まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

カテゴリ:おいしい食材( 306 )

りんご感に感動!農家が干したリンゴ

鰺ヶ沢町の風丸農場で作られる農家が干したリンゴ。
その形はコロンとした櫛形で、切ったリンゴをそのまま干したのが一見してわかる外観です。

d0007875_2228247.jpg

一口かむとリンゴの甘い香りが広がります。モチモチとかみごたえのある食感で、噛めば噛むほど味わい深く、ほどよく凝縮されたリンゴの甘味と酸味が染み出てきます。

d0007875_2304233.jpg

乾燥する際、最初はちょうど良い加減を探るのに苦労したそうですが、リンゴの剪定枝を燃料にした薪ストーブを用い、低温でじっくり乾燥させることで、独特の食感や味わいとなりました。

この商品、地域一帯に降ったひょうによって、傷つき、売り物にならなくなってしまったりんごを、苦肉の策で干してみたところ、大ヒット商品へと成長したのだそうです。

今回、写真でご紹介しているのは、「ふじ」ですが、そのほかにも、王林、ジョナゴールド、むつ、など品種ごとに10種類以上がラインアップ。品種ごとに味も香りも、酸味も甘味も異なるので、食べ比べすると楽しいですよ。

d0007875_22411569.jpg

風丸農場は、りんごをはじめとして、米や大豆などを大規模に手掛けています。そんな風丸農場の農場主の木村才樹さんが目指しているのは、生活者と生産者が一緒につくる新しい農業。木村さんは、首都圏の企業や学生グループを受け入れ、農業体験を通して交流を深めています。
農作物づくりだけではなく、生活者との関係づくりにも取り組んでいる木村さんの活動からも目が離せませんね。

<問合せ先>
風丸農場【有限会社 白神アグリサービス】
住所:鰺ケ沢町大字建石町字大曲1-1
電話:0173-82-5421
HP:http://www.kazemaru-nojo.com/

by はっしー
by marugoto_aomori | 2016-09-12 23:30 | おいしい食材 | Comments(0)

お尻まできれいな「津軽の桃」

りんご農家が育てる「津軽の桃」は、お尻の部分まで色付いてとてもきれいだと好評です!
d0007875_20381375.jpg

その秘密は・・・
りんごの色付けの技術と同じ、着色用の反射シートを使っているからなんです!!!

「津軽の桃」の栽培は、りんごの価格低迷や台風のリスク回避のためにりんご以外の果樹の栽培を模索した結果、津軽平野の気候やりんごと同じバラ科の桃の栽培方法が似ている部分が多いことから、平成19年度から本格的に産地化に向けて取り組んでいます。
d0007875_20383011.jpg

りんご栽培の技術を活用した木の剪定や実選り、袋掛け、果実の色付け、さらには農業用資材までそのまま使える、まさにりんご農家じゃなきゃ作れない桃なんです。
さらには、光糖度センサーを通して厳選された桃だけを出荷しているので美味しくないわけがありません。
d0007875_20384964.jpg

今年7月には「津軽の桃」のブランド化に向けて地域団体商標を取得し、今後ますます美味しい桃をみなさんの食卓に届けて行きますので、応援をよろしくお願いします!
d0007875_2039433.jpg

「津軽の桃」は、8月上旬から10月上旬頃まで複数の品種が次々に出荷されていきますので、スーパー等で見掛けたらいろんな味を楽しんでみてください。
主力品種の「川中島白桃」は今が旬です!
ぜひご賞味ください。

<問い合わせ先>
JA津軽みらい 平賀基幹グリーンセンター(津軽もも生産部会事務局)
住所:青森県平川市本町北柳田23-8 2F
電話:0172-44-8490
HP:http://www.ja-tsugaru-mirai.or.jp/tokusan/tokusan_momo_dtl.html

by きむにぃ
by marugoto_aomori | 2016-09-06 20:45 | おいしい食材 | Comments(0)

カネタ玉田酒造店「華一風」

青森県弘前城近くに酒造を構える創業1685年の老舗酒蔵・カネタ玉田酒造店。
歴史ある酒蔵で造られる〝特別純米酒 華一風〞は、吟醸酒のようなフルーティな香りと苦味のない濃厚な旨味と程良い酸味が口いっぱいに広がり、それでいて後味はすっきりした味わい。
青森県産酒米・華吹雪と岩木川の伏流水で造られた、香りとお米の良さが引き出された絶品です。
d0007875_17260671.jpg


d0007875_17254991.jpg

華一風という名前は「華やかな香りと、華吹雪を使って風を起こしたい」という10代目の玉田宏造さんの想いから名付けられたもの。
宏造さんは、東京の大学を卒業後、そのまま東京で就職し、その後数年経ってから後を継ぐために地元に戻って酒蔵に入りました。

d0007875_17262480.jpg

9代目で父でもある陽造さんのもと研鑚を重ねている宏造さんいわく、「徐々にイメージした通りのお酒を造れるようになってくるのが面白い。そして何よりも嬉しいのは地元の人が『美味しい酒だね」』と言ってくれること」とのこと。
今後の酒造りに益々期待が高まります。


<お問い合わせ>
カネタ玉田酒造店「華一風」
住所:弘前市茂森町81
電話:0172-34-7506

by菊花


by marugoto_aomori | 2016-09-05 17:43 | おいしい食材 | Comments(0)

帰省時にいかが?人気お土産ランキング~アスパム:地場セレクト編~

みなさま、あつーい夏休み、いかがお過ごしでしょうか?
お盆期間中ということもあり、地元で過ごされている方も多いかと思います。

今回は、アスパム内のおみやげ店舗「地場セレクト」さんでおみやげに大人気の商品を聞いてきたので、ランキング形式でご紹介いたします!

<第5位>「あおもり地サイダー」6本セット1,773円(税込み)
青森県内の王道~ニューフェイスまで様々な地サイダーが一堂に会する6本セットが大人気!6本セットは夏限定ですし、それぞれ特徴があって飲み飽きないので、まとめ買いをおすすめします。

☆単品価格はこちら(すべて税込み)☆
みしまバナナサイダー154円/三島シトロンサイダー154円/いなかだて田んぼアート黒サイダー350円/ふかうら雪人参サイダー367円/十和田湖BLUE Cider 324円/奥入瀬GREEN Cider 324円
d0007875_18074370.jpg

<第4位>「おひさま色のミニトマトジュース」 大720ml:1600円、小180ml:420円 (ともに税込み)
2016年青森県特産品コンクールで、個人で唯一「会長賞」を受賞した一品。5種類のミニトマトをブレンドしたこのジュースは絶品!
爽やかな酸味と甘味がほどよくマッチし、あらごしでありながらスルッと口の中を通り抜けていきます。なんと720ml瓶にはミニトマト2.4kg分を使用しているんだとか。これを飲むと、もう市販のトマトジュースには戻れなくなってしまいます…!
d0007875_17531413.jpg

<第3位>「青森雪貯蔵カットりんごゼリー」 1個390円(税込み)
雪の中に貯蔵したりんごはもぎたてのみずみずしさと歯ごたえを保持しているのが特徴!その”雪貯蔵りんご”を贅沢に使用したゼリーです。冷蔵庫(もしくは冷凍庫)でキンキンに冷やして、上品な甘さを楽しんでくださいね。
d0007875_18053564.jpg

<第2位>「カリポリ貝ひも」540円(税込み)
味のバリエーションも豊富で、定番の”チーズ”や”チキンミックス”のほか、甘しょっぱい系の”塩キャラメル”やスパイシーな”とうがらし”などさまざま!1080円のバラエティパックもありますので、ぜひ食べ比べを試してみては??
d0007875_18110762.jpg

<第1位>「手造りの味とまとけちゃっぷ」 514円(税込み)
地場セレクト不動の人気を誇る「とまとけちゃっぷ」です。蓬田村のおいしいトマトを贅沢に使用した一品。一度食べたらやみつきになる、まさに魔性のケチャップと言えるでしょう。10本単位でのまとめ買いをするお客様も多いのだとか!
d0007875_18044691.jpg


<番外編>「2016リオデジャネイロオリンピックモデル 金魚ねぷた」
大:1500円 小:950円(ともに税込み)
目の下に黄色と緑の模様が入ってたり、尾びれが五輪カラー+日の丸になっていたりと、記念にピッタリの一品。この写真では見えませんが、右目の上には「2016」の文字入りでコレクションアイテムとしても素敵です。
d0007875_18091905.jpg
お土産売り場を歩いていると、ワクワク楽しくなっちゃいますよね。わたしは調子に乗って、ついつい買いすぎてしまうタイプです…。
ぜひみなさんも素敵な商品を探してみてくださいね!

<<店舗情報>>
店舗名:地場セレクト
場所:青森市安方一丁目1番40号 青森県観光物産館アスパム1階
URL:http://www.aomori-kanko.or.jp/web/guide02_shop07.html
TEL:017-777-3679
FAX:017-735-2067
(営業時間)
4月~10月:9時~19時
11月~3月:9時~18時
※休館日 12月31日、1月の第4週の月・火・水のみ

(霜月)

by marugoto_aomori | 2016-08-15 18:49 | おいしい食材 | Comments(0)

今が旬!一年の中で最も身が太った小川原湖・十三湖の「土用しじみ」

d0007875_13523227.jpg
 青森県のシジミガイの漁獲量は全国トップクラスに位置し、小川原湖産・十三湖産ともにその味と品質の良さから全国ブランドとなっています。その青森県産シジミガイですが、今、最も美味しい旬の季節を迎えています。
 春の雪解けから元気よくたくさん餌を食べ産卵前のこの時期、一年の中で最も身が太り美味しく、食べごたえのある季節を迎えています。

d0007875_13562652.jpg

d0007875_13565218.jpg
 上の写真は、濃厚なシジミのエキスだけで白濁した潮汁です。シジミの定番料理は汁物ですが、その味付けには味噌や塩があります。今回は塩(潮汁)をご提案します。シジミの濃厚なエキスで白濁した潮汁をひとくち口にすると、その旨さが体中に染み渡り、夏の疲れた体を元気にしてくれます。また、シジミの身もプックリと大きく成長しているので、食べごたえ抜群のお椀です。

d0007875_1405152.jpg

d0007875_141287.jpg
 また、バターとニンニクで炒めたシジミガイに茹でたパスタを絡ませ、塩・コショウで味を整え、仕上げに大葉を添えた「シジミのパスタ」も簡単で抜群の美味しさでお奨めです。お好みで少量の鷹の爪を加えると、ピリ辛の美味しいシジミパスタになります。
 シジミガイはうま味成分であるコハク酸が豊富で独特の美味しさが特徴です。また、肝臓に良いとされるオルニチンなどの有効な栄養成分が含まれ、更に鉄分も多く、鉄分の吸収を促すビタミンB12も含まれるスーパーフードです。
 暑い夏!家族や友人などが集まる機会が多いと思います。楽しく飲んで、美味しい料理を食べて、そして「土用シジミ」の潮汁・味噌汁を飲んで元気に過ごしましょう。

 お魚自慢!青森県。「旬のものを旬の季節に」。是非、この時期限定の「土用シジミ」をご賞味ください。

by お魚くいしんぼ
by marugoto_aomori | 2016-08-12 13:00 | おいしい食材 | Comments(0)

津軽海峡の塩

北海道と本州を結ぶ津軽海峡の地下から汲み上げた海水を使用した「津軽海峡の塩」。

d0007875_17575250.jpg

津軽海峡に面した風間浦村で、塩辛やあんこう鍋など海の幸を加工販売する駒嶺商店のヒバ造りで木の香りが漂う工房で、昔ながらの製法で丁寧に時間をかけて作られます。
沖合80m・地下5mから汲み上げた海水をタンクに貯蔵し、機械でろ過、紫外線殺菌した上で、〝直煮法〞という昔ながらの製法で作ります。
海水の状態を見極めながら釜の火で加熱していくと、釜の下に石灰が蓄積し固まり、焦がさないよう気を配りながらザルで何度もこして石灰を取り除くと粗塩となります。これを更に脱水と乾燥を施して、ようやく「津軽海峡の塩」が完成します。

d0007875_17565745.jpg

昔ながらの製法で仕上げた塩は、口に含むとほのかに甘く、津軽海峡の海の恵みを味わえます。

シンプルな方法でこそ塩の旨味が分かりますので、一番のオススメは「おにぎり」に津軽海峡の塩を使用すること。

まばらにちりばめられた粗塩が時間が経過しても米の甘みを引き立て、塩本来の旨味も残ったままの絶品です。


<お問合せ先>
海峡市場ばんや(株)駒嶺商店直営販売店
住所:青森県下北郡風間浦村大字蛇浦字石積12-13
電話:0175-35-2865

by菊花


by marugoto_aomori | 2016-07-27 18:07 | おいしい食材 | Comments(0)

夏の味覚!シーズン到来「さくらんぼ」(南部町)

今年も、ワクワクする季節がやって来ました。
そう、初夏を代表するフルーツ「さくらんぼ」の季節です!
d0007875_12354214.jpg
キレイ!

青森県内で”さくらんぼの名産地”と言えば、県内一の生産量を誇る南部町です。

町内にある産直施設「チェリーセンター」には、この時期、色鮮やかなさくらんぼがたくさん並んでいて、先日訪れた際にも、多くのお客様がさくらんぼを買い求めていました。

また、毎週日曜日に八戸市で開催されている館鼻岸壁朝市でも南部町産のさくらんぼが売られていて、こちらも、たくさんのお客様が足を止めていました。
d0007875_12361223.jpg
ただ買って食べるだけでなく、狩るのも楽しいさくらんぼ。

南部町では、毎年6月中旬~7月中旬にかけてさくらんぼ狩りが開催されています。
平成28年度は6月20日(月)~7月18日(月・祝)まで開催中。
時期によって収穫できる品種はことなりますが、一番人気の佐藤錦も食べ放題です。

さくらんぼ狩りに行くならオススメは朝。
糖度が高く身の引き締まったさくらんぼが楽しめます。
早起きして、初夏の味覚を味わって見てください。
オススメです!
d0007875_12360116.jpg
<key>

さくらんぼ狩り【南部町】
【期間】6月中旬~7月中旬
【開園時間】9時~17時
【料金】60分食べ放題(お持ち帰りは別料金です)
 中学生以上  1,000円
 小学生  700円
 3歳以上  300円
【予約】
 団体様は要予約
 個人様(数名のグループ)は予約不要
 http://nagawacherryfarm.web.fc2.com/menu01.html

by marugoto_aomori | 2016-06-20 12:42 | おいしい食材 | Comments(0)

子持ちシャコの美味しい季節です(オス・メスの見分け方)

d0007875_9582728.jpg

 青森のお花見にはトゲクリガニ(青森呼称:ガ二)と並んでシャコ(青森呼称:ガサエビ)は欠かせない食材ですが、お花見が終わったこの時期になぜシャコを紹介するのか?!。その理由は、産卵前のメスがたくさん卵を抱いており、とても美味しい季節を迎えているからです。
 なお、シャコを食べるのは日本人とイタリア人だけとの記述を読みました。何かオシャレな食べ物に見えてきました。

d0007875_1021511.jpg

d0007875_1023994.jpg

 メスの胴の断面を見ると、オレンジ色の卵が中央にビッシリと詰まっているのが分かります。卵はコリコリとしてカラスミにも似た食感も兼ね備えており、濃厚でこの時期にしか味わえない美味しさです。卵を取り囲む身の部分もとても厚く、シャコ独特の甘みとうま味が口いっぱいに広がります。

d0007875_1053524.jpg

 さて、シャコにもオスとメスがあります。もちろん、オスは卵を持っていません。多くの魚屋さんやスーパーなどでは、オス・メスの区別なく一緒に混在されていますので、メスだけを選ぶのは運まかせ・・・・。
 しかし、今回はちょっと秘密にしたいオスとメスの見分け方をお教えします。上の写真で裏返したシャコが二匹並んでいますが違いが分かりますか?。左がメスで右がオスです。

d0007875_10183286.png

 右のシャコの一番下の足(頭側から数えて三列目)の脇に注目してください。両脇から細長い突起が出ているのが分かりますか。これが付いているのがオスで、無いものがメスになります。これを知っていると卵が詰まったメスが食べたい人はメスを、丸まると太った身だけを食べたい人はオスを選ぶことができます。

d0007875_10224614.jpg

 お魚自慢!青森県。「旬のものを旬の季節に」。是非、この時期限定「陸奥湾の子持ちシャコ」をご賞味ください。

【青森おさかな自慢】
http://www.pref.aomori.lg.jp/sangyo/agri/osakanajiman.html

by お魚くいしんぼ
by marugoto_aomori | 2016-05-20 12:00 | おいしい食材 | Comments(0)

小泊の天然天草「手づくり寒天キット」

先日、県内のお土産屋さんで見つけた「手づくり寒天キット」。
「天然天草」とパッケージの素朴さに惹かれて買ってみました。
d0007875_901319.jpg

この天然天草、津軽半島の中泊町小泊地区で採れたものだそうです。

キットの中には、天然天草、蜂蜜、昆布が入っています。
説明書も入っているので、それに従い、さっそく調理開始。
まずは、天草を洗って水気を切り、鍋に天草と昆布、1.2リットルの水と酢小さじ1杯を入れて、1時間以上おきます。
d0007875_911062.jpg

その後、鍋から昆布を取り除き、蜂蜜を加えて煮ていきます。
蜂蜜は、最後にかけるのではなく、この時点で入れるんですね。これで少し甘味がつくようです。

煮ていくと、だんだん煮汁がとろっとしてきて、完成への期待が高まります。
ときどきかき混ぜながら20分位煮て火を止め、ザルでこした後、こし布で再度こして、細かい天草のかけらを取り除きます。
この時点で、600ccぐらいの量になっています。

バットに入れて、粗熱を取ってから、冷蔵庫で30分~1時間冷やし固めます。
d0007875_915282.jpg

ついに完成!
プルプル寒天を包丁で切り分けます。
半分は黒蜜ときなこをかけて。
d0007875_922899.jpg

残り半分は、ぽん酢をかけてところてんに。
d0007875_93127.jpg

天突きがなかったので、包丁で厚さを半分にしてから細切りにしてみました。たまに太いのがあっても、手づくりならではのご愛嬌ということで。

どちらも、2~3人分ずつできました。
天草の自然の旨味とほのかな香りがあって、とってもおいしかったです。
だんだん暑くなるこれからの季節にもぴったりですので、ぜひ、みなさんもお試しください。

※「津軽半島浜小屋仕込み 手づくり寒天キット」650円(税込)

【津軽半島浜小屋仕込み】
HP:http://www.pref.aomori.lg.jp/kensei/seisaku/hamagoya-jikomi.html

by はっしー
by marugoto_aomori | 2016-05-10 09:15 | おいしい食材 | Comments(0)

わずか1%未満の国産羊の産地化に向けた取り組み

d0007875_2239152.jpg

ここ最近、東京都内では美味しい羊肉の料理が食べられるお店が続々とオープン。さらには、羊肉に関する様々なイベントを定期的に開催している「羊齧協会」という1,000人規模のコミュニティーが注目されるなど、空前の羊肉ブーム。県内のスーパーでも生ラムなどが販売されるなど、流通量もかなり増加傾向にあるようなのですが、国内で生産されている羊肉は全体の1%未満。現状は、大部分が豪州からの輸入に頼っています。

私も少し前までは、羊に関する知識がほとんどなかったのですが、羊肉の中でも、とりわけ美味しいのがサフォーク種。その貴重なサフォーク種が階上町で飼われているということをちょうど1年程前に知りました。

階上町は、「やませ」の影響で夏場は冷涼、冬は日照量が多く乾燥するという独特な気候のため、涼しく乾燥した気候を好む羊たちにとって住みやすい環境なんです。階上町でも、かつては10件ほどの農家が飼育していたようですが、現在は堰合勝美さんただ一人。堰合さんは、独自の飼育方法により、愛情をたっぷりかけて羊を育てています。生産量が少ないために売り先も限られており、様々な事情も重なり羊の飼育を続けることに限界を感じていた堰合さん。そんな中、後継者として名乗りを上げたのが関口さんでした。(下の写真:左が堰合さん、右が関口さん)
d0007875_2239533.jpg

2006年に関東から階上町に移住してきた関口さんは、勤務先の「道の駅はしかみ」で堰合さんのラム肉の美味しさに出会います。関口さんは、高校卒業後、都内のホテルやイタリア等で修行、イタリア料理店の料理長なども務めた経歴があります。
堰合さんが町の唯一の羊の生産者で、なおかつ後継者がいないという現状を関口さんが知ったのは2015年の春。「羊の文化は、階上町ならではの暮らしの文化。それを絶やしたくない。堰合さんが愛を込めて羊を育ててきたその方法を受け継ぎたい…」と思ったそうです。
現在、関口さんはNPO法人 「階上フロンティア」を設立。町営のスキー場だった土地を借り、羊の畜舎や飼育用畜舎の整備を計画中で、夢の実現へと一歩を踏み出すために準備を進めています。

現状では1%未満の国産の羊肉が少しづつシェアを拡大し、多くの人が美味しい国産の羊肉を食べられるようになり、さらには階上が「羊の町」として盛り上がっていくことを期待しながら、プロジェクトの応援を続けていきたいです。
                          byさっちゃん

プロジェクトの概要はこちらです。以下をクリック
青森県階上町(はしかみちょう)の特産品・食用羊を復活させ、地域の食文化を守りたい!

by marugoto_aomori | 2016-03-07 09:00 | おいしい食材 | Comments(0)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング