「ほっ」と。キャンペーン
まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

カテゴリ:青森食べ歩き( 384 )

うまい!安い!イカのハンバーガー

本当においしい衝撃の「イカバーガー」

津軽半島の北東部にある外ヶ浜町。
青森市から国道280号線を北上すること約1時間。
この町でとてつもなくおいしい特製『イカバーガー』を食べました。
その名の通り、お肉を一切使わずイカでつくったハンバーガーです。

そういえば青森は日本有数のイカ産地。
食卓にもよくイカが登場します。
イカ刺しに塩辛に酢味噌和え、イカめし等々。
家庭で味わう昔ながらの料理はどれもこれもご飯にぴったりのものばかりです。
が、なんとパンとの相性も抜群でした!

地元のイカをまるごと利用した手造りのイカハンバーグをこんがりと焼き上げ、
甘辛の特製ソースをからめてパンではさんだだけのシンプルなハンバーガーですが、
香りといい食感といい、そしてイカのうま味がたっぷり詰まった食味といい、
まさに目からウロコ、驚きの美味しさです。
d0007875_19572483.jpg

このハンバーガーを食べながら、
柔道の国際大会に初めてカラー道着(ブルー)が導入されたときの衝撃、
日本の国技に西洋の発想が無理矢理(と当時は信じて疑わなかった)取り入れられたときのショックを思い出しました。
柔道着は白くて当たり前だと思っていたのに・・・。
イカは真っ白なご飯にこそ合うはずなのに!
でも馴染むと何の違和感もなくなるこの不思議さ。
イカ君、おまえもなのか!っていう感じです。
しかも1個たったの280円。
どうです。一度食べてみたいと思いませんか?

by 義人
by marugoto_aomori | 2005-05-09 19:42 | 青森食べ歩き | Comments(3)

親子で「シャモロック」

あおもり「達者村」のシャモロック親子丼

今日は、取材で青森県名川町に行ってきました。
名川町は、岩手県との県境となる名久井岳の東斜面に広がる、バナナとみかん以外は何でもとれる「果樹の町」です。
自慢のさくらんぼの時期には、観光農園に向かう車で道路が渋滞してしまうほどのにぎわいを見せます。
また、農家の方も元気な方々がたくさんいらっしゃって、年間千人以上の修学旅行を受け入れる農家へのホームスティにも積極的に取り組んでいる地域でもあります。

こうした元気な地域のみなさんが今新しい取り組みを開始しています。
それが、「達者村」。
こんな特色あふれる魅力をいかして、訪れる方と地域の方々との関係を深めていくためのさまざまな取り組みを開始しています。

ここで見つけたのが、「達者丼」。

d0007875_190755.jpg前回ご紹介した「青森シャモロック」の滋味あふれるお肉と、このシャモロックが生んだ卵で作られた親子丼です。チェリウスという宿泊施設の1階が今回の食事場所です。
地鶏らしい弾力のあるお肉と、トロリとした卵とがからまった具と、シャモロックのだしがきいたつゆがかかった白いご飯がお口の中で一緒なる瞬間は、「うん、うん。」と頷きながらモグモグして、なぜかニヤニヤしてしまいます。

d0007875_922453.jpgさらに、シャモロックは生後100日~120日で出荷していますが、卵を生むのは150日以降から。
この卵は、地元の生産者にお願いをして、親鳥となるシャモロックを卵を産むため用に飼育していただいているのだそうです。
このため、卵のない日は販売しない限定品です。
おみそ汁や付け合わせなどもついて、お値段は945円ですが、それよりも限定ゲットのラッキーな日となりました。    byなおき
by marugoto_aomori | 2005-04-20 22:32 | 青森食べ歩き | Comments(0)

「黒石で見つけた最高の食堂」の巻

はじめて投稿します、まるごとチームのYOSHIHITOです。
よろしくお願いします。

少し前から青森県内の古~い食堂を探す旅に行ってまして、今日は黒石市の食堂を探索。すごいお店を見つけました。
弘南鉄道弘南線の黒石駅を降りてすぐのところに、もしかすると黒石市内では一番古いかもしれないその大衆食堂「須郷食堂」はありました。
店構えは、初めての人だとちょっと入りにくい雰囲気がありますが、今年で76歳になる四代目のおばあさんも話し好きで素敵だし、そして何よりも味が最高だったので☆☆☆。
「自慢のメニューは?」と聞くと「特別なものは何もないよ」と、「お勧めは?」と聞くと「お勧めできないものをメニューに乗せたりしないよ」となかなかの頑固っぷりだったので、とりあえずエビカツ丼を注文しました。
このお店は科学調味料を一切使っていないのがこだわりで、津軽の食堂らしくしっかり濃い味付けなんですが、余計な味がしない優しい味は、「田舎の食堂の味ってこれだよねー!!」と思わせてくれます。

古くから続く食堂には、必ず続いているだけの理由があります。
行ってみる価値あります!d0007875_1841444.jpg
by marugoto_aomori | 2005-04-19 18:43 | 青森食べ歩き | Comments(0)

「めばる」はウマイ

「福寿草」の焼魚定食

d0007875_19121415.jpg青森県の日本海側。秋田県との県境にある深浦町岩崎。
今日は、打ち合わせでいってきました。
お昼は、地元の方がご推薦の「福寿草」というお店。
岩崎でも秋田県にほど近い、大間越という地区にあるお店です。
漁師さんが経営していることもあって、地元の旬のお魚を出してくれます。

焼き魚定食の魚を訪ねると、ありました「めばる」。
春を告げる赤いお魚です。
青森では、「テンカラ」と呼んでいますが、塩焼きはもちろん、お刺身もコリっとした食感とあふれんばかりのうま味が口の中に広がります。

d0007875_19131746.jpg待つこと10分。
来ました、来ました、めばるさん。

お皿からはみ出しためばるは、もう最高の焼き上がりで、絶品。
一緒に食事したメンバー全員、まるでカニでも食べているかのように、一心不乱。
夢中で食べています。

市価数千円のこんな大きなめばるがついて、お値段1700円とはありがたい。
さらに一緒にイカ刺しとイカの塩辛が付いてきましたが、この塩辛のうまいこと。
刺身と塩辛で軽くご飯一膳なくなり、ついついおかわりをしてしまいました。

「福寿草」。お魚が食べたいな、と思ったらもう一度行きたいお店です。
                                 byなおき
by marugoto_aomori | 2005-04-12 22:55 | 青森食べ歩き | Comments(0)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング