まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

カテゴリ:その他( 85 )

聖なる夜は雪と光の共演を弘前で☆

今年も残すところ半月となりました。皆さまいかがお過ごしでしょうか。

12月後半は、クリスマス、大晦日と楽しいイベントが盛りだくさん。楽しみが待っていると思うと仕事もいつも以上に楽しくなります。
そんな中、弘前で聖なる夜に雪と光の共演が楽しめるという情報を入手。ここだけの話、プロジェクションマッピング、イルミネーションというキラキラ系に目がない私。
d0007875_172119.jpg

見慣れた旧弘前市立図書館が、プロジェクションマッピングで仮想と現実が入り交じった不思議な空間に。
d0007875_17172944.jpg

〈イメージ〉
d0007875_17144532.jpg

明治時代から弘前の変遷を見守ってきた旧弘前市立図書館と最新技術の融合。なんて素敵なことでしょう。想像するだけで胸が高鳴ります。
プレイベントでは、弘前市内の高校生や学生が制作したプロジェクションマッピングを見ることができます。テーマは「夢」、「未来」。若者の熱い思いを肌で感じてみませんか。
百聞は一見に如かず!その時、その場所ならではの空気を味わいに追手門広場へお越しください☆
くれぐれも風邪など召されませんよう完全防備でお出かけください。

by tainnei

<プロジェクションマッピング>
☆開催日時☆
 2014年12月23日(火祝)~25日(木)
 18:00~20:00(30分ごとに上映)
☆会場☆
 旧弘前市立図書館(追手門広場)
《プレイベント》
☆開催日時☆
 2014年12月17日(水)~19日(金)
 18:00~20:00(30分ごとに上映)

<弘前エレクトリカルファンタジー>
☆期間☆
2014年11月29日(土)~2015年2月28日(土)
☆点灯時間☆
 日没~24:00
☆オールナイト点灯☆
クリスマス、年末年始、バレンタインデーの期間は、オールナイトでイルミネーションを点灯します。
・2014年12月20日(土)~24日(水)
・2014年12月31日(水)~2015年1月3日(土)
・2015年2月14日(土)
☆会場☆
弘前市役所周辺、追手門広場、弘前駅ビル、駅前公園、えきどてプロムナード 他

☆お問い合わせ☆
 冬を彩る光のまちづくり運営委員会(弘前市役所観光政策課内)
 TEL:0172-35-1128
by marugoto_aomori | 2014-12-15 17:19 | その他 | Comments(0)

青森県サイクル・ツーリズムプロモーション ~サイクルモードin幕張メッセ~

d0007875_935164.jpg

は~るばる来たぜ、まくは~り~♪
ここ幕張メッセでは、11月7日から9日にかけて、自転車にまつわる企業・団体が一堂に集まる国内最大の自転車フェス「サイクルモードインターナショナル2014」が開催されています。

こちらはRIDLEY(リドレー)
d0007875_814396.jpg

Wilier(ウィリエール)
d0007875_823153.jpg

・・・といった海外の有名スポーツバイクをはじめ、パーツ製造メーカー、サイクリングアパレルなど500以上のブランドが集まる展示会とあって、多くの自転車愛好家が集まり会場は熱気に満ちています。

そして、こちらが青森県ブース。
d0007875_8275511.jpg

自転車愛好家ならではの観光情報、県内で開催されるサイクルイベントの紹介はもちろん、青森県の魅力をまるごと知ってもらえるようPRをがんばっています!
d0007875_8341854.jpg

d0007875_837121.jpg

d0007875_8374175.jpg

りんごジュースのプレゼント企画も準備!「いくべぇ」の出演もありますよ~。

広い会場で困ったら、このジャージが目印!
d0007875_8495039.jpg

スタッフ一堂、皆様のご来場をお待ちしています。
(By ノッポさん)


【サイクルモードインターナショナル2014】
 ・開催期間
  11月7日(金)~11月9日(日)
  7日/ 10:00~18:00
  8日/ 10:00~18:00
  9日/ 10:00~17:00
 ・開催場所
  幕張メッセ 国際展示場展示ホール
  青森県ブース:展示ホール1
 ・サイクルモード公式HP
  http://www.cyclemode.net/outline/

by marugoto_aomori | 2014-11-08 09:00 | その他 | Comments(0)

「あおもり七人の侍シェフ」見参!!

d0007875_18443836.jpg
皆様、「あおもり七人の侍シェフ」という言葉をご存じでしょうか。
「あおもり七人の侍シェフ」とは、選りすぐりの青森県産食材の魅力を最大限に表現したオリジナル料理の開発を行うなど、青森県の食の魅力を発信するための県内若手シェフ有志の集まりで、今年度から発足しました。
去る10月26日に、青森市内にあるレストラン エヴィエにて、青森県五所川原市を中心に収穫される、果肉まで赤い「赤~いりんご 御所川原」をテーマ食材とした、第1回目のオリジナル料理の勉強会が開催されました。
会場には、この集まりの生みの親でもある料理評論家の山本益博氏も出席し、各シェフが考案したオリジナル料理の試作・試食が行われ、現在7名いる侍シェフのうち4名が参加して、厨房内で協力して各自のレシピを披露し合いました。
d0007875_18435384.jpg

以下、各シェフとメニューを紹介します。
まず、最初は今回の会場でもあり、この「あおもり七人の侍シェフ」の事務局でもある「フレンチレストラン エヴィエ」の佐藤シェフによる「赤~いりんごのコンソメゼリー仕立て フォアグラのムースを乗せて」です。

d0007875_18454201.jpg

赤~いりんごの酸味と甘み、フォアグラの塩気が絶妙なバランスです。

次に、八戸市の和食の店、「お料理 七草」の伊東店主による「美保野ポークの津軽巻」です。

d0007875_18461743.jpg
この料理は、八戸市の特産豚肉の「美保野ポーク」のしゃぶしゃぶ用肉で赤~いりんごを巻いて、すりおろしたりんごをかけた一品です。柔らかい豚肉とりんごのシャキシャキとした食感のコラボレーションが見事です。

三番目は、同じく八戸市にあるフランス料理店「ル・ムロン・デ・オワゾ」の小坂シェフによる「赤~いりんごとカマンベールのサラダ バニラアイス添え」です。

d0007875_18464408.jpg
赤~いりんごの酸味とカマンベールチーズのまろやかさ、そしてバニラアイスが口の中で混ざり合い、極上のハーモニーを奏でます。

締めは、弘前市に本店を構え、鶴田町や青森市にも支店がある、「パティスリー アンジェリック」の一戸オーナーパティシエによる「ダックワースココナッツ 赤~いりんごのジュレ」です。
d0007875_18480113.jpg

さすがパティシエだけあり、酸味を生かした極上の味わいと、美しい外観が食欲をそそります。また、トッピングしてあるスライスした赤~いりんごはキャラメリゼしてあり、とても良い歯ごたえです。

今回紹介したメニューは勉強会のための試験的なものであり、各店舗で販売しているメニューではありませんが、今回参加できなかった各シェフとも、今後も様々な青森県産食材をテーマとしたレシピ開発に取り組み、将来的には目的に賛同する若手シェフの輪を広げていければと話しています。

d0007875_18490301.jpg
(写真は、左から順番に、佐藤シェフ、伊東店主、一戸パティシエ、小坂シェフです。)
今後も青森県産食材の魅力を全国に発信するため、「あおもり七人の侍シェフ」は一歩ずつ歩みを進めていきます。


(by オーレおじさん)


<あおもり七人の侍シェフのお店>
フレンチレストラン エヴィエ(佐藤シェフ)
青森市本町5丁目3-1 TEL:017-776-2207

お料理 七草(伊東店主)
八戸市六日町34 TEL:0178-44-7793


ル・ムロン・デ・オワゾ(小坂シェフ)
八戸市東白山台3-1-1 TEL:0178-51-8727


アンジェリック(一戸オーナーパティシィエ)
弘前市野田1-3-16 TEL:0172-35-9894(弘前店のほか、青森店、鶴田店あり)


鮨dining いっぱち(西村代表)
青森市本町1-1-8 TEL:017-721-3118


オステリアエノテカ ダ・サスィーノ(笹森シェフ)
弘前市本町56-8 TEL:0172-33-8299


アグレアーブル(竹川シェフ)
むつ市小川町2-17-1 TEL:0175-23-9114


by marugoto_aomori | 2014-10-29 18:55 | その他 | Comments(0)

青森市のコジャレたサイクリングアパレル“circle”

d0007875_7384186.jpg

皆さんは「narifuri(ナリフリ)」をご存知ですか?
東京・恵比寿にある自転車のカジュアルブランド「ナリフリ」を取り扱うショップが、なんと青森市にもあるんです。

青森市・古川の昭和通商店街にある「circle(サークル)」。
d0007875_7391523.jpg


サイクリングファッションというと、競輪選手が身に付けるピタッとしたジャージをイメージしていましたが、それは大きな間違い!
スポーツはもちろん、カジュアル・ビジネスまで普段使いできる服や小物が充実しています。
d0007875_7264368.jpg

d0007875_7282213.jpg
d0007875_729165.jpg
d0007875_7294134.jpg

ナリフリのコンセプトはfashion+bicycle。
自転車に乗りやすい機能性と街で映えるファッション性を両立させたブランドで、自転車を単にスポーツとして捉えるのではなく、日常生活を豊かにしてくれるツールとして扱い、「自転車を感じさせない、毎日自転車を乗るための服」を数多く手がけているとのこと。
「身なり(ナリ)」と「振る舞い(フリ)」を両立したブランドです。

店主の石戸谷さんは以前、東京のショップに勤めていましたが、ナリフリに魅せられ、同ブランドを専門に扱うお店を開いたそうです。
※写真は掲載できませんが、ダルビッシュ似の超イケメンです。

自転車乗りでもある石戸谷さんは、ナリフリのコンセプトでもある「自転車がある生活、それに伴う快適な洋服がある生活を伝える場」として、地域と一緒に歩んでいけるショップづくりを目指していて、お客さんを対象に走行会やイベントを企画・運営しています。

「かっこよく自転車に乗りたいけど、どんな服装がいいの?」
こうした質問にも、イケメン店長が気軽に相談に応じてくれますよ。
(By ノッポさん)

Circle(サークル)
住所:青森市古川1-17-23
Tel:017-774-6507
Web:http//www.narifuri.com
by marugoto_aomori | 2014-10-28 08:28 | その他 | Comments(0)

青森の名湯巡り 五色の「お湯リンピック」開催中!!

東京オリンピックの開催は2020年ですが、青森県では一足早く、今年の5月1日から、オリンピックならぬ「お湯リンピック」が開催されています。

内容は、青森県内のお湯の色の異なる五つの温泉(黒、金、白、茶、緑)が連携して、温泉巡りを楽しんでいただくスタンプラリーとなっており、5温泉で入浴してスタンプを集めると、次の1回を無料で入浴できるほか、4つの温泉旅館で宿泊すると、次にいすれかの旅館で宿泊する際には1割引になるとのことです。

主催する「青森県五色温泉協議会」では、この取組をきっかけにして、青森県内の豊かで様々な温泉を楽しんでほしいと話しています。
このため、今回は、その中でも緑色(エメラルドグリーン)のお湯で「日本一の温泉銭湯」とも言われる、平川市の新屋(あらや)温泉にお邪魔しました。

d0007875_20170725.jpg

約30年前に建てられた建物や内部の様子はいたってシンプルで、コインロッカーにいたっては、使用料が10円。何とも懐かしさを感じます。

d0007875_20320553.jpg

時間によって色が変わる(透明→白濁した緑色→エメラルドグリーン)不思議さに加え、何よりも温泉マニアの評価が高い泉質は、温泉素人の私にもわかるほどです。

d0007875_20151034.jpg

湯船に入った瞬間、柔らかでヌルヌルとしたお湯が身体を包み込み、熱すぎない湯温がとても心地良く、いつまでも浸かっていたい気持ちになります。

上がった後も、肌が何とも言えないほっとするような良い香りに包まれます。

d0007875_20292584.jpg
ご主人にお話しを伺うと、ブログや旅行雑誌で取りあげられたこともあって、最近は県外からのお客様も増えてきたとのことでした。

今回の「お湯リンピック」の取組についても、全部回るのは難しいかも知れないけれども、青森県内の温泉の良さを全国の皆様に知っていただく良い機会になればとのお話しでした。


<お湯リンピック参加施設>

●「黒」・・・東北温泉(東北町)
 (過去のブログ記事)


●「金(黄金色)」・・・不老ふ死温泉(深浦町)
 (過去のブログ記事)

●「白(白濁色)」・・・下風呂(しもふろ)温泉まるほん旅館(風間浦村)

 (過去のブログ記事)

●「茶(茶褐色)」・・・古遠部(ふるとおべ)温泉(平川市)

 (過去のブログ記事)

●「緑(エメラルドグリーン)」・・・日帰り施設・新屋温泉(平川市)

 (過去のブログ記事)

皆様も、温泉地数全国第4位、人口10万人当たりの公衆浴場数全国1位の青森県の温泉をぜひお楽しみください。

(byオーレおじさん)


【新屋温泉】
 平川市新屋平野84-14
 TEL 0172-44-8767
 営業時間 ・朝湯 5:30~7:30(4月~11月)
      ・通常 7:30~21:30 
 料金   大人 350円(朝湯 200円)



by marugoto_aomori | 2014-10-08 20:52 | その他 | Comments(0)

鯛ら舘(たいらだて)で秋の真鯛釣りに挑戦!!

d0007875_19001300.jpg
まだ夜が明けきらない午前5時30分、鯛釣りのため、少し肌寒い外ヶ浜町平舘漁港を出発しました。
d0007875_18581617.jpg
朝焼けの海岸風景を楽しみながら、約10分後に船は沖合の鯛釣りスポットに到着。ここは、鯛釣りの聖地とも言われている場所です。
船長さんの注意事項を聞いたら、いざ、釣り糸を垂らします。

皆さんなかなかアタリが来ません。
と思いきや、何やら隣の女性がヒットした様子です!!
d0007875_19313405.jpg
真鯛が釣れました!!
長さを測ったら、67cmとのこと。驚いたことに、この女性は今回3回目の釣りとのことですが、実は前回も同じぐらいの大きさの鯛を釣り上げたそうです。
d0007875_19341293.jpg
満面の笑み。余裕の表情です。
それにひきかえ、素人の私は・・・・。
祭り好きな青森県民だけに、おまつり(周りの人の仕掛けと自分の仕掛けがからまってしまうこと)ばかりで、残念ながら釣れませんでした。
d0007875_19382027.jpg
でも、こんな美しい海を見ていたら、そんな小さなことなど忘れてしまいそうです。
中国には、「一生幸せになりたいなら釣りをしなさい」ということわざがあるそうですが、何となくわかるような気がしてきました。
d0007875_19432225.jpg
大きな鯛を釣り上げた彼女は、漁港に戻った後で、鯛をさばいてもらったそうです。
これは、現在は通常サービスとして行われていませんが、今後地元でこのような取組を検討中とのことです。
近くには約1年半後に北海道新幹線「奥津軽いまべつ駅」ができることから、青森の釣りがもっと身近に楽しめるようになります。

この秋、青森のダイナミックな釣りを堪能してみてはいかがでしょうか。

(by オーレおじさん)

外ヶ浜町役場産業観光課 
電話:0174-31-1228

青森おさかな自慢(青森県水産振興課)
by marugoto_aomori | 2014-10-01 20:06 | その他 | Comments(0)

八甲田・十和田を自転車で駆け抜ける ~ 八甲田グランフォンド開催! ~

d0007875_2513154.jpg

突然ですが、皆さんに質問です!
通勤・通学以外で自転車に乗っていますか?
 
乗ります!と回答した皆様に朗報です。
青森県を代表する観光地を舞台とした自転車レース(大会)が開催されるのをご存知ですか?

その大会の名は「八甲田グランフォンド」。
八甲田・奥入瀬渓流・十和田湖と県内屈指の観光スポットを巡る全長160キロ!
海抜1,000メートルをいっきに駆け抜けるという坂好きのサイクリストには堪らない大会です。
d0007875_16222088.jpg

八甲田グランフォンドのコース上になぞらえて見どころを紹介すると・・・。

・奥入瀬渓流
 深い緑から射す柔らかな木漏れ日を浴び、渓流のせせらぎを聞きながらのライド。
d0007875_2515396.jpg

・十和田湖
 湖面に打ち寄せるさざ波の音。
 青く澄み渡る湖面に木々の緑がきれいに映えます。
d0007875_2522531.jpg


また、道中には、千人風呂で知られる酸ヶ湯温泉や、
一風変わったスポットとしては、萱野高原&長生きの茶もあります。
d0007875_2124094.jpg

d0007875_213819.jpg

※長生きの茶※ 「1杯飲むと3年長生きし、2杯飲むと6年、3杯飲むと死ぬまで生きる」と言われる「三杯茶」といわれるお茶があり、休憩所では無料で飲むことができます。


大会は荷が重い・・・。
ゆっくりと自分のペースで楽しみたい・・・。
そんな自転車ユーザーの皆様にも足を運んでいただきたいイチオシのエリアです。

奥入瀬渓流・十和田湖は例年10月中旬頃に紅葉の見頃を迎えます。
赤・青・黄色・緑と色彩豊かな表情を見せるこのエリアを自転車で巡ってみませんか?

By ノッポさん


【八甲田グランフォンド】
 問合先:八甲田グランフォンド実行委員会
 住所:〒039-3501 青森県青森市大字浅虫字蛍谷64
 電話:017-752-2647 
    ※13時から21時まで
 HP:http://www.ne.jp/asahi/kasseika/ibennto/new1021.html 
 摘要:SPORTS ENTRY での参加申込:可
by marugoto_aomori | 2014-08-21 16:25 | その他 | Comments(0)

色とりどりのツツジに魅せられて。~大鰐温泉つつじまつり~~

d0007875_22515410.jpg

 大鰐町・茶臼山公園で開催されている「大鰐温泉つつじまつり」に行ってきました。
 ここ、茶臼山公園のツツジは、1966年に地元・大鰐中学校の1年生が入学記念に植樹したことから始まり、現在では40種類・1万5000本のツツジを楽しむことができます。

 見てください!この美しさ。
 赤・白・黄色など色とりどりのツツジが出迎えてくれます。
d0007875_22534518.jpg

d0007875_23405.jpg

d0007875_2345529.jpg

d0007875_2353496.jpg

 今年のツツジは、色の付き方・花の開き具合など、約40年の歴史のなかでも五本の指に入る咲きぶりとのことで、平日にも関わらず、多くのお客様がツツジを楽しんでいました。

 また、園内には屋台も出店しています。
d0007875_22572837.jpg

 ノッポさんは、地元の銘菓・「茶臼餅」と「もちパイ」をセレクト。
 春の陽気を浴びながら、眼下に広がる色とりどりのツツジを楽しみながら、優雅なおやつタイムを満喫しました。
d0007875_2258568.jpg

 満開を迎えた茶臼山のツツジは1週間程度が見頃とのこと。
今週末はツツジを見に、大鰐町に出かけてみませんか?
 (ノッポさん)

 大鰐温泉つつじまつり
 期間:平成26年5月24日~6月1日
 会場:茶臼山公園
    大鰐町 青森県立自然公園「茶臼山公園」
 イベントの紹介パンフレットはこちらから
  ↓↓↓
 http://www.town.owani.lg.jp/event/tutuji_fes/tutuji-leaf26.pdf
by marugoto_aomori | 2014-05-28 23:07 | その他 | Comments(0)

“こけし”の聖地 津軽こけし館

d0007875_16363181.jpg


春の陽気に誘われて黒石市に出かけました♪

今回お邪魔したのは「津軽こけし館」。
ここは、全国から5,000体もの“こけし”が集まる“こけし”の聖地で、地元・津軽系こけしをはじめ、東北地方六県の11系統の表情・彩色豊かなこけし達が展示されています。

ワクワクしながら館内に入ると、「こけシケ子」が出迎えです。
キモカワイイ!
d0007875_16373011.jpg

ゴールデンウィーク限定のイベント“時間内にこけしを探せ!~ドミノ事件編~”が開催されていました。
このイベント、展示されている5,000体の中から出題された“こけし”を探し出すというもの。
制限時間内に全ての“こけし”を発見した場合は、特別報酬ありと聞いて、テンションが上がります!
d0007875_16384873.jpg

早速エントリーを終えて、二階の展示室への階段を昇ります。
そこには、表情・形・色彩豊かなこけし達が出迎えてくれているではありませんか!
d0007875_1640918.jpg

また、館内のいたるところに、こけし・コケシ・こけし・・・!!
伝統的な“こけし”のほかに、カワイイ創作こけしも展示されていて、その表情・雰囲気・形の違いを楽しむことができます。
d0007875_1656549.jpg

d0007875_16564252.jpg

ノッポさんは楽しみすぎてタイムアップとなってしまいましたが、“こけし”の奥深さを十分に堪能することができました。

4/30~5/4まで、黒石市の東(あずま)公園では「黒石さくらまつり」が開催されています。
d0007875_16573985.jpg


桜を楽しんだあとは、こけし館まで足を運んで、“こけし”の奥深さを学んでみませんか。

By ノッポさん


■津軽こけし館
 住所:青森県黒石市袋字富山72-1
 営業時間:9:00~17:00 年中無休(ただし、冬期間12月~3月 16:00まで)
 電話:0172-54-8181
 http://tsugarukokeshi.com/
by marugoto_aomori | 2014-04-30 17:11 | その他 | Comments(0)

カワイイ!青森りんご本「りんごLovers」

d0007875_1616679.jpg
とーってもカワイイ青森りんごの本が完成しました!
タイトルは「りんごLovers」。
d0007875_16235133.jpg
著者は料理研究家の門倉多仁亜さんです。
d0007875_16174898.jpg
おいしそう!
左が「りんごと紫キャベツの煮込み」、右が「りんごと豚肉のオーブン焼き」。
ドイツのライフスタイルを伝える門倉多仁亜さんならではのメニューです。
この他にもりんごのベニエやガレットなんていう珍しい料理もたくさん紹介されています。
d0007875_16193446.jpg
これは市場の様子。
りんごの木箱や収穫用の竹かごはインテリアとしても人気なんですよねー
d0007875_16203288.jpg
昨年じっくり青森で取材を重ねたという「りんごLovers」。
りんご料理のレシピはもちろん、りんご農家の春夏秋冬、品種図鑑、りんごを堪能できる県内施設の紹介、さらにはりんごの保存方法、歴史まで。。。
まさにまるごと青森りんごづくしの110ページです。

この本を手に青森りんごを巡る旅なんてどうでしょう?
りんご畑でピクニックして、アップルパイのお店を散策、りんご露天風呂で疲れを癒して、お土産は収穫用の竹かご。
想像しただけも楽しくなります!

By niok

■りんごLovers
定 価 1,300円+税
著 者 門倉多仁亜
発売元 主婦と生活社
by marugoto_aomori | 2014-04-14 16:43 | その他 | Comments(0)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング