まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

人間・太宰治を身近に感じられる場所 ~新座敷(疎開の家)

今年最初の当ブログでも触れていますが、今年は太宰治の生誕100周年にあたります。
青森を舞台に著した小説としては「津軽」が最も知られており、その足跡をたどって青森を訪れてくれる人も少なくないと思います。

そんな旅でどうしても外せないのは太宰の生家「斜陽館」ですが、そこからほんの200mほど離れた場所に、終戦間際の7月から翌年の11月まで太宰が疎開し、住んでいたという「新座敷」があります。
d0007875_21224852.jpg
この「新座敷」はもともと太宰の兄・文治さんの結婚を機に、大正11年、斜陽館から棟続きの形で建てられました。その後、太宰が亡くなった直後くらいに津島家は斜陽館を手放すこととなり、それに伴って文治さんの妻子の居宅とするため、曳家(ひきや)されて現在の位置に移されたのだそうです。

さて、”疎開の間住んでいた建物”と書きましたが、実は疎開に来る前に書かれた短編、「故郷」で既にこの建物は登場し、二つの部屋の描写がされています。
一つは、病に伏せった太宰の母と対面する部屋。”離れの十畳間”とあるように和室ですが、小説では大きいベッドが置かれていたとあります。

もう一つは洋間。こらえ切れなくなった太宰がそっと部屋を出て「今涙を流したらウソだ」と、ぐるぐる歩き回った部屋です。小説に書かれている椅子も絨毯も現在はありませんが、そのとき太宰が寝たソファはそのまま残っています。
d0007875_22244778.jpg
左が離れの十畳間、右が洋間。小説ではソファに豹の敷物が敷かれていました


そんな小説の舞台となった部屋もあれば、そうではない、疎開時の太宰の純粋な生活の場となっていた部屋もあります。

玄関。太宰はどんな声をかけて外出を告げ、帰宅を知らせ、お客を迎えたのでしょう。
d0007875_2324877.jpg


一家が居間として使っていた部屋。寝起きしていた部屋。寄せ木造りや鶯張りの廊下。
家族と日々どんな会話を交わし、何を喜び、何を心配しながら歩いたのでしょう。
d0007875_23295152.jpg


そして最も気になる仕事部屋。
疎開している間に太宰は「パンドラの匣(はこ)」など、22の作品を手がけたといいます。
d0007875_22414782.jpg
自ら”猫背”であったという太宰は、やっぱり少し背中を丸めて、ここに座って小説を書いていたのでしょうか?

…なんだかどんどん想像の翼は広がり、あっという間に時間が過ぎてしまいそうです。
これらはむしろ、小説に描かれていないからこそ、自由に想像を広げられる場所であるのかもしれません。

d0007875_0152365.jpgそしてもうひとつ、この建物の案内をしてくださる白川さんのお話もまた、嬉しい要素です。
ここで紹介してしまっては楽しみがなくなってしまいそうなので書きませんが、ますます太宰が身近に感じられること請け合いです。
…いえいえ、決して意地悪で書かないのではありませんよ(笑)

文人として活躍していた人間・太宰を感じられる場所、新座敷。
もちろん斜陽館も太宰を語るうえで見るべき場所ではありますが、それだけを見て帰るのはあまりに”もったいない”と思える、とても雰囲気のある場所です。
by くどぱん!

○「新座敷」見学
 五所川原市金木町朝日山317-9
 tel.0173-52-3063
 案内料:500円
 ※新座敷に隣接する「京染の白川」が連絡先です。(店長白川公視さんのブログ
by marugoto_aomori | 2009-01-22 21:20 | 青森の旅 | Comments(4)
Commented by Amy at 2009-01-23 16:52 x
こんちわぁ~~
なにか 重厚間のあるお部屋ですね。
ふすま絵も気になるし ソファーの作りも興味深いですね。
なんとも 味があると言う感じですね。

時々 読み逃げしてばかりです(^^;

もしよろしければ
あの~リンク張らせていただけないでしょうか・・・
お願いします
Commented by marugoto_aomori at 2009-01-27 17:14
>Amyさま
レス遅れました。大変申し訳ありません。

斜陽館ほど贅を尽くした感じではないのですが、そのぶん逆に生活の場であったということが納得できる雰囲気があります。
でも確かにソファーとか、ちょっと面白いですよね。作り付けなんて。

リンクはもちろんOKです!
これからもよろしくお願いします~(^_^)
Commented by hda at 2009-01-30 15:34 x
はじめまして。
2月7日には新座敷につながった建物で金多豆蔵の芝居があります。
Commented by marugoto_aomori at 2009-02-05 09:28
>hdaさま
レスが遅れて申し訳ありません。

金多豆蔵ですか。あちらも太宰に劣らぬ百年の歴史がある人形劇ですね。
金多と豆蔵の津軽弁の掛け合いはホントに絶妙!私も大好きです。
新座敷でやるなんて、津軽の伝統をいっぱいに感じられる芝居になりそうですね~。


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング