16日 十和田バラ焼 1 プロローグ

<データ>
赤のれん
 住所:青森県三沢市中央町2丁目1-23
 電話:0176-53-3333
by marugoto_aomori | 2008-10-27 14:22 | あるあるこんなもの | Comments(12)
Commented by ポン太 at 2008-10-28 04:01 x
す、す、凄い!!
オラ、生まれも育ちも三沢ですが、そんな歴史があのバラ焼きに隠されていたとは驚きでした!
バラ焼きの元祖は三沢だとは聞いていたんですが・・・。

我が家も婆さんの時代からすっかり三沢基地に関わって生きてきた家系なんです。
婆さんや基地で働いてたそこらのおっさんの昔話を思い出しましたよ~。
なおきさん凄すぎます!
バラ焼き食べたくなっちゃったなぁ。かなり早朝なんだけど(笑)
Commented by あおもり くどう at 2008-10-28 08:25 x
このシリーズエンドレスで続けてもいいですよ(笑)。これに加えて、金木の「ふくべ」のミソチャーシューとむつの「あらそば」のミソラーメンの特集お願いします。
脂3兄弟の長男なおき兄さんに期待します。

脂弟より(笑)。
Commented by marugoto_aomori at 2008-10-28 11:11
>ポン太さま。

おはようございます。
そうでしたか、三沢の方でしたか!
基地と一緒に生まれた味のようです。
ワタシも今から数年前、初めて三沢でバラ焼を食べたときには
この旨さに頭の上に雷が落ちてきたような感覚で、その瞬間か
ら無我夢中で、いったいどうやって食べたのか覚えていないぐ
らいでした。

こんなことを書いていたら、ワタシもまた食べたくなってきち
ゃいました(笑)
Commented by marugoto_aomori at 2008-10-28 11:14
くどうさま。

最近、立て続けにバラ焼を食べています(笑)
バラ肉の脂はタレと一緒になってそれをたまねぎくんがガンガン
吸ってくれます。
食べ終わった鉄板の上にはタレも脂も残っていないので、全部
完食(笑)
かなりの摂取量でホントやばいです。

ワタシもこんなオイリーな弟を持って幸せです(笑)
まだもう少しこのネタ続きますが、飽きずにお立ち寄りください
ね♪
Commented at 2008-10-31 13:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by marugoto_aomori at 2008-11-03 19:47
>鍵コメさま。

レスが遅くなりました。
スミマセン。

ようこそいらっしゃいました♪
ありがとうございます。

三沢も十和田もネイティブなんですね。
今度お越しの際にはここから生まれたこの味を楽しんでください。

またいつでもお待ちしております。
お立ち寄りくださいね♪
Commented by 奉行 at 2008-11-04 14:08 x
第2段拝見しました。「赤のれん」はバンドでライブの際によく行ってました。なぜかある「つけダレ」が印象的ですし、何より美味でした。
こちらの調査も徐々に進んでおりますので、暇なときにお立ち寄りくださいな。 
Commented by marugoto_aomori at 2008-11-04 20:35
>奉行さま。

こんばんは。

スゴいスピードで更新されてますよね。
ブログ拝見してますよ。
写真が入ったらもう堪りませんね♪

赤のれんのつけダレは、少し酸味のあるタレでした。
これにバラ焼をくぐらすと、これまた絶品の味に変わります。
魔法のようでした。

予習のため更新は見逃しませんよ♪
そちらにも立ち寄りますね。
Commented by mpapa at 2010-10-31 22:54 x
こんばんは。
バラ焼き検索にてたどり着きました。
本当に詳細の情報ありがとう御座います。
昔を懐かしみ読ませていただきました。
昭和31年生まれの三沢(幸町)育ちです。
今は無き母親に良く連れられて行った「赤のれん」懐かしいです。
またいろいろと教えて下さい。(現神奈川在中)
Commented by marugoto_aomori at 2010-11-01 09:13
>mpapaさま
バラ焼きは今、とっても熱いご当地グルメですね。
7日まで、明治神宮の中で、とことん青森MAXというイベントを開催しています。
ご当地グルメ屋台村も3日まで開催しているので是非いらしてください。
十和田バラ焼きも出店してますので♪
Commented by ねこ at 2010-11-02 11:19 x
三沢出身者です。
懐かしい。。。
我が家は「赤のれん」ではなく、下久保(現在はちがうかな?)にあった
「モナコ」にて子供のころからたべてました。
ぜひ、今度食べてみてください。

三沢っ子としては十和田?だっけ???と思ってたので、拝読してすっきりしました。
Commented by marugoto_aomori at 2010-11-03 11:16 x
>ねこさま
ご来訪ありがとうございます♪
モナコ、渋いところ知ってますね。今もちゃんとありますよ!
あそこは、間違いのない、安心して食べられる、まっとうな食堂ですね。
ああいう食堂、無くなって欲しくないですね。
地元にいる人たちできっちり食べ支えたいと思います!


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング