「ほっ」と。キャンペーン
まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

<   2007年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

大西ハーブ農園の食べるハーブ

六戸町にある大西ハーブ農園
前にもお邪魔したことがあるのですが、何回行っても、ビックリします。
ハーブというのは、日本語でいうと「香草」なので
食べるというよりは、香りを楽しむための食材と思っていましたが、
食べて、風味を楽しむハーブというのも、いろいろあるんですねえ。
6月の初めに行ったときのこと。
d0007875_9451354.jpg
これは、サラダバーネット。
花じゃなくて、小さな葉っぱを食べます。
代表の大西正雄さんに「何の味がしますか?」と聞かれたので
「青いトマト」と答えたら、一般的な正解は「キュウリ」だそうです。
ちょっとちがった・・・
d0007875_9494465.jpg
この白いお花は、ルッコラの花です。
ルッコラはイタリア料理に出てくる「ゴマの味のする葉っぱ」と思っていたけど、
私が知ってるルッコラよりも、葉っぱが小さい。
大西さんが「花を食べてみてください」と言うので、言われた通り食べてみたら
ルッコラよりも、もっと濃いルッコラの味がする。
花なのに不思議。花を食べるということも、ちょっと不思議ですけど・・・
d0007875_9502683.jpg
この赤い海藻のようにも見えるのは、赤カラシミズナ。
この赤い色が、シェフたちにとても人気があるのだそうです。
味は、ごめんなさい。食べるの忘れました・・・

大西ハーブ農園では、無農薬で栽培していて、土作りにも、
青森のほたての貝殻を活用するなど、いろんな工夫をされています。
畑には「虫が嫌うハーブ」というのも植えられていました。
それがこの「ルー」です。見た目はおいしそうですが、
これは食べないのだそうです。
d0007875_951573.jpg
青森で、良質のハーブが育つ」って意外な気もしますが、
大西さんによると、「ハーブの原産地の地中海沿岸と青森は同じ緯度。
気温はちがっても、太陽の光の加減が同じなんだよ」とのこと。
夏場の最盛期には、約100種類のハーブが農園にあふれるそうです。
また違う季節にお邪魔したいものです。       byひろぽん

 *大西ハーブ農園では、季節のハーブと野菜を組み合わせた
  「ハーブサラダミックス」を販売しています。
  食べるハーブに興味のある方は、一度試してみてはいかがでしょうか。
     500g入 3,800円(税、送料込み)  支払いは代金引き換え。

   
by marugoto_aomori | 2007-06-28 10:37 | おいしい食材 | Comments(6)

弘前スイーツ3 ~藤田記念庭園 喫茶室~

大正ロマンをそのままに窓越しにお庭を眺めるゆったりとした時間
藤田記念庭園 大正浪漫喫茶室


藤田記念庭園は、弘前市出身で日本商工会議所会頭も務めた藤田謙一氏が大正8年に別邸を構える際、東京から庭師を招いて造らせた江戸風な景趣の庭園です。
園内には大正時代の浪漫を感じさせる洋館や書院造りの和館等があります。
d0007875_11112092.jpg

洋館は、弘前市における代表的な近代建築の担い手である堀江佐吉の子孫が設計・施工にあたったものです。
ステンドグラス、窓ガラス等、現在でも当時からの物が多く残っています。
d0007875_11124462.jpg


そして館内には、喫茶室と藤田謙一資料室があります。

喫茶室の人気のある席は、白と淡い緑を基調としたテラス。
庭園の緑越しに燦々と太陽の光りが差し込み、コーヒータイムを楽しくさせてくれます。
d0007875_11131053.jpg

コチラの人気メニューは、りんご色の街"ひろさき"ですから、
やはり"りんごスイーツ"。

りんごの果肉を中に入れた「りんごクリームブリュレ」(350円)。
d0007875_11135120.jpg
砂糖を焼いた香ばしさとクリームとりんごがベストマッチです。
スプーンで表面をガシャガシャと壊しながら、中の冷たいツルルンカスタードプリンと一緒にいただきます。

そして、こちらのコーヒーは成田専蔵オリジナルブレンドの「コーヒーひろさき」。
酸味のすくないコクのあるコーヒーを布ドリップで漉した至極の一杯です。

庭園で安らぎ、スイーツを囲んで午後のひととき。
d0007875_11145411.jpg
弘前のちょっと優雅なスイーツタイムです。
週替わりでメニューが替わっていくランチも人気なんだそうです。 byなおき
by marugoto_aomori | 2007-06-27 11:17 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(2)

弘前スイーツ2 ~寿々炉~

弘前の "和スイーツ"

ワタシがまだ高校生だった頃、
弘南電鉄大鰐線の「中央弘前駅」前はワタシのお気に入り店が2店あり、
大好きな場所でした。
一つはルネス街にあったガルボというチョコレートとケーキのお店。
そしてもう一つはお隣の和菓子店「寿々炉」でした。
ガルボでは眩しいくらいにブルーベリーソースを乗せ、周辺においしいチョコを巻いたホールケーキ。寿々炉では、かのこや竹ようかん、栗まんじゅうといった小さいけどとっても品のいい和菓子。
お祝い事があるとどちらかを選ぶのですが、どっちも大好物。
ホントどちらも一口ほおばるだけで幸せが訪れるようなそんな気分にさせてくれました。

その寿々炉の本店は、中三デパート裏にあります。
炉端に集まって幸せな感じになれるように、と名付けられた「寿々炉」は、昭和51年に創業しました。藩政時代から続く菓子店もある古都弘前からすればまだまだ新しいお店ですが、和の風情をたっぷりと感じさせてくれるお店です。
d0007875_10315970.jpg

いわゆる京菓子で、どれもちっちゃくて品のいいものばかり。
5月から9月までの間、寿々炉といえば、「竹ようかん」(350円)。
d0007875_10323467.jpg
何日もかけ丁寧に手間をかけたこしあんを水ようかんに練り上げ、青竹を筒状に割った中に入れ、その香りと一緒に清涼を味わいます。
甘いからおいしいのではなく、素材の持つ香りや風味、丁寧な仕事が全体としておいしさを作ってくれている、そんなゆっくりと味わいながら食べたくなる逸品です。

今の時期の生菓子は、左上から時計回りで、d0007875_1033648.jpg
かのこを付けて黒豆をあしらい、寒天で清流を模した「清水」。粒あんの上にカルカンをまぶした「花の香」。葉っぱが美しい「紫陽花」。通年で人気の「薯蕷饅頭」。花の中の朝露が今にも落ちてきそうな「露牡丹」。中の梅果肉の何気ない清涼感がいい「青梅」。

店内にはイートインがあって、お好きな菓子と抹茶で600円。
どのお菓子でも一律600円なので、しくみをよく知っている常連の方は、竹ようかんなど値段がちょっと高めのものをまずはセットで頼み、そしてもう一個を追加で頼むんだそうです。
d0007875_10341030.jpg
(↑上写真は、「芳華」 りんごのペーストをサンドした香り高い菓子)
月に一度、コーヒーと和菓子とのコラボレーションを楽しむ企画「寿々炉珈琲茶会」を開催しています。
だいたいは毎月第三土曜日の午前。
1時間ほどですが、成田専蔵先生のコーヒーをいただきながらの和菓子タイムです。
素敵なコラボレーションを楽しみお土産までついて二千円。
完全予約制ですが、いつか行ってみたいと思っています♪
詳しくはコチラ。 byなおき
by marugoto_aomori | 2007-06-26 10:45 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(15)

あの「あすなろ卵」の温泉たまごが誕生!

緑の卵「あすなろ卵」をご存じですか?
緑色の卵殻が鮮やかなこの卵は、青森県畜産試験場が、南米チリ原産で青卵殻遺伝子をもつアローカナ種に白い卵を産む白色レグホーン種と茶褐色の卵を産むロードアイランドレッド種をかけ合わせ、20年以上もの歳月をかけて育成した自慢の卵です。
d0007875_2191192.jpg
生卵のおいしさの秘密は実は卵黄の割合にあるのだといいます。
いくら卵黄がおいしくても、卵白が多ければ、結局は水っぽく感じられてあまりおいしくないのだとか。
一般的な鶏卵は卵黄の割合が卵全体の27%程度なのに対してあすなろ卵のそれは30%超。たかが3%と思うかも知れませんが、1個60グラム前後しかない鶏卵の3%は、予想以上に大きな差となって味に違いをもたらすのです。
d0007875_2193855.jpg
茹でるとますます鮮やかになる卵殻。
コクと甘味が強い卵黄。
卵黄をしっかりと支えて盛り上がる卵白。
生臭さがないあすなろ卵は、開発者のS部長が胸を張るとおり、「卵かけご飯」にぴったりの卵なんです(笑)。

そして、なんと!そのあすなろ卵の「温泉たまご」が誕生しました!!d0007875_21102592.jpg
商品化したのは、あすなろ卵が開発された当初から生産してきた「田子たまご村(代表:日沢一雄さん)」。それまで生卵だけだった日沢さんが温泉卵に取り組んだのは、「青森に来てくれるお客さんにおいしい青森の卵を食べてほしい。気軽に食べてもらうためには生卵より温泉卵。」と考えたから。専用の装置まで導入しました。

いただいた「あすなろ温泉たまご」の写真がこちら。
何も語らなくとも、大きな卵黄の美しさから、そのおいしさを想像していただけるのではないでしょうか。(写真の温泉たまごには、付属の専用たれをかけています。)d0007875_21113248.jpg
現在「あすなろ温泉たまご」は業務用のみの販売。うれしいことに、近々小売りもスタートさせるそうですから、興味がある方はたまご村のHPを時々チェックしてみてください。

by 義人
by marugoto_aomori | 2007-06-25 21:01 | おいしい食材 | Comments(6)

弘前スイーツ1 ~ル・ショコラ~

弘前の洋菓子・和菓子たち。

弘前市というところはおもしろいところ。
18万人ほどの街に電話帳で調べても、洋菓子和菓子店が70件もあり、2700人に1軒あるという激戦区。ちなみに世田谷区で同じ計算をすると3800人に1軒、横浜市だと5800人に1軒。
この密度はスゴいもの。

実際、市内には洋菓子店、和菓子店が密集し、歩いてハシゴできるほど。

そんな弘前の知人から伺ってみると、やはり「あそこのアレ」とご贔屓店のお気に入りがあるようです。
そしてお店の方からお話を伺うと、どこのお店にも商品選択眼の厳しい弘前の方々に愛され続けてきた理由がありました。

全店はちょっとできないとは思いますが、その中から数店、和洋取り混ぜてこれから美しくて甘いお話を数回書いていきたいと思っています。

◇◇ル・ショコラ◇◇


弘前の北大通り(きたおおどおり)の中央分離帯に植えられたラベンダーはもう弘前を代表する風物詩と言ってもいいほど。
d0007875_10225090.jpg
眩しいほどの青いゆらめきと近くに行くとさわやかな香り。
ピンク色のさくら、白いりんごの花、そしてこのラベンダーとお花リレーは目を楽しませてくれます。
その北大通りと中央通りとの交差点の近くにル・ショコラはあります。
d0007875_1023273.jpg

オーナーでパティシェの秋元さんが89年(H1)に開業しました。
秋元さんはもともと菓子店で販売をされていた方。
販売するとどうしても商品知識が必要になる。そこで作り手になろうと思ったが始まりだそうです。
ですが、下積み時代、一度辞めます。
職を代え再出発した2年後、以前の職場に注文を取りにいきます。
すると下積み時代、一緒に苦楽を共にしていた同僚の腕前がもの凄く上がっているのに驚き、雷に打たれたようになった、と言うほどの衝撃だったようで、「もう一度やってみたい」と、発奮します。
弘前を離れ修行を積み重ね、そして弘前のルネス街のオープンのタイミングで出来たチョコレートで名の知れたお店へと戻ってきます。
ここでチョコレート菓子づくりがますます好きになっていきます。
d0007875_1024766.jpg
ル・ショコラは、当時チョコレートを使った本格的な菓子がまだまだ珍しかったこともあって、そのものを店名にしました。

お店の名前をそのまま使った「ル・ショコラ」は創業以来の味。
今風にもっともっと改良したいけれど、この味を気に入ってくれている方々のために変えられないんだと秋元さん。どのケーキにもファンがついているので、種類が増えてしまっているのだとか。
d0007875_10243990.jpg

夏向きのケーキが増えてきたガラスケースの中はつるんとした食感の涼しげなスイーツがたくさん。
ベリーココはつるるるルン。ナッツプリンはヘーゼルナッツの香りがたまりません。

もちろん、チョコレートもいっぱい。
d0007875_1025387.jpg
アラカルトで楽しめますよ。 byなおき

<データ>
 洋菓子工房 ル・ショコラ
 住所:弘前市山下町12-1
 電話:0172-37-6761
by marugoto_aomori | 2007-06-22 10:32 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(6)

三度登場!「バナナ最中」

くどいようですが、
バナナ型の最中の皮にバナナ風味の白餡を詰め込んだ「バナナ最中」は、
バナナが高価な果実だった頃、
この香りと甘味を手頃な菓子で食べられたら喜ぶだろうと、
津軽の菓子職人達が苦労の末に作り出した津軽郷土菓子です。
d0007875_14574527.jpg

「バナナ最中」が分布するのは津軽地方から秋田県北のエリア。
青森市内と弘前市内、そして大館市内(秋田県)で
あわせて5軒のお店がバナナ最中を製造・販売していることがわかり、
私の「バナナ最中研究」は一段落したはずでした。

ところが!新たなバナナ最中が発見されたのです!!(笑)
d0007875_14594526.jpg

先日、鰺ヶ沢町内を車で走っていたときのこと、
筆字で「バナナ最中」と書かれた貼り紙を出しているお店を発見!
もはやあの5店しか残っていないと信じていた私は、
恐る恐る「このお店でつくっているんですか?」と尋ねたところ、
不思議そうな顔をしつつも「そうです。」とキッパリ。
迷わずまとめ買いしてしまいました(笑)。

中学卒業と同時に和菓子の道に入った昭和13年生まれの二代目によると、
満州から引き上げて菓子屋を開いた父親(初代)は、
当時やわらかい餡を入れた「バナナ最中」を作っていたようですが、
お客さんから堅い餡のバナナ最中を作ってくれと注文があり、
二代目が試行錯誤して現在のバナナ最中をつくり上げたのだそう。

d0007875_1501998.jpg
”あげた(上顎)”にくっつきにくいサクサクの皮に、
香り控えめで甘すぎないホクホクの白餡。
実に素朴な味わいのバナナ最中です。

昔ながらの「バナナ最中」はこれで6店目。
私の「バナナ最中研究」はこれで終わりなのでしょうか(笑)。
by 義人

【お店情報】
岩山菓子舗(鰺ヶ沢町田中町24  電話:0173-72-7543
バナナ最中 1本105円
by marugoto_aomori | 2007-06-21 15:11 | あるあるこんなもの | Comments(6)

満足度は最高~山の寿し

青森市内問屋町、
この一画にある青森市中央卸売市場の片隅に
市場関係者が認める寿司屋"山の寿し"があります。

レストラン経営の父と食堂経営の母を持つ
自称「飲食業のサラブレッド」と話す店主・成田修治さんの軽快な話が楽しく、
笑いながら食べることって良い調味料だなって実感できます。

もちろん、市場という特殊な場所で、
30年以上も店を続けているだけあって味は格別。
目利きが集まる場所ですから、
高くて良いものは当たり前で、それを使ってもダメ。
良いものをどれでけ安く提供できるかに心を配っています。

特に、三方を海に囲まれる青森は、
魚の種類の豊富さと抜群の鮮度が自慢。
ネタの質が良ければ不味いものにはなるはずがなく、
まめに市場に顔を出してネタ探し。
2周する頃にはその日の寿司がはっきりとイメージできるのだそうです。

"山の寿し"の握りはプチお仕事系。
もともと新鮮な素材なので手を加え過ぎることはしませんが、
幾つかの握りに軽く一手間を加えてくれています。
また、寿司の出し方にも心を配り、
ウニやイクラも海苔との喧嘩を嫌って軍艦巻きにはしません。
醤油がつけにくい寿司は軽く醤油を垂らして出してくれますし、
ヒラメのエンガワには軽くレモンをしぼってくれたりしてくれます。
私にとっては青森スタンダードの筋子があったのが嬉しすぎ。
それでも握り1人前1,000円~3,000円程度と、満足度/価格は最高です。d0007875_1694697.jpg
d0007875_1610425.jpg
d0007875_16101884.jpg
d0007875_16104320.jpg

若い頃はミュージシャンを目指したこともある成田さん、
子どもにもよくギターを聴かせていたそうなんですが、
息子は父親の夢を叶えるかのようにマニ★ラバのベースYo!!としてメジャーデビュー。
その話になると、まるで自分のことのように嬉しそうに話していました。

このお店、できればお昼などの混み合う時間帯ではなく、
ピーク時を少し外していくと、最高に楽しむことができると思います。
混み合う時間は1人前で出てきますが、それはそれでとっても美味しいですけどね。d0007875_1612337.jpg

by YOSHIHITO
by marugoto_aomori | 2007-06-20 16:15 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(3)

みみ有りとみみ無し ~イギリストースト

d0007875_1354344.jpg
青森のパンメーカー工藤パンの傑作"イギリストースト"。
パンとパンの間に砂糖を混ぜ込んだマーガリンが塗られていて、
その甘さと香ばしさがとても美味しく、
また、子どもの頃から本当に親しんできた味なので、
当たり前の食べ物として自然と受け入れてしまう、
そんなソウルフード的な食べ物です。

青森ブロガーの間でもたびたび取り上げられ、
そのたびに話題になるのが名前の由来。
なぜ"イギリストースト"なのか。

一つはっきりしているのは山型のパンが「イギリスパン」と呼ばれていること。
この言葉自体は和製で、イギリス人から伝わった山型がイギリスパン、
フランス人から伝わった筒型がフランスパンであるらしい。
"イギリストースト"も山型のパンを使っていることから、
イギリスはここからきているとみて間違いなさそう。

しかし、何故トーストなのか。
トーストは明らかに焼いたものに対する表現で、
焼いてない"イギリストースト"に対する表現としては違和感がある。
謎だ・・・。

さて、4月頃からこの"イギリストースト"に仲間が増えました。
フレッシュランチシリーズの流れをくむ耳なしバージョンです。
もとより、"イギリストースト"の場合、
耳を残して食べる真ん中食いもそれなりにポピュラーで、
実は私も真ん中食いを良くやるのですが、
この新製品は工藤パンが真ん中食いにお墨付きを与えたかっこうです。

このみみ無し"イギリストースト"のパッケージに新発見。
「トーストしてさらにおいしく」の文字があるじゃないですか。
そう、焼いて食べることを前提にしていたから"イギリストースト"なのではないか、
そういう結論に至ったのであります。
よかった、よかった。

このみみ無し"イギリストースト"は私の職場に波紋を投げかけました。
私がみみ無し"イギリストースト"を食べていると、
同僚がやってきて「パンはみみが美味しい。
だから"イギリストースト"も当然みみ有りでしょう!」と主張するのです。
確かに砂糖を混ぜたマーガリンの美味しいとこどりの「みみ無し」もいいが、
パンのみみ自体の香ばしさも楽しめる「みみ有り」も確かに美味い。
難しい問題です。

ちなみに、私が今まで食べた菓子パンで一番美味しいと思ったのは、
小学校の社会科見学で工藤パン工場へ行ったときの、
焼きたて"イギリストースト"です。
この美味しさはみみの有無を超越してました。

by YOSHIHITO
by marugoto_aomori | 2007-06-19 13:55 | あるあるこんなもの | Comments(11)

うすい!軽い!おいしい!三戸せんべい

小さい頃食べていたモノ。
たとえそれが好物だったとしても、その場所を離れ、時が流れてしまえば、いつしか口にする機会がなくなり、存在そのものが記憶の奥底にしまい込まれたりします。

私にとってそんな食べ物のひとつが「三戸せんべい」。
先日ある方からいただきました。
「三戸せんべい」は見た目どおりの「南部せんべい」です。
d0007875_13113411.jpg
「南部せんべい」とは、小麦粉を水で練って円形の型に入れ、型ごと高温で焼き上げる昔ながらの焼き菓子。
そもそもの発祥地は八戸という説が有力で、別名「八戸せんべい」と呼ばれたりします。

知らない方は同じものだと思うでしょうが、「三戸せんべい」と「八戸せんべい」は明らかに食感が違います。
「八戸せんべい」がバリバリ、ボリボリというのに対し、「三戸せんべい」はサクサク、ショリショリ。
歯ごたえはあるものの実に軽い食感なのです。
その理由は、小麦粉の調合や練り方、膨らまし粉の割合、焼き型の形状と素材などなど。
三戸せんべいはその昔「流しせんべい」とも呼ばれたそうで、ゆるく練ったタネを型の中に流し込んで焼いたのがその名の由来とか。
この違いは食べてみなければわかりません。

代表的な三戸せんべいは「うすごま」と「白せんべい」。
そのまま食べてももちろんおいしいのですが、私が小さい頃は、よく「うすごま」にマーガリンを塗って食べたものでした。
久しぶりに「三戸せんべい」を目の前にした私は、無性にマーガリンを塗ってみたくなり、昔を思い出してやってみたのがこちら。
d0007875_13374183.jpg

うまい!やっぱりうまいっ!うまいすぎるっ!(笑)
想像できますか?このおいしさ。この軽さ。
控えめな味の三戸せんべいはマーガリンと相性バッチリなんですよ。
育ち盛りだった私は、止めよう止めようと思いつつ、いつも20枚以上入っているせんべいの大半を食べてしまったものでした。

d0007875_14184294.jpg
三戸町内には今でも6軒の煎餅店があります。
南部地方へおでかけの際には、
あの「南部せんべい」と違う「もうひとつの南部せんべい」を試してみてはいかがでしょうか。

※「馬淵川沿いと五戸川沿いの三戸郡は軽い三戸せんべいタイプが主流。八戸市と上北郡は堅い八戸せんべいタイプが主流で、その境界は五戸町あたり。」というのが私の仮説です(笑)。
by 義人
by marugoto_aomori | 2007-06-18 13:24 | あるあるこんなもの | Comments(8)

横浜町出張

今日は横浜町に出張。
菜の花のシーズンは過ぎましたが、
田んぼが中心となる津軽の里山風景とは違う、
畑が広がる里山の景色もいいものです。
今はやはり季節がいい!

途中、平内町に入った辺りで、
どこに向かっているのかは分からないのですが、
竹馬に乗って道を行く竹馬ハイカーを目撃。
何かへのチャレンジだろうか?d0007875_1772064.jpg

横浜町での仕事を済ませた頃にはお昼を回っており、
道の駅菜の花プラザで昼食をとることになりました。
けっこう横浜町らしいメニューもいろいろあって、
メニューのあちこちで「菜の花」や「ホタテ」の文字を見ることができます。

結局、私が頼んだのはホタテフライ(1,100円)。
どうしてもホタテは刺身で食べる機会が多くなってしまうので、
最近はフライなどのメニューがあるときは積極的にそちらを選ぶようにしています。
なにしろ地元でとれたホタテ。味の方は申し分ないものでした。d0007875_1774461.jpg
一緒に出張した同僚は「ホタテ塩ラーメン」なるものを注文。
磯っぽさ全開のラーメンは、悔しいことに食欲がそそられます。
今度機会があったら食べてみようと思います。d0007875_178357.jpg

青森に戻る途中で野辺地町の産直に寄ってみると、
こかぶ一束がなんと100円!
いくらなんでも安すぎ。さすが地元です。d0007875_1782558.jpg

野辺地町を過ぎた辺りで再び竹馬ハイカーに遭遇。
雨もぱらついている中、ひたすら進んでいます。
どこに向かっているのかは分からないけれど、がんばってください!d0007875_1784266.jpg

by YOSHIHITO
by marugoto_aomori | 2007-06-15 17:09 | 青森の旅 | Comments(6)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング