まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

カテゴリ:青森人( 7 )

ツル多はげます会 ~『ハゲ川柳』出版しました~

 明日は仲秋の名月。鶴田町では、「ツル多はげます会」のまん丸お月様を楽しめる「有多毛(うたげ)」が開催されます。

 これまで本ブログも紹介していますが、平成元年に鶴田町の竹浪正造さんら13名で設立した「ツル多はげます会」は、設立日の2月22日(ツルツルの日)と旧暦8月15日(中秋の名月)の年2回、「有多毛(うたげ)」と名づけられた例会を開催し、会員同士、様々なイベントを通じて交流を深めています。

d0007875_9473956.jpg


 「有多毛」のメインイベントといえば、やはり「吸盤綱引き」。
 会員同士が自慢の額(ハゲ頭)にくっつけた吸盤を紐で引っ張り合うというインパクトの強さから、これまで、さまざまなメディアに取り上げられてきました。
 会の名前は知らなくても「吸盤綱引き」は知っている!という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

d0007875_9481091.jpg
1対1の真剣勝負! 横綱目指して火花を散らしています。


 その吸盤綱引きを「ツル多はげます会」の体育会系イベントの最高峰とするならば、文化系イベントの最高峰が「ハゲ礼賛川柳」。
 「ハゲをポジティブにとらえ、心から楽しみ、ハゲを通じて世の中を明るく照らす平和な活動を展開する」という会の趣旨に基づき、川柳をたしなむ会員らにより年1回開かれる句会では、頭部への思いがいっぱい詰まったユーモア溢れる「ハゲ川柳」が披露されてきました。

d0007875_9484591.jpg


 このように、これまで数多く詠まれてきた「ハゲ川柳」ですが、「是非、多くの方にご覧いただき、心の癒しにしていただきたい」との須郷会長や会員の熱い思いが実り、先月、厳選した83句が『ハゲ川柳』(ツル多はげます会/著、竹浪正造/絵)として河出書房新社から出版されました。
 また、会創設者で、昭和30年から毎日、絵日記を書き続けていることでも知られる竹浪正造さん(98)が新たに書き下ろしたイラストが添えられ、さらに川柳の面白さが引き立ち、読み進めるほどに笑いが増幅していくこと間違いなしの1冊となっています。

d0007875_9493033.png
「ハゲ川柳」と竹浪さんの挿絵。トレンディーエンジェルも大推薦の1冊です。


 この他にも、会設立までの経緯や活動内容、ハゲ型分類表、さらに巻末には入会申込書と、会の情報が満載ですので、入会をお考えの方、ハゲをポジティブにとらえて生きていきたい方には、実用書・参考書としてもご活用いただけるのではないでしょうか。

d0007875_9495394.png
現在、ハゲ型は6分類。新しい型が発見された場合は、随時追加します。


 設立から28年が経ち、現在、会員数は59名を超え、全国に支部を持ち、また、会の未来を担う青年部まで立ち上がったハゲの総本山「ツル多はげます会」は、「鶴田町を世界のハゲの聖地」にすることを目標に、これからも“ピカピカ”“キラキラ”輝いていきます!

d0007875_9505100.jpg
日本一長い木造三連太鼓橋「鶴の舞橋(鶴田町)」にて…


ツル多はげます会facebook
https://www.facebook.com/tsurutahagemasukai/

『ハゲ川柳』(ツル多はげます会/著、竹浪正造/絵、河出書房新社、1,000円(税別))は、青森県内をはじめ全国の書店、オンライン書店で絶賛販売中です。
詳しくは、河出書房新社「ハゲ川柳」サイトをご覧ください。http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309024912/

by MJ
by marugoto_aomori | 2016-09-14 10:02 | 青森人 | Comments(0)

笑顔が印象的な「おもてなしガールズ」が発足!

もうすぐ青森県・函館デスティネーションキャンペーン(青函DC)が始まります!
県内各地でも、ポスターが貼られたり、バスやタクシーにシールが貼ってあったりなど、青森にいらっしゃる観光客の方々をお出迎えする雰囲気が高まっていますね!

そんな中、あおもりに来てくれるお客さんお迎えするための取組「あおもり笑顔のおもてなしキャンペーン」の一環として、公認応援隊の「おもてなしガールズ」が発足しました!

d0007875_17392549.jpg
おもてなしガールズは、自分たちの笑顔で青森を訪れるみなさんが笑顔になってくれることを目指して「スマイル&スマイル」をコンセプトに活動しています。

28日(火)は「新幹線に乗っちゃって~♪」でお馴染みのテレビCMの撮影に参加して、青函DCを元気いっぱいに踊りで応援!
(踊っている様子と決めポーズはまるごとあおもりFacebook で見られます。よかったらこちらもご覧くださいね)
d0007875_18035694.jpg
29日(水)は新青森駅でのレンタカーおもてなしキャンペーンに参加し、青函DCに関連するキャンペーンを盛り上げました。
d0007875_18062055.jpg
そして明日30日(木)は青森中三で10:00からプロモーションを行うそうです!
おもてなしガールズに出会ったら、ぜひ声をかけてみてくださいね。

みなさんも、おもてなしガールズと一緒に「スマイル&スマイル」で観光客の皆さんをお迎えしましょう!

☆青函DC応援CM☆
時期:7月上旬~放送開始
放送:県内の民放全局

<あおもり笑顔のおもてなしキャンペーン とは>
あおもりの旅を楽しみに訪れるお客様を県民一人ひとりが、地域に愛着と誇りをもって、おもてなしの心でお迎えすることにより、「青森県に来て良かった。もう一度訪れたい」と心から感じていただけるようこころがけるキャンペーンです。
このキャンペーンでは、県民の皆さんが実践するおもてなし活動を募集して、インターネットやメディアで紹介するほか、県内で見た・うれしくなった・感動した・思わず笑顔になった「おもてなし体験」を共有することで、おもてなしの輪を県内全域に広げていきます。

(by霜月)

by marugoto_aomori | 2016-06-29 18:08 | 青森人 | Comments(0)

太宰の意外な一面と津軽の暮らしを知る「太宰治疎開の家」

太宰治は1945年に東京と甲府市で空襲に遭い、妻子とともに津軽へ疎開。
終戦を迎える直前の7月末から1年3ヶ月間、生家「斜陽館」に身を寄せ、その離れ「新座敷」に暮らしました。
「太宰治疎開の家(旧津島家新座敷)」現オーナーの白川さんが座っているのは、太宰が執筆のために使っていた六畳間。津軽塗の机の上で太宰が手がけた作品は23を数えるそうで、疎開期間中に充実した創作活動をしていたことが伺えます。

d0007875_12375027.jpg



長い間生家から義絶されていた太宰が、この家で病床にあった母を見舞うことが叶い、涙をこらえた出来事を書いた小説や、疎開中のユーモラスなエピソードなど、これまであまり知られていなかった意外な太宰像を丁寧に語る白川さん。興味深い話に耳を傾けながら、太宰が数々の創作をした空間に座れば、当時の暮らしぶりが目に浮かぶようです。
「太宰は暗い」というステレオタイプなイメージを見事に覆してくれる、白川さんは青森名物なのかもしれません。
d0007875_12380292.jpg
こんどの日曜19日には、五所川原市金木町芦野公園にて「太宰治聖誕祭」も行われます。皆さん、太宰ワールドに浸ってみては如何でしょうか。


<問合せ先>
太宰治疎開の家「旧津島家新座敷」
五所川原市金木町朝日山317-9
電話0173-52-3063 
HPhttp://dazai.or.jp/modules/spot/index.php?lid=6
営業時間 9:00~17:00 休館日 不定休 入館料500円

by菊花


by marugoto_aomori | 2016-06-15 08:52 | 青森人 | Comments(0)

津軽の自然に根ざした温もり溢れる牧場「長谷川自然牧場」

長谷川自然牧場は津軽地方の日本海沿岸に位置する鯵ヶ沢町で、長谷川光司さんと洋子さんのおしどり夫婦が経営しています。
d0007875_14481299.jpg

長谷川自然牧場というその名の通り、できるだけストレスのない状態で飼われている鶏の卵と、一般的な濃厚飼料を使わずに自家発酵飼料や地元で生産されるじゃがいもを飼料として養豚を手掛けています。
思わず鼻を覆いたくなるような臭いの養豚場も少なくありませんが、長谷川さんの養豚場にはそれがありません。米のもみ殻を燻した燻炭を豚舎に敷き詰めたりして、特有の臭いを消す努力をしているのだそうです。
d0007875_1441992.jpg

d0007875_14415484.jpg

長谷川さんが育てた豚肉は、ひと口噛んだ瞬間に肉のうま味が舌を包み、香ばしくて甘い脂身の香りが鼻へと抜けます。
とにかく肉そのものに存在感があるので、軽く焼くか茹でるかして塩などでシンプルに味わうのが長谷川さんの豚肉を堪能する最善策です。
d0007875_14361161.jpg

豚の飼育期間は10か月で、一般的な豚より4か月も時間を掛けて丁寧に育てているそうです。
「丁寧に育てることで、昔の豚肉のような味がします。特に脂に甘味があるんだよなぁ」と光司さんは言います。

豚肉のほかにも、ストレスのない状態で飼われている鶏の卵は黄身の色も自然な黄色で味わいは実に濃厚。
産みたての卵は卵白が二層に分かれているのが一目瞭然で、試しに卵黄へ爪楊枝を刺してみても割れることなくプリップリのまま。
常温でも1か月近く日持ちするほどに卵が元気なのだそうです。
d0007875_1438340.jpg

「毎日スキンシップは欠かしません」
と、洋子さんが豚に手を差し出すと豚たちが鼻を鳴らしながら顔を出します。
d0007875_14392510.jpg

生まれた瞬間からスキンシップを欠かしていないからか、見学者が豚舎に入っても豚たちは喜んで出迎えてくれます。
来訪者を温かく受け入れるご夫婦の心意気が豚や鶏たちにも伝わっているのかもしれないですね。

長谷川自然牧場では、津軽地方の気候風土に合わせて営まれる自然な農業を間近で体験できます。
「私たちはさまざまな生き物から命をいただいているということに気付いてほしい」
という思いから、見学や牧場体験も受け付けています。

<問合せ先>
長谷川自然牧場
住所:鰺ケ沢町北浮田町平野110
電話:0173-72-6579
HP:http://www7b.biglobe.ne.jp/~hasegawasizenbokuzyou/
※牧場体験は季節を問わず随時受付中(要予約)

by きむにぃ
by marugoto_aomori | 2016-06-01 14:49 | 青森人 | Comments(0)

津軽の里の伝承料理を振る舞う

 農家のお母さんたちが30人ほど集まり、予約制で津軽の伝承料理を振る舞う「津軽あかつきの会」。
 津軽の伝承料理の保存と復活を目的に、地元の高齢者から家々に伝わる料理のヒアリングを重ね、保存食づくりの工夫や季節の行事や地域の食との関係などを徹底調査、レシピとしてアーカイブしています。

d0007875_18024272.jpg
 料理はほとんどが地元でとれた食材で、うま味調味料などは一切使わず、昔ながらの味を再現することに徹しているそう。
「うま味調味料を使わなくても、土づくりをちゃんとしていれば、とれたての野菜からうま味がでる。例えば、カブとキクイモは、アクを出し合って美味しい。きのこ鍋も素材からの出汁だけで十分美味しいんです」と話す工藤さん。
d0007875_18030891.jpg
 予約が入ると、数日前から塩蔵品や乾燥品を戻したり、出汁を引いたり…。津軽地方のお正月料理、春の山菜料理、田植え料理、お盆料理、秋のきのこ料理など、季節に寄り添った津軽の郷土料理のレパートリーは無尽蔵。

 厳しい冬を乗り越えるための保存法、バラエティに富んだ食材をさまざまに楽しむための調理法、津軽の自然に育まれた山海の幸を使いこなして受け継がれてきた伝承料理は、まさに知恵のかたまり!
 これこそテロワールです!


<問い合わせ先>

津軽あかつきの会

弘前市石川家岸44-13 

電話0172-49-7002

1食1,500円~ 要予約

http://www.umai-aomori.jp/know/sanchi-report/37.phtml

by菊花


by marugoto_aomori | 2016-05-25 11:12 | 青森人 | Comments(2)

ヒバのある暮らしを、あの手この手で提案

斧にも似た形をしていることで“まさかり”とも呼ばれる下北半島は、その面積の大半を森林が占める国内屈指のヒバの産地。
風間浦にてヒバの専門店「わいどの木」を営む村口要太郎さんの願いは、水や湿気に強く、抗菌性や防虫・防臭効果も認められるヒバを暮らしの中で身近かな存在にすること。
d0007875_20201048.jpg

店内には、アメリカ・シカゴ建築デザイン博物館グッドデザイン賞を受賞した「JAL国際線のお箸」や、製材時に出るおが粉を固めて防湿&消臭を狙った「ヒバ爆弾」なる商品など、食器から家具に至るまで、さまざまヒバ製品が取り揃えられています。
d0007875_20205705.jpg


d0007875_20200015.jpg

また、4月から11月にかけては総ヒバづくりの宿泊施設で滞在しながら木工体験することもできます。「わいどの木」の皆さんと、ヒバの香りに包まれながら下北の暮らしぶりを味わってみてはいかがでしょうか。

d0007875_20211382.jpg

<問い合わせ先>
わいどの木
風間浦村易国間大川目6-7
電話0175-35-2147  
営業時間9時〜17時 土日祝休
http://ydonoki.jp/

by菊花

by marugoto_aomori | 2016-05-04 08:00 | 青森人 | Comments(0)

大間の浜まぢあるき ~漁師の強運おすそわけツアー~

本州の最北端に位置する大間町の名物は全国的な知名度を誇る大間マグロだけではありません!
地元の人々からはもちろんのこと、来訪者からも「ヤッコ」さんの愛称で呼ばれる「島康子」さんも、間違いなくこの町には欠かすことのできない一大名物です。
d0007875_19122715.jpg

島さんが、まちおこしゲリラ活動をビジネスにする会社「Yプロジェクト株式会社」を立ち上げたのは2013年春のこと。
以来、名物のマグロやノナ(ウニ)などをモチーフにしたユニーク度満点なテーシャッツ(Tシャツ)やブリーフ、町の人も訪れた人も腹から笑って元気になれる旅行商品などを連発中。「笑い」という新しい観光資源を大間の町で育てています。

気になる「Yプロジェクト」の新商品は、島さんをはじめとした「Yプロジェクト」のメンバーや「おおまエスコートクラブ」がアテンドする「大間の浜まぢあるき~漁師の強運おすそわけツアー」です。

大間の町を牽引するマグロ漁師たちが行きつけにする店や、勝負に強い漁師たちの守り神を祀る神社などを巡り、漁師たちの暮らしぶりを体験できます。
漁師たちの冬のマストアイテムでもある「ほっかむり」を被って、つまみ食い用のお箸をそれぞれ手に取ってスタートします。
d0007875_18441860.jpg

漁師が漁に出る時にゲン担ぎで船に持ち込み食べる「油パン(あんドーナツ)」をつまみ食い。
d0007875_18555771.jpg

大間名物「アワビのおでん」(一休食堂)をつまみ食い。
d0007875_18573798.jpg

稲荷神社と龍神様(八大龍王神)にお参りして、
d0007875_1912852.jpg

大間の子供たちの憩いの場「しずおか」で、くじ付き駄菓子で運試し!
d0007875_19135075.jpg

最後は「浜寿司」で、マグロが大好きなイカの握りをつまみ食い。

d0007875_19215037.jpg

このツアーに参加すれば、大間という町の面白さが見えてきます!
抱腹絶倒間違いなしです!

■「大間の浜まぢあるき〜漁師の強運おすそわけツアー」
 料金:2,500円(1名)
 実施日:通年(日休 ※9,10月は毎日実施)
 実施時間:11時20分~/13時30分~
 最小催行人数:2名
 対象:5歳以上
 ※前日の13時までに申し込み(9時~14時)

<問い合わせ先>
Yプロジェクト株式会社
住 所:大間町大間蛇浦道11-7
電 話:0175-37-5073
FAX:0175-37-3926

by きむにぃ
by marugoto_aomori | 2016-03-30 19:33 | 青森人 | Comments(0)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング