まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

<   2006年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

人にも自然にも優しい「きみがらスリッパ」

「きみ」は青森の方言で「とうもろこし」のこと。
このスリッパは、自然乾燥させた「きみ」の「から(果皮)」から作ります。

「きみがらスリッパ」をつくっているのは「十和田市きみがらスリッパ生産組合」の女性達。
馬産地として知られる十和田市は、その昔、飼料用とうもろこし「デントコーン」の栽培がとても盛んで、食用とならないきみがらが大量に廃棄されていました。このきみがらを再利用できないかと考え、生まれたのが「きみがらスリッパ」です。それは1947年(昭和22年)のこと。1963年(昭和38年)には「十和田きみがらスリッパ生産組合」が設立され、その知恵と技術を守り伝えて今に至っています。
d0007875_12112189.jpg
「きみがらスリッパ」は、材料の生産から製品の仕上げまで、すべて昔ながらの手作業で行われます。長さや厚さが異なるきみがらを細く裂き、適度な湿りを与えながら、ひと目ずつ手で編み上げていくので、普通は1日1足が精一杯だと言います。また、天然素材を使っているので同じ商品は二つと誕生しません。工業製品にはない贅沢がたしかにあります。

丈夫で軽く、湿気を呼ばないのでいつでもサラサラの履き心地が楽しめます。おまけに、編み上げることによって足底に空気の層ができるため、寒い冬でも温かく、クッション性にも優れています。天然素材100%なので、お肌が弱い方にも安心してご利用いただけますし、中には肌のツヤがよくなるからと愛用する方も多いようです。

可愛らしい形ときれいな色合いから、履き物としてだけではなく、状差しや室内のインテリアとしても人気がある「きみがらスリッパ」は、道の駅「とわだ」でお買い求めできますし、隣接する「匠工房」では自分で作ることもできます。(5月~3月の毎月第3日曜日 10:00~15:00 所要時間120分で料金はひとり2,500円 最大5人)

汗ばむ季節は青森ならではのロハスな「きみがらスリッパ」で快適に! by 義人
by marugoto_aomori | 2006-05-31 12:31 | 手しごと | Comments(12)

あおもり地カップアイス 【3】

新郷村活性化公社の「アイス4兄弟」

 【NO3 「ドラキュラ・ザ・プレミアム」 300円】
 【NO4 「ドラキュラ・ザ・クール」 350円】
 【NO5 「チズイック」 200円
 【NO6 「ジャズ姫」 250円

新郷村ふるさと活性化公社。
アイスクリームの製造よりも「飲むヨーグルト」のほうで名の知れた公社です。

年間約百トンを生産する「飲むヨーグルト」は、濃厚なコクと甘さと酸味とのバランスと品質の高さから、値段は決して安くはないものの、高い評価を受けています。
新郷村は、もともと青森県の酪農の発祥の地とされおり、1956年には県内最初となる乳製品の加工工場が操業した歴史も持っています。
村内の酪農家戸数は後継者不足の影響などもあり、今では十数戸にまで減っているものの、公社では、常に良質で新鮮な牛乳を原料にこだわりの商品作りをしています。

この公社が作る4種類のアイスクリームもまた、原料・製法にこだわった逸品なんです。
d0007875_14463336.jpg

NO3ドラキュラ・ザ・プレミアムは、黒カップに金文字。
ドラキュラが嫌いな十字架を飾るロゴ。そう。ドラキュラが嫌いな物=それは、にんにく。
この115mlのカップの中にな、なんとにんにくが3片入った、大人でも一日ひとつだけ、子どもなら一日半分しか食べられないプレミアムアイスクリームです。
「頑張るあなたへ・・」とあついエールも書かれています。

NO4ドラキュラ・ザ・クールは、緑色のラベルのとおり、黒のザ・プレミアムに県産のミントをおもいっきり入れたアイス。
さっぱりしたい時。眠い時。脂っこい食事のあとなど、とにかくスッキリしたいとき、これを一口二口を食べるだけでそれはそれは、もう最高の清涼感が訪れます。頭のてっぺんまでスーとくるこの爽快感はまさにCOOL。夏にはもってこいですね。
しかもにんにく3片は変わりません。

NO5チズイックは、以前このブログにも書きましたが、初めて食べると、ズバリ「生まれて初めて食べる味」といわれるアイス。まるで濃いコクのあるチーズケーキを食べたような、それがそのままアイスクリームになったようなそんな味です。
製造するその日の朝に絞った新鮮な生乳と、上質の生クリームチーズ、マスカルポーネチーズを贅沢に加えた手の込んだ逸品です。

d0007875_14473742.jpgNO6ジャズ姫。これも先月出来た新商品でこのブログでも早速に登場しましたが、単なるアイスクリームは作りたくない、と開発者の熱意が結実した苺のアイスです。
フレッシュな果肉の食感がたっぷりと楽しめます。

いきなり4つの紹介になってしまいました。

新郷村の観光施設に置かれています。
どれもこれも逸品ぞろい。
ホント迷います。  byなおき
by marugoto_aomori | 2006-05-29 15:08 | あるあるこんなもの | Comments(8)

日本一!「青森長いも」の長いもジュース

青森県は国内流通量の約4割を占める日本一の長いも産地。
栽培の歴史も古く、南部藩主によって保護奨励され、江戸幕府の御用いもとして献上されたという記録も残っています。

食べ方としては、すりおろして「とろろ」にするのが一般的ですが、せん切りにしてサラダに入れたり酢の物に入れたりしてもおいしく食べられます。

最近注目されている食べ方(?)はズバリ飲むこと。
牛乳や蜂蜜などと一緒にミキサーに入れてスイッチオン。1分もせずにビックリするほど飲みやすい「ながいもジュース」ができあがります。
d0007875_159178.jpg
長いものプロがつくるおいしい「長いもジュース」を飲めるのは、東北町(旧上北町)の「マリンシャトー」。小川原湖畔にたたずむちょっとおしゃれな農家レストランでreevさんも記事でご紹介しています。
原料へのこだわりとちょっとしたコツで、ふわふわでサラサラのおいしい長いもジュース(1杯250円)をつくってくれますよ。
近くまで行ったら是非一度お試しください。きっと作ってみたくなります。 by 義人

※長いも好きの方はこちらもご覧ください。
by marugoto_aomori | 2006-05-29 14:03 | おいしい食材 | Comments(10)

あおもり地カップアイス 【2】

まさに 「ひと夏の経験」

【NO2 「ひと夏の経験」 250円】
日本有数のさくらんぼ産地である、南部町名川地区(旧名川町)には、特産のさくらんぼがまるごと1個入ったチェリーアイスクリーム「ひと夏の経験」があります。

d0007875_12192825.jpgさわやかな絵が描かれたラベル。
横には乳脂肪分は10.0%と県内のアイスの中では、決して多くはない数値。
とりあえずフタを開けようと思ったら右側にこんな「記載」。

【おいしい召し上がり方】
◇フタを開け、3分ほどしてからお召し上がり下さい。
◇生のサクランボは一番最後にお食べ下さい。

アイスクリームをおいしく食べる方法は、溶かすこと。
スプーンにまとわりつきそうになった時がおいしい、とあちこちで聞いていたので、なるほど、と感心。
「生のサクランボ」がある?・・・・と、おもむろにフタを開けたら、なんとそこには、立派なサクランボが鎮座。

d0007875_1219025.jpg
幾分ピンク色がかったアイスクリームの中にも、ふんだんにさくらんぼの果肉が入っていて、食感のツブツブ感はなんとも言えず心地よく、アイスらしい甘さの中にほのかに香るさくらんぼ、そしてそのさわやかな甘さがまた気分を良くしてくれます。
コテコテのアイスとは違い、くどさもなく、すっと無くなっていく感じ。
マニュアルどおり、クリームを全部食べ終わったところで、いよいよこの「さくらんぼ」をいただくと、ガリガリ凍っていただろうと思えるサクランボがシャーベットぐらいの堅さになっていて、ああナルホド!とまたまた感心。
デザートにアイスを食べたあと、また食べたデザートのようで、口の中がさっぱりとする感じ。
まさに、「ひと夏の経験」。
ここで初めて名前の意味がわかり、納得しました。byなおき

◇販売先:名川チェリーセンター
by marugoto_aomori | 2006-05-26 10:25 | あるあるこんなもの | Comments(16)

夏を乗り切る!しじみパワー大爆発

  な~つが来~る、な~つが来~る、何~処に~来る~♪(春の間違い)
温かくなってきましたね。夏と言えば、お酒がすすむ季節ですね!ビアガーデンにバーベキューなど、色んな機会があると思います。
 昔から、酒の酔い覚ましには「しじみ汁」が一番と言われてきたとおり、アラニンやオルニチンといった肝機能改善効果のあるアミノ酸が豊富に含まれています。
 ですが!青森には、しじみ汁を作らなくてもその効果を得ることが出来るスーパードリンクがあります。その名も「しじみエキス21S」!!
d0007875_1071059.jpg
製造している「トーサム」さんでは、原材料のしじみは全て地元の十三湖産を使っているそうです。丁寧に水揚げされた地元のしじみを砂出しして高圧釜で絞り出し、フリーズドライ製法により粉末化してからドリンクに使っているそうです。
 「しじみエキス21S」は、しじみエキスを15%配合したドリンクです。飲んだ瞬間、清涼感のある爽やかな甘みが口の中に広がり、そして後味が「しじみ」なんだなあと感じさせてくれるような味わいです。しじみ汁のイメージがあると、しじみと甘みって相性が悪いのでは?と思われるかもしれませんが、全然そんなことはありません。

そして驚くのがその効果(個人差があると思うのでご注意を)!私個人の体験でしかありませんが、「あーもう明日はやばいなあ・・・」と思うくらいお酒を飲んでしまった晩に、しじみエキスを飲むと翌日は何事もなかったかのような朝を迎えるという驚きの効果です。そして間違ってもお酒を飲む前はオススメしません。何故ならお酒を飲み過ぎてしまうので・・・ということで、これからの季節、ぜひ冷蔵庫にしのばせておいてはどうでしょうか。一度試してみてくださいね!

by ノブchan
by marugoto_aomori | 2006-05-25 10:18 | あるあるこんなもの | Comments(16)

すじこの大人食い

突然ですが、すじこって美味しいですよね。
青森では当然のように食卓に並び、
人によっては「すじこを切らしたことがない」というほどですが、
他の地方の人にとっては驚きに値することのようです。
すじこは青森の食文化の中で大事な食材の一つです。

さて、青森市ですじこを買うのであれば、
アウガなどの市場を利用するのが確実なのですが、
午前10時頃のアウガ地下1階「新鮮市場」では、
青森ではあまりお目にかかれない行列を目にすることができます。
すじこ、たらこの専門店「内山商店」に並ぶ人だかりです。

このお店、どれほど人気があるかというと、
昼近くになるとほとんどのものが売り切れてしまうほど。
私は一応普通に働いているので、
午前中に市場に買い物に行くことなどほとんどありません。
なので、このお店に商品が並んでいるのを
今までほとんど見たことがないくらい人気のお店です。

先日、たまたま、お客様案内してきた同僚(なおき)に頼んで、
内山商店のすじこを買ってきてもらうことができました。
あこがれのすじこをゲットです!
同僚(なおき)のアドバイスは、
甘塩なのを真っ赤になるくらい乗せて食べるのがお勧めとのこと。

で、やってみました。d0007875_1057547.jpg
すじこの味以前に、
すじこをご飯の上いっぱいに乗せていることに苦笑してしまいます。
すじこってもう少し大事に食べるものじゃないのか!?
でも、すじこの大人食い、なんか嬉しかったりもするw

味の方は伊達に行列ができているわけもなく、
とてもウマかったです。
どれくらいウマイかというと、
この後にもう一杯、たらこの大人食いができてしまうくらいですw

by YOSHIHITO
by marugoto_aomori | 2006-05-24 11:00 | おいしい食材 | Comments(12)

十和田湖国立公園指定70周年

北彩紀行2006 夏・秋号が発行されます!

今回の夏秋号、いつもより少し遅くなりましたがようやく印刷所から上がってきたようです。
これから、主要観光施設等へ一斉に配布されます。
手に取れる日も近いと思います。

d0007875_10423017.jpg今回の北彩紀行の特集は、「十和田湖国立公園指定70周年」です。
アメリカの国立公園に習い、昭和6年に国立公園法が制定され、9年に瀬戸内海、雲仙などが第1次指定され、富士箱根、吉野熊野などと共に昭和11年2月に指定されたのが、十和田湖国立公園です。
その後昭和31年に秋田・岩手にまたがる八幡平を追加し、名称も今の十和田八幡平国立公園となります。

十和田湖は、国立公園に指定される以前から、その名声を高めていっていました。
大正5年(1916)には、中央新聞社による「日本避暑三景」第1位。
昭和2年(1927)には、「日本八景」湖沼の部で第1位。
昭和3年(1928)には、十和田湖・奥入瀬渓流、天然記念物に指定と、いよいよ評価も高まってきていたところに、国立公園の指定。県民が沸き立ったようです。

戦後も、昭和27年(1952)には、十和田湖・奥入瀬渓流が「特別名勝」に指定され、
昭和28年(1953)には、高村光太郎による「乙女の像」が建立されます。

d0007875_10383859.jpg夏でも冬でも、晴れでも、雨でも、朝でも夕方でもいつでもその移ろいで、毎回新しい美しさを見せてくれる十和田湖。
この美しさ、後世に残すのも十和田湖から今、感動をもらった私たちがすべきこと。

十和田湖国立公園指定70周年。

こうした周年のタイミングは、青森県のアイデンティティーでもある、この湖からの恩恵と感謝を改めて思わせてくれます。  byなおき
by marugoto_aomori | 2006-05-23 10:43 | 青森の旅 | Comments(18)

青森生まれの新食感デザート「フルッピー」

冷たいデザートがおいしい季節になりました。
これまでも、「ご当地ソフト」や「地アイス」など、
おいしくて珍しい(?)青森ならではのデザートをいくつか取り上げてきましたが、
今回は、さらに珍しい青森デザートをご紹介します。
青森市のホクユーフーズさんが開発したジュースカプセル、その名も「フルッピー」です。

フルッピーは、海藻から抽出されるアルギン酸やりんごのペクチンなどをゲル化し、その膜でフルーツ果汁を包み込んだアルギン酸二重構造体。説明すると何やら怪しげですが、簡単に言えば、”果汁をゼリーのカプセルで包んだ”ぷりっぷり、ぷちぷち”の新食感ゼリーなんです。
d0007875_14572315.jpg
現在は、ぶどう味(紫)、青リンゴ味(緑)、オレンジ味(橙)の3種類。あらゆる液体をそのまま包むことができるので、工夫次第でお好みの味のフルッピーをつくることができます。さらに、熱にも強い皮膜は硬さが自在、粒の大きさや比重までも調整できますから、おいしい新薬やサプリなどデザートを越えた新商品が開発されるかもしれませんね!

ちなみに、「フルッピー」の姉妹品は、キャビア風味のヘルシーフード「キャビアンヌ」。首都圏の有名ホテルでも出ているようですよ。機会があれば是非お試しを。 by 義人
by marugoto_aomori | 2006-05-22 15:25 | あるあるこんなもの | Comments(12)

職人・田中昭三の山ぶどう細工

先日、岩木山の麓に住む
あけび蔓や山ぶどうの蔓の細工職人
田中昭三さんとお会いする機会がありました。d0007875_11125235.jpg
田中さんは今年で76歳になるこの道一筋の職人。
父親の跡を継ぐ形でこの仕事を始めたそうです。
昔の職人の世界ですから教えてくれる人などおらず、
色んな人の技術を盗むように習得していったと言います。

あけび蔓も山まぶどうの蔓も、
山から採ってきた蔓はそのままでは使うことはできません。
天然素材ですから色も形もさまざま。
このままでは美しく仕上がることはないので、
2~3年かけて陰干しした蔓の中から、
完成品のイメージに合う色合いや触感のものを選び、
一本一本節を取って形状を整えることでようやく編むことができます。

編み方は基本的なものだけでも30種類以上ありますが、
田中さんの仕事はとても丁寧で、
1本1本力を込めしっかり編み込んでいきます。
このため一時間で約2cm程度、
横列にして2列を編むのが精一杯です。
しかし、それだけに見た目で分かるほど田中さんの作ったものは
一つひとつの目が整然としていて、美しい仕上がりです。d0007875_1111123.jpg
最高の技術を持つ田中さんですが、
一つのものを作っていると、
何百とある編み目の中には、納得のいかない箇所が必ずあり、
完璧なものを作ったことは一度もないと言います。
満足できるものを作ることができたとすれば、
それは死ぬ時だろうなと田中さんは笑顔で話してくれました。

d0007875_11132721.jpg
田中さんの作品は決して安くはありませんが、
そこにかけられている手間にその価値は十分あります。
見た目にも美しく、自分だけのただ一つオリジナルで、
50年、100年と使うことができて、
使い込むほどにその風合いが良くなっていく。
もう少しこれが似合う人間になったら欲しい一品です。

興味がおありの方は、
弘前市の「みかみ工芸」をのぞいてみてください。

by YOSHIHITO
by marugoto_aomori | 2006-05-19 11:15 | 手しごと | Comments(18)

あおもり地カップアイス 【1】

暖かくなってきたので、アイスクリームの話でも!

d0007875_10302518.jpg夏と言えば、サイダー・スイカ、そしてアイス。

チリンチリンアイスやガリガリのアイスキャンデーは真夏日になるような暑い日にピッタリですが、夏を迎えようとするこの季節には、なんといっても「カップアイス」。

ご当地ソフトクリームは既にアプティネットでアップされているので、「まるごと青森」では、私のパートで随時「地カップアイス」をゆっくりとご紹介していきます。

もうこのブログでは、南郷のイチゴを使ったジャズ姫、新郷村のチズイックはご紹介済みですが、ホントまだまだいっぱ~いあるんですよ!
100ミリリットルを越えるほどの小さなカップアイスですが、その中味は、地元の特産品や自慢の果物を入れたものや、素材を厳選した本格的なものなどさまざまです。
ホント、どれからご紹介しようか悩んでしまいます。
まずは、十和田市(旧十和田湖町)の「奥入瀬アイス」からです。
d0007875_10314278.jpg

【NO1 「奥入瀬アイス」 250円】
「地元の特産品でアイスクリームを作りたい」という思いは、道の駅おいらせにある味楽工房で98年に結実します。
地元の新鮮な牛乳をベースにしたバニラ味を基本に、すぐ隣で作られる「奥入瀬地ビール」のダークラガー(黒ビール)を練り込んだ「黒ビール味」、そして特産のエゴマ(じゅね)を練り込んだ「じゅね味」と3種類のアイスがあります。
特に「じゅね味」はエゴマのつぶつぶ感を残しつつ、香りやコクと乳脂肪分でこってり濃厚な仕上がりになっていて、バニラよりもコクを感じさせます。どちらかと言うと女性に人気があるんだそうです。
乳脂肪分も、じゅね、バニラ、ラガーの順に、11%、10%、5%となっていて、口当たりも違うので、その日の気分で選ぶのも楽しいですよ。  byなおき

◇販売先:道の駅おいらせ 味楽工房物産館四季彩館
by marugoto_aomori | 2006-05-18 10:45 | あるあるこんなもの | Comments(11)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング