まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

<   2006年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

冬の青森の象徴「鱈(タラ)」

青森県人に昔から親しまれてきた「鱈(タラ)」は冬の青森の象徴。真夏になぜ?と思うでしょうが、つい先日、青森市民病院そばの「食事処深川」さんで、おいしい鱈メニューをいただいたのでその紹介です。

なかなか趣のある店内に入り、どれどれ、とメニューを見ると・・・。
真っ先に目に飛び込んできたのが「タラ丼 700円」。タ、タラ?丼??
d0007875_17324341.jpg
あまり見かけたことがない丼なので思わず「タラ丼、一丁!」
刺身?それとも昆布〆め?ドドーンと出てきた料理がこちらです。
d0007875_1734121.jpg
カ、カツ丼?いえいえ、タラのフライを卵でとじたれっきとしたタラ丼です。
その量の多いこと多いこと。まちがいなく蕎麦用のどんぶりです。しかも目一杯入ってます。
そして、うまいことうまいこと。ほくほくした白身は淡泊で、やわらかく煮込まれた衣には、ほどよく濃い味のだし汁がたっぷり。お好みで醤油をたらせば、とんでもなく充実した満腹感を味わうことができます。
どんぶりの陰には、手作りの漬け物とインゲン炒めが山盛りになった小皿、みそ汁。そして、うれしいコーヒー、ジュース飲み放題(!)

もっと驚いたのはメニューの数です。なんと!メニューに載っているだけでもその品数は95品!
カウンターを見ると、メニューにも載っていない新メニューが掲げられています。
個人食堂でこれほどのメニューがあるとは、すごい!話を聞くと、市○病院の看護婦さんやM銀行の常連さん達のリクエストがどんどんメニューに追加されてこうなったのだとか。愛されている証ですね。
d0007875_1735073.jpg
店の歴史は三十数年、都内のホテルや横浜中華街、県内の飲食店で修行した後、この地に開業したのだそうです。ご主人によると、一番人気はボリュームたっぷりの焼き肉定食や野菜炒め定食。また、常連さんによると、ここのカレーはひと味違うのだとか。さらに、週末だけお店を手伝っているという二代目(候補?)さんは、「看護婦さんのアイデアから生まれたもっとおすすめのメニューがあるんですよ」と微笑んでいました。どれだかわかりますか?
d0007875_1742597.jpg
近くまでお出かけの際は是非立ち寄ってみてください。趣のある店内の奥には12名ほど入る小上がりもありますよ。(「サークルK市民病院通り店」のすぐ裏手です。)

さて、本題の「鱈」を・・・と思ったのですが、紙面の都合で次の機会にゆずりたいと思います。
by 義人
by marugoto_aomori | 2006-07-31 17:47 | 青森食べ歩き | Comments(8)

雑草魂で甦れ!悲運の中継ぎエース「北斗」

甲子園を目指したエースたちの戦いが全国各地で繰り広げられています。
”エース”といって思い出すのは「北斗」。”悲運の中継ぎエース”と言われた(?)りんごです。

「北斗」は、甘味が強くジューシーな果肉がおいしい「ふじ」、芳香と甘酸っぱい味に定評がある「陸奥」の二大スターを両親(※)とし、スーパーエースになることを運命づけられて誕生しました。
d0007875_15445.jpg果皮は地肌に紅色の縞が入り「ふじ」に似ていますが、大柄な果実は「陸奥」に似ているようでもあります。爽やかなのにコクがある甘味。緻密な肉質。とにかく豊富な蜜。あふれるほどの果汁。おそらく最高の味を持つりんごのひとつでしょう。完熟した本当の味の北斗を食べた人は間違いなく虜になります。とにかくおいしいのです。

確かな実力を備えた北斗は、早生種「つがる」から晩生種「ふじ」へとつなぐ中継ぎエースとして期待され、1983(昭和58)年に種苗登録、その後華々しくデビューしました。
市場から熱烈な歓迎を受けた北斗は、その実力を見せつけ、あっという間に中継ぎエースへと上り詰めます。しかし、栄光はそう長くはありませんでした。芯の部分がカビで黒くなる「芯かび」。ツル元の部分が割れる「つる割れ」。冴えない果色。無骨な形。高くはない貯蔵性。食べるのに支障ありませんが、バブルの頃は外見が特に重んじられたため、おいしいのにクレームや返品を受けるということが多くなりました。

やむなく、完熟すると発生しやすいつる割れを防いだり、貯蔵性を高めるため、未熟なまま収穫し販売することもあったようです。北斗は完熟してこそおいしいりんご。未熟果は硬くてしぶいだけです。市場に受け入れられようとした取り組みが裏目となり、北斗の評価は急落していきました。もしかしたら、北斗の本当のおいしさを知らない消費者は意外と多いのかもしれません。

りんごの品種はどれも長所と欠点を併せ持っています。
あの「ふじ」でさえ、つる割れや芯かびが発生しやすく、生育条件や貯蔵方法によっては貯蔵中に果肉が茶色に変色してしまうという欠点を持っています。甘くておいしい「つがる」や、ほどよい酸味が人気の「ジョナゴールド」は、果肉が軟化しやすく果皮がワックスを塗ったようにヌルヌルになる油上がりという欠点があります。また独特の香りと甘さが人気の「王林」は、果色が劣りボケやすいという欠点があります。
これらの欠点も北斗の欠点も食べるのに支障がないものです。むしろ、完熟であることの証であったり、食べ頃のサインだったりするのです。
d0007875_195020.jpg
さて、メジャー市場から淘汰されたといっても過言ではない「北斗」ですが、地元青森では、本当の味を知っている熱烈なファンに支えられ、旬の頃には地元市場や直売所にたくさん出回ります。最近では、「欠点(と言われる部分)を受け入れても本当においしいりんごを食べたい」と北斗を求めるお客さんが増えているのだそうです。
見かけより中身。北斗は再び輝き始めました。どうやら時代がようやく北斗に追いついてきたようです。頑張れ!北斗!
by 義人

さらに悲しい事実はこちら(続き)で。
by marugoto_aomori | 2006-07-28 10:26 | おいしい食材 | Comments(13)

8月2日「第2回カシスサミットin青森」開催!

突然ですが、カシスと言えば青森ですよねー(えっ知らない?)。カシスソーダなどのリキュールに使われることで知られている果物の「カシス」ですが、最近になって「仮性近視を改善する」「目の下のくまをとる」などの健康効果が明らかになってきています。そして国内最大産地が青森市!量は少ないですがシェア90%を占めています。
 青森市内でもホンットにカシス商品を見かけるようになってきました。バリエーションも豊かになって・・・
d0007875_2141948.jpg
 そんな盛り上がりをみせるなか、昨年10月に日本カシス協会発足し、産学官連携してカシスを盛り上げよう!という動きが出てきています。その取組の中で、カシスの事をもっと知ろう!ということで開催されるのが、「カシスサミット」なのでした。ちなみに1回目は東京で開催されています。
 そして今回はカシスの国内最大産地である青森市においてサミットが開催されることになったのです!!カシスって名前は聞くけど果実を実際に見たこと無い方が多いと聞いています。(私も実際に見たのは最近なのですけどね・・・)ちょうどカシスの収穫時期なので、是非多くの方にカシスを見てくれればいいなあと思います。
d0007875_2144484.jpg

 サミットでは、カシスに関する情報・健康効果などについて大学の先生が講演したり、トークイベントでは、料理評論家の山本益博さんがお見えになる予定です。8月2日の午後から青森市内のホテルで開催されるのですが、参加申込みはまだ受け付けているかどうか・・・・興味が沸いた方!日本カシス協会に是非とも問い合わせてみてくださいね。

byノブchan
by marugoto_aomori | 2006-07-27 12:13 | あるあるこんなもの | Comments(10)

黒石で見つけた「ライスクリーン」

お米で作った「ライスクリーン」

d0007875_14511262.jpg昨日、打ち合わせで十和田湖休屋へ。
どんよりとした天気でしたが、お昼頃から晴れ間が見え、午後にはピーカンの天気に。
いよいよ夏らしい天気になってきたな、なんて思っていたところでちょうど、黒石市の道の駅「虹の湖公園」に到着。

見渡す限りのひさびさの青い空。
平日の日中ともあって、人が少なくて寂しいものの、鳥の声や風が木々を揺らすやさしい音まで感じさせてくれます。

実はここ、2週間ほど前にもとおっていて、その時に「ん、んっ?」と見入ってしまった文字がコレ、
「ライスクリーン」。

この道の駅の「黒石ふるさとショップ」と書かれた建物。
たくさんの地場野菜や加工品が並ぶその端っこの窓に張られた、

「ライスクリーンアイス 2色で100円」
「ライスクリーン きいちご味 りんご味」
の文字。

先を急ぐ身でありながら、どうしても気になりお店のお母さんに、この張り紙は、アイスクリームの事なのか、と尋ね、「お米で作ったアイスだよ」と聞いて、「それじゃあ」と、試しに1個注文。

「はいよっ」といただいたのは、
コーンの上に、りんご味、そしてその上にきいちご味の二段重ね。

「なんか、チリンチリンアイスみたいだね。」
なんて思いながら、一口目。

「んんんんん・・・・、うまい。」
キメの細かいしっとりとした食感に突然襲ってくるベリーの風味。
もちろん後味はすっきり。
d0007875_14553794.jpg
お米が入る、入らないとは別次元で、単純にディッシュアップアイスのシャーベットとして充分にウマイ。
いいじゃん、うまいじゃん、とペロっ、ペロっとやっているうちに、りんご部分に突入。
さわやかなりんご果汁の甘さの中にしっかりとした酸味。
チリンチリンに亜種でいいので欲しかったこのフルーツ本物感。

・・あっという間で完食。

つい2週間前のそんなこともあって、昨日は2度目の「ライスクリーン」。

気になっていた「ライスクリーン」の命名。
私が勝手に想像していた<rice+clean+icecream>。
クリーンなご飯でアイスクリーム? ・・・・ではありませんでした。
市役所の方にお話を伺ったところ、
アイスクリーム=アイスクリン
ライス+アイスクリン→ライスクリン→ライスクリーン ・・・でした。

ネーミングのサプライズ、味のサプライズ、そしてこのクオリティで100円のサプライズ。
前をとおると寄らないわけにはいかない密かなマイブームになっています。
byなおき

◆詳しくはこちらをどうぞ 「ライスクリーン」とは
by marugoto_aomori | 2006-07-26 14:51 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(6)

ナポリタン、ナポリタン

d0007875_1425160.jpg
弘前の「ナポリタン」。
そのものずばりのネーミングは、その名のとおりパスタのお店。
そしてここは、弘前に生まれ育った多くの人が、
相当コアな思い出を持つお店です。

私が弘前に住んでいた期間はそれほど長くはありませんが、
それでもこのお店には何度となく足を運んでいます。
なにしろナポリタンというネーミングがいい。
私にとってスパゲッティ(パスタという名称自体馴染めない)と言えばナポリタン。
好きなスパゲッティを聞かれれば、躊躇わずにそう答えることができます。
トマト自体は苦手な私ですが、
ナポリタンとケチャップチャーハンをこんなに好きなのは、
いまだに不思議です。

お店に入ってカウンターに座り、当然「ナポリタン」を注文。
待つ間、オーナー夫婦と少しお話をしました。
カメラが趣味で、その話になると盛り上がる、盛り上がる。
私があまり詳しくないのが申し訳ないくらいでした。

昼時だったので、OLや学生が少しずつやってきて
店も混み始めた頃、ナポリタンが完成。
d0007875_14251678.jpg
最近、昔風ナポリタンというメニューをよく見かけますが、ここのは本物。
店を始めてから35年、ずっと作り続けてきたナポリタン。
家庭の味にとてもよく似ているけど、でも違う。
本当に美味しいナポリタン。
濃厚な味が食欲をかき立てるので、
勢いよく食べ尽くしてしまいました。
※ナポリタンのHPです。ブログもやってられますよ。
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/nappo73/

チェーン店も含め、
最近は色んなお店がたくさんあります。
でも、昔からあるお店には本当に美味しいところが多く、
それでもいくつものお店がひっそりと店を閉めています。
10年後に再び懐かしく思えるよう、
10年前に好きだったお店を大切にしたいと思う今日このごろです。

by YOSHIHITO
by marugoto_aomori | 2006-07-25 14:25 | 青森食べ歩き | Comments(12)

あおもり地カップアイス 【6】

いよいよ地カップアイスの最終稿です。

これまで青森県内のいろいろな地カップアイスをご紹介してきましたが、まだまだご紹介しきれません。小川原湖の農場の新鮮な牛乳を贅沢に使った「レイクファームアイスクリーム」や中泊町の果肉たっぷりの「ブルーベリーアイス」、弘果の「青森りんごシャーベット」「ぶどうシャーベット」などなど、まだまだ素敵な沢山の地カップアイスがあります。
d0007875_1141425.jpg
ですが、とりあえずシリーズとしては、次の3つで終了し、次の機会にまた折見て触れていきたいと思います。

【NO11 「ゼネラル・レクラークアイスクリーム」 250円】
青森県農業試験場がヨーロッパから取り寄せた苗木を、平成元年(1989年)に植えた南部町の研究会の取り組みから始まる「洋梨の王様」=ゼネラルレクラーク。
甘酸のバランスがよく、つるんとした果肉、したたるようにジューシーで高貴な芳香が特徴です。
裾物などを利用したワインが好評であったことから、第2弾として96年夏に発売したのが、このアイスクリームです。
乳脂肪分13.5%。立派なプレミアムアイスですが、レクラークの香りと上品な甘さがアイスクリームにうまく溶け込んでいます。
d0007875_11332582.jpg
 ◇販売先:アスパム、ユートリー、県南の道の駅

【NO12 「ジョミアイス」 200円】
地元で「ジョミ」とか「ゾミ」とも呼ばれるガマズミは、スイカズラ科ガマズミ属の落葉低木の実で、その昔、獲物を求めて一日中歩き回るマタギたちが、山中でガマズミを見つけると、山の神からの授かり物として大切にし、すりつぶして口にしたと言う疲労回復の妙薬です。
ガマズミという名は「神ツ実」という「神の実」に由来するとも伝えられていて、古くからその効用のある実を神からの授かり物といっていたようです。
そんなポリフェノールたっぷりのガマズミ果汁をソースに仕上げ、ラクトアイスにかけたのが、このジョミアイス。さわやかな酸味と絞りたてのような果汁の香りをアイスと一緒に楽しめます。
d0007875_11334561.jpg
 ◇販売先:道の駅さんのへ

【NO13 「あんきもアイス」 280円】
鰺ヶ沢町にある「海の駅わんど」オリジナルアイスのひとつ、「あんきもアイス」。
アビタニアジャージーファームに生産をお願いした、とても濃厚なアイスクリームです。
前回登場した「なまこ」「ほたて」と並ぶ海鮮アイス。
お味は、濃厚なクリームの中、後に残る風味が「あんきも」。
「珍しい」、「おもしろい」と立ち寄った若い人が買っていくのも解ります。
よおく見ると、小さな褐色のつぶつぶが見える。
これが「あんきも」?
この他、オリジナルには、とうもろこしやトマトなど時期、時期の味があるのだそうです。
d0007875_12461559.jpg
◇販売先:海の駅わんど
さあ、いよいよ夏本番。
まだまだ増える「地カップアイス」を旅のエッセンスにどうぞ。 byなおき
by marugoto_aomori | 2006-07-24 12:49 | あるあるこんなもの | Comments(8)

味噌カレー牛乳ラーメン

おそらく、
私が自分のお小遣いで初めて食べた外食は「味の札幌」だと思います。
現在のように子供のお小遣いが潤沢ではなかった頃だったので、
勝つとラーメン代がタダになるじゃんけん大会に一縷の望みをかけて、
友達と一緒に、今はなくなった旭町のお店に行きました。
(海手に向かって左側にあったまだ小さいお店の頃です。)
お店の中は、同じ目的の小中高校生でごった返していて、
少し待たされてから味噌ラーメンを食べ、
そしてじゃんけんには負けました。

実は、私が味の札幌で味噌ラーメンを頼んだのは、
この時が最初で最後。
それ以降は味の札幌で「味噌カレー牛乳」しか頼んだことがありません。
いつ行っても、誰と行っても「味噌カレー牛乳」。
他のものを食べようと思っていても、
なぜか口から出るのは「味噌カレー牛乳」。
不思議なものです。d0007875_15463612.jpg

青森市内には「味噌カレー牛乳」なお店が数店舗ありますが、
この日食べたのは総本山・味の札幌大西店です。
私はいつもの「味噌カレー牛乳」、
同僚(なおき)は「味噌バターコーン(大盛り)」。
彼の胃袋にはいつも驚かされます。
味噌ラーメンに、カレーの風味と牛乳の甘みが
ちょうど良く乗った美味しさは相変わらずでした。d0007875_1547168.jpg

青森市に住んだことがある人にとって、
多かれ少なかれ何らか思い入れがある「味の札幌」。
青森市の名物ラーメン屋さんの一つです。
弘前市出身の人であれば中ミソがそうであるように、
青森市出身の私にとっては「アジサポ」は
ノスタルジーごと美味しいラーメン屋さんです。

by YOSHIHITO

<味噌カレー牛乳ラーメンのエントリー>
[2007-10-25] あじさぽ
[2007-11-07] スキスキあじさぽ
[2007-12-17] 味噌カレー牛乳の街・青森
[2007-12-26] 味噌カレー牛乳考察
[2008-01-08] 味噌カレー牛乳 トッピングの法則
[2008-01-30] 「あじさぽ」ETC.
by marugoto_aomori | 2006-07-21 16:11 | 青森食べ歩き | Comments(30)

かなりおいしい!つがるのメロン

メロンという名の語源はギリシャ語。その意味は「りんごのようなウリ」だそうです。
だからというわけではありませんが、青森は実はメロンの名産地。出荷量は全国第6位、品質は夏場にとれるメロンとしては日本一!と評価されることもあります。
d0007875_14385070.jpg
県内最大の名産地はつがる市(旧木造町)。屏風山と呼ばれる砂丘地帯を有するつがる市には、作付面積のなんと7割以上が集中しています。

つがるのメロンがおいしい理由はいくつかあります。ひとつは水はけが良い砂丘地帯で栽培されていること。水はけの良い土は肥料分も流失しやすいのですが、生育期後半に土の中の養分が少なくなることによって、メロンはよりおいしくなります。次の世代を残そうと体中の養分を果実にぎゅーっと集中させるからです。栽培管理はとても大変ですが、この土地条件こそが、おいしいメロンを作り上げてくれるのです。

次に昼夜の寒暖差が大きいこと。理屈は簡単。夜間の気温が低いと、呼吸作用が抑えられるため、光合成によって蓄えた養分の損失が少ないからです。ヤマセの影響が小さく寒暖差が大きいこの地域は、メロン栽培にはとっても適した地域といえるでしょう。
d0007875_14455377.jpg
自然の力と並んで大切なのは人の力。確かにここの作り手達はただならぬ手間をかけています。名人によると、栽培管理がちょっとでも後手に回れば、その後いくらがんばってもよいメロンにはならないのだとか。このことをよーく知っている生産者たちはその手間を惜しみません。恵まれた地の利を生かす栽培管理技術は40年以上続く歴史の中で培われた財産でもあります。

最も作付けが多い品種は「タカミ」。果肉が緻密で、真夏でも食べやすいさわやかな甘味が特徴ですが、本格的に出回るのはこれから先。
d0007875_14461433.jpg
今は、特有の香りと濃厚な甘さ(糖度18度前後)、やわらかい果肉がおいしい「ユウカ」が旬となっています。「ユウカ」は青森以外ではあまりつくられていない品種。県外に出荷されることも少ないので、まず地元にいなければ食べられません。店頭には「アムさん」という商品名(登録商標)で並んでいますので、是非一度味わってみてください。今だけですよ。 by 義人

※「アムさん」は弘果弘前中央青果(株)の登録商標。ハウス栽培など一定条件で栽培したユウカを「アムさん」として販売しています。記事中のメロンの写真はともに「アムさん」です。
by marugoto_aomori | 2006-07-20 14:59 | おいしい食材 | Comments(23)

「土用しじみ」の季節になりました!

今年は7月23日 土用丑の日

d0007875_15391693.jpg白神山地の水が注ぐ、津軽の母なる川「岩木川」。
この岩木川と日本海とが交わるのが「十三湖」(じゅうさんこ)です。
十三湖は、満潮時に海水が流入し、干潮に「岩木川」から栄養のある淡水が入り込む、シジミにとっては「最高」の生息環境でもあります。

この十三湖の「大粒しじみ」は、土用の時期にうまみがピークとなります。
夏は産卵期。
可食部が一番大きくなるのは7~8月。
もっとも食べ応えのある季節です。

「土用丑の日」になぜ「しじみ」?とお思いでしょうが、昔から「しじみ」は肝臓病に良いと言われてきました。
夏はどうしても暑さのため、飲み過ぎなどになるもの。
こうした弱った肝臓を「しじみ」は守ってくれます。
理由としては、しじみの中に含まれる各種アミノ酸やビタミンB12などの働きによるものであると言われています。

そんな「しじみ」のことを思うと、青森県なら、まずコレでしょう!
d0007875_15421319.jpg
しじみラーメン。
d0007875_1634588.jpg十三湖を見下ろす十三大橋たもと"ドライブイン・湖畔の宿「和歌山」"は、しじみラーメンを作った元祖のお店です。
しじみラーメンは、基本的には塩味のようですが、実は、少しの白みそを加えて味作りをしているのだそうです。
十三湖を訪れるお客様からの一番人気は、「特製 蜆(しじみ)ラーメン」(1000円)。
大粒の大サイズの貝をふんだんに入れたもので、ぷりぷりのしじみの身がおいしい。
ドライブイン和歌山のしじみラーメンの特徴は、十三湖のしじみの中でもいいしじみを使っていることなのだそうです。
身をほじっては、スープを飲み、麺を食べ、また身をほじっては・・・。
結構忙しいのも、しじみラーメンの特徴。

もちろん食べ終わりは、"完つゆ"です。
スープが肝臓にいいんだ、という言い訳のような呪文は、おいしくても身体のため!と踏んでいたブレーキを、気持ちよく、アクセルに踏み直させます。

しじみラーメンに限って言えば、「夏の味が最高」との事。
冬のしじみは寒しじみと言われ珍重されますが、脂ののりはいいものの、スープの味を決めるしじみのエキスの出が夏に比べ少ないのだとか。
だから、しじみラーメンも夏が「旬」なんですよ。 byなおき

おいしい「しじみ汁」の作り方【必見ですよ】
by marugoto_aomori | 2006-07-19 16:05 | おいしい食材 | Comments(10)

どうしても行ってしまう「峰」

今から十数年前、
私の最初の勤務地は弘前だったのですが、
青森と弘前を結ぶ国道7号線の弘前のはずれに、
いつ見てもトラックやタクシーが止まっているお店がありました。
結局、そのお店には入ることはなく、
いつしかそのお店はなくなっていました。

それからしばらくして、
そのお店が和徳で営業を再開していることを知ります。
そして、初めてそのお店、
みそラーメンの店"峰"に入りました。

青森市出身の私にとって、
みそラーメンと言えば「味のさっぽろ」で、
その味に慣れ親しんでいたこともあって、
正直、一口目は大きな感動はありませんでした。
ところが、食べ進めると妙にスープが後を引き、
食べ終わった後も、ウマイよりも
また食べたいという気持ちが強く残ったのを覚えています。d0007875_11471642.jpg

私が初めて食べたお店から、
さらに道を挟んで向かい側に移転した「峰」。
味噌ラーメン中心のメニューで、
表面に油膜が張られていて野菜もスープも熱々。
油断すると十中八九ヤケドします。
甘みのあるスープには好き嫌いもありますが、
癖になる味であることは間違いありません。d0007875_11482575.jpg

ブログを通していろんなお店を知り、
行っておきたいお店もたくさんあるのですが、
弘前に行くとついつい寄ってしまうお店の一つです。

by YOSHIHITO
by marugoto_aomori | 2006-07-18 11:50 | 青森食べ歩き | Comments(14)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング