「ほっ」と。キャンペーン
まるごと青森 marugoto.exblog.jp ブログトップファンになる画像一覧

<   2009年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

一度は泊まりたい憧れのお宿 『南津軽錦水』

6月上旬、ちょっと贅沢な県内旅行。
お宿は、これまでジャミンさんサファイアさんも記事にされている南津軽錦水
お部屋のタイプもおふたりと一緒の和洋室♪

せっかくなので早めにチェックインしようと玄関まで車で行くと、既に従業員さんがお出迎え。
そこから先の車は、スタッフさんにお任せ♪

少しの間、加山又造作の陶板壁画が華麗なロビーで休んだ後は、
d0007875_14544767.jpg
素敵な廊下を通って、
d0007875_14551682.jpg
お部屋でお抹茶とお菓子をいただきながらチェックイン♪
私たちのお部屋に飾られている絵は平山郁夫さんのものじゃありませんかぁ。うっとり♪
d0007875_14553251.jpg
あいにくの雨の日でしたが、窓の外には、瑞々しい緑が♪
d0007875_14555136.jpg
一番上の階なのですが、山の斜面でまるで1階のようです。

夕食までの間は、温泉♪
d0007875_14573181.jpg
樹齢二千年の木を使っている「古代檜の湯」は、温泉源泉かけ流し♪

脱衣所から出ると、湯上がりのりんごジュースのサービスまで♪
d0007875_14575553.jpg
そして、夕食も朝食も嬉しいことにお部屋食。
夕食は紹介しきれない程のお料理の数々。
d0007875_14581362.jpg
食前酒にはオリジナル大吟醸錦水、
d0007875_14583158.jpg
季節の魚介には日本海のひらめや白ミル貝、マグロ。根曲がり竹の子が添えられて。
d0007875_14584834.jpg
黒毛の南部和牛の叩き、下北の黒あわびの踊り焼き・・・と続き、
d0007875_1459977.jpgd0007875_14592217.jpg
デザートにはフルーツと大鰐銘産あじゃら餅で〆。
d0007875_14594614.jpg
朝は、朝食30分前に目覚まし時計代わりのお茶が新聞とともに♪

朝食は、魚は鮭、ホッケ、カレイから、味噌汁は赤味噌、白味噌から選ぶことができます。
d0007875_150599.jpg
おかずも夕食なみに豪華なのですが、竹の子の寿司、塩辛昆布、大鰐温泉もやしなんかが入っているのが南津軽だなぁ~って感じですね♪

新聞に俳句が添えられていたり、部屋で着る浴衣とは別に寝るとき用の寝間着も用意してくれたり、至れりつくせりのお宿。

退屈した時のために持参した本も開くことなく、温泉に浸かったり、極上の空間を楽しんでいるだけでチェックアウトのお時間に。

あ~、次はいつ泊まれるのやら・・・と後ろ髪引かれる思いで玄関まで。
既に、玄関にはエンジンがかかった車が…。
ホント、最後の最後まで至れり尽くせりでした♪
お宿のみなさま、ありがとうございました♪
by Kuu

《南津軽 錦水》
南津軽郡大鰐町字上牡丹森36-1
TEL:0172-47-5800 FAX:0172-48-5721
IN 15:00 OUT 12:00
by marugoto_aomori | 2009-06-30 15:02 | 青森の旅 | Comments(10)

暑くなってきましたね!「ざる中華」の季節がキマシタ!

一気に夏らしくなってきましたね!暑い日が続くと食欲も減退気味になるもの。
しかぁし、青森県民には心強い味方がいますね!それが「ざる中華」!
d0007875_23581730.jpg

中華麺を茹でて、冷たい水でしめ、そばつゆでいただく。いたってシンプル!
そしてリーズナブル!そして食べやすい!お店でも家庭でも日常的に食べている
超定番ですね♪わが家でも子供達に大人気のメニューなんです!
子供達には栄養のことを考えて、きゅうりやハムをトッピングして(おっと危な
く冷やし中華になってしまいそうです)。
d0007875_23591639.jpg

大人向けにはとろろなどをトッピングにしていただいています。(とろろは我が
家流ということで・・・。お店ではあまりみられませんが、夏場の栄養補給には
ピッタリです!)
d0007875_23593974.jpg

さて、この「ざる中華」・・・全国区ではないんですね・・・。それを知ったの
は私が県外の人と知り合うようになった15年ほど前。当時はよく「冷やし中華」
と誤解されました。
数年前、県内を訪れた東京出身の方を案内したときにも「ノブchanさん、こりゃ
スゴイよ、スゴイ、ワハハハ・・・!」といたく感動され、県内での食事全てを、
「ざる中華」ですませる方もいらっしゃいました・・・。
d0007875_054064.jpg

この食べ物、青森県を中心とした東北・北海道エリアで食べられているんですね。
興味深いのは、「NIKKEI NET」さんで「中華麺を和風のつゆにつけて食べる
「ざる中華」はどこにあるのか。」と日本全国でアンケートをとっているのですが
「ある」と答えた地域で最も多かったのが青森なんですね!しかも「ある」回答率
100%!確かに青森県民にとっては極々当たり前の食べ物ですし、どうやら青森
が中心になっているっぽいです。
d0007875_02306.jpg

あと、私が数年前とある方からお聞きしたところ、今の「ざる中華」のような食べ
方を一番最初に始めたのは県内のとある場所らしいんですよ。青森が「ざる中華」
発祥の地かもしれない・・・!もう少し詳しく調べてみたいと思っています!

byノブchan
by marugoto_aomori | 2009-06-29 14:28 | あるあるこんなもの | Comments(12)

自然の営みが見える ~猿ヶ森の埋没林

6月もそろそろ終わりが近くなり、さすがに青森も暑い日が多くなってきました。
こうなってくると涼を求めて森へ海へと出かけたくなるものです。
奥入瀬渓流や十二湖なんかももちろんいいのですが、たまにはあまり知られていない静かな所に…

と、やってきたのは東通村の「ヒバ埋没林」。
d0007875_1282874.jpg
入口にある案内板を要約すると、太平洋側にある猿ヶ森砂丘から断続的に砂が打ち上げられ、立ち枯れたヒバが飛砂に埋まってしまったもの、だそうです。
d0007875_12514026.jpg
駐車場に車を置いて歩き出してしばらくすると、なんだか先へ進むのが心細いような道になってきて、ちょっとマニアックすぎたかな…という気持ちにもなりますが、「いやいや、こうして自然の中に飛び込んでいくのが良いのだ」と自分に言い聞かせ、道端に咲く花を見たりしておよそ400m進むと埋没林に到着。
d0007875_12464356.jpg
なるほど、立ち枯れたヒバが、川に沿ってあちこちに点在しています。
d0007875_1247146.jpg
無残な姿と言えばその通りなのですが、周りに勢いよく生い茂っている若木との対比が、単に無残というより長い自然の営みを語っているようで、なんとも重厚な、不思議な空気が漂っているような感じがします。軽々しく人が介入してはいけないような…

こういう場所は、森林浴を楽しむというよりは、自然の持つ懐の深さを感じる場所なのかもなぁ、とい思いつつ、なんだか声を上げることすらはばかられ、おとなしく自然に敬意を表して埋没林を後にしたのでした。
d0007875_1246227.jpg

ちなみに、あまり知られていませんが、埋没林を形成した砂の元である「猿ヶ森砂丘」は、実はあの鳥取砂丘をもしのぐ日本最大の砂丘とされています。wikiによると幅は1~2km、延長はなんと約17km。
そのほとんどが防衛省の管理地のため、立ち入ることはできないのですが、日本一と聞けばさっきまでの厳粛な気持ちはどこへやら、ひと目でいいから見て帰りたい…と周辺をうろうろしたのですが、残念ながら見ることはできませんでした。どこからだと見れるんでしょう?
by くどぱん!
by marugoto_aomori | 2009-06-26 22:21 | 青森の旅 | Comments(2)

華麗なるコラボ

青森県民のみなさまにとって、郷土民芸を代表するものといったら「津軽塗」がすぐに思い浮かぶのではないかと思います。

津軽塗は、50もの行程を経て生み出される伝統の「研ぎ出し」技法で、その手数の多さを揶揄されるほど、塗っては研ぎ塗っては研ぎを重ねて、やっと出来上がるものです。品物にも拠りますが、全行程に約60日を要すると言われています。
まさに、「手仕事」なんです!!!

d0007875_6492911.jpg唐塗(kara-nuri)
津軽塗りの代名詞的な技法ですね。丸い穴がいくつも空いているヘラを使って模様をつけ、研ぎ上げていきます。
d0007875_6494395.jpg






七々子塗(nanako-nuri)
漆を塗った後、乾かないうちに菜種を捲き敷くと、表面張力の作用で菜種が漆を吸い上げ、この模様の土台をつくるのです!
d0007875_23582848.jpg





紋紗塗(monsha-nuri)
炭化させた籾殻をつかってザラザラ感のある柄を出します。ツヤ消し黒が渋いです!






津軽塗りは、このように手数が嵩みますので、まあ、お安くはないわけですが、塗りを重ねてありますので、耐久性は非常に高いとされます。取り扱いさえ間違わなければ一生使えるものです。最近のマイ箸ブームでも普段使いの箸として津軽塗の丈夫さが評価されています。エコに関心の高いあなたなら、もちろん津軽塗を選びますよね!

ところで・・・
世界には様々な優れた手仕事がありますが、オーストリアで1823年に創業したグラスメーカーである「ロブマイヤー」も、手作りにこだわった優れたガラス製品を作り続けています。特にシャンデリアとグラスが有名ですが、製品が醸し出す雰囲気は「豪華」「華麗」に尽きます。最近では、木村拓哉主演のテレビドラマ「華麗なる一族」のセット内で使用されたそうですよ。
d0007875_9191295.jpg


実は・・・、このロブマイヤーと津軽塗りがコラボレーションすることとなりました!!!
手作りにこだわる両者が高度な技術を融合させ、グラスと津軽塗が調和した作品に仕上げました。
ジュエリーボックスです。紋紗とグラスの調和が渋すぎます!
d0007875_9235516.jpg

磨き上げられた津軽塗とロブマイヤー・グラス両方の輝きが豪華さに輪をかけます!
d0007875_9291835.jpg

欲しくなりますねぇ。
d0007875_948593.jpg


6/23(火)から30(火)まで下記会場で展示されていますので、近くにお立ち寄りの際には行かれてみてはいかがですか♪

会場:ロブマイヤー・サロン (株式会社ロシナンテ)
    東京都港区南青山4-11-14 ユーロギア青山1F 
     (最寄り駅は地下鉄表参道駅)
    TEL 03-3423-4552  FAX 03-3423-4554
by OAK
by marugoto_aomori | 2009-06-24 23:58 | 東京の「あおもり」 | Comments(6)

「つじい」で中華そばとみつかけ食べて、田代平湿原へ

日曜日、ちょっと見たいものがあって八甲田方面へ。
まずは、「つじいの餅屋」でお馴染みの「つじい」で腹ごしらえ♪
つじいは幸畑にある通称「山つじい」と合浦公園入口にある通称「海つじい」がありますが、今回は方面的に「山つじい」へ。

海、山、どちらに行っても注文は、迷わず中華そばとみつかけ♪
d0007875_1115479.jpg
青森の人間なら必ずやってる(?)であろう組み合わせです。

コチラのお店は、混んでいますが、待ち時間が少ないのが嬉しい♪
中華そばとみつかけを同時にお願いし、1分くらいでみつかけが、3分くらいで中華そばが通されるという速さ♪

中華そばは、極細麺。
d0007875_1116720.jpg
優しい煮干しの香りのする醤油味が、細麺によく絡みます。
あっさりしているけど、ちょっとしょっぱ目。

そんな口の状態で、みつかけをパクリ。
すると、今度は口の中が、黒糖のみつかけの甘さで満たされ・・・
d0007875_11163284.jpg
そして、また、スープをゴックン。
口の中が、いい感じのしょっぱ加減に・・・。

で、またみつかけを~~~というのが青森流!

そんなこんなで、麺がなくなった後、お茶のような役割を果たす完汁系の中華そばなんです。

お腹も満たされたところで、本命、本命(笑)!!
先週も八甲田の田代高原にお出掛けした私ですが、つつじ祭とバーベキューに夢中で、ちゃんと景色を堪能しないうちに霧がたちこめてしまったので、今週も田代へ。
それでも、ちょっとだけ方面を変えて、高原ではなく田代平湿原へ。
d0007875_11171757.jpg
湿原までの道は腐葉土でプニョンプニョンと水分たっぷりの心地よい地面。
道沿いには、可憐なお花が咲いていて・・・
d0007875_11174133.jpgd0007875_1118068.jpg
d0007875_11181478.jpgd0007875_11182774.jpg
湿原の入り口には田代平湿原植物群落という看板があり、
「天然記念物 田代平湿原は、十和田火山、八甲田火山活動よりも古い、先八甲田火山活動時代(約200万年前)に生成されたカルデラ湖です。
この湿原は、イネ科やカヤツリグサ科の植物が枯死しても冷涼な気候の為、完全には分解されず腐植質とよばれる有機物の状態で堆積して泥炭層になったものであります。」
とあります。ほ~、カルデラ湖なのね~。

そして湿原に入ると、赤くて綺麗な食虫植物、モウセンゴケがキラキラと。d0007875_11185582.jpg
入口付近では、つつじやニッコウキスゲが咲いていているもののd0007875_1119179.jpg
まだ、まだワタスゲが少ないなぁと思いながら進んでいくと、広がってました、ワタスゲが♪
d0007875_11193910.jpgd0007875_11195420.jpg
ちょっと終わりかけのものを見ると、今にも飛んでいきそうな状態で、種子の集まりであることがよ~~くわかります。
このフワリフワリとした様子を見ていると、ケセラセラ~♪って気分になっちゃいます。

ピーカンの天気ではなかったので、高田大岳の全景を見ることはかないませんでしたが、水がある場所では、オタマジャクシや、綺麗な瑠璃色のルリイトトンボを見ることができて、癒されちゃいました♪
d0007875_11203069.jpgd0007875_11201852.jpg
by Kuu

《つじい(通称:山つじい)》
青森市幸畑字唐崎53の5
017-738-2979
10:00-16:00(L.O.15:30)
定休 水曜

《田代平湿原》
青森市駒込深沢
by marugoto_aomori | 2009-06-23 11:27 | 青森の旅 | Comments(14)

浅虫温泉 南部屋でランチを食べてお風呂も楽しもう!

今日は浅虫温泉にやって来ました。
d0007875_1424965.jpg

お昼時、南部屋1階にある「魚心亭」に入ったんです。
d0007875_14253823.jpg

こちらは、お店の中央に大きな「いけす」があって、中は陸奥湾で
とれた魚介類が盛り沢山♪その場で新鮮なものを調理してくれます。
陸奥湾といったら「ほたて」!ほたて丼定食を注文しました。
d0007875_14264024.jpg

隠れホタテマニアな私は、日本全国で様々なほたて達と出会ってき
ましたが、陸奥湾のほたては(青森出身者が言うのも何ですが・・)
最高だと思っています。前にも書いたかも知れませんが、魚介類は
天然ものが最良というわけではないと感じたのがこのほたて!エサ
となるプランクトンをきちんと摂取出来るよう適度な間隔でほたて
を養殖することで、どのほたてを食べても味にムラがありません。
ほたてに関して言うならばホントに青森に住んでて良かった!!と
思える瞬間です(ああ・・また熱くなってきました・・すみません)。
d0007875_1426588.jpg

ランチサービスのメニューは、今ならほたての貝焼きがついていて、
更に小鉢とお味噌汁がついて1,050円です。鮮度は申し分なし!
最初から塩梅の良いたれがかかっていて、そのままでも美味しく頂
くことが出来ます。
さーて、お会計を・・・と思ったら、ななんと、こちら南部屋では
「魚心亭」でお食事した方に日帰り入浴をサービスしていたんです!
d0007875_14273852.jpg

うう・・ホンマですか(商人風)?お店の方に伺いました。確かに
お食事の方にはサービスされているそうです。レシートをフロント
に見せると日帰り入浴可能なのだそうです。
ちなみに南部屋の日帰り入浴は大人500円(11時~15時まで)。
ってことは、牛丼(630円)とか、ざるそば(735円)を食べ
たら、ほとんど食事代とお風呂代は同じじゃないですか~!!!!
これは入らねば!・・・えっ次の用事が控えている!?ガビーン!
次回はタオル持参で余裕をもってココに来ようと心に誓いました。。。。
d0007875_1428738.jpg


byノブchan
by marugoto_aomori | 2009-06-22 14:30 | 青森食べ歩き | Comments(4)

太宰誕生の部屋へ ~太宰治記念館「斜陽館」~

今日は太宰治のお誕生日ということで太宰誕生の場所のご紹介。
d0007875_10593968.jpg
明治40年に建てられた旧津島家住宅は、戦後になって旅館「斜陽館」として、現在は太宰治記念館「斜陽館」として太宰ファンには超お馴染みのスポット♪
私が伺った日も平日だというのに、観光客が次々と訪れていて、私もタイミング良く団体客の方とご一緒させていただいて館長さんの解説を聞きながら見学。

大工の神様堀江佐吉の四男・斎藤伊三郎により建てられた和洋折衷のその建築は、1F11室278坪、2F8室116坪、付属建物や庭園などを合わせて宅地約680坪の豪邸。
その豪華さは、3種類の欄間と襖絵、大きな仏壇がある座敷の襖を取り外せばドドーンと63畳の大広間になったり、
d0007875_111564.jpg
寄せ木の天井であったり、アオダモの床であったり、
d0007875_111289.jpgd0007875_11142100.jpg
シャンデリアであったり・・・と、各所で見てとれます。
d0007875_112294.jpg

2Fのお部屋の金の襖には「斜陽」の文字も・・・(右の襖の最後の二文字)
d0007875_1122142.jpg

そして、太宰が津島修治として産声を上げた部屋はコチラ。
d0007875_1124785.jpg
明治42年6月19日、叔母の部屋で誕生しました。
100年前の今日、ココで産まれたんですね。
当時、赤ちゃんだったかわいらしい太宰を想像しながらも、なぜか小説『二十世紀旗手』の副題「生まれて、すみません」というフレーズが浮かんできてしまいます。
インパクトのあるフレーズですもんね~!
どんだけかというと、ちなんだ煎餅があるくらい(笑)。
d0007875_1131663.jpg
さて、館内の解説板によりますと太宰は随筆の中で、
「私の生まれた日は明治42年の6月19日である。私は子供の頃、妙にひがんで、自分を父母のほんたうの子ではないと思いこんでゐたことがあった。(略)家に出入りしてゐる人たちに、こっそり聞いて廻ったこともある。その人たちは大いに笑った。私がこの家で生まれたことを、ちゃんと皆がしってゐるのである。夕暮れでした。あの、小間で産まれたのでした。ひどく安産でした・・・」とあります。
太宰はここで暮らしたこともあるそうで、まさに太宰の原点となる場所なんです。

そして太宰が一番好きだったといわれている場所は、コチラ。
d0007875_1143081.jpg
床下は収納スペースになっている長いヒバの床の通路。
当時、父や兄しか入ることを許されていない部屋もあったこの大きな家の中で、誰でも出入りできるこの場所が好きだったんですって。
太宰治の人柄が見え隠れするエピソードですね。

青森県内の書店では、ブックフェアも開催されていて、街中が、「生まれて、ありがとう」というムードで盛り上がってます♪
d0007875_1145732.jpg
画像は、紀伊國屋弘前店のウインドディスプレイです。
by Kuu

《太宰治記念館「斜陽館」》
五所川原市金木町朝日山412-1
0173-53-2020
5月~10月8:30~18:00 (最終入館17:30)
11月~4月9:00~17:00 (最終入館16:30)
入館料 一般500円、高大300円、小中200円
by marugoto_aomori | 2009-06-19 09:44 | 青森の旅 | Comments(10)

八戸駅の近くでアツアツの「てんぽせんべい」

今日は八戸にやってきました。駅のすぐ横にあるユートリー。
いやあ・・・勉強不足でした。
d0007875_21182785.jpg

こちらの1Fお土産屋さんに、その場で八戸せんべいを焼い
て販売しているコーナーがあったんです!(すいません興奮
気味で・・知らなかったのは私だけかもしれません・・・)
そして友人の話によれば、ココでは「てんぽせんべい」は食
べなきゃダメだと・・。
d0007875_2118583.jpg

ふんふん、なるほど・・・存在はしっているけど、なかなか
食べる機会のなかった「てんぽせんべい」。簡単に言うと、
八戸せんべいの柔らかいバージョンです。これがウマイ!!
d0007875_21193016.jpg

そしてとてもシンプル!但し一気にほおばると”むっつい
(「口の中の水分が奪われて食べにくいよー」の意)”感が
襲ってくるので、注意が必要です。
そしてメニューには書いていないのですが、「煎餅のミミ」
は絶対に買ったほうが良いんだそうです。これもウマイ!
d0007875_212014.jpg

煎餅のミミは非常に危険です。あの大手メーカー菓子にみら
れる「やめられない止まらない」現象が起こってしまいます。
先人の知恵はスゴイと思いつつ、今日も有り難く県産品をい
ただくのでした。
d0007875_21203326.jpg

あともう一つ、「チーズ風味ミミ煎餅」もオススメです♪
・・やめられない止まらない♪

byノブchan
by marugoto_aomori | 2009-06-18 21:22 | ちょっと「立ち寄り」 | Comments(0)

トレインアテンダントと一緒に津軽鉄道の旅

久々に津軽鉄道でのどかな旅♪
まずは、芦野公園駅までのチケットを購入。
d0007875_16412912.jpg

その区間のチケットは、ロゴ入りの硬券!
太宰治生誕百年記念乗車券なんです♪

そして、発車までの時間は、駅舎内にある「だがし屋ちゃぺ」を眺めて調整。
d0007875_16384829.jpg

昔懐かしい駄菓子が並ぶ中、あずきのアイスキャンデー、走れメロスバナナ、オリジナルのラムネなど、くすぐられる商品がズラリ!
d0007875_163922100.jpgd0007875_16393547.jpg

d0007875_16395265.jpg

今週からトレインアテンダントもデビューし、乗客へのおもてなしも更に充実♪
乗り込むときのお出迎え、降りるときのお見送りもしてくれるのですが、機械的じゃない自然な対応がとっても嬉しい♪
d0007875_16415653.jpg

あちらに見えるのが「○○○○秀吉さんの家です」と指さすと、乗客の皆さんは、楽しそうな歓声を上げながら、案内された方向を見て・・・。
d0007875_1642141.jpg

簡単にいえば、バスガイドの津軽鉄道版というところでしょうか。

津鉄の職員は、車内販売もしてくれて、そのやりとりがまた、津軽弁なので大ウケ・・・と車内はとっても賑やか♪
楽しく会話していると、あっという間に目的地に着いてしまい、見送るときには「へばなぁ~~♪」って見送ってくれるんです(笑)
d0007875_16423659.jpg

トレインアテンダントさんのブログでも最新情報が入手できますよ。
おやおや、無料レンタサイクルも始まった模様!!
津軽鉄道沿線、出かける度に、ネタが増えていくスポットです。
by Kuu

《だがし屋 ちゃぺ》
五所川原市字大町7-5 津軽鉄道五所川原駅内
9:00~17:00

レンタサイクル設置駅
□津軽五所川原駅 9:00~17:00 立佞武多号 4台     
□金木駅 9:00~17:00 太宰号 4台
□芦野公園喫茶店【駅舎】10:00~16:00 さくら号 4台
 *定休日水曜 除く
□津軽中里駅 11:00~17:00 ほたる号 3台
ご利用方法:簡単な受付票への記入と身分証明書の提示のみ
利用期間:平成21年6月16日~平成21年11月下旬まで
(芦野公園喫茶店【駅舎】のみ平成21年6月18日から)
by marugoto_aomori | 2009-06-16 16:48 | 青森の旅 | Comments(4)

画像見てまた食べたくなってしまいました。長尾の中華そば

最近、かなり定期的に行っているラーメン屋さん。それが「長尾」なんです。
今日も知人が食べてみたい!というので、やって来たんです。
d0007875_1756913.jpg

2人で少しずつ食べよう、という事でまず「こく煮干し」を選択。
メニューによればOPEN当初から進化し続ける味とのことで、おすすめの
逸品なのだそうです。そうそう私も初期の頃はこればかりを食べていました。
これも十分魚介系の旨味を感じられるんです♪
d0007875_17562127.jpg

「ウマイ!」知人からそんな言葉をきいて上機嫌なワタシ。
知人は県外出身者なので魚介系のラーメンはどうかと思っていたのですが、
だいぶ気に入ってもらいました。そこで恐る恐る「もっとスゴイ魚介系があ
るのですけど・・」とお話しし、「ごくにぼ」を薦めてみました。
d0007875_17563942.jpg

「ノークレームでお願いします・・・て?」そんな不安そうな表情の知人を
よそに注文です。一日限定20食ですが、幸いまだOKだったので早速注文
です。ワタシは最近「ごくにぼ」しか食べていないので、知人の口に合わな
くても全て食べるつもりでした。
d0007875_17571553.jpg

こんな濃厚な魚介系に出会ってから、もうすっかり虜なんです。「ごくにぼ」
こうしてブログを書いている最中も食べたくなってしまうラーメンなんです。
ああもうこの極太麺どうですか?
d0007875_17573710.jpg

不幸なことに(?)知人もすっかり気に入ってしまい、ズルズルズルズル、
食べられていきました。ああ大盛りにしておけば良かった・・・。

byノブchan
by marugoto_aomori | 2009-06-15 18:00 | 青森食べ歩き | Comments(4)


青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です


by marugoto_aomori

プロフィールを見る

検索

カテゴリ

全体
おいしい食材
あるあるこんなもの
青森の旅
ちょっと「立ち寄り」
青森食べ歩き
手しごと
東京の「あおもり」
街歩き
青森のアート
青森人
その他
未分類

最新のコメント

ぷるみえさん、いつもご愛..
by marugoto_aomori at 20:46
こんにちは。 いつも楽..
by ぷるみえ at 08:55
そうですね。地元の食材を..
by marugoto_aomori at 12:48
はじめまして。 検索し..
by saku at 14:03
> 通りすがりの隣県民さ..
by marugoto_aomori at 19:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

タグ

(421)
(272)
(242)
(160)
(125)
(110)
(92)
(88)
(86)
(80)
(73)
(71)
(67)
(52)
(50)
(40)
(38)
(34)
(31)
(21)

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

【お知らせ】

○まるごと青森Facebookページ始めました。登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

○記事に登場する人物・制作物等一切の内容に対する誹謗中傷や記事の内容に直接関係のないコメントやトラックバックについては、削除いたします。あらかじめご了承ください。

記事ランキング