「ほっ」と。キャンペーン
まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

<   2008年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

美味い!すごい!八戸前沖のサバ。

全国有数の水産都市として知られる港町八戸。
大漁旗が似合うこの土地は、藩政時代の昔から「鮫浦みなと」と呼ばれ、栄えてきました。

八戸の沖合は、津軽海峡をこえて流れ込む対馬海流(津軽暖流)と北からの親潮(寒流)、南からの黒潮(暖流)がぶつかり合う豊かな漁場で、さらに、水深千メートルを超える深海があります。
このため、八戸の前沖では、四季を通じて、実にさまざまな地魚が獲れるのです。
d0007875_16121187.jpg

代表的な魚のひとつがサバです。
「八戸前沖のサバは脂のノリが格別」とよく言われるように、
夏の間、群れをなして北上したマサバは、
秋、脂をたっぷりと蓄えて八戸沖にやってきます。

d0007875_15401955.jpg

八戸では昔からサバがよく獲れていましたが、
意外にも八戸のサバ食文化は歴史が浅いと言います。

新鮮なものがいつでも手に入るため、
独自の保存技術や加工技術は必要なかったのでしょう。
また、極上の脂がのった八戸のサバは、煮ても焼いてもおいしいので、
あえて生で食べようとは思わなかったのかもしれません。

歴史が浅いというか、
北陸地方や紀伊半島のそれとは質が違うのだと思います。

d0007875_15532586.jpg

地元では「サバはもらうもの」と言われるほど身近な大衆魚。
安くておいしいのが当たり前で、
そのすごさに気づいていないところがありました。

聞くところによると、
ある漁船がたまたま八戸沖で網を入れたところ、
身の厚みといい、脂ののりといい、極上のサバがたくさん獲れたため、
その噂が広がって、サバの名産地として知られるようになったのだとか。
驚くことに、
今では全国の〆サバの約8割がここ八戸でつくられています。

d0007875_1554247.jpg

「八戸前沖の鯖は肉厚でぷりぷり。脂の質ものりも文句なし。食べればわかる!」
八戸の人々はこう胸を張ります。

たしかに、
〆サバも、棒ずしも、サバしゃぶも、
ぷりぷりっとした食感と上質な脂の甘さが口中に広がり、
それはそれは口では言い表せないほどのおいしさでした。

d0007875_1555037.jpg

せっかく八戸に行ったなら、
八戸前沖のおいしいサバを是非ともお試しくださいね。
by義人
by marugoto_aomori | 2008-02-29 16:03 | おいしい食材 | Comments(8)

はちのへワッフル

八戸駅前 パティスリーさんぷくのワッフル

ワタシが八戸に住んでいたのは、もう15年も前。
もちろんまだ新幹線も八戸駅には開業しておらず、当時の八戸駅は小さめで、駅の中に入るとおいしい立ち食いそばの香りがする、そんなところでした。
そのワタシが住んでいた頃、駅前のロータリーなどが改良され、大きなイチイの木がシンボルツリーとして植えられ、南側にはユートリーがちょうどできました。
低層の建物しかないこのあたりに、駅の何十倍も大きなビルができて、とても驚いたものです。
d0007875_13511062.jpg
↑今の八戸駅です。

この八戸駅を使って陸奥湊駅までがワタシの当時の通勤コース。
駅に向かうまでの通りは一番町と呼ばれ、夕方にもなると炭火で魚が焼かれ、香りまで楽しめるそんな想い出がココに来ると甦ってきます。

そして忘れられないのが、「エンゼル」。
ケーキ屋さんでした。
ソフトクリームを買う高校生で賑わっていて、この駅を使っていた女子には馴染みの深いところだったようです。
ワタシもこちらのワッフルの大ファン。
生クリームとカスタードがあって、ワタシはカスタードファン。
しっかりとしているのですが、しっとりふんわりの皮にたっぷりのクリーム。
冷たくされていて、2口でペロリ。
ですが、残念ながらお店を閉じてしまいます。

そしてエンゼルのあった場所にまたケーキ屋さんができます。
それがコチラ、五戸町の老舗菓子店三福の八戸店、パティスリーさんぷくです。
d0007875_13521493.jpg

エンゼルで人気のあったあのワッフルを彷彿させるワッフルも作られていて、それは今、コチラでは「はちのへワッフル」という名前がつけられています。
d0007875_13524649.jpg
店内のポスターにも懐かしさを感じさせるこんな言葉が添えられていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
はちのへワッフル

フワフワの焼きたてワッフルに、
濃厚なクリームがたっぷり。
カスタードと生クリーム、
お好みでどうぞ!
「駅前ワッフル」の名で
30年以上も前から親しまれている
定番スイーツです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そうそう、そうなんですよ、と納得♪

d0007875_1353058.jpg
ふんわりと香り高いワッフル生地とバニラビーンズのつぶつぶが見える香り高いカスタードクリーム。
生クリームも飽きの来ない口溶けのいいものでいくらでも入っていきます♪
ノスタルジーだけではない、ホントおいしい駅前スイーツですよ。
あんぐっ!
byなおき
by marugoto_aomori | 2008-02-28 14:24 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(9)

アンコウとかヒラメとか

アンコウは青森の冬を代表する魚の一つに挙げられます。
あんなにグロテスクな姿からは想像できない美味しさは、
世の中見た目じゃない!ことを地でいってます。
その見た目はとても食べれるとは思えないものがあり、
最初に食べた勇者に私たちは感謝するべきなのでしょう。

アンコウは日本近海ではけっこう獲れる魚ですが、
茨城県が産地として世に知られています。
ただ、青森には「とも和え」という郷土の食べ方があって、
茹でたアンコウの身と肝を味噌で和えたこの料理は、
青森を代表する酒の肴と言っていいほどの美味です。
やはり、アンコウは肝が「きも」なんでよね。

d0007875_15403370.jpg
先日、青森市の一八寿しで"アンキモ"を食べる機会がありました。
これが実に美味しかった。
嫌な癖がなく、独特の旨味があって、
上手に料理されていることを実感できるものでした。
アンキモは美味しいだけではなく体にも良いようで、
アンチエイジングなビタミン類やDHAがたっぷり入っています。
海のものは美味しくて体に良いものが多いので素敵です。

d0007875_15411088.jpg
あと、この時、店の御主人からヒラメを塩で食べことを教わりました。
青森県の魚ヒラメですからけっこう食べていますが、
塩で食べるのは初めてのこと。
しかし、これもまた旨い!
淡泊な味わいのお魚だけに、塩が上手に旨味を引き出してくれます。
やはり、青森で獲れた新鮮なヒラメだけに、
塩で食べることでストレートに味わうことができました。
これは「有り」だと思います。

冬は魚が厚着をしていて美味しい季節です。
冬の寒さはツライですが、美味しいものを食べながら、
春を待ちたいと思います。

by YOSHIHITO
by marugoto_aomori | 2008-02-26 15:42 | あるあるこんなもの | Comments(3)

本日より発売! 「スープこんにゃく」

開発も製造も。メイドインあおもりのスープが本日より発売です。

昨年あたりから、世の中メタボメタボと騒がれ、サラリーマン川柳でも
「妻タンゴ 息子はスノボ 俺(おれ)メタボ」
なんていう句が入選されたりする昨今、ご多分に漏れずワタシもこの句を笑いたくても笑えません(笑)
暴飲暴食が原因かな、なんて思ってはいるのですが、まずは毎日の食生活を、と数ヶ月前からお昼ご飯に気をつけるようになったワタシ。

いろいろ試しているうちに「やっぱりカロリーでしょ!」という気持ちと「食べた感」の両方が欲しくなって、はるさめ入りのカップスープを大量に買い込んでは、試食のようにあれこれ試してきたワタシ。
結果は、というとやっぱり少しは改善されているものの、そうしているうちにまた暴飲暴食があって、すっかり元通り、ふりだしに戻る(笑)になるの繰り返し。

そんなカロリーを気にされる方々においしい朗報です♪

青森市の福島屋さんが開発した水洗いしなくてもあの独特の香りが抑えられた生こんにゃくを使ったスープが本日、25日発売しました。
d0007875_1952157.jpg

しかも、そのこんにゃくは福島屋さんが野辺地工場で製造。
そして八戸市内にある東洋水産の子会社・八戸東洋さんの尻内工場で加工し、
同じく八戸市の桔梗野工場でパック詰め、
全国に出荷する、というまさにまるごとメイドインアオモリのスープ。

中小企業と大手企業との提携を仲介する県の事業による商品開発ということもあって、ワタシもサンプルをいただきました。

作り方もホント簡単。
しかも生タイプのこんにゃくなので、湯を入れた瞬間からいただけます。
d0007875_1952381.jpg

いただいたゆず風味塩味のものは、ゆずの香りがするあっさりとしたやさしい味。
こんにゃくのプルルン感を楽しみながらで、たったの42キロカロリー。
今までの春雨のものが、ズシンと食べた感はありましたが150キロカロリーだったのを思うと、1/3。
d0007875_1953652.jpg

まだ店頭で見つけていませんが、全国のコンビニや量販店に並ぶようです。
ランチにおいしいメイドインアオモリを見つけちゃいました。
byなおき
by marugoto_aomori | 2008-02-25 19:56 | あるあるこんなもの | Comments(4)

南部裂織で野球?「つぎまり」。

野球をやっている人(好きな人)は、
プロ野球のキャンプが佳境に入るとウズウズしてきませんか?
オープン戦が始まるとその血はさらに騒ぎだし、
甲子園で選抜大会が始まる頃には、
その血潮が身体のあちこちから吹き出します。よね?(笑)
これは冬期間雪で野球ができない北国人だけの感覚なのでしょうか。

つい先日、
私が初めて野球をやったときに使った懐かしいボールと再会してしまいました。
それがこの「つぎまり」です。
d0007875_13355724.jpg

南部地方には「南部裂織」という織物があります。
使い古した布を細かく1㎝幅に裂いて横糸にし、
木綿糸を縦糸にして織り込んだ南部裂織は、
衣料が貴重だった江戸時代に、
着古した着物や布を再生する機織りの技法として生み出された織物です。
d0007875_2026218.jpg
 (↑今では、衣類やこたつ掛けだけでなくバッグまであって人気です。)

厳しい生活を強いられた農村の人々の知恵の産物であり、
そこには、ものを大切にする”もったいない”という精神があります。

このボールも、
物を大切にする心から生まれたものなのでしょう。
裂織のときに出る糸くずや切れ端を芯にして、
裂織と同じように細く裂いた布をひたすら巻いていき、
適当な大きさになったところで、
布がゆるまないよう木綿糸を張りめぐらせます。

とっても手間がかかるこのつぎまりは、ひとつ315円。
今でも八戸駅前のユートリーで販売していますので、
機会があったらひとつお求めになってみてはいかがでしょうか。
とってもやさしい手触りで、
なんだか気持ちまでやさしくなっちゃいますよ~。

私は小さい頃、
家にあったこの布製のボールを投げ、
これまた普通にあった手箒で打ち、
畳の角をめがけて滑り込んだものでした(笑)。
d0007875_1338581.jpg
 (つぎまり→ゴムボール→軟式ボール(写真なし)→硬式ボール。南部人のスタンダードです。笑。)

ボロボロになるまで使ったあの頃の「つぎまり」は、
祖母が作ってくれたものだったのか、
それとも買ってきてくれたものだったのか、
今となってはわかりません。

でも、私が野球好きになったのは、
間違いなくこのボールがあったからだと思います。
ありがとう。
by義人
by marugoto_aomori | 2008-02-21 13:45 | あるあるこんなもの | Comments(12)

青森ブロガー20人写眞展

県内の有志が集まり写真展をアスパムで

昨年県立美術館で開催した写真展「ブログの原点」
前日からたくさんの参加ブロガーが集まって、せっせと設営やら準備やらでバタバタとしながら、手づくりの写真展を開催したのがついこの間のよう。
すっかり「青森サイコー」と盛り上がってしまいました。

そして今年、また青森ブロガーの写真展が有志により開催されます。
素敵な青森をブロガーそれぞれの視点で表現されていくんだと思います。
とっても楽しみです。

<写真展の概要>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「青森ブロガー20人写眞展」の開催について
d0007875_11523298.jpg

「オフ会のような雰囲気の中で写真を見て欲しい」、そんな思いを込めて青森在
住のブロガー20人が集まり、写真展を開催します。
ブロガーが撮影した青森の四季、人々の暮らし、風景、祭り・イベント、そして
グルメなどを紹介します。

●開催場所および期間
・場所 : 青森県観光物産館 アスパム
      1階イベントホール(地場セレクト向かい側)
・期間 : 平成20年3月1日(土)から3月2日(日) 2日間
      午前9時から午後6時まで

●お問い合わせ
 「青森ブロガー20人写眞展」事務局
 reev21(青森・下北お散歩ブログ http://reev21.blog98.fc2.com/)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

reevさんやjazzさんに誘われ、弊ブログからも義人、YOSHIHITOとワタシもへたっぴ写真を出品することとしました。
まだどれにしようか、と悩んでいますが、青森の素敵さを自分たちらしく切り取った一枚を持っていきたいと思っています。

既に参加されるいろいろな方々がこのイベントをご紹介していますが、会場でお会いできたらいいですね、なんてコメントもあったりしてたので、会場に行って、タイミングが合えば、いろいろなブロガーの方々に会えるかも♪
また、jazzさんがこれまた素敵なスライドショーを準備されていたようですので、青森を再発見できるような気がして、ワタシも何とか会場にいきたいな、と思っています。

弘前や八戸、むつ、そして青森からと各地から参加されるイベントになりそうです。
byなおき
by marugoto_aomori | 2008-02-20 12:01 | あるあるこんなもの | Comments(6)

鶴亀屋食堂のマグロ丼にまつわる話、でも食べたのはラーメン

浅虫に出かけたので、昼食は例の「鶴亀屋食堂」へ。
最近はこのお店のポテンシャルも知れ渡り、
大勢のお客さんが"あの"マグロ丼を食べていました。
お店の御主人もこれが店の看板と覚悟を決めたのか、
サービスに余念がありません。
なにを頼むか迷っていると、
「マグロ丼はどうだい?みんな写メ撮ってくんだよ」
と勧め、マグロ丼を食べきれずにいるお客さんには、
「ソテーするとまた雰囲気が変わって美味しいよ。そうしようか?」
と気遣い、3人組がマグロ丼を頼むと、
「それぞれ、違う種類のマグロの丼にしたから食べ比べてみて」
とサービスします。
確かに、この食堂のマグロ丼はただごとではない量のなので、
こういう気遣いはとても素敵なことだと感じました。
これからも頑張ってください!

d0007875_1847531.jpg
d0007875_18472684.jpg
さて、この日、私が頼んだのはラーメンと単品のイカ天。
同行者はマグロの天ぷらを注文しました。
この店の中で数少ない普通盛りのメニューであるラーメンは、
いつもながらのシンプルな味わいですが、あるホームページで
「複雑多様なウンチクラーメンに嫌気がさしてる方にピッタリな単純明快パンチのきいた津軽味」と評されているのがよく分かる美味しさがあります。
サイドメニューと呼べるボリュームではありませんが、
一緒に頼んだイカ天も熱々で美味しい。
イカ天が好きなので前から気になっていたのですが、
ようやく食べることができました。
イカ天の衣に醤油が染み込んで、少ししょっぱ目になったのって美味しいですよね??
同行者のマグロの天ぷらも壮絶な量で、
決して少食ではない彼ですが、けっこう必死で食べていました。d0007875_18474919.jpg

いつ行ってもサプライズがあるお店、それが鶴亀屋食堂です。
これからも楽しませてもらいます!

by YOSHIHITO
by marugoto_aomori | 2008-02-19 18:49 | 青森食べ歩き | Comments(5)

りんごの原点 「国光」

りんごが大好きな私は、
ほぼ毎日りんごを食べています。
その第一の理由は、家に「ふじ」がたくさんあるから(笑)。
収穫箱に入れたまま天然の冷蔵庫(ベランダ)で貯蔵し、
なくなるまで食べ続けるのです!

「ふじ」はもちろんおいしいのですが、
たまには違う品種も食べてみようと思い、
今ではすっかり珍しくなった品種「国光」を買い求めてみました。
d0007875_1951482.jpg

「国光」は、
米国バージニア州原産で、
日本へは1871(明治4)年に導入された品種です。
「Ralls Janet」が本来の品種名ですが、
当時の日本は維新後の混乱を脱していなかったためか、
その名称では普及せず、
全国各地で別の名称が使われることになりました。
青森でよく言う「雪の下」もその頃から使われた名称なのでしょう。
「国光」という名称に統一されたのは1900(明治33年)のことだそうです。

このりんごは、
比較的栽培しやすくて生産量が多く、
貯蔵性が高いことが大きな特徴でした。

原産地米国では主要品種ではありませんが、
なんと、わが国では、
一時期(昭和40年代)りんご全体の半分以上を占めほど生産量が増大し、
「紅玉」とともに日本のりんご産業を支える大きな役割を果たしたのですよ。

当時のりんごとしては、
果肉が硬くて歯切れがよく、
独特の酸味がおいしかったため、
生食はもとより、焼きりんごやりんごジャムなどに幅広く利用される品種でもあったようです。

「国光」や「紅玉」から「スターキング」などのデリシャス系へ、
デリシャス系から「ふじ」へと主力品種が移り変わった現在、
国光の生産量はごくわずかで、
お店では滅多にみかけることがなくなりました。
d0007875_1953157.jpg

懐かしさに駆られて買ってみましたが、
久しぶりに食べた「国光」は、
ほどよい甘味と食感が予想以上に頑張っていて、
懐かしさより、ある意味新鮮さを感じさせるおいしさでしたよ~。

かつての二大品種のもうひとつ「紅玉」は、
”酸味”という個性が注目され再び人気を集めています。
でも、
貯蔵技術の発達によって、
”貯蔵性”という特徴が武器とならなくなった「国光」は、
いつか消えてなくなる品種なのかもしれません・・・。

そんな虚しさを考えながらりんごの本をめくっていたら、
決してそうではないことに気がつきました。

「国光」の血筋は「ふじ」に引き継がれ、
「ふじ」を通して「金星」や「北斗」「千秋」などの人気品種に綿々と引き継がれていたのです。

どんなに時代が変わろうとも、
どんなに逆風が吹き付けても、
日本を支え、青森を支えた原点のりんご「国光」は、
消えることなく、
永遠に伝えられていくのだと思いました。
by 義人
by marugoto_aomori | 2008-02-18 20:03 | おいしい食材 | Comments(10)

「アプティネット観光写真展」参加写真大募集!

第1回写真展の参加写真を募集中です!

d0007875_1531946.jpg青森県観光のHP「アプティネット」
今年トップページを大幅にリニューアルしながら、web2.0チックに情報をいただきながら、発信していく双方向なものに変わりました。
その中でも特に力を入れたのが、「写真バンク」

今までも青森県の観光写真素材はアプティネットでダウンロードできるようにしていましたが、提供素材なのでどうしても種類が少ないのと、そして古い写真が多かったりしました。

ある日、ある県の小さな旅行会社から電話がありました。
「弘前の桜の写真で提供できる素材がないでしょうか?」
「ありますよ。アプティネットからダウンロードができますよ。」
「はい、知っております。  ・・ですが違うものがないかと思いまして・・・・。」

よくお話を伺うと、その旅行会社は毎年春に弘前のさくらを見るツアーを主催し、はるばる中国地方から数十名でいらっしゃっているようで、いつもいつもアプティネットにあるダウンロード素材の写真を使っていたようでした。
ところがお客様から、
「同じ写真だったので、去年のパンフレットと同じなんだと思った。」
との感想があったようで、それでこうした電話をした、というお話でした。

弘前に行けば、その見事な桜に圧倒され、思わず息を飲むような感動を味わってくるのに、パンフレットにはその感動が表現されていない、そんなことを思っての電話だったとのこと。
d0007875_15234297.jpg←弘前さくらまつりのイメージ写真

そこでアプティネットが、素敵な写真を撮られている方や写真をアップされているブロガーの方からのご厚意で写真を投稿いただき、こうした全国の旅行会社の方々などに利用していただこうと始めたのが、「写真バンク」。

まだ、07年の年末に運用を開始したばかりですが、青森の素敵な写真を撮っていらっしゃるjazzさんやreevさん、なかちっぱさんをはじめ、s_saraさんnoboさんなど多くの方々から既に100枚ほどの素敵な写真を投稿いただいています。
d0007875_15284468.jpg←jazzさんの投稿写真
「芦野公園の桜」

d0007875_15292964.jpg←reevさんの投稿写真
「青森ねぶた」
d0007875_1530136.jpg←なかちっぱさんの投稿写真
「ハマの宵宮 三嶋神社例大祭」

そして、
この集まった写真をインターネットの世界だけでなく、より多くの方々に見ていただく機会を作りながら、素敵な青森県にもっと興味をもっていただこうと、観光客の集まる施設などを中心に写真展の巡回展を開催することとなりました。

「アプティネット観光写真展」参加写真大募集!

展示する枚数が30枚程度ということで、選考があるようですが、この機会に是非、ハードディスクに眠っている写真を投稿いただけないかな、と思い、今回ご紹介しました。

選考されるされないにかかわらず、いろいろな方々に使っていただける写真になるもの。
こうした小さな善意で運営していく写真バンクですが、この善意が積もり、積もり、いつかは本当の「写真バンク」なれればいいなと、ワタシもへたっぴ写真を投稿しています。
byなおき
by marugoto_aomori | 2008-02-15 15:36 | その他 | Comments(8)

八戸 湊の「つぼ焼きいも」

今は希少な壺焼きならでは甘いやきいも

八戸市湊町の三戸商店の本業は港で取れたイカでスルメをイワシで煮干しを作る水産加工です。
昭和24年、まだ戦後の物資の不足が続く中、八戸市内に現れた行商さんが「試験的に使ってみて」とこの大きなツボを置いていったのだそうです。

三戸商店は、冬になると水産加工業が落ち着いていました。
そこで冬場の仕事になる芋でも焼こうと始めたのがきっかけだったのだそうです。
d0007875_1746647.jpg
その後八戸市内にはこのツボを使った焼き芋屋さんが20軒ほどあったようでしたが、水に濡れると直ぐに割れる、炭を見ているのにつきっきりになる、石焼き芋のように移動できないなど、味はおいしいのにもかかわらず、徐々に廃業していったのだといいます。
そして、とうとう八戸市でも三戸さんだけになりました。
d0007875_17565483.jpg
この60年近い間、やはりツボは何度も壊れたといいます。
作っているところがどこなのか全国を調べて貰ったこともあったといいますが、作っているところが探せず休んだこともあったのだとか。

そんな状況でもお客様から「あそこの小屋にまだツボがあるようだよ」などの情報をもらえば譲って貰ったり、と何とか続けてきたんだと言います。

82才になる三戸さんは、「もう今年で終わり」と毎年思いながら、それでも秋になるとご近所の「いつからやってくれるの?」という待望する声を聞いては、「じゃあ本当に今年で最後」と続けてきました。
d0007875_17573436.jpg

炭の入ったツボの中に芋を引っかけ40~50分。
d0007875_1758915.jpg
ツボから取り出したやきいもを割るともう真っきいろ。
しっとりした焼き芋からはたくさんの湯気が立ちます。
d0007875_17584513.jpg
そして信じられないほどの「甘さ」。
熱と芋の水蒸気で焼かれるので、石焼き芋よりも甘さを乗せながら遙かにふんわかと仕上がります。
まさにサツマイモのためのツボ。

全国的に見てももう絶滅危惧種の「つぼ焼きいも」。
是非まだまだ続けて欲しい八戸の冬の味。絶品焼き芋でした。
例年だと11月から3月まで。
この焼きいも、是非一度は食べてみてください。
つぼで作る製法だから皮まで食べられるのも特徴なんですよ♪
d0007875_17595197.jpg
byなおき

【データ】
三戸商店(地図はコチラ)
八戸市大字湊町字上中道4-4
8時00分~18時30分
by marugoto_aomori | 2008-02-14 18:01 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(1)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング