まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

カテゴリ:その他( 85 )

連載500回目の記事

みなさまに心から感謝です。ありがとうございます。

今日のブログはワタシが当番。
今朝から義人に「今日のブログの当番って、ワタシ?」 なんて聞いてみたら、
「今日は、500回目の節目の記事になりますよ!」、こんな話。

いつも、「今日は誰?」「最近書いていないから、YOSHIHITO?」
「いやぁ、この間続けて2本書いたじゃないですか!」
「じゃあ誰?、義人?」
とこんな会話が必ず午前中にあり、書くのを押しつけあう私達(笑)

なので「500回目をキープしておきました!」と言われても、
「もったいつけてまたワタシに書かせようとしているな!?」と普段からの押し付け合いでついつい斜めに考えたり。

ホントかな?なんて思いながら、管理者ページで確かめるとやっぱり500回目。
それと同時に、過去ログのタイトルを眺めていたら、いゃぁ、懐かしい記事がいっぱい。

書けるときに書いていこうと思いながら、続けてきましたが、その間にいただいたたくさんのコメントに励まされ、そしてこの素敵な青森を紹介してくださるたくさんのブロガーの方々にも影響され、月~金で書いていこうと続けてきました。

最近「食べものブログ化」(笑)しているように見えますが、
d0007875_13154263.jpg
(↑左上から時計回りで、吉田屋の「冷やしむじなそば」、佐藤の「鍋焼き」、味の札幌の「味噌カレー牛乳ラーメン」、龍鳳閣の「担々麺」、そべーぴ「こってり醤油」、アクバル「ランチ」、かつ村「メンチかつ」、マロン「ジャマイカンカレー」、マタベイ「大」、ノエル「ランチ」)

観光地の楽しみ方や身につけたくなる素敵な工芸品、そして生き生きとした青森人など多面的にも伝えてきたんですよ(笑)
d0007875_13225870.jpg
(↑左から、あけび蔓のバック、ブナコのランプ、津軽金山焼の急須、津軽塗りのマウス、ひばで作られたあすなろ履)

もちろん書き手の個性もそれぞれ。
特技が「筋子の大人食い」のカレだったり、バナナも農産物とついに研究所を創設したカレだったり、東京で一升漬けを作ってしまったアノカタだったり、魅惑のソフトに引き寄せられたカレchanだったり・・・。

過去ログを見ながら、あの頃コレがマイブームだったなあ、とちょっと感慨深かったり。

2年半でまだ500本。
一つの節目をきっかけに、あらためてみなさまに感謝しつつ、明日からの501本目もまた「素敵なあおもり」を心を新たにご紹介していきます。

これからも「まるごと青森」ブログ、どうぞよろしくお願いします。
byなおき
by marugoto_aomori | 2007-08-08 13:34 | その他 | Comments(32)

世界最強(?)の「青森県りんご試験場」

青森中のりんご園ではただいま摘果(てきか)作業の真っ最中です。
摘果とはりんごの実を間引く作業。実すぐりとも言います。

りんごは、一つの株に5つくらい花を咲かせますが、
これらを全部りんごの実にすると 栄養分が分散され、
糖度が低くて味のうすいりんごがたくさん実ることになります。
実も小さすぎてちょうど良い大きさにはなりません。
また、樹の栄養が足りなくなって、来年の花芽ができなくなってしまいます。
そこで、3~5株(つまり実が15~25)に1つの実になるよう間引いてしまうのです。
※花の時期に摘むと摘花です
d0007875_11553225.jpg
さて、
これらは今や当たり前の技術として普及していますが、
その栽培方法の確立には、
全国で唯一のりんご試験場が大きな役割を果たしてきました。

青森県で西洋りんご(今のりんご)の栽培が本格化したのは明治時代半ば。
当時は栽培方法など確立されておらず、
梨や桃などの栽培を模倣しながら勘と経験に頼った栽培が行われていました。
当時は主穀重点主義で果樹栽培に援助がなかったため、
りんご栽培は民間の努力によって支えられていたのです。
ところが、明治30年代、病害虫や生理障害の発生がいよいよ著しくなり、
廃園が続出する事態となり、
1931年(昭和6年)「青森県苹果試験場(現在のりんご試験場)」が建築されたのです。
りんご栽培者が待ちこがれたりんご研究機関の誕生でした。

以来、りんご試験場は、それぞれの時代において、社会情勢に対応した難題に取り組み、
数々の技術革新をもたらしてきました。
これらの研究成果・業績は、国内のみならず世界でも高い評価を得ています。
我が国唯一のりんご試験場は世界最強のりんご試験場とも言えるのです。
d0007875_1265367.jpg
青森りんごの歴史とりんご試験場の功績は、
りんご試験場に併設されたりんご史料館で詳しく知ることができます。
この建物は、昭和6年に英国のイーストモーリング研究所の建築様式を参考に建てられた旧青森県苹果試験場本館です。昭和43年に現在の庁舎が完成したため、「りんご史料館」に役目を変え、平成13年に改修されました。

史料館はりんご試験場の事務室に申し出れば土日でも見学可能(無料)です。
黒石方面にいらした際は、
りんご研究のど真ん中にいる「青森県りんご試験場」にもぜひお立ち寄りください。
近くには黒石焼きそばの名店もありますよ(笑)。
by 義人

※正式名称は「青森県農林総合研究センターりんご試験場」です。
by marugoto_aomori | 2007-06-12 12:21 | その他 | Comments(4)

青森カレー?

ある日。知人と話をしていたときのこと・・・

知「青森の特産品ってさ、カレーに合いそうなもの、結構あるんでない?」
私「ああー、だよね・・・・りんごカレールーもあるし、ニンニクカレーとかもあるし・・・」
知「あと、ホタテとか・・平内のイベントで出てくるホタテカレーはたんげめーよ♪」
私「食いたーい!あ、ながいも生産量日本一だし、じゃがいもの代わりに入れてみたりとか・・」
知「ああーいいな、青森カレーとか言ってさ、にんにくとかもいれてさ・・・」

なんて言う話をしていて、気がついたら試している自分がいました。(なんて単純な・・・)

ホタテは今後試すとして、ひとまず、今回は「ながいも」「にんにく」「にんじん」「鶏肉」そして今回は市販の一般的なカレールーを使いました。
d0007875_2324277.jpg
ながいもは半分を最初に炒め、残りの半分を出来上がる10分くらい前から少しずつ段階的に入れてみました。(長く煮込むと、溶けるかなーと思って)

にんにくは、1片をさらに半分にしたせいか、ほとんど溶けてしまいました。ながいもも最初に炒めたものはほとんど溶けてしまいました。

でも♪すごく美味しいカレーができあがっちゃいました~♪ながいもは10分位の煮込みでじゃがいものように、4~5分だと外がほっこり、中がシャキシャキでいい感じです。出来上がり直前だと・・・生って感じです。(個人的にはながいもネバネバとカレーは合っていると思います)
d0007875_2331081.jpg

 姿が残っているにんにくもほっこりしていて臭みは皆無に近いです。

 今度はお肉じゃなくってホタテで試してみようと思います。皆さんのお宅でカレーに欠かせない青森具材ってありますか?あったら是非是非教えてくださいね!

byノブchan
by marugoto_aomori | 2007-04-12 12:30 | その他 | Comments(16)

九州の中の北東北 「みちのく夢プラザ」

2月のある日、お仕事で福岡県へ。
訪問先のひとつが、
ここ「みちのく夢プラザ」でした。

「みちのく夢プラザ」とは、
青森県、岩手県、秋田県が合同で開設したアンテナショップで、
四季折々の観光情報を提供したり、
北東北ならではの特産品を販売したりしています。
d0007875_18333044.jpg

場所は地下鉄「天神駅(2番出口)」からすぐの住友生命福岡ビル1F。
人通りの多い明治通りに面していることもあって、
10:30の開店から19:00の閉店まで、
実にたくさんのお客様で賑わっています。

その店内で目を引いたのが「18年度の年間売り上げベスト5」。
途中集計とのことでしたが、
各県ごとの売り上げベスト5商品が紹介されていました。
d0007875_1841338.jpg
青森県の第1位は「生ニンニク(田子町産)」。
菓子類かと思ったらなんと野菜!しかもニンニクですよー!
聞くところによると、福岡で青森県産ニンニクを買えば、店によっては1個300円もするとか。
おいしい青森ニンニクが4~5個で525円なら、かなりお買い得ですよね。
たしかに九州の方々はニンニクをよく食べると聞きますし・・・なるほど。
第2位は「鮭とばジャーキー(佐井漁協)」で、以下「ねぶた松前漬け(ヤマモト食品)」「ほたて干貝柱パラダイス(県漁連)」「焼きするめさき(花万食品)」の順。
どうですか?福岡で売れている人気商品は、あなたの想定内だったでしょうか(笑)?

平成17年度に「みちのく夢プラザ」でお買い物をした人数はのべ15万人ほど。
これからも地元の人々に愛される「みちのく夢プラザ」であってほしいと思います。
by 義人

=お店情報=
みちのく夢プラザ
〒810-0001 福岡市天神2-8-34 住友生命福岡ビル1F
TEL:092-736-1122
ホームページhttp://www.north-tohoku.gr.jp/puraza/
by marugoto_aomori | 2007-03-12 18:44 | その他 | Comments(10)

MAKING ・・・ ありがとうございました!

2月17日、18日の二日間、
青森県立美術館コミュニティーギャラリーで
"青森ブロガーオフミーティング2007 写真展「ブログの原点」"が開催され、
参加ブロガーによる告知のみにも関わらず、
二日間で303人の来場者がありました。
本当にありがとうございました。

写真展前日の16日、
午後に会場入りしたスタッフは早速設営を開始。
レベライザーを使っての作業は順調に進みましたが、
白い壁に刻まれる赤外線のラインが綺麗で、
そこはやはりブロガー、
みんな写真にしっかり納めていました。d0007875_10475488.jpg
d0007875_10481059.jpg

写真展初日、
会場30分前に集まったスタッフは軽く緊張した様子。
"箱男"さんはギリギリで仕上げた絵の補修に必死。d0007875_10505086.jpg
9時15分、プチオープニングセレモニーがスタート。
「レディース&ジェントルメン、ただ今より~」
"義人@まるごと"の司会進行により、
まずは実行委員会の会長である"1207BLUE"さんがあいさつ。d0007875_10582389.jpg
今回の企画のキーワード「ブログで青森を盛り上げたい!」、
この言葉への思いを話す"1207BLUE"さんはかっこよかったです。
そして、盛大?なファンファーレのもとテープカットが行われ、
写真展がいよいよ開幕しました。d0007875_10594775.jpg
会場にはPママさんから素敵なお花が届けられ、
これが入口に華やかさを演出してくれました。
Pママさん、ありがとうございます。d0007875_1133557.jpg

お客様は来てくれるのだろうか?
ドキドキしながら、ソワソワしながら待っていましたが、
意外なほどにたくさんの人がやってくるので、
スタッフは軽く興奮気味。
「すごいですねー」ばかりを言い合っていました。d0007875_1183590.jpg

初日を無事に終え、
アスパム「quarterly」で出展者による懇談会。
旧知のブロガー、初めのブロガー、みんなが今回の企画の成功を祝い、
そして、合い言葉「青森サイコー!」のかけ声で乾杯。
中には青森市T中学校出身が集まり校歌を歌い出す一幕もあり、
盛り上がりも最高でした。d0007875_1114376.jpg
d0007875_11145627.jpg
d0007875_11151223.jpg

アスパム「quarterly」での懇談会が終了すると、
シークレット企画、"gomapon"さんが案内する夜の青森港撮影会、
題して「よるぽんツアー」が決行され、
寒い寒い冬の青森港を20名弱がゾロゾロと移動しながら写真を撮るという
異様な光景も展開されました。楽しかったですwd0007875_1119323.jpg

写真展二日目、
この日もプチオープニングセレモニーはしっかり実施。d0007875_11205014.jpg
お客様も順調に来てくださり、
"1207BLUE"さんら自分が普段読んでいるブログのブロガーを見つけ、
談笑したり、握手をしたり、本当に楽しい時間が流れました。d0007875_11243464.jpg

楽しく、そして感動的だった写真展も終わり、
スタッフは栄養ドリンクで乾杯し、
最後にクラッカーを飛ばして写真展の成功を祝しました。d0007875_11271055.jpg
d0007875_11292193.jpg

今回の企画は、
"1207BLUE"さんという素晴らしいブロガーの存在がきっかけとなったもので、
限られた範囲のブロガーによる企画です。
声をかけることができなかったみなさん、ごめんなさい。
それでも、ブロガー同士集まってこんなことができるという事を知ることができました。
こんな企画がいろんなところで行われたら、
きっと楽しい青森県になると思います。

スタッフのみなさん、お疲れ様でした。
出展者のみなさん、ありがとうございました。
来場者のみなさん、ありがとうございました。
青森サイコー!
by marugoto_aomori | 2007-02-19 11:43 | その他 | Comments(51)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング