「ほっ」と。キャンペーン
まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

<   2007年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

かりん糖といえば 「縄かりん糖」!?

津軽で”かりん糖”といえば、
おそらく誰もが真っ先に思い浮かべるのがこの「縄かりん糖」です。
細長く練った小麦粉をひねり、
大豆油で硬く揚げるという製法は、
明治時代の頃から変わっていないそうです。
d0007875_17384499.jpg
「縄かりん糖」の最大の特徴はもちろんこの独特の形ですが、
かりんとうにつきものの砂糖蜜がからめられていないことも特徴のひとつ。
「どうして蜜をぬらなかったんでしょうね~?」という私の愚問に、
「蜜をぬるとただの大きなかりん糖に見えますから。」とご主人。
なるほど!(笑)
甘さ控えめの「縄かりん糖」は今でも根強い人気を誇っています。

この「縄かりん糖」をつくる弘前市の石崎弥生堂は嘉永七年(1854年)の創業。
もともとは「おこし本舗」の看板を掲げておこしや水飴を作っていましたが、
三代目のときに「夏場でも売れる商品はないか」と思い立ち、
苦心の末にこの「縄かりん糖」を考案したのだそうです。
d0007875_1756111.jpg
当時の縄かりんとうは夏季限定の商品。
冬場は寒さのために折れやすく、うまく縄状にねじれなかったことが理由でした。
しかし、五代目があることを思いついてこの難問を克服し、今ではきれいな形の「縄かりん糖」を一年中製造できるようになったといいます。
”あること”って何でしょう?
気になる方は袋の裏を見てくださいね。わかるかもしれませんよ~。
d0007875_17562746.jpg
現在お店を切り盛りしているのは22才の時に修行から戻ってきた6代目の庸一(49才)さん。庸一さんは150年も続くこの店の銘菓を大切に守り続け、1998年に岩手県で開催された全国菓子大博覧会では、この「縄かりん糖」で栄えある「農林水産大臣賞」を受賞しています。

前より少しやわらかくなったそうですが、それでも十分固い「縄かりん糖」。
覚悟を決めてガリっとかじれば、縄が口の中でほどけ、あとはポリポリポリ。
揚げたままの素朴な味は何度食べてもたまりません。
by義人
by marugoto_aomori | 2007-08-31 17:59 | あるあるこんなもの | Comments(8)

岩木山お山参詣

お山への路は、信仰とよろこびのみち。

「岩木山」。
別名「津軽富士」とも呼ばれる岩木山は、津軽の人にとっては、信仰の対象でもあるそんな拠り所のお山です。
「お山参詣」は国の重要文化財の建築物も多数点在する岩木山神社に、津軽の各所から参拝・奉納する秋の津軽の最大の祭り。
日時も決まっていて、旧暦の8月1日。
d0007875_1158557.jpg
(上写真↑  資料写真です。)
2007年は9月11日(火)がその朔日山(ついたちやま)の日になります。
なので10日(月)に各所から参詣行列がサイギ・サイギのかけ声で岩木山神社を目指し、長い行列を作ります。
岩木山神社参道の石段にはたくさんの方々が待っています。
行列の到着に大きな拍手となり、5~6メートルもある御幣を力一杯に斜めに倒し、鳥居をくぐらせ、またグッと持ち上げるさまに行き交う人たちからさらに大きな拍手が沸き上がります。
夜は登山囃子に踊りの輪。

朔日、0時頃からいよいよ暗闇の中、入山。
200メートルの山麓から1625メートルの山頂、奧宮を目指します。
そして・・・ ご来光。


・・・でも、今年も行けそうにないワタシ。
なので、先日、「ちょい旅 岩木」をしてきました♪

弘前から岩木橋を渡り、小山内冷菓店へ。
まずは「ちょい旅 岩木」のお約束(笑)です。
最近マイブームは、チョコバナナ(80円)。
d0007875_1221159.jpg
お気に入りの「ジャンボ」の味にチョコがけがワタシ好み。

棒アイスで涼みながら、岩木山神社目指します。
この日は到着が昼過ぎでしたが、まずは神社へ。
d0007875_1285510.jpg

あと数日後に行われるお山参詣。
参拝客の行き来はありますが、まだまだ静かです。

登って下って、左右のチリンチリンアイスを確認していると、チリンチリンのおばさんから「ごくろうさまです」とやさしい声をかけられて、うれしかったり。

小山内冷菓店のアイスをいただいていたので、左右食べ比べは次にして、それよりもこの空腹をなんとかしようと、神社向かいの 「なかの食堂」へ。
d0007875_122444.jpg
以前、百沢に何度も来る仕事があり、その時にご一緒した方とランチで通ったお店です。

小さな時から津軽の中華そばってこうだったよな、と思わせる素朴さ。
d0007875_1231547.jpg
おにぎりにベストマッチの甘塩っぱいワタシ好みの味。
にぼしの香り、塩味の煮豚、やわらかめのシナチク。
食後にノドが乾くのまで、全てが懐かしさを感じさせてくれます。
どうも最近、アクセントのある新味を認めつつも、懐かし味に気持ちがいっちゃっています(笑)

そして嶽方面へ。
右側に見える岩木山の形が変わっていきます。
この時期の嶽方面、もちろん「嶽きみ街道」
d0007875_1243547.jpg

スゴイ車の数だったのですが、タイミングが悪く、カメラをセッティングしているうちに、どんどん
車やバスが動いていって、準備が整ったら少なくなってしまいました。
d0007875_1253496.jpg
この甘さ。
やっぱり、嶽きみは「Sweets」。
おいしい「果物」を食べているかのような気持ちになります。

ホントの「ちょい旅」でしたが、結構ナイストリップでしたよ。 byなおき
by marugoto_aomori | 2007-08-30 12:15 | 青森の旅 | Comments(4)

横浜町って美味しい

下北へ向かう途中、
横浜町を抜けるときにどうしても立ち寄ってしまうのが「肉のはまだ」。
田名部祭り目指して旅したこの日も、
しっかりとカレーパンとメンチカツを食べていきました。

そして、時間に余裕があったので、
立ち寄った道の駅で発見したのこれ、"いぶりホタテ"。
青森県が世界に誇る「ホタテ」と「リンゴ」のコラボ商品。
りんごチップで薫製にしたホタテの干し貝柱です。d0007875_17402982.jpg

ホタテをどのように加工するかは、
ホタテの産地としてはとても重要な課題で、
各産地でいろんな加工品が売られているのは皆さんご存知のとおり。
横浜町に住む野坂さんも、ホタテの加工品を考えていましたが、
そのまま乾燥させる干し貝柱はいろんなところでやっているため、
より独自性のある商品とするため薫製を考えたそうです。

最初はポピュラーなサクラチップを使ってみたそうですが、
ホタテに対しては香りがきつすぎたし、
やはり青森県と言えばリンゴということで、
リンゴチップを使ってみたところこれが見事に的中。
商品化を進め、横浜町の道の駅「菜の花プラザ」で販売が始まりました。

この"いぶりホタテ"の美味しさはかなりのもので、
口に運ぶ前は薫製の香ばし香りが鼻をくすぐり、
口の中に入れると先ずは香ばしい風味が広がります。
そしてこれを何回も噛んでいると、
香ばしさと入れ替えに干し貝柱特有のホタテのコクがやってきて、
噛むほどに複雑な味わいを感じさせてくれます。
一度食べ始めると止まらない美味しさで、
薫製の香りに誘われて食べ続け、
あっという間になくなってしまうこと請け合い。
お酒のつまみにしたら最高だと思います。d0007875_17405924.jpg

りんごチップで燻す前に、
一度ボイルしてから、ある程度乾燥させる必要があるため、
気候などにもけっこう影響されてしまい、
道の駅に並ぶ品数も1日10パック程度という貴重品。
見かけたら間違いなく「買い」の1品だと思います。
写真は私が買った大きいパックで、1パック1,050円。
今はこれよりも小さい1パック630円のものが売られているそうです。

しかし、横浜町ってつくづく美味しい町ですね。

by YOSHIHITO
by marugoto_aomori | 2007-08-29 17:41 | あるあるこんなもの | Comments(2)

生産地限定ポテトチップス 青森県横浜町産

今年も見つけましたよ!

先日、近所のスーパーに。
目的はただ一つ、コレ
探して探して、ようやく出会えました。
d0007875_1341306.jpg


昨年はこのナショナルメーカーの生産地限定の取り組みに一人、えらく感動し、
高いカロリーなのは知りつつ、うれしさとおいしさでバリバリと何袋も開けてしまいました。
今回も発売すると教えていただいてたのに、なかなか出会えず、
今回ようやくゲットです。

薄皮のように膨らんで波打ったいつものポテチよりも厚く切っているのか、
一枚一枚がしっかりして存在感があるナイスバディ。
d0007875_13422675.jpg
じゃがいもの味がしっかり出ていて、ほんのり甘ささえ感じるところに、表面についてる塩で、いい食感♪
うまいうまいと食べているうちに・・・、瞬間完食(笑)
お味ももちろんグッテイスト。

昨年、コメントをいただいたYasuoさまのブログにもパッケージのデザインがアップされていました。

生産地限定のナショナルメーカーのものは、手に取る方も応援したくなるもの。
自信を持って作ってきたじゃがいもと青年達の笑顔、そして彼らにスポットを当ててくれた企業のこうした取り組みに、心の中で大拍手です。
d0007875_13424860.jpg


8月20日からは「つがる市」産の生産地限定ポテチが出ているようなのですが、
こちらは未だに捜索中です。
きっとうまいんだろうな。
早く食べてみたいな。 byなおき
by marugoto_aomori | 2007-08-28 13:50 | あるあるこんなもの | Comments(12)

ふるさとのやさしい甘味 「津軽飴」

このまん丸いブリキ缶に見覚えはありませんか?
d0007875_18475025.jpg
昔はどの家にもブリキ缶に入った津軽飴があり、
飴を食べきった後のブリキ缶は、
子供の宝箱になったり、祖母の裁縫道具入れになったり・・・(笑)。
特に使い道がなくても、なかなか捨てられなかった記憶があります。

さて、青森には「津軽飴」と呼ばれる食べ物があります。
津軽飴は一般的に言うところの”麦芽水あめ”。
澱粉を麦芽でゆっくりと糖化させ、
それを絞って煮詰めてつくる天然の甘味料です。
d0007875_18493633.jpg
戦後の食糧難時代から、
もともと使われていた米に代わってイモの澱粉を用いるようになりましたが、
麦芽で糖化させるこだわりの製法は今も昔のまま。
聞くところによると、今は酸や酵素を使って糖化させている水飴が多いのだそうです。

津軽飴の老舗「武内製飴所(青森市)」は安政5年の創業。
富山出身の初代は津軽藩に使えた武士で、
二代目が「柳屋」を名乗って商人に転じ、
三代目から水飴をつくる菓子屋となりました。
それ以来、
やわらかいソフトタイプやプラスチック製の壺入りなど、
商品ラインナップを増やしつつ、
昔ながらの津軽飴を守り続けています。
d0007875_18523956.jpg
津軽飴は当初「曲げわっぱ」に入っていたのだとか。
わっぱが手に入りにくくなった昭和37年頃から現在のブリキ缶に切り替わったと八代目武内喜兵衛こと勇一(70才)さんが教えてくれました。

d0007875_18534728.jpg
未精製ならではの特有の風味とやさしい甘味。
「せんべい」に塗ったり、割り箸でぐるぐる巻きにして食べた記憶しかありませんが、最近は、砂糖代わりに料理やコーヒーに利用する方が増えているのだそうです。
懐かしくておいしい津軽飴は、アスパムや青森空港、おみやげ屋さんなどで手に入りますよ。
by 義人
by marugoto_aomori | 2007-08-27 19:09 | あるあるこんなもの | Comments(14)

鍛治町の真ん中で生太巻きを食べる

弘前で「鍛治町に行く」と言えばイコール「飲みに行く」ことと言っていいほど、
鍛治町周辺には多くの飲食店が集まり、たくさんの人で賑わっています。
この鍛治町の中心部にある雑居ビルの1階にある寿司屋「太助」もまた、
弘前らしく生太巻きが自慢のお店です。d0007875_1656058.jpg

「太助」は昭和63年に開業したお店で、
店主・太田主税さんは昭和35年に弘前に生まれました。
弘前に生まれ、弘前で寿司屋を志した太田さんにとって、
この鍛治町に店を構えることが一つの夢であり、
チャンスをしっかりとつかみ、夢を実現させました。
店名は「一心太助」に由来するもので、
元気なことだけは誇れるお店にしたいという思いで名付けられたそうです。
威勢が良くて元気なこのお店、
小さいながらも居心地の良さがあります。d0007875_16562222.jpg

「太助」の生太巻きは
マグロ、カンパチ、サーモン、エビ、ホタテ、カニ、シャコ、
イカ、ウニ、シシャモッコ、玉子、キュウリの全12種類の具材が使われています。
いかに綺麗な彩りになるかということにも気を配って配置しているそうです。d0007875_16564051.jpg
海苔一枚半を使う生太巻き。
多くの場合はこれを八つに切り分けていますが、
「太助」では六つに切り分けています。
そのため、一切れ三センチ近い厚さになり、
とても一口で食べることはできませんが、
厚みがある分だけそれぞれの素材の味が強く出ていると思います。
それ故に、どういう組み合わせでかぶりつくかによって、
食べた雰囲気は全く異なったものとなるため、
楽しいと同時に、太田さんの配置の妙を感じました。

生太巻きの良いところの一つに、
何人で食べても揉めないことがあるそうです。
握り寿司を何人前か頼んで大勢で食べると、
好みがかぶったりするため、遠慮したり揉めたりすることもありますが、
生太巻きだと具材が均等に入っているため、
そんなな心配をする必要がないためだとか。
納得できる話です。

また、「太助」は場所がら食事だけのお客さんだけではありません。
そこで、お酒のあてにもかなり気を配っています。
アナゴは生きているものをその日にさばいて料理するので新鮮そのもの。
自家製イカの塩辛も、新鮮なイカを使った作りたてなため、
イカのわた和えと言えるくらいの鮮度で、
イカのわたの風味が妙味でした。d0007875_16565925.jpg
d0007875_16571369.jpg

弘前鍛治町の「太助」。
いろんな楽しみ方ができる良いお店です。

by YOSHIHITO
by marugoto_aomori | 2007-08-24 16:58 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(4)

青森駅前の"1"、"2"、"3"

人の営みともに街並みは変わっていくもので、
新しくなっていく街を否定できないと頭では分かっていても、
昔を思い出し郷愁を感じてしまうのは年のせいでしょうか?(笑)

d0007875_16384633.jpg
青森駅前もすっかり変わってしまい、
りんご売りの小屋ははるか以前になくなっているし、
駅前にはたくさんのホテルやビルが建ち並び、
昔の雑多なイメージはなくなり、
すっかり広々整然とした雰囲気の街並みになりました。

昔懐かしいあの食堂も今はなく、今はなく…?
と思いきや、あの「一二三食堂」は「喫茶一二三」として
生まれ変わって今もなお健在でした。d0007875_16391617.jpg
古くから駅前で営業を続けてきたお店だけに、
再開発によって店を閉めると聞いたときはとても残念に思っていたのですが、
業態を変えていても"一二三"の名前を残してくれたことは嬉しい限りです。

店先を眺めていると、
メニューの中にすじこ定食やたらこ定食などもあり、
ちょうど昼近かったので私の定番すじこ定食を食べることにしました。
d0007875_16394942.jpg
新しい建物なので内装もきれいなのですが、
なんとなく食堂時代の面影も残っているような気がします。
注文してからほどなく運ばれてきたすじこ定食は、
真ん中にすじこがあって、
その周りをご飯、吸い物、おかず1、おかず2、デザートが囲む鉄壁の布陣。d0007875_1640195.jpg
すじこは写真で見ると少なめに感じますが実際はけっこうな分量で、
大人食いまではいきませんが、
私がこれまでに食べたすじこ定食系では一番の量でした。

大好きなすじこと、手作りの素朴なおかず。
感動を覚える類の定食ではありませんが、
食べていてほっとする、なんとも言えない安心感のある定食でした。

これまでにこのブログで紹介した以外にも、
青森には魅力あふれる食堂がたくさん残っています。
全てが昔のままというわけにはいかないでしょうが、
願わくばいつまでも残っていてほしいものです。

by YOSHIHITO
by marugoto_aomori | 2007-08-23 16:45 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(13)

種差海岸名勝指定70周年

潮風に触れる記念のエコトレッキング

1937年に国の名勝に指定されて今年が70周年にあたる種差海岸。
緑が眩しい芝生地あり、
広大な鳴き砂の弓状海岸あり、
d0007875_1342353.jpg
岩と海岸性植物とのコントラストが美しい景観あり、
とその変化に富んだ海岸は、遊歩道が整備されて、とっても歩きやすいトレッキングルートになっています。
d0007875_1345033.jpg


潮風がそよぎ、心地いいトレッキングを楽しみながら、多様な植生を感じ取る。
なんとも贅沢なルートがこんな都市の近くにある、というこのすばらしさ。
なんと恵まれた土地なのか、と改めて思ったり。

気がついたら、「たねブロ」というこれまた素敵なブログが開設されていて、種差海岸ファン必見のエントリーがあったりして、思わずブックマーク♪

そしてこのブログで見つけたのが、「山村レイコとエコトレッキングin種差海岸」
元国際ラリーストの山村レイコさんと一緒に大須賀海岸をトレッキングしたり、白浜をビーチクリーニングしたり、お昼は山村レイコさん考案の特製鍋だったり、特典でオリジナルTシャツ「たねT」を貰ったり、と2000円の参加費でこんなに素敵な種差トレッキングができるお値打ち企画のようです。

100名限定の企画なので、早いとこ申し込まないと、ブロガーの皆さん(笑)
※市役所の方に伺ったら、白浜でサプライズが出るかも、という情報でしたよ!

こうしたきっかけを通じて、長い間地元の方々に大切にされてきたこの海岸美を今一度見つめ直して、来る100周年までの間にもっと多くの方々に大切にされたらいいな、なんて思ったり。

ワタシならこのイベントが終了したあと、さらに、
ココ行って、
d0007875_137488.jpg

ついでにこれも(笑) d0007875_1374080.jpg

byなおき
by marugoto_aomori | 2007-08-22 13:12 | 青森の旅 | Comments(2)

ホントにおいしい青森シャモロックの物語

青森シャモロック。
青森県の畜産試験場が独自に開発したおいしい地鶏です。
d0007875_20561998.jpg
”開発した”と一言で言ってしまえば、
さも簡単に誕生したように思いがちですが、
青森シャモロックの誕生には、
やはり研究者達の意地と苦労が込められています。

青森シャモロックのもとになっているのは「横斑シャモ」と「横斑プリマスロック」。
肉がキレイで味にも定評がある「横斑シャモ」は、丈夫で育てやすいため昔から人気があり、全国各地で飼育されていました。
ところが、もう一方の「黄斑プリマスロック」は、肉がやわらかく濃厚な出汁がとれるものの、雛の羽毛が生え揃うのが遅いため病気に弱く、育てにくい鶏として知られていました。見限った全国の研究機関や養鶏産地からどんどん姿を消していったといいます。

しかし、
「横斑プリマスロックは、おいしい地鶏の育成に欠かせない!」
そう確信していた青森の研究者達は、この「横斑プリマスロック」を決してあきらめることはありませんでした。秘かに、何年も何年もかけて、横斑プリマスロックの改良を重ね続けていたのです。

なかなか成果が出なかったため、「もう無理だ」とあきらめかけたこともあったとか。
それでも、横斑プリマロックを信じ、自分達を信じて育種を重ねた結果、とうとう病気に強い「速羽性横斑プリマスロック」の育成に成功し、この2種を直接掛け合わせた「青森シャモロック」が誕生することとなりました。
「青森シャモロック」は、希少な鶏種を守り続けた青森だからこそ誕生した、青森にしかない幻の地鶏といえるのです。
d0007875_2135956.jpg
青森シャモロックの肉は、味が非常に濃厚でよくダシが出ること、キメが細かくよく締まっていること、肉の色が赤くて美しいことなどが特徴です。
どんな料理にも向きますが、味わい深いダシのうまみを楽しむには鍋料理が最適です。また、肉そのものの味もよいので「焼き鳥」にしてもおいしく、きめ細かくしまりがある肉質は「刺身」や「湯引き」にも適していると言われます。

つい先日、弘前でおいしいシャモロック料理を見つけてしまいました。
それがこちら!
「STAGE山・野・草(ステージさんやそう)」の青森シャモロック親子丼です。
d0007875_20564735.jpg
 (↑「写真を撮らせてください」とお願いしたら、お肉がちゃんと分かるように盛りつけてくださいました。通常は卵でとじられているそうです。)

おいしいシャモロックの親子丼は県内にいくつかありますが、
今のところ県内で一番高い(1,260円)と思われるこちらのシャモロック親子丼は、
素材といい、量といい、味といい、
食べた方を間違いなく幸せにしてくれることでしょう。
箸のほかに木さじまでついてくるんですよ。
この意味わかります?
カツ丼派の私もさすがに参ってしまいました(笑)。
by 義人

【お店情報】
 STAGE 山・野・草
 さくら野百貨店弘前店3階
 電話:0172-26-3966
by marugoto_aomori | 2007-08-21 21:07 | おいしい食材 | Comments(6)

十和田湖 休屋で新しいツーリズム

休屋桂月亭 小笠原社長

先日、ひさしぶりに十和田湖へ。
夏祭り、お盆と、夏休みの行事が終了するとあの暑さはどこに?と思えるほど、心地のいい涼しさが感じられてくるのが十和田湖。

この日も乙女の像付近には湖畔の乙女と記念撮影する人たちがたくさんいました。
d0007875_15274556.jpg

そして宿泊は、十和田神社の脇に立つ休屋桂月亭に。

十和田湖に暮らし、この絶景の湖と自然をこよなく愛し、その魅力を伝えようと日々新しいことにチャレンジする小笠原社長のお宿です。
d0007875_1528571.jpg


毎晩、夜の8時。
大きなロビーの中心に据えられたねぶたに火が灯り、ねぶたショーが始まります。
その中心にいるのが小笠原社長。
もちろんお話も楽しいのですが、圧巻なのはそのショーを楽しんで欲しいというひたむきさともてなす姿勢。

笛を吹く。
d0007875_15283058.jpg


記念撮影のお手伝いをする。
d0007875_15284821.jpg


10年ほど前、初めてお会いした時に伺ったwebでのハンドルネームが「へべれけ大王」(笑)
それ以来、社長を「大王さま」などとお呼びしていましたが、この日見た姿はあまりにもすばらしく、もうへべれけ大王さまなどとは呼べないほど(笑)

平成15年に念願の温泉が湧き、休屋桂月亭でも茶色のナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物・炭酸水素泉が楽しめるようになりましたが、社長はそれだけでは飽きたらず、明治時代から百年以上に渡って使われてきた巨大な杉でできたみそ樽を近隣のみそ・しょう油製造会社から譲り受け、休屋桂月亭の広い敷地内に置き、野趣あふれる「杉樽露天風呂」をオープン。
d0007875_15301475.jpg


和風旅館での滞在とはこういうもの、という既成の殻から抜けだし、「オルタナティブツーリズム」と称して新しい感性の楽しみ方の提案をし続けています。

例えば、絶景のポイントに食材を持ち込みランチする「森の木陰でどんじゃらほい」だったり、
d0007875_15304566.jpg
十和田湖畔でアコースティックサウンドを聞く「ブナの木陰の音楽会」だったり・・・。d0007875_15345784.jpg


十和田湖で繰り広げられる「オルタナティブツーリズム」、これまで続けてきた社長の新しい試みたちはあくまでもこのすばらしい十和田湖の魅力を満喫していただきたい、という一心で取り組んできたもの。
そんな社長の取り組みはいよいよ時代の求めとシンクロしてきたような感じです。
51才とは思えないアクティブな小笠原さん。
目が離せません。 byなおき

続き・・・(素敵なプレゼントをいただきました)
by marugoto_aomori | 2007-08-20 15:59 | 青森の旅 | Comments(6)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング