「ほっ」と。キャンペーン
まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

カテゴリ:その他( 85 )

<ブログの移転について>

いつも当ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

この度、ブログを読んでいただく方に、
さらに満足していただけるように、ブログページを移転しました。

新しいURLは、http://www.marugotoaomori.jp/です。

お手数ですがブックマークなどの登録変更をお願いいたします。

なお、こちらのブログは今後更新しませんが、「旧ブログ」として当面置いておきます。

新しいブログも、引き続き宜しくお願いいたします。

by 管理人
by marugoto_aomori | 2016-10-03 00:00 | その他 | Comments(0)

青森の日本酒を徹底的に愉しむ

仕事が終わって、家に帰る前にちょっと寄り道したいなぁと思う日ってありますよね?
先日そのような衝動にかられ、青森県産にこだわり、地酒もそろっている一っ福さんにフラリ。
d0007875_11275772.jpg


今が旬の青森のホヤ。いつ食べるの?今でしょ。
ホヤに合いそうなお酒として、豊盃(三浦酒造)をセレクト。
華やかな香りで、うまみがしっかりしている豊盃と新鮮な潮の香りのホヤ刺。ホヤにはやっぱり日本酒が合います。お猪口と箸が止まりません。
d0007875_11282644.jpg


焼き魚が食べたくなったので、銀タラ津軽味噌焼きを注文。
焼き魚に合いそうなお酒として、岩木正宗(竹浪酒造店)のぬる燗をセレクト。
店オリジナルの津軽味噌にじっくり漬けた銀タラが絶品。濃醇でガツンと力強い味わいの岩木正宗は、熱燗かぬる燗がおすすめ。口の中で広がる香りがたまりません。
d0007875_11285558.jpg


このように、本県の居酒屋では、いつでも地酒を楽しむことができますが、今般、青森県・函館デスティネーションキャンペーン記念として、青森県内の各酒蔵が集合し、各蔵自慢の日本酒が飲み放題という、日本酒好きにはたまらないイベント「青森・北海道道南のお酒を愉しむ会」が開催されます。
d0007875_11371767.jpg


愉しむ会の出店銘柄はこちら。18の酒蔵が集結。これらの日本酒が5,500円で飲み放題。
d0007875_11373366.jpg


これらの日本酒をはじめ、青森県らしい肴、「はこだてワイン」や道南にちなんだお酒もいただけます。美味美酒にひたるのが生きがいの、本県出身の紀行作家山内史子さんのお酒の話も聴くことができます。
日本酒が好きな人、日本酒をもっと知りたい人、たくさんのご参加をお待ちしています。

<青森県・北海道道南のお酒を愉しむ会>
主催:青森県・函館デスティネーションキャンペーン推進委員会
協力:青森県酒造組合
■日時 平成28年9月22日(木祝)~23日(金)
     第1回 13時~15時
     第2回 17時~19時
■場所 青森国際ホテル 3階 萬葉の間
■内容
 (1)各酒蔵が集合し、各蔵自慢の日本酒が飲み放題
   (「はこだてワイン」や道南にちなんだお酒の提供も含む)
 (2)青森県らしい肴による組み合わせを徹底的に愉しむ
 (3)お酒の話:山内史子氏(本県出身の紀行作家)ほか
■会費 5,500円(税込)
■備考 チケットは、県内のローソン及びチケットぴあ(サークルK・サンクス)にて購入してください。

詳細はこちら(青函DCホームページ)
http://www.aomoriken-hakodate-dc.jp/dcinfo_160825.html

by りんごすたー
by marugoto_aomori | 2016-09-16 11:50 | その他 | Comments(0)

三内丸山遺跡縄文アートフェスティバル Feel The Roots 2016

世界遺産登録をめざす北海道・北東北の縄文遺跡群。
そして、日本を代表する縄文遺跡の一つ"三内丸山遺跡"を舞台に、
縄文をもっと身近なものに感じてもらい、
縄文を自分たちのルーツとして盛り上げていくために開催されている
三内丸山遺跡縄文アートフェスティバル"Feel The Roots"が今年も開催されます。
d0007875_1520541.jpg
>2016.9.19 mon.入場無料
>Open 10:00 / Close 20:00
>青森市三内丸山遺跡ピクニック広場


8回目となる今年はピクニック広場での開催となりました。
これまでの遺跡の真ん中での開催は、縄文との一体感を感じることができましたが、
今回は、隣接して拡がる縄文集落跡と現代の"祭り"の舞台をシンクロさせる新しいアプローチです。
どんな雰囲気になるのか楽しみです。

このイベントに初回から企画・運営などで参加しているのが、
地元のボランティアスタッフで組織された"jomo☆rock"です。
"jomo☆rock"の代表で、このイベントのオーガナイザーからの
メッセージムービーを紹介します。




そして、今年は、9月17日(土)から19日(月・祝)までの三連休は、
三内丸山遺跡でのイベントが盛り沢山!題して「さんまる Jomonの日」。
これまでは別々に行われていた"
"縄文大祭典"、"あおもり伝統芸能フェスティバル・ワークショップ"、
そして、三内丸山遺跡縄文アートフェスティバル Feel The Roots 2016"が
この三日間に集まりました。

○縄文大祭典
>平成28年9月17日(土)・18日(日)
>三内丸山遺跡内

高所作業車を使って遺跡全体を俯瞰できる縄文パノラマビューや、
縄文お月見コンサート(17日のみ)などが行われます。
d0007875_15501547.jpg


○あおもり伝統芸能フェスティバル・ワークショップ
>平成28年9月17日(土)・18日(日)
>三内丸山遺跡内

青森市三内丸山遺跡ピクニック広場
大間町奧戸の山車行事や五所川原市嘉瀬の奴踊など伝統芸能の上演や
青森ねぶた囃子のワークショップが行われます。
d0007875_15531718.jpg


9月17日から19日の三連休は三内丸山遺跡で縄文三昧しちゃいましょう!

by yoshihito

[Feel The Roots 2015の様子]
d0007875_1717786.jpg
d0007875_17172263.jpg
d0007875_17174372.jpg
d0007875_17175495.jpg
d0007875_1718871.jpg
by marugoto_aomori | 2016-09-09 15:56 | その他 | Comments(0)

北海道新幹線が開業した今別町の荒馬まつりがスタート

青森県は夏祭り真っ最中!
日本一小さい新幹線の町、青森県今別町でも、この地の夏の風物詩「荒馬(あらま)まつり」が始まりました。

まつりで披露される「荒馬踊り」は、馬役の男性と手綱取りの女性の2人が男女ペアで踊る、県内でも珍しい踊りです。奥津軽のフォークダンスといったところでしょうか。
「荒馬まつり」は、この男女ペアの踊りに、ねぶたの山車とハネトも一緒に練り歩く、いわば珍しい形のねぶた祭りです。

初日の4日は、荒馬の自由運行ということで、「今別荒馬」の皆様が町内を練り歩きました。

ねぶたの山車は扇形。この他にも人形型の山車もあります。
d0007875_17255063.jpg


お囃子はとても力強いのが特徴で、特に太鼓はとても迫力があり、心地よい重低音が響き渡ります。
d0007875_17261055.jpg


馬役と手綱取りのペアもぞくぞく登場。この日は地元の子供達のほか、宮城教育大学の学生も参加してくれました。そう、この荒馬踊りは大学生に人気なんですよ。
d0007875_17263023.jpg


お囃子の調子が勢いづくと、「ラッセラー、ラッセラー」のかけ声とともに、男女のペアが激しく踊り始めます。激しさの中にも、男性はかっこよさ、女性はかわいらしさが垣間見えます。自分も踊りを覚えて参加してみたいと思っちゃいました。まずは一緒に踊ってくれる相手を探さなきゃ。
d0007875_17272447.jpg


荒馬まつりは、8月7日まで開催されます。今別地区の「今別荒馬」のほか、大川平地区の「大川平荒馬」、二叉地区の「二叉荒馬」も運行されます。特に二叉荒馬は数年ぶりに運行するとのこと。それぞれ、踊りも雰囲気が違いますので、観比べてるのも楽しいですよ。

<荒馬まつり>
■期日:8月4日(木)~8月7日(日)
    8月5日 18時 開発センター出発
    8月6日 17時 今別駐在所出発(合同運行)
    8月7日  8時 神社前出発
■問い合わせ先
 今別町観光協会 電話 0174-35-2014

by りんごすたー
by marugoto_aomori | 2016-08-05 17:32 | その他 | Comments(0)

風と共に駆け抜ける奥津軽周遊ライド

津軽海峡の絶景を望むことができる津軽半島最北端の龍飛崎、奇岩怪岩が力強い高野崎など、多くの絶景ビューポイントを有する津軽半島。
d0007875_1934558.jpg

d0007875_19351622.jpg


北海道新幹線開業でぐっと近くなった津軽半島を自転車で周遊する「奥津軽周遊ライド」が7月18日(月)に開催されます。

新幹線イヤーに本番を迎えるため、イベント関係者はこれまで試走会などを繰り返し、お客様に楽しく参加していただく準備を進めてきました。
d0007875_19354597.jpg


スタート地点は新幹線新駅の奥津軽いまべつ駅。スタートの時刻はロングコース(125km)が7時、ミドルコース(58km)が9時です。その他今別町内を周遊するショートコース(16km)もあり、9時30分スタートとなっています。

イベントの参加は既に締め切りましたが、津軽半島の爽やかな風をきって颯爽と駆け抜けるサイクリスト達を見かけたら、ぜひ声を掛けて応援してください。ひょっとしたらあなたも自転車に乗ってみたくなるかもしれませんよ。
d0007875_19374556.jpg


奥津軽周遊ライド詳細情報

by りんごすたー
by marugoto_aomori | 2016-07-15 19:43 | その他 | Comments(0)

元機関長さんがご案内!八甲田丸船内探検ツアー

青森駅そばの岸壁に係留されている「八甲田丸」。
青函トンネルができる前は、青函連絡船が青森と函館を結んでいたんですよね。懐かしい…。
d0007875_23284898.jpg

この八甲田丸、DC期間中の今だけ、普段は入れない場所を探検できるツアーがあるんです。しかも、案内は元機関長の葛西さん。当時、船に乗っていた方から直接話を聞くことができるのも、このツアーの醍醐味の一つです。
d0007875_23182683.jpg

懐中電灯をぶら下げた葛西さんと一緒に、探検スタートです。と、床に大きなへこみが…。
d0007875_2256583.jpg

こちら、船員が乗下船するときに、ちょうど踏んでしまう場所がへこんだものだそうです。歴史を感じますね。

ツアーでは、急な階段を下りたり上ったり。時折、真っ暗になる船底を、葛西さんの懐中電灯を頼りに進みます。ドアもこんなに小さくて、探検感満載です。
d0007875_2258929.jpg

エンジンや操舵機も間近で見られます。葛西さんが当時使っていたテストハンマーでエンジンをたたいて、ねじの緩みを確認する体験も。ちょっとでも緩んでいると、全然音が違います。航海の安全を確保するために、丁寧に一つひとつチェックしていたそうです。
d0007875_230253.jpg
d0007875_2325061.jpg

車両甲板には、当時の車両が。
船に車両がのって海を渡っていたなんて、すごいことですよね。
d0007875_2365883.jpg

ほかにも、船員食堂に最終航海日の献立表が残っていたり、当時の様子をしのばせる船員室など、みどころがいっぱいです。
みなさんも、ぜひこの機会に、葛西さんの楽しいガイドを受けながら八甲田丸を探検してみませんか?

八甲田丸船内探検ツアー
■期間/7月~9月の土・日曜日
■時間/10:00~11:30、13:30~15:00、15:30~17:00(所要時間:90分程度)
■料金/1,000円(入館料込)※3日前まで要予約
■問合せ先/あおもりみなとクラブ
■電話/017-735-8150
■HP/http://aomori-hakkoudamaru.com/

by はっしー
by marugoto_aomori | 2016-07-09 00:12 | その他 | Comments(2)

「津軽海峡でつながる物語」青函DCスタート!

本日、待ちに待った「青森県・函館デスティネーションキャンペーン」がスタートしました!

青森市のワ・ラッセ西の広場では、オープニングセレモニーが行われ、三村知事が「今日お集まりのみなさま、そして、全国の世界の、青森県を道南を応援してくださるみなさまとも気持ちを一つにして、東北の元気、日本の元気を、今日、ここからスタートさせていきたい!」と力強くあいさつしました。
d0007875_18181778.jpg


その後、ねぶた囃子の演奏の中、三村知事をはじめ、JRのみなさん、ほっかむりをしたマグ女のみなさんなど県内観光関係者の方々が、横断幕をもって観光客のみなさんを笑顔でお出迎えしました。
いくべぇ、モーリー、あらまくん&たずなちゃんなど、県内のゆるキャラたちも、しっかりおもてなししてましたよ。
d0007875_1835498.jpg



夏を感じさせるねぶた囃子の演奏も、いい感じに盛り上げていたので、こちらもどうぞ!


「青函(せいかん)DC」と呼ばれるこのキャンペーンは、平成28年7月から9月まで青森県・北海道道南地域とJRグループ6社が一体となって両エリアの魅力を全国にPRする大型観光キャンペーンです。

ちなみに、「DC」ってなんだろうって思いますよね。
Dは「Destination(デスティネーション)」の頭文字で、目的地・行き先を意味します。Cは「Campaign(キャンペーン)」の頭文字で宣伝を意味します。DCはこの2つを合わせた造語なんだそうです。なるほど。

このDC期間中は、ペア宿泊券や特産品などが当たる「いくべぇ青森・函館スタンプラリー」も実施されます。県外の方はもちろん、県内のみなさんも、チャレンジしてみてはいかがですか?
また、このブログでもDC関連の楽しい情報をお知らせしていきますので、お楽しみに。

この夏は、津軽海峡で結ばれた両エリアをめぐって、祭りも、自然も、食も、歴史文化も、たっぷり満喫しましょう!

「青森県・函館デスティネーションキャンペーン」の詳細はこちら
  ↓
http://www.aomoriken-hakodate-dc.jp/index.html

by はっしー
by marugoto_aomori | 2016-07-01 18:47 | その他 | Comments(0)

あおもり藍を食す「あおもり藍フィナンシェ」

 このブログでも何度か取り上げさせていただいている「あおもり藍」ですが、今回は、「あおもり藍」を使用したお菓子のご紹介です。

 「あおもり藍」は、あおもり藍産業協同組合が独自に開発した染料生成・染色技術です。
 こぎん刺しの麻生地の染色に代表されるように、江戸時代には県内に百軒ほどの藍染工場があり、明治30年代頃までは藍の栽培も盛んに行われていましたが、凶作の年が多かったことや、安価な輸入品や代替製品におされ、大正時代までに県内の藍産業は衰退してしまいました。

 このような歴史を背景に、平成に入ってから青森の藍を復活させたいとの願いを持った人たちが集まり、新しい技術や休耕田を活用しながら「あおもり藍」は産業として復活を果たし、現在、「あおもり藍」で染色した服飾品や消臭剤などが商品化されています。

d0007875_19381181.png



 この「あおもり藍」を使用した新たな商品として、昨年8月に「あおもり藍フィナンシェ」がデビューしましたので、ご紹介させていただきます。

d0007875_19403112.jpg

「あおもり藍フィナンシェ」


 「あおもり藍フィナンシェ」は、青森市のベーカリー「eat fun!」が、県産小麦と県産米「つがるロマン」の米粉に、あおもり藍の原料であるパウダー状の県産無農薬「藍葉」を練りこみ、極上のバターを加えしっとりとした食感に焼き上げたお菓子で、薄緑色でほんのりヨモギのような風味となっています。

d0007875_19445813.jpg

しっとりとした触感が特徴的


 一般的に藍を食べるイメージはないかもしれませんが、藍葉にはポリフェノールやフラボノイドが豊富に含まれ抗酸化力もあることから、漢方薬の原料にもなっているそうです。また、「あおもり藍」は、無農薬栽培された県産の藍葉を原料としているので、食品としても安心して食べていただくことができます。

d0007875_19481432.jpg

県内の休耕田を活用して藍を生産


 また、パッケージに添えられた鶴の飾りは、障がい者の方が手作業により、ひとつひとつ丁寧に折ったもので、この取組により、障がい者の方々の社会参加が促進され、地元全体の産業振興に貢献できればとの思いもあるそうです。

d0007875_19501276.jpg

障がい者の方による折鶴の作成


 一方で、染料、消臭剤、お菓子と様々な用途に使用されるようになった「あおもり藍」を応援してくれる動きもでてきています。
 JALグループでは、地域と一緒に「地方の元気」を創る「JAL 新・JAPAN PROJECT」活動の一環として、「あおもり藍」を多くの方に知っていただけるようにと、3月から5月の期間限定で「あおもり藍フィナンシェ」を大阪(伊丹)発青森行きの機内で提供しています。

d0007875_10345633.jpg

大阪(伊丹)発青森行きの機内で提供(3~5月期間限定)


 3月14日には、「あおもり藍フィナンシェ」応援イベントとして、青森県のアンテナショップ「あおもり北彩館東京店」で、JALの大西会長をはじめ、青森県出身の客室乗務員などが参加したPR活動も行われました。
 今後、JALでは、「あおもり藍」使った新たな商品開発も予定しているとのことですので、そちらにも注目したいですね。

d0007875_19543864.jpg

「あおもり藍フィナンシェ」応援イベント(3月14日あおもり北彩館東京店前)


 青森にお越しの際は、青森の歴史、文化、技術が詰まった「あおもり藍フィナンシェ」を是非、お土産としてご利用ください。

■あおもりフィナンシェのご購入はこちらから
 二階堂
 青森市本町1-6-11
 電話017-776-5863
 営業時間10:00~18:00

 eat fun!
 青森市本町4-4-8
 電話017-732-1104
 営業時間 和洋菓子 9:00~19:00(日祝は18:00まで)
 ベーカリー 7:30~19:00(日祝は18:00まで)

 ホームページ http://nikaidou.jp/
 オンラインショップ http://nikaidou.shop-pro.jp/
 ブログ http://nikaidou.jp/blog/
by marugoto_aomori | 2016-04-08 09:00 | その他 | Comments(0)

出会いの季節。 ~桜スイーツ~

別れの3月が終わり、出会いの4月になりました。
今年は、昨年に引き続き雪解けが早く、桜の開花も早い予想。4月20日前には開花、下旬には満開を迎えるとのこと。
青森にも、春が来ました。


先日、北海道新幹線開業で賑わう新青森駅を訪れたところ、春を感じられる商品を発見しました。

ひとつ目はコレ。
d0007875_16435746.jpg
「いのち・桜」(ラグノオささき)

青森のおみやげの定番。カスタードケーキ「いのち」の春限定桜バージョンです。
桜リキュールの入ったカスタードクリームの中心に桜餡が包まれています。パッケージには、昨年石垣修理のために移動してしまい、今後10年は見られない下乗橋と弘前城が同時に映る写真が。
春らしい、青森らしいスイーツです。

もう一つは
d0007875_15483405.jpg
「朝の八甲田・櫻」(アルパジョン)

大人気のチーズケーキ「朝の八甲田」の春限定商品。こちらも桜のリキュールが使われていて、口に入れるとふんわりと桜の香りが広がります。
桜の花びらがあしらわれているのも、見た目に春を感じられて素敵です。
d0007875_15484749.jpg
出会いの季節、新たな環境でこのブログを読んでいらっしゃる方も多いと思います。
まるごと青森では、青森の魅力的な「モノ」・「コト」・「ヒト」を引き続きお伝えしていきます。
今年度も、どうぞよろしくお願いいたします。
<key>

by marugoto_aomori | 2016-04-01 16:27 | その他 | Comments(0)

弱虫ペダルとタイアップ!「AOMORI CYCLING FES!!」開催。ゲストは、野島裕史さん!吉澤ひとみさん!

春が近づいてきました。

コートを脱ぐにはまだ少し肌寒いですが、道の雪も消え、歩きやすくなってきました。

冬の間眠らせていた自転車をそろそろ出そうかな・・・とお考えの自転車好きの方も多いかと思います。

春は自転車の季節です。

自転車を始めようかなと思っている人。最近、ロードバイクが流行っているらしいけど、少し興味があるなと思っている人。人気アニメ「弱虫ペダル」を見て自転車に興味を持ち始めた人。

そんな方々にオススメのイベントが、今週末、五所川原市のELMで開催されます。

その名も、「AOMORI CYCLING FES!!」

d0007875_13424369.jpg

今回のイベント、なんと、人気アニメ「弱虫ペダル」とのタイアップイベントとなっています!
会場には、弱虫ペダルのキャラクターパネルが展示されるほか、弱虫ペダルの人気キャラクター達が、青森県のオススメサイクリングコースを紹介するパネルなんかも展示されるそうです!
また、1日2回開催される自転車の安全講習に参加された方には、青森県サイクル・ツーリズム推進協議会×弱虫ペダルの特製ステッカーもプレゼント!こちらは、各回定員50名とのこと。


そして。

スペシャルトークショーのゲスト。

19日 JCAサイクリング親善大使、モーニング娘。OG 吉澤ひとみさん!!!

20日 弱虫ペダルにも参加されている声優 野島裕史さん!!!

豪華です。これを機会に青森を好きになってくれると嬉しいです。
入場は無料(状況により制限あり)、オールスタンディングとのこと。どんな話が聞けるのでしょうか。とっても楽しみです。

その他、自転車でかき氷を作る「チャリ氷」なるイベントもあるとか。
気になります・・・!

d0007875_14144568.jpg

どうですか?行きたくなりましたか?なりましたよね?行きますよね?行きましょう!

ちなみに、当然私は行きます。よっすぃ~ファンだったし。おめでとうも言いたいし。
<key>

※イベント情報は、主催のコンテンツ・ツーリズム実行委員会FBをチェックしてみてください!

※togetterで事前情報がまとめられていますので、そちらもチェックしてみてくださいね。

<イベント情報>
【日時】平成28年3月19日(土)、20日(日)
【場所】ELMホール(五所川原市)
【イベント】
(1)トークショー
 19日(土)16:00~16:30
  吉澤ひとみ(JCAサイクリング親善大使、モーニング娘。OG)
 20日(日)14:00~14:30
  野島裕史(声優)
(2)安全講習
 11:00~11:30/15:00~15:30(各日とも)
 ※安全講習の受講者は定員50名に達し次第締切。
 ※安全講習の受付は当日の会場(10:00)より順次先着にて受付。当日の2回とも会場から受付。
 ※受講受付の際に、整理券を配布。
 ※安全講習は受付無しでみることは出来ますが受講者へ配布するステッカーはお渡しできません。

by marugoto_aomori | 2016-03-16 14:21 | その他 | Comments(0)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング