まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

黒石焼きそば 第三世代(1) ~せんべい汁焼きそば

黒石はやっぱり焼きそば王国

平たくて太いゆで麺を中華鍋にほうりこんで、たっぷりのソースを吸わせながら、ジュージュー焼き込んでいく黒石焼きそば。
人が集まると決まってそこには黒石焼きそばが真ん中にある。
どんなオードブルが並んでいても、一番最初になくなるのが焼きそばのオードブル(笑)

暮らしの中にいつも焼きそばがいる、そんな黒石の街だから、焼きそばも進化を遂げていきます。
d0007875_15511021.jpg

昭和30年代から40年代になると焼きそばにスープをかけた「つゆ焼きそば」が生まれ、
そして「おでん焼きそば」も生まれる。
子どものカイグイはこうして進化がすすみ、今では大人までも魅了されています♪

第一世代の平太麺の黒石やきそば、第二世代のつゆ焼きそば焼きそばと、いよいよ焼きそば文化の深まる黒石で昨年行われたのが、「「こんな黒石つゆやきそばがあったらいいな」コンテスト♪

生まれた時からいつもそこに焼きそばがあるこの黒石の小学生たちのコンテスト。
d0007875_1603380.jpg
ですからアイデアも凄かったようです☆

「やきそばのまち黒石会」の加盟店の中で、児童の夢をかなえたいと、試作を重ねこのゴールデンウィークに限定で発売をしました。
期間中、一日5食という限定での販売でしたが、たくさんの方々から喜ばれたようでした。

そして、好評に応え、いよいよ6月1日から子どもたちが考えた第三世代の黒石焼きそばたちの「再販売」がいよいよ決まりました!
d0007875_1661255.jpg

先日、黒石焼きそば四天王(笑)のみなさんとご一緒する機会があり、ワタシも試食してきましたよ!

メニューは4種類。

まず一つめは、
「エビフライつゆ焼きそば」(650円)
d0007875_1623042.jpg

和風ダシのスープに大きなエビフライが鎮座しています♪
中の焼きそばからソースがしみ出すと、まるでソースをしみこませたエビフライに♪
スープを吸い込んだホロリとした衣とカリッサクッの部分のふた味楽しめるつゆ焼きそば。
エビを食べるタイミングはあなた次第~(笑)
やっぱりエビフライはご馳走ですよぉ!

「つけ麺風焼きそば」(650円)
d0007875_1634018.jpg

なぁ~んだ、焼きそばとつゆを別々にしただけ?なんていうアナタ。
違います(笑) 侮れませんよ。
ひとことで言えば、「トッピングを楽しむつゆ焼きそば」 こんな感じです。
つゆに紅ショウガを投入すると、オオッ!これはまたグッジョブ。
焼きそばを持ち上げてはつゆに投入し、ウマウマしてたら、
「カレー振ってみたらどうですか?」
こんなお誘いのお言葉♪  もちろん投入です。
つゆに入れるのではなく、焼きそばに直接振ってください、と言われるままに、カレー粉をサッサッ!
これまたグッジョ~ブ! 全然飽きません。 
トッピングの組み合わせ魔力で、あっという間に完食。

「お好み焼き風~固!焼きそば」(650円)
d0007875_1644893.jpg

子どもの発想力というのはホント、スゴイです。
カリッカリに油揚げされた焼きそば麺。
その上にソースで炒めた焼きそばにある野菜たち。
そしてその上にまるでお好み焼きのようなトッピング。
これについてきたつゆを食べる寸前に投入です。
「混ぜれば混ぜるだけおいしくなりますよ~」という店主の声♪
バリバリと音を立てながら混ぜていきますが、つゆがどんどんマヨネーズ色になっていきます(笑)
ひとつまみ持ち上げて、アグッ!
十分あり♪ というよりもハマってしまうジャンキーなうまさ。
もともと脂系は素養がある方ですが、ありじゃん、ありじゃんとみんなでパクついて、あっという間にこれまた完食。

最後は、
「せんべい汁焼きそば」
d0007875_1651360.jpg

南部と黒石との東西の融合(笑)
十和田湖へと続く黒石からの道は南部へ続く道。
ここは青森県のオリエント(笑)
連休中の一番人気メニューだったそうです。
鶏ガラスープの特製つゆに焼きそばとせんべいが仲良く並んでいます。
せんべいのアルデンテ加減は、ソースをちょうど吸った絶妙のいいタイミング。
炭水化物二重奏って意外とあり。いい取り合わせだったりするんですよ♪

6月1日から始まる焼きそばっ子たち第三世代の黒石やきそば。
d0007875_1613291.jpg
二人で行って、一つずつ。
大人数で行って取り合って食べる。
いろいろと楽しんでみてくださいね♪
もちろん黒石焼きそばマップを片手に。
byなおき

<データ>
 道の駅虹の湖 レストランレインボー
  黒石市沖浦山神1-5 道の駅虹の湖
  0172-54-2405
  営業 11:00~16:00
  定休 水曜日
  第三世代の焼きそば四種は、一日限定5食。



☆☆☆いよいよ、あさってになりました!☆☆☆

 '09青森ブロガー写真展
 「ブログのちから」~あおもりを愛する仲間達~
d0007875_1682439.jpg

 日時 2009年5月30(土)~31(日)9:00~18:00(2日間)
 場所 「弘前市立百石町展示館」1階展示スペース
 入場無料(駐車場ありません。)

 Kuuとノブちゃんとワタシは土曜日に伺いま~す。
by marugoto_aomori | 2009-05-28 16:15 | 青森食べ歩き | Comments(3)
Commented by 一日一麺 at 2009-05-28 23:45 x
僕も、子ども達の作品を見せていただきましたが、自由な発想が面白いですね。それを実現する大人達もすごいです。黒石つゆやきそばとせんべい汁のコラボは面白いですね^^
Commented by marugoto_aomori at 2009-05-29 16:25
>一日一麺さま。

こんにちは。
まさに東西融合です。
青森県のご当地グルメをコラボでいただく逸品。
しかもこれを子どもが考えたんですからね♪
子どもの発想はホントすばらしいです。

6月からはデイリーでメニュー化だそうです。
楽しみにしててくださいね♪
Commented by 林田のおせんべい at 2009-06-03 14:29 x
はじめまして!
おせんべいの研究のため検索していてこちらのブログを拝見しました。おせんべい汁は検索するとよく見つかったのですが、せんべい汁焼きそばはすごいですね。完全B級グルメ!大賞もとれる!そんな気がしました。もはやおせんべいじゃない!!?という意見もでそうな特産品ですね。


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング