「ほっ」と。キャンペーン
まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

<   2006年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

”カライモ”と呼ばれる懐かしいイモ 「キクイモ」

カライモ
カライモ(=唐芋)と言えば一般的に「サツマイモ」を指すようですが、青森では、外見が生姜のようでもある「キクイモ」をそう読びます。最近見かけなくなった懐かしい食材の代表です。
d0007875_13424967.jpg
キクイモは、花が菊に似て、地下に多くの芋ができることからそう呼ばれるようですが、地方によって、イモギク、イモヒマワリ、イットイモ、ハナイモなど呼び名は様々。青森ではなぜか「カライモ」と呼ばれています。

キクイモの歴史
キクイモが日本に伝来したのは幕末から明治時代初期。主に家畜の飼料とされ、一部で漬物用に利用される程度であったようです。食料として注目を集めたのは戦後の食糧難時代。おいしいとは言い難いイモですが、「作付統制野菜」に指定され、国民の飢えをしのぐ代用食として配給されました。

おいしい食べ方
青森でも、貴重な代用食として各地の庭先や畑に植えられていましたが、アクが強いので生食や煮物は不向き。一番おいしい食べ方はやはり”漬け物”のようです。よく食べたのは、梅の汁に漬けた「紅漬け」や「みそ漬け」、「粕漬け」。見た目ではどれもそそられませんが、いざ口にするとパリッポリッとした食感がとってもおいしい、それはそれは妙味のある漬け物でした。
d0007875_13481724.jpg
西洋では、アメリカインディアンのトピナン族が食べていたことにちなんで、トピナンバーとかトピナンプールと呼ばれます。フランス料理やイタリア料理では、よく利用される食材なのだそうです。私は食べたことないですけど・・・。

天然のインスリン
そのキクイモには、血糖値の上昇を抑える働きがあり”天然のインスリン”と呼ばれている「イヌリン」が豊富に含まれていることが分かっています。ドイツやイタリアではキクイモの研究が進み、今では糖尿病克服の「切り札」として注目を集めているのだとか。

懐かしいキクイモ
食べる機会はめっきり減ったものの、何気なく食べていた(食べさせられていた?)「キクイモ」が、こんなに素晴らしい機能性を持っていたとは実に驚きです。懐かしくなって探したところ、南部町(名川地区)の道の駅「チェリーセンター」でやっと見つけました。青森市(浪岡地区)、七戸町、三戸町の産地直売所でも時々出回るという噂です。カライモはもう栽培されていないのでしょうか。 by 義人
by marugoto_aomori | 2006-01-31 13:54 | おいしい食材 | Comments(6)

カイグイ ここで極まる!

兼平やきそば店

d0007875_1332218.jpg先日、白神山地に行った翌日に、旧浪岡町にある兼平やきそば店に立ち寄りました。

黒石の藻川屋などと一緒の平打ちのやきそば麺。
黒石やきそばの北限だ、と勝手に思っています。

浪岡のバス停に近くにあることから、近所の高校生のカイグイのメッカでもあったそうです。
このため、メニューもカレーライスがあったり、ハンバーガーがあったり、フランクフルトがあったり、とカイグイしたくなるようなメニューばかりです。

名前のとおり、こちらのメインは「やきそば」です。
鉄の丸鍋で麺だけを特製ソースで炒め、キャベツなどの具はあと乗せです。

やきそばだけでもメニューには、100円から500円まであります。
こちらの量の目安は、女性なら200円、男性でも300円と思ってください。
この加減がわからないとビックリすることになります。

ちなみに500円のやきそばを頼むと・・・、このパックに入った写真になります。
写真の皿のやつが300円のやきそばですが、これの2.5倍ぐらいはあろうか、というほどの「てんこ盛り」です。

何度となく気に入って食べていますが、このやきそばの醍醐味は、「野菜の入った具材をかき混ぜるごとに味が変わる」ことです。
最初の麺の味は、酸味を感じさせるウスターソース味です。
そして、この麺とこの味なしの具材をかき混ぜると、あら不思議、麺に野菜のうま味がどんどん吸い込まれ、味にまろみが出てきます。

お店にはさらに上からかけるソースがあります。
このソースは炒めた時のソースとまた違うのだそうです。
このソースをかけると、またまた違った味に。 これは楽しめます。

兼平やきそば店には「しょうが味噌おでん」もあります。
全部乗せで150円。
焼きそばと一緒に食べて満腹で、450円。

ちょっとカイグイしてみたくなりません?  byなおき
by marugoto_aomori | 2006-01-30 13:42 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(11)

白神ヒーリング

冬の白神トレッキング行ってきました。
参加したのは総勢13名。
東京からの人が多く、冬山に対する抵抗もあってか
途中「行きたくなさそう」な雰囲気で溢れていましたが、
トレッキング後の温泉をエサに全員参加となりました。

冬の白神トレッキングの入口に到着したのは午後1時頃。
防寒具で身を包み、スノーシュー(かんじき)を履いて出発。
ガイドクラブ「エコ・遊」の土岐さん達がガイドです。
「新雪に自分の足跡を残すように歩くんだよ」
土岐さんはこう言のですが、
意外と大変なのでついつい他の人の後を歩いてしまいます。
最初のうちはなだらかな登りが続くため、
「ずっと山登り??」と少し憂鬱にもなりましたが、
少し登ると平たんな場所に。
この辺りからみんなの様子が変わり始め、
昨年会社を定年退職したI氏が、
突然大の字で雪の上にひっくり返り「気持ちいい」と喜び、
フリーで仕事をしているI氏が「人拓作る」と雪に飛び込んだり。
更に少し登り、30メートルくらいの斜面を見下ろすところで、
ガイドの土岐さんがお決まりの一言、「ここ降りて」。d0007875_15173726.jpg
最初は恐る恐るですが、3歩目辺りから、
「面白い」「これは楽しい」という歓声が森に響きます。
そこから先はみんなの気分も高揚し、
何をやっても楽しくなり、
寝そべっている人を見ると「埋めちゃえ」などと言いながら雪をかけ、
d0007875_152795.jpg
いい年をしたオヤジの集まりのはずなのに、
みんな「ガキ」になって遊んでいました。
帰り道はスノーモービルに乗せてもらえるなど、
最後の最後まで楽しいこと尽くしでした。

今回一緒に行った中の一人、33歳のN氏は、
前日まで2週間に渡り熱が引かないという最悪な状況でのチャレンジでしたが、
この白神トレッキング終了後、
一応携帯してきた体温計で熱を測ると、すっかり引いていたそうです。
白神の癒しの力は偉大です。
そしてそれ以上に、「外で遊ぶ」ことの素晴らしさを感じました。
by YOSHIHITO
by marugoto_aomori | 2006-01-27 15:33 | 青森の旅 | Comments(0)

美味しい、美味しい、アップルパレスの「ざる中華」

先週のことになりますが、
仕事の打合せで同僚と青森市のアップルパレスへ。
打合せが終わり帰ろうとすると、
日本料理「京彩」の料理部長平山さんに
「今日は昼食べていくの?」と声をかけられ、
「そのつもりです」と答えると、
「今日のランチはざる中華なんだ。ついてるね」と言い残して去っていきました。
ついてる??
何故かは分からないが、これは食べずにいられません。

ざる中華。
青森県に住む私たちにとっては馴染み深い食べ物ですが、
実は意外にマイナーな食べ物で、
東京から来た人などはよく驚かれたりします。
要はざるそばの麺が中華そばになったものです。

さてアップルパレスのざる中華。
一口食べた瞬間にびっくり。
「ウマイ」
むつ市脇ノ沢特産の焼き干しが麺に練り込まれているからか、
一口食べると口の中に上品な風味が広がります。
焼き干しは煮干しと違って内臓を取っているので嫌味がなく、
いくら食べて飽きることがありません。
これまで何十年もざる中華を食べてきましたが、
これほど美味しいものは始めてでした。d0007875_17523380.jpg

ただ、残念なことに、
このざる中華はアップルパレスの定番メニューではないとのこと。
1月と2月の間は夜のメニューにはあるということでしたので、
興味がある方は是非試してみてください。
※脇ノ沢特産焼き干し麺のざる中華 900円

by YOSHIHITO
by marugoto_aomori | 2006-01-24 17:57 | 青森食べ歩き | Comments(4)

東通村の石臼挽き 十割蕎麦 「田や」

そば処 田や

d0007875_14462645.jpg尻屋に寒立馬の撮影に行った後、東通村の「田や」に寄ってきました。

下北郡東通村は、そばの作付、生産量を増やすなどそばの振興に力を入れています。
東通村でも特に海に接していない内陸部分の地域では、昔からそばは欠かせないものだったそうです。

その中でも、そばと地元の豊富な食材を組み合わせて、地域振興を図ろうと、14年8月に開店したのが田屋地区にある「田や」です。

お店は、大きな小学校に統合されて廃校となった小学校の教員住宅。
この住宅をリフォームし、カウンターやテーブルを入れ、調理場を入れ今の形になったのだそうです。
リフォームやテーブルに使われたのは、地元産のすぎ間伐材等。

料理に使われるそば粉はもちろん、天ぷら、だし等の食材も可能な限り地産地消です。

そばはつなぎなし。そば粉十割の手打ち。
かえしをつくり、そばはもちろん、たれまで本格的なこだわりを持っています。
「挽きたて、打ち立ち、茹で立て」で、そばが「立つ」んです。
香りが立つ、食感が立つ。

少しずつ食べようと思って付けた箸でしたが、少しが少しを呼び・・・、「この香りは!」「この食感は!」とうまいうまい、いいながら食べていたら、あっという間にざるの上は空っぽ。
もの凄いスピードで完食でした。

「田や」は、何と言っても混むのが「夏」。
一つ一つに手間をかけて作ることから、お客様が増えると料理が出てくるのが遅くなるのだとか。
こんなこともあって、そばかりんとうをテーブルの上に置いて、食べながらお待ちいただいているところも、温かさを感じます。

春の山菜の頃にぜひ頼みたいのが、天ぷらそば。
時期時期に獲れる山菜が楽しめます。
たくさん山菜が採れたときには、山盛りの天ぷらになることもあるんだとか・・。

次はぜったい「春」も行きます!

※カリッカリのそば餅にじゅね味噌
 びっくりするほどおいしいです。 byなおき
by marugoto_aomori | 2006-01-23 14:28 | 青森食べ歩き | Comments(5)

王宮の名をもつ食用菊 「阿房宮(あぼうきゅう)」

南部地方を代表する作物に、秦の始皇帝が菊を愛でたという宮殿の名を与えられた食用菊があります。目に鮮やかな色合い。独特の芳香と甘味。そして歯ざわり。南部地方に古くから伝わる「阿房宮」です。
d0007875_16273883.jpg
エディブルフラワーと言ってしまえば西洋文化のようですが、日本人はもともと花を食用としていました。江戸時代にはかなり大衆化していたようです。食用菊というと、関東以西では刺身と一緒に盛られる「つま菊」が一般的ですが、東北地方では大ぶりな花びらを野菜の一種として食べます。

現在、食用として栽培されている菊は約60種。山形で「もってのほか」と呼ばれる淡紅紫の「延命楽」と青森県南部地方特産で黄色の「阿房宮」が代表的です。

一説によると、江戸時代に南部藩主が京都の九条家から観賞用としてもらい受けたのがきっかけで、旧相内村(現南部町)で栽培してみたところ、花に苦みがなく、芳香と甘味があり、シャキシャキとした歯ごたえで実においしかったため、食用として藩内に広められたと伝えられています。
d0007875_1629313.jpg
「阿房宮」の花は、初霜が降りる直前の10月下旬~11月にかけて満開となり、その時、名峰名久井岳に向かうゆるやかな斜面は純黄色の絨毯に覆われます。
菊の刈り取りは、太陽で蓄えられた甘味をいっぱい取り込むため、冷気に包まれる前の午後3時頃から始めます。菊の花はひとつずつ鎌で刈り取られ、農家に運んだ後は、花びらをむしる「菊ほかし」が続きます。花びらだけになった「阿房宮」は、蒸され、干し上げられて干し菊となります。

d0007875_16245721.jpg生品が料理されることもありますが、大半が干し菊となるところに「阿房宮」の文化があります。冬の食膳にもこのあでやかな色香をあしらえることとなった干し菊づくりは、名川町東円寺の板橋太観住職が開発し、教え聞いた清光寺の高山恵輪住職が地域へ普及させたと伝えられます。今から百年あまり前の明治30年頃のことだそうです。

南部の秋を閉じこめた干し菊は、さっと湯がくだけで鮮やかな彩りと味わいを取り戻し、一年中味わえます。この地方では、古くからさまざまな菊料理が食卓を飾っていますが、菊の風味を手軽に味わえるのはみそ汁。鍋のおろしぎわ花びらを散らすだけで趣のあるおいしいみそ汁になります。
お酢との相性も良く、湯がいて水気を絞り、ダイコンおろしと混ぜて二杯酢などで和える「菊なます」も絶品です。
伝統的な料理として見逃せないのは菊巻き。一夜漬けしたニンジンやダイコン、タカナなどを菊で巻きます。

子供の頃には分からなかった、やさしくて香しい南部の伝統野菜です。
by marugoto_aomori | 2006-01-20 16:31 | おいしい食材 | Comments(11)

寒立馬 (かんだちめ)

最果ての岬に自然放牧される29頭の馬たち

昨日は下北半島「尻屋崎」に行ってきました。
道中、だんだん天気が怪しくなってきて、今日はすごい「寒立馬」の写真が撮れるんじゃないかな、と期待に胸膨らませ、道をドンドン進んでいきましたが・・・、
尻屋崎は、太平洋側。
ピーカンの真っ青な青空に先日降った雪が眩しく輝いていました。

d0007875_13405949.jpg寒立馬は、風が弱い場所に固まってエサをはんだり、じっとしたりしていました。

寒立馬(かんだちめ)は、尻屋崎の広い草地に、周年放牧されている「野放し馬」と呼ばれる比較的小柄な馬で、雪に埋もれた草地の上で、厳寒にじっと耐える姿が人々をぐぐっと惹きつけ、多くの方々がここを訪れています。

もともと東通村の海岸地帯には、比較的小柄で寒さと粗食に耐え、そして持久力に富む馬が周年放牧されていました。
この馬は、南部馬を祖として、藩政時代から昭和にかけて軍用馬として外来種馬との交配によって改良されてきた「田名部馬」なのだそうです。

「寒立馬」の名の由来は、昭和45年に尻屋小中学校の校長先生が詠んだ短歌に由来すると言われています。
この「寒立」という言葉は、カモシカが厳冬の中、何日もじっとたたずむ姿を地元のマタギの間で、「カモシカの寒立」と呼び、尻屋の馬にもそうした雄志が感じられたことから「寒立馬」と詠んだのだそうです。

d0007875_13415230.jpg厳寒の雪原に立ち、強風に耐え、誰よりも先に春を待っているような姿は、見る人を感動させます。
本州の最果てのこの地で、わずかなえさをはみながらも、力強く立ちつくす姿は、命の尊さと自然の畏怖を感じさせずにはいられません。

冬は越冬放牧地「アカタ」地区に移り、草をはんでいます。
4月からは、尻屋の灯台の下、青い海・青い空と白い灯台に放牧された馬の光景になります。 byなおき
by marugoto_aomori | 2006-01-19 13:42 | 青森の旅 | Comments(2)

青森ひばの癒し色

d0007875_17133377.jpg
ひば・・・それは「ひのき」や「杉」と並ぶ日本三大美林の一つと言われています。昨年ひばの紹介や東京の「ひば工房」さんを紹介しましたが、そこで発見した、私が今まで青森で見たことのない「ひば製品」をご紹介したいと思います。
d0007875_10383187.jpg
 
これはひばの草木染めです、ひばの葉っぱは緑色なのに・・・不思議ですね。お店の木下さんに聞いたところ、「ひば工房」の常連客で染織家をされている方が、「ひばで布地を染めてみたい」と試行錯誤を繰り返し、今から3年程前ようやく納得のいく作品が生まれたのだそうです。穏やかな感じのピンクとワイン色の混じった色合いは、ヒバの持つリラックス効果だけでなく見た目にも癒されるような感じです。店内にはストールやタオル、ポシェットなどさまざま、この染め物はひば工房だけのオリジナルです。
d0007875_10384822.jpg

さてこの色・・どこかで・・・と思ったら、ひばの森にしか咲かないと言われている「ヒメホテイラン」の花の色に似ているんです。その繊細な姿に地元の人達は「ひば林の妖精」と呼ぶほど。何か関係があるのでしょうか?ご存じの方がいらっしゃったら教えてくださいね。その「ヒメホテイラン」は青森ひばのホームページ(最近出来たみたいです)に紹介されていますので、是非見てみてくださいね。

by ノブchan
by marugoto_aomori | 2006-01-18 10:53 | 東京の「あおもり」 | Comments(6)

[雪と光のファンタビスタ] 十和田湖冬物語2006

さあ、雪と光の幻想の世界へ!

d0007875_10182511.jpgまたまたこの季節がやってきました。
2月。
青森県の一番厳しい冬の季節。
ですが、雪と凛とした寒さがあるからこそ、「幻想の世界」に変わっていきます。

十和田湖冬物語」は、99年に生まれました。
これまで行われていた「十和田湖雪まつり」の開催期間を大幅にロングランし、冬の十和田湖の魅力を多くの方々に魅せたいと、始まったものです。

青と白の幻想的な冬の十和田湖。
夜からは、ライトアップと数々のイベント、そして冬花火。
期間中は、その美しさに魅了され、何度とお越しいただく方々もいらっしゃいます。



d0007875_106844.jpg17時から始まる乙女の像のライトアップをみながら、ゆっくりと湖を歩き、会場の雪のゲートをくぐり抜けると、そこは光り輝くライトアップとイルミネーションの世界です。

メインは何と言っても、「津軽三味線」ライブと、「冬花火」。

どこまでも透き通るような冬の凛とした空気の中、打ち上げられる花火の美しさは、同じものでも夏の花火とはひと味違います。
以前、花火師さんから伺った話ですが、冬の乾燥した空気と気温の低さは花火の火薬を最後まで燃やして輝かせてくれるから、冬の花火は特別綺麗なんだ、そんな話を思い出してしまいます。
さらに、冬の十和田湖休屋は、湖と外気の温度差から、常に出し風が吹いています。
それもあって前の花火が作った影が出来にくく、毎回の花火が常に美しく花開く。

花火の時間は会場の人たちが天を見上げ、うっとりとしています。
見上げる人たちの顔に花火の輝きが映る。

是非、冬の十和田湖へどうぞ。

byなおき
 ※杉樽露天風呂は今回なしのようです。
 ↑スミマセン。誤情報でした。ゴメンナサイ

十和田湖冬物語2006の概要
by marugoto_aomori | 2006-01-17 10:19 | 青森の旅 | Comments(9)

青森生まれのスーパー玄米 極小粒うるち米『つぶゆき』

日本一の「りんご産地」として有名な青森県は、実は国内有数の「お米産地」でもあります。

青森を代表するお米は何といっても『つがるロマン』
お米のソムリエとして有名な西島さん(スズノブという米屋さんの社長)は、「淡泊であっさりした『つがるロマン』は、こってりした洋食には物足りないけれど、薄味の日本食や淡泊な朝食にはぴったり!」と高く評価しています。そして「子供が朝食を食べなくなったのは、味が濃く朝食と相性が悪いお米を選んでいるからでは?」とご自身の著書「ごはん革命」でも述べられています。

さて、お米もスゴイ青森に、さらにとんでもないお米がありました。
日本で初めての極小粒うるち米『つぶゆき』です。
d0007875_16331153.jpg
 (一合升に入った『つぶゆき』。その小ささ分かってもらえますか?)

『つぶゆき』は、玄米の形が円に近く、大きさが普通品種の60%程度しかない小さくて丸いうるち米です。白米で炊き上げると粘りが弱くパラパラとした食感になり、ピラフやチャーハンでおいしくいただけますが、玄米で利用することによって、そのパワーをより引き出すことができます。

胚芽の部分は胚乳ほど小さくないので、白米に同じ量を混ぜるなら、一般品種の玄米より、玄米数で約1.5倍、玄米成分で約1.4倍も多く摂取できるのです。同じ玄米成分を摂取するなら、普通品種の玄米より少量で良いことになります。
d0007875_1636847.jpg
しかも、小粒で火が通りやすいため、炊飯器に玄米モードがなくても、圧力釜がなくても、普通の白米と一緒に気軽に炊くことができます。小粒なので食べたときの食感も気になりません。

この『つぶゆき』の玄米は、ヘルシーとおいしさを両立し、手軽さまで兼ね備えたスーパー玄米と言えるのではないでしょうか。もっと増やしてほしい!いち早く試食したスズノブの西島さんは、昨年暮れ青森市内で行われた講演会でそう訴えておりました。まったく同感です。by 義人
by marugoto_aomori | 2006-01-16 16:59 | おいしい食材 | Comments(4)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング