まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

津軽百年食堂 本日発売!

心がほかほかしますよ♪

2004年から少しずつお店を尋ねては食堂物語を集めてきたYOSHIHITOさん。
今は別な分野で活躍していますが、この頃は食堂のYOSHIHITOさんでした(笑)

尋ねたお店が増す毎に、どうやら歴史のある大衆食堂には初代の頃からのおだしの取り方、料理の方法など、受け継がれてきた大切なものが未だに残っていて、これは食文化の遺産とも言える貴重なものじゃないかと思うようになってきました。
d0007875_1361841.jpg


しかも戦前から営業しているので、エピソードもたっぷり。

へぇ~~、だからそうなんだ~!
なんて言わせるうんちくも語れちゃうほどの物語があったり。
d0007875_1365970.jpg


こうした古くから続く大衆食堂のことをたくさんの人たちに知って欲しい。
そしてたくさんの人たちに受け継がれたおいしさを味わって欲しい。

こうした大衆食堂に敬意を表し、三代もしくは七十年以上続く大衆食堂を
「百年食堂」と称し、これまでこのブログでもご紹介してきました。
d0007875_1383690.jpg


またブログ以外でもさまざまな方々にご紹介してきましたが、桃鉄のさくまあきらさんから、
「とっても情緒のあるものだから、もっとPRの幅を広げて作家さんとか、漫画家さんとかにも会ってみたら?」とご紹介くださったのが、作家の森沢明夫さんでした。

森沢さんは、特に津軽の百年食堂とその背景にある歴史、大衆の中にある食文化、各食堂それぞれにある物語に興味を持っていただいたようで、
創作意欲が高まり、そして本日、書き下ろしの小説が発刊されることになりました。

この間、何度か津軽にもお越しくださり、YOSHIHITOやワタシも同行いたしました♪
d0007875_1375022.jpg


先ほど青森市内の成田本店に立ち寄ったら、入口正面に大きな島が作られ、そこに津軽百年食堂がこのとおり「平積み」です♪
d0007875_1311502.jpg
d0007875_13145819.jpg

明治の頃の初代とそして今に生きる四代目。
桜の花びら舞う津軽の地で、百年の刻(とき)を超え、
永々と受け継がれていく"心"が咲かせた、美しい奇跡と感動の人間物語。
d0007875_13173236.jpg


巻末には取材先となった10軒の大衆食堂と作者からのメッセージもあります。
d0007875_13191855.jpg

ホント、
読んだあと、
一週間は
心がほかほかです♪

特にワタシなんかは涙腺が緩いので、ついつい・・・(笑)
byなおき

<データ>
 表題:津軽百年食堂
 原作:森沢明夫
 定価:1,575円
 発売:小学館
 規格:四六版/336ページ
by marugoto_aomori | 2009-03-03 13:30 | あるあるこんなもの | Comments(14)
Commented by ぴょん吉 at 2009-03-03 15:40 x
なおきさん
すごく画像がよかった。
一眼レフだからできんの?
小さくってもはっきりとしてええなぁ。
表情が自然で・・私もいつかは撮ってみたいなぁ・・
記事の文字が見えないくらい、えがったぁ~。
Commented by 三忠食堂本店案内人 at 2009-03-03 19:48 x
なおきさん、お久しぶりです。
東奥日報でも拝見しました。やっていただきましたね!!脱帽です。
私には、逆立ちしても真似できませんです。東京での1年間は、あなたの人生を変えましたね。本当に!
YOSHIHITOさん、ありがとう。
映画化のお話があるとか?実現したら、すごいですね。あなたなら、きっとやりとげるでしょう!!
Commented by 寅さんの妹・さくら at 2009-03-04 07:01 x
さっそく、読みましたよ!
ふるさと、家族、恋人、友人などがテーマのハートウォームストーリー。
弘前さくらまつりのシーンはリアルで身近にありそうな感じが、ドキドキものです。地元の人なら、きっと共感できるはず。
弘前にはあるんだよな、こんな温かい人間ドラマが!
Commented by reev21 at 2009-03-04 12:48 x
こんんにちわわ~☆

いつもお世話になっています。
この本は新聞で拝見したのかな?
是非買おうと思っています。
貴重な資料でもありますが、何より庶民の喜怒哀楽が読み取れる
と期待しているんです。 大衆食堂好きのオヤジとしては、必読の
本だと思います。
Commented by 白戸家のお父さん at 2009-03-05 09:21 x
この本は、弘前版「東京タワー」だ!

リリーフランキーさんの東京タワー的な、後からじわーっとくる温かさがあります。弘前が舞台だからこそ、郷土愛、家族愛、そして恋愛がうまい具合に交差してます。いや~弘前っていいっすね。皆さんも読んでみへ。
Commented by marugoto_aomori at 2009-03-06 23:46
>ぴょん吉さま。

こんばんは。
スミマセン、すっかりレスが遅くなってしまいました。

写真は以前このブログを書いていたYOSHIHITOが撮ったものです。
お褒めのお言葉、ちゃんと伝えておきますね♪
ありがとうございます。
ワタシもこれぐらい撮れればいいのですが・・・・。
頑張りますよ♪
Commented by marugoto_aomori at 2009-03-06 23:50
>三忠食堂本店案内人さま。

こんばんは。
ホントすっかりレスが遅くなってしまいました。
ゴメンナサイ。

今日も弘前に寄ったので三忠食堂さんに行きまして、お礼かたがた
おじゃましました。
時間がなくて長居できませんでしたが、店内も出前も相変わらず大
急がしでしたよ。

こうした老舗が地域に愛されながら長く続いていければいいな、と
思っています。
ありがとうございました♪
Commented by marugoto_aomori at 2009-03-06 23:54
>寅さんの妹・さくらさま。

こんばんは。
ホントレスが遅くなり失礼をしました。
さっそくお読みになったのですね。

ハートウォーミング! まさにそのとおりですね♪

ワタシがそうだったのですが、弘前に土地勘がある方なら、この本は
かなり3D化した映像が脳で結ばれるような感じがすると思います。

悪人が一人もでない津軽の風土の中にある人間ドラマ。
ホント読み終わった後も気持ちがいい本でしたよ♪
Commented by marugoto_aomori at 2009-03-06 23:56
>reev21さま。

こんばんは。
レスが遅くなりましてホントすみません。

もう買われたかも知れませんね。
活動的なreev21さんのことですから!

作家さん曰く、沢山の伏線を張った、といいますから、何度読んでも
ああ~、と気づくことがあるようです。
ワタシももう一度読もうかな、と思っています。
Commented by marugoto_aomori at 2009-03-06 23:59
>白戸家のお父さんさま。

こんばんは。
レスが遅くなりました。スミマセンでした。

後からじわ~♪ わかりますソレ。
初代の恋と四代目の恋とが交差しながらシンクロする、そんな物語の
中に津軽のいいところが十分に詰まった、ホントワタシもお気に入りの
作品です。

読後のお話をこうして共有できるのってホントうれしいです♪
Commented by koro49 at 2009-03-17 17:19
映画を見てるような本でした。
津軽そば、食べたことがないので是非と思います。
以前の津軽蕎麦の記事、リンクさせて頂きました。
TB送りますので宜しくお願いします。
こんな形で青森の魅力を知ってもらえるのは嬉しいですね^^
Commented by marugoto_aomori at 2009-03-18 21:24
>koro49さま。

こんばんは。
なんとうれしいお言葉でしょう♪
津軽そばはとってもやさしい味なので、きっと気に入ってくださる
と思います。
読んでいただいだだけでなく、こんな嬉しい言葉をいただいて、ワタシもとっても嬉しいです。ホント。
リンクありがとうございました。
たくさんの人に読んで欲しいです♪
Commented by 青森太郎 at 2009-03-19 17:16 x
ご無沙汰しております。
メディアでも紹介されていましたので、どんな内容なのかと遅ればせながら、一昨日、成田本店で購入し、仕事中にも時間を見つけて気持良く(泣きながら)読み切りました(笑)。まずタイトルがいいです。それに釣られて買ったのですから(笑)。最初は立ち読みでパラパラと・・・第一章からストーリーが時空を超えて過去を照らし、また現代へと目まぐるしく展開する辺りからもうのめり込みました。・・・中略(文字数が多すぎるって:汗)

主人公と自分との生い立ちもだぶらせながら、祖先の事まで思いを馳せるきっかけにもなり、ほんと、なおきさんの紹介のように心がポカポカと暖かくなります。・・・読み終えると、津軽そばが食べたくなりますし、誰に対しても優しい気持ちが湧いてきます。・・・・

是非、騙されたと思って、日本全国の方々に読んで欲しい本です。
そして、この物語が映画化され、大ヒットを飛ばし、青森県に目を向ける人が一人でも増える事を願っています(笑)。

PS 作者のあとがきで、まるごと様のお名前が連呼されている部分でまた唸ってしまいました。ありがとうございました。
Commented by marugoto_aomori at 2009-03-19 18:20
>太郎さま。

なんと熱いコメントを♪
うれしいです。ホント。
最中のうるうる感と読後のほんわか感、共有できてホントうれしい
です。

地元の人もそうでない人にもこの本は何かとっても素敵なものを
与えてくれるような気がしています。

実はワタシ、また先日も読み返しまして、もう少しで二桁になる
ほど読み込んでいます。
何度読んでも情景が3Dになって頭の中で像を作って、そこで物語
が進んでいくようです。

うれしいコメント、ホントありがとうございました♪


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング